カヨ さん プロフィール

  •  
カヨさん: トレード大好き☆キラキラ☆ライフ
ハンドル名カヨ さん
ブログタイトルトレード大好き☆キラキラ☆ライフ
ブログURLhttp://kirakiralife508.blog.fc2.com/
サイト紹介文カヨのトレード日記!株式・FXを主にトレードしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2009/06/22 17:59

カヨ さんのブログ記事

  • 今週のトレード収支
  • 日経平均株価先週末 1万9590円76銭今週末 1万9686円84銭先週比 +96円08銭PER 14.05倍PBR 1.25倍EPS 1401.19円米ドル/円先週末 111円26銭今週末 111円35銭先週比 +9銭今週のトレード収支(確定損益+含み損益)+3万4337円−内訳−株式 +3万4337円FX ±0円現在のポジション なしスキマ時間でポチポチしてます。姉妹サイトスキマ時間でプチ稼ぎ▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。???。)ノ [続きを読む]
  • 反落、円高が重荷 輸出株安い、持ち高整理の売り
  • 26日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反落。終値は前日比126円29銭安の1万9686円84銭。為替の円高が重荷となり機械や電気機器などの輸出関連株が下落しました。主要国首脳会議(タオルミナ・サミット)の開催を前に持ち高を整理する売りも広がり、日経平均は午後に一段と下落。外国為替市場で円相場は1ドル=111円台前半に上昇。サミットが日本時間の26日夜から始まるのを前に、投資家のリスク回避姿勢が強まりました。 [続きを読む]
  • 続伸 好業績銘柄に機関投資家の買い 
  • 25日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。終値は前日比70円15銭高の1万9813円13銭。外国為替市場で円相場が1ドル=111円台半ばで推移し、一段の円高進行への懸念がやや後退。米株などに比べて日本株の割安感が強いことから、個別の材料が出た銘柄や業績の伸びが期待できる銘柄に一部の国内機関投資家の買いが入りました。時間外取引で米株価指数先物が堅調に推移したことも買い安心感を誘い、上げ幅は一時100円を超え。東証1部の [続きを読む]
  • 反発、米株高や円安を好感
  • 24日の東京株式市場で日経平均株価は反発。終値は前日比129円70銭高の1万9742円98銭。23日の米国株高や為替の円安・ドル高を受け、金融や輸出関連株に買いが入りました。買い一巡後は円相場の下落に一服感が出たこともあり、伸び悩み。日経平均は午前中に1万9782円まで上昇し、前日比の上げ幅は170円に迫り、急落前の17日の取引時間中の安値1万9764円を上回り、日足のローソク足チャート上の空白の価格帯「窓」を埋めました。買い [続きを読む]
  • 3日ぶり反落、英国の爆発事件で心理悪化
  • 23日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落。終値は前日比65円00銭安の1万9613円28銭。英中部マンチェスターのイベント会場で多数の死傷者を出す爆発があり、投資家心理が悪化。円相場が1ドル=110円台後半に強含み、自動車や電機など主力株が売られました。一方、外部要因に左右されにくい内需株に買いが入り、相場を下支え。英国の地元警察はテロ事件として捜査を進めており、メイ首相は「全容解明に努める」との声明 [続きを読む]
  • 続伸 米株続伸で心理改善、資源株に買い
  • 22日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。終値は前週末比87円52銭高の1万9678円28銭。前週末の米国株の続伸で投資家心理が改善するなか、石油関連株には原油高を好感した買いが入りました。出遅れ銘柄として割安感が意識された鉄鋼など資源関連株にも買いが拡大。19日の米国株の底堅さを好感した買いが先行。運用リスクを積極的に取る動きが出て、時価総額の大きい金融株や不動産株が買いを集めました。また、25日の石油輸出国機 [続きを読む]
  • 今週のトレード収支
  • 日経平均株価先週末 1万9883円90銭今週末 1万9590円76銭先週比 −293円14銭PER 14.06倍PBR 1.25倍EPS 1393.36円米ドル/円先週末 113円38銭今週末 111円26銭先週比 −2円12銭今週のトレード収支(確定損益+含み損益)+5790円−内訳−株式 +5790円FX ±0円現在のポジション 1570 NF日経レバレッジETF 123株スキマ時間でポチポチしてます。姉妹サイトスキマ時間でプチ稼ぎ▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいで [続きを読む]
  • 3日ぶり反発、自律反発狙いの買い
  • 19日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反発。終値は前日比36円90銭高の1万9590円76銭。前日までの2日間で350円を超える下落となった反動もあり、自律反発を狙った買いが入りました。取引終盤にかけて海外ヘッジファンドなどが空売りしていた金融株に買い戻しを入れ、日経平均は上げ幅を拡大。昨年の米大統領選へのロシアの関与疑惑がトランプ米政権を揺るがすなか、米経済政策の実施が遅れるとの懸念は強く、日経平均は朝高 [続きを読む]
  • 大幅続落 「ロシアゲート」懸念 海外勢が売り 
  • 18日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落。終値は前日比261円02銭安の1万9553円86銭。2日以来、およそ半月ぶりの安値。トランプ米大統領とロシアの不透明な関係を巡る「ロシアゲート」問題への懸念が強まり、外国為替市場で円相場が1ドル=111円前後まで強含みました。海外ヘッジファンドの売りが膨らんだほか、国内機関投資家が、景気敏感株の持ち高を減らし、ディフェンシブ銘柄を増やす動きが拡大。一時360円程度安い水 [続きを読む]
  • 驚きの数字で買建開始!
