mscomtec さん プロフィール

  •  
mscomtecさん: Photocards with love
ハンドル名mscomtec さん
ブログタイトルPhotocards with love
ブログURLhttp://mscomtec.exblog.jp/
サイト紹介文日々の写真をエッセイ風に紹介してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2009/06/20 02:26

mscomtec さんのブログ記事

  • 上野不忍池
  • 台風一過で、南からの風が流れ込み東京は真夏のように暑くなった。8月には夏日がなく、7月以来の青空がある真夏を思わせる暑さでした。ここは上野の不忍池です。最後の放射線治療を終えたHERと大手町で別れて、なんとなく来てしまいました。背の高さほどの蓮が池を埋め尽くしている。ここの雀は人馴れしている。食べ物は人からもらうものと育ったようです。池の亀も鯉も同じように、人に餌をねだります。亀と鯉が、縄張り争いして [続きを読む]
  • 日比谷公園の松本楼でランチ
  • 日比谷公園の松本楼でランチ今日(9月15日)はHERの24回目の放射線治療でした。来週1回で、土、日を除いて連続25回の放射線治療が終わります。今日は娘たちも一緒に病院へ付き添い、帰りに日比谷公園の松本楼で"HERのお疲れさまランチ"をしました。これで治療が終わったわけではありません。HERを少し休ませてから次の治療をどうするか、決めることにしています。1人ではちょっと入りにくい松本楼です。でも入ってみると1人でランチ [続きを読む]
  • 『少年の心』
  • 紅く染まっていく江ノ島の海。Bluetoothのイアホンから流れる音楽を聴きながら、波打ち際を歩いている。浜田省吾の『少年の心』が流れてきた。あのひとが好きな歌だった。-------倒れたワインボトルに朝陽が弾け跳んでるまだ静かな寝息たて眠ってる君の柔らかなその表情を見てたら胸のあたりが軋んだ音をたてたよ…微かに-----君は僕に懐かしいせつなさを思い出させる失いかけていた少年の心を-----《少年の心 浜田省吾》この歌の [続きを読む]
  • 江ノ島
  • 江ノ島あてもなく家を出て江ノ島に来てしまった。しばらくぶりの江ノ島です。最後がいつだったか忘れてしまいました。海岸に出る前に必ず寄る、江ノ電の江ノ島駅前のコーヒーショップです。コーヒーショップといっても、簡単なオープンカフェで販売車の中でコーヒーを煎れてくれます。何故寄るかというと、海岸に出るとタバコが吸える場所がないからです。北風が吹く頃にならないと、誰もいない海にはならないようです。着いたの4 [続きを読む]
  • 佃島界隈
  • 佃島界隈東京はしばらくぶりの青空です。夜、月島で食事の約束です。せっかくなので早めに行って佃島界隈をぶらぶらしましょう。約束の時間までまだ1時間以上ある。隅田川の河べりに座って、通る遊覧船を眺めながらぼんやりしている。河を渡って来る風がひんやりとして気持ちが良い。カメラはSony α7IIとCanonマウントレンズの組み合わせです。ちゃんと撮れていて常用で使えます。Canon 50mmはAF, Sigma 70-300mmはマニュアルフォ [続きを読む]
  • 9月のカレンダー:青梅の絵になる喫茶店
  • 朝、窓から吹き込む冷たい風で目を覚ました。東京は夏らしい夏がほとんどないまま8月が終わってしまった。写真は青梅の多摩川沿いにある、土、日、祭日だけ開いている喫茶店です。どこを撮っても写真になる綺麗な喫茶店です。今年も秋の晴れた日に行ってみたいですね。カレンダーはMac App『Swift Publisher 5』を使用Swift Publisher 5 - Belight Software, ltd [続きを読む]
  • 涼を探して
  • この夏の小学生の孫との自由研究は水をテーマにしました。おいしい水、まずい水の判断基準となるのが、全硬度(カルシウム、マグネシウム)、つまりミネラル量と水道水に殺菌目的で含まれている塩素です。孫と二人で、水道水、浄化後の水道水、それに売られているミネラルウォーター数種類の全硬度、塩素の含有量を試薬で調べて、最後に”目隠しで飲み比べ”をしてみました。飲み比べると味の違いがわかります。特に日本のミネラル [続きを読む]
  • 写真のないフォトエッセイ:HERは三蔵法師
  • HERが抗がん剤を飲み始めて20日経った頃、正直に副作用が現れ始めた。それまでは大して変化がなかったHERの髪が抜け始めた。ただHERについては、担当医の判断で抗がん剤治療を一時中断している。免疫力が低下して他の病気を再発したからです。HERの髪が少し生え始めた。それがまた可愛いのです。西遊記の三蔵法師のようです。何か良いことがありそうで、私はHERの頭を一日数回撫でている。娘たちも、似合っているよ、そのままでい [続きを読む]
  • 皇居東御苑
  • 午前中はHERと病院です。お盆があけてから、土日を除いて毎日行っている。といってもそんな深刻な状態でもない。大手町でランチを食べて...東京は2週間ぶりの夏日です。夏日といっても、空は薄雲に覆われていて、気温だけがあがっている。高温多湿の温室にいるようだ。木陰のある皇居の東御苑へ行って見ようか。rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId="0";rakuten_ [続きを読む]
  • 北鎌倉 東慶寺 
  • 東慶寺の庭はただ緑濃く色冴えるものはない今年は初めての東慶寺です何か義務を果たしたよう
    で肩が軽くなった山門の石段を降りて、いつもの喫茶店吉田に寄るタバコを吸いたいのでテラス