  • 17日の東京株式市場で日経平均株価は反落。終値は前日比104円94銭安の1万9814円88銭。円相場の一段高を嫌気した売りが輸出や資源関連、金融などの景気敏感株に広がり、一方、内需関連株には買いが入り、下値を支えました。 トランプ米大統領による情報漏洩疑惑から円買い・ドル売り圧力が強まり、円相場が1ドル=112円台前半まで円高・ドル安が進みました。輸送用機器をはじめ輸出関連は売りが優勢に。ドル売りに伴い米長期金利が [続きを読む]
  • 反発、朝方2万円に迫る その後伸び悩む  
  • 16日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発。終値は前日比49円97銭高の1万9919円82銭。15日の米国株高や原油価格の上昇で投資家心理が改善し、海外投資家の買いが入りました。日経平均は朝方に1万9998円まで上昇し、節目の2万円に迫ったが、その後は利益確定の売りも出て伸び悩み。日経平均先物6月物が午前に2万円へ上昇した場面で、利益確定の売りが膨らみました。国内機関投資家からも主力株に売りが出て、日経平均 [続きを読む]
  • 小幅続落 円強含みで利益確定売り 不動産は上昇
  • 15日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続落。前週末比14円05銭安の1万9869円85銭。円相場の強含みや地政学リスクの再燃で、投資家心理が悪化。節目となる2万円を前に利益確定売りが優勢となりました。半面、相場の先高観から投資家の押し目買い意欲は強く、大引けにかけて下げ幅を縮小。前週末発表の低調な米経済指標を受け米長期金利が低下し、円の対ドル相場は1ドル=113円台前半に上昇。14日午前には北朝鮮が弾道ミサイルを [続きを読む]
  • 今週のトレード収支
  • 日経平均株価先週末 1万9445円70銭今週末 1万9883円90銭先週比 +438円20銭PER 15.11倍PBR 1.28倍EPS 1315.94円米ドル/円先週末 112円72銭今週末 113円38銭先週比 +66銭今週のトレード収支(確定損益+含み損益)−1194円−内訳−株式 −1194円FX ±0円現在のポジション 1357 日経ダブルインバース 1067株スキマ時間でポチポチしてます。姉妹サイトスキマ時間でプチ稼ぎ▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいで [続きを読む]
  • 3日ぶり反落、米株安と円高で投資家心理が悪化
  • 12日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反落。終値は前日比77円65銭安の1万9883円90銭。前日の米国株式市場で株価指数が下落し、投資家が運用リスクを取る姿勢が、やや後退。心理的な節目である2万円に近づき、海外投資家や個人投資家の利益確定売りも出ました。外国為替市場で円相場が強含み、株価指数先物に短期的な取引を手がける投資家の売りが出て現物株の売りにも波及。ただ株主還元を強化する銘柄に押し目買いが入り [続きを読む]
  • 続伸 円安好感、先物は一時2万円
  • 11日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。終値は前日比61円46銭高の1万9961円55銭。米長期金利の上昇を背景に円相場が1ドル=114円台前半の円安・ドル高水準で推移したことを好感。ソフトバンクなど好業績銘柄にも買いが入ったが、2万円の節目を前に利益確定売りが出て、上値は重かったもよう。12日に株価指数オプションとミニ日経平均先物5月物の特別清算指数(SQ)算出を控え、午後の取引でSQ値の2万円決着に期待した思惑的な買い [続きを読む]
  • 反発、2日ぶり年初来高値 景気敏感株や値がさ株が上昇
  • 10日の東京株式市場で日経平均株価は反発。終値は前日比57円09銭高の1万9900円09銭。外国為替市場で進んだ円安・ドル高を好感し、投資家心理が改善しました。鉄鋼や電気機器などの景気敏感株には買いが優勢。ファストリやソフトバンクなどの値がさ株が上昇し、日経平均を下支え。 円相場は1ドル=113円台後半で推移。4日まで開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)後に米利上げ観測が強まったのを背景とした円安・ドル高基調が継続 [続きを読む]
  • 4日ぶりに小反落 2万円目前に利益確定売り
  • 9日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反落。終値は前日比52円70銭安の1万9843円00銭。前日までの大幅上昇を受けて短期的な過熱感が高まり、利益確定売りが優勢となりました。円相場が1ドル=113円台に下落したにもかかわらず自動車株が売られ、投資家心理が重荷に。日経平均は朝方に前日比21円高の1万9917円まで上昇したのち、売りに押され、心理的な節目となる2万円に迫ると、戻り待ちの売りが出やすかったようです。前日 [続きを読む]
  • 1年5カ月ぶり高値 売建開始!