    席ですひぐらしが鳴いていますrakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="r
    anking";rakuten_genreId="0";rakuten_recommend="on";rakuten_design="slide";rakuten_size="60
    0x200";rakuten_target="_blank";rakut [続きを読む]
  • 雨の日はフィルムスキャナーしよう
  • ここ数年はほとんどフィルカメラを使っていない。フィルムの種類が少なくなり、それにフィルムが高い。デジタル化に時間もかかる。ただ、昔撮ったフィルムが膨大にある。一時、デジタル化しようと張り切って比較的高解像度のフラットペットスキャナーを準備した。とてつもなく時間がかかる、いつ終わるかわからない。それでコンパクトな簡易スキャナーでスキャンすることにした。速い、1,2,3と数える時間で一枚スキャンして、SDに [続きを読む]
  • 孫が帰って行った
  • 「じいちゃん、ばあちゃん ありがとう」と言って孫が帰って行った。静かになった。「来て嬉し、帰って嬉れ寂しい」孫との三週間だった。孫が帰る前に置いたのだろう本棚にミニオンとスピナーが置かれていた。来年の夏も、読書感想文、自由研究を見てあげたいそれまで元気でいなければ... [続きを読む]
  • やっと終えた孫の『自由研究』
  • やっと孫が「自由研究」の、考察らしき最後の一行を書き終えました。これで全ての宿題を終えました。世の中には、親があれこれ言わなくても、自主的に先へ先へと勉強するできた子供たちもいます。こちらは毎年、ほめたり、おこったり、ごほうびをチラつかせたり、の繰り返しです。「来年は6年生だから、もっと勉強好きになっているよね」と言ったら、「じいちゃん、それはないと思うよ」だそうです。 [続きを読む]
  • 半径100mの独り遊び: 姉さん先生もういない
  • 37℃、東京はこの夏の最高の暑さです。たしかに、間違いなく暑い。いつもの公園の木陰のベンチテーブルで本を読もう。『十五少年漂流記」、蝉の声、揺れる木漏れ日に、遠い遠い昔を見ている。iPhoneから吉田拓郎の『夏休み』が流れてきた。麦わら帽子はもう消えた----姉さん先生もういないきれいな先生もういないそれでも待ってる夏休み-----ひまわり 夕立 せみの声あのきれいな先生は元気かな? 大学を卒業して赴任してきた国語 [続きを読む]
  • 夏休み
  • 炎天の夏日海辺を歩いている独りで歩いているだからとなりで「暑い、暑い」と文句を言う人はいないどんなに暑い日でもここには風がある都心の焼けたコンクリートに陽炎が揺れ行き場を失った熱が上昇気流になって立ち昇るそこに海の風が吸い込まれる今頃になって気がついたこの海の風に匂いがない港のない海は潮の香りがしないようだ(葛西臨海公園) [続きを読む]
  • 孫と悪戦苦闘
  • 今日も朝10時に孫と一緒に家を出た。私がいつも使っている公園のテーブルベンチで課題図書の『チキン!』を読ませている。私には三人孫がいる。その中では一番頭が良いと思っている。しかし落ち着きがない。すぐ集中力がなくなり、「じいちゃん、ちょっと休憩」と言っては遊び始める。午後はホームセンターのフードコートに場所を変えた。『チキン!』の内容について質問してみた。だいたいは理解しているようである。しかし、なか [続きを読む]
  • 孫と勉強
  • 孫と朝10時に家を出て、近くのホームセンターのフードコートで勉強している。私は読書感想文の課題図書『チキン』を読み終えた。読み応えがあるいい本です。孫に二回読ませて、私が内容について質問しながら、感想文にまとめさせましょう。落ち着きがない孫です。1時間半勉強したら、30分ゲームセンターで遊ばせるという”ごほうび勉強法”です。すべてのサービスが初月無料!【学研ゼミ】 [続きを読む]
  • 写真のないフォトエッセイ:孫の「読書感想文」と「自由研究」
  • 23日の東京新聞のコラム『筆洗』は、作家吉村昭の"小学時代の夏休みの宿題"が書き出しになっている。「小学生時代、夏休みの宿題はかなりの量であったが、それを私は、夏休みがはじまった日から遊ぶこともせずにこなし、五日ほどで仕上げた。それから夏休みの間、宿題の日記だけを書くだけでのんびりと過(すご)した」。コラムの本題は、大規模金融緩和によって物価を上昇させデフレ脱却を図る宿題がなかなか終わってないのに、さ [続きを読む]
  • 『Sony α7II』+『Canon EFレンズ』は使える
  • Canonの定番レンズ「EF 50mm/ f1.8 STM」をAmazonから取り寄せた。私のメインの一眼レフはNikon D800でCanonのボディは持っていない。最近持ち歩いているSony α7II用です。アダプターを介して使えるか試して見ます。α7IIの純正レンズはまだ種類も少なく、値段も高い。試してみる価値はあるでしょう。準備したアダプターは『K & F CONCEPT』の「EF-NEX 電子接点付き」です。『K & F CONCEPT』のマニュアルのアダプターは数種類持 [続きを読む]
  • 愛宕山のNHK放送博物館で見た『大地の子』の台本
  • HERが検査の間、大学病院を出てタバコを吸いに愛宕山に登った。灰皿はNHK放送博物館の前にある。ここががNHK発祥の地だそうです。入ってみました。入場は無料です。三階に過去の人気番組の資料が展示されている。一番奥に「大地の子」の台本が開かれて展示されていた。テレビドラマ「大地の子」は山崎豊子の原作で、20年前の1996年に放送されました。日中共同制作で、ロケのほとんどは中国で、主人公の戦争孤児、陸一心を演じた上 [続きを読む]