  • 8日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸。終値は前営業日比450円高の1万9895円70銭。2カ月ぶりに年初来高値を更新。2015年12月3日以来、約1年5カ月ぶりの高値。国内の連休中に外国為替市場で円相場が対主要通貨で下落し、輸出採算の改善期待から主力株を中心に全面高でした。海外投資家の買いが目立ち、東証1部の売買代金は3兆4434億円と2016年12月9日以来、約5カ月ぶりの多さに。7日のフランス大統領選でマクロン氏が勝利し、 [続きを読む]
  • 株式格言
  • 先人から受け継がれた株式格言たまにチェックしてます〜♪      株式格言 厳選十ヶ条 一.『相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観とともに成熟し、幸福感とともに消えてゆく』誰もが良いという銘柄が、儲かる銘柄とは限りません。そうした銘柄は、既に高値圏にあるものが多く、買ったところが大天井で高値掴みになることが多いのです。誰もが見向きもしない時こそ安く買える絶好のチャンスであり、高い確率でうま [続きを読む]
  • 続伸、好業績株に買い ヤマハが大幅高
  • 2日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。終値は前日比135円18銭高の1万9445円70銭。今期の業績見通しや自社株買いを評価する個別銘柄への買いが旺盛でした。3日からの連休中の海外情勢の変動を警戒して午後は様子見ムードが広がり、値動きは乏しかったもよう。1日に発表した2018年3月期の業績見通しが市場予想を上回ったヤマハや京セラに買いが先行。東エレクやロームにも好業績を評価した買いが続きました。日経平均は前日比150 [続きを読む]
  • 3日ぶり反発、好業績銘柄に買い 東エレクは16年ぶり高値
  • 1日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反発。終値は前週末比113円78銭高の1万9310円52銭。米国の政治を巡る不透明感が和らいだことから外国為替市場で円安が進み、主力株に輸出採算の改善を期待した買いが終日、優勢でした。午後に入り日経平均の上げ幅は100円を超え、ほぼこの日の高値で終了。午前に米議会が歳出法案に暫定合意したと伝わり、米国の政治を巡る不透明感が和らぎ買いが優勢に。午後に入ってからも好業績銘柄 [続きを読む]
  • 4月のトレード収支
  • 日経平均株価3月末 1万8909円26銭4月末 1万9196円74銭先月比 +287円48銭PER 15.95倍PBR 1.26倍EPS 1203.55円米ドル/円3月末 111円40銭4月末 111円53銭先月比 +13銭4月のトレード収支(確定損益+含み損益)+35万2481円−内訳−株式 +25万4116円(源泉徴収あり)FX +9万8365円(源泉徴収なし)現在のポジション なしスキマ時間でポチポチしてます。姉妹サイトスキマ時間でプチ稼ぎ▽一日一回ポチっと応援して頂ける [続きを読む]
  • 続落、週末で手じまい売り 好収益期待の買いが支え
  • 28日の東京株式市場で日経平均株価は続落。終値は前日比55円13銭安の1万9196円74銭。週末を前に国内投資家による持ち高調整の売りに押されま、米国の経済指標の発表を控え、海外投資家からも手じまい売りが出ました。一方、良好な収益見通しを発表した銘柄などに買いが入り、下値は堅かったです。米国では28日に暫定予算の期限切れを迎え、つなぎの予算や新たな暫定予算が成立しなければ一部政府機関が閉鎖。米政権と議会の調整に [続きを読む]
  • 小幅反落 米減税案に反応薄
  • 27日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに小幅反落。終値は前日比37円56銭安の1万9251円87銭。トランプ米政権は26日に大型税制改革の基本方針を発表したが、財源確保が不十分で実現性や効果に不透明感が残りました。前日の米株式相場が下落し、円安進行が一服したことから、利益を確定する売りに押されたもよう。日経平均は前日までの4日間で850円超上昇したこともあり、戻り待ちの売りも出たようです。市場関係者からは「 [続きを読む]
  • ポジションを全て決済しました
  • 26日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸。終値は前日比210円10銭高の1万9289円43銭。米国時間26日にトランプ米大統領が発表する予定の税制改革案への期待感から海外投資家が幅広い銘柄に買いを入れ、日経平均はこの日の高値で終了しました。25日の米株式市場でダウ工業株30種平均が大幅に上昇したことに加え、外国為替市場で円相場が1ドル=111円半ばまで下落し、主力企業には輸出採算の改善を期待した買いが入ったもよう。午 [続きを読む]