幸福ナビゲーター さん プロフィール

  •  
幸福ナビゲーターさん: 任用試験(仏法入門)問題と対策
ハンドル名幸福ナビゲーター さん
ブログタイトル任用試験(仏法入門)問題と対策
ブログURLhttp://happiness-studies.cyclehope.com/
サイト紹介文創価学会の教学部任用試験は最極の幸福学への入門です。
自由文創価学会教学部の任用試験は合否に関係なく、受験者と応援する人が行学の二道(実践)に励む為の機縁です。学(がく)に励むことで信を深め、さらなる実践の糧となすのです。また、任用試験は仏法入門と位置づけられて、会員のみならず知人・友人等、広く門戸が開かれるようになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/06/24 06:21

幸福ナビゲーター さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 法華経・日蓮大聖人と法華経|初級・青年3級試験2017【練習問題】
  • 2017年実施の教学部初級・青年3級試験の出題範囲である「法華経」と「日蓮大聖人と法華経」(教学入門から)の練習問題です。練習問題の内容は、重点部分に的を絞って作られています。「法華経」・「日蓮大聖人と法華経」の重要な部分について教学部初級(青年3級)試験の出題範囲である「教学入門」のうち、「法華経」と「日蓮大聖人と法華経」の範囲について、具体的に以下の諸点が重要である旨が公表されています。法華経迹門 [続きを読む]
  • 任用試験 2017の過去問題|2016年の問題と解答
  • この記事は、任用試験 2017の過去問題で2016年実施の問題と解答です。今回、平成29年11月26日実施の「教学部任用試験2017」から、受験対象が中等部員にも裾野が広がりました。また、昨年同様、マーク方式で実施されます。創価学会の教学は、正しい仏法への理解を深め、また、「信(しん)」を深めて「信行学」の現実変革への実践力を培うことを目的とします。試験対策としての仏法用語の記憶もさることながら、教材を通して「正し [続きを読む]
  • 創価学会初級試験の試験問題と過去問・問題集について
  • 創価学会初級試験とは創価学会教学部初級試験のことを指しています。創価学会教学部初級試験は平成16年(2004年)10月の実施から、青年部教学試験3級と合同で同日、同じ問題内容で行われるようになりました。このため、初級試験の実施内容については、「青年部教学試験3級」を受験される青年部と同じ情報内容となっています。よって、2017年の本年(9月24日)に実施される「創価学会教学部初級試験」も青年部と合同で貴い研鑽の [続きを読む]
  • 仏法入門 任用試験のために【任用試験2017の日程と新しい書籍】
  • 2017年の任用試験向けの新たな教材書籍・「仏法入門 任用試験のために」が、既に販売を開始しています。2017年の任用試験の実施日程については、『11月26日(日)13:30』である旨の情報が一部地域で発表されています(2017-07-29現在未公表)。毎年11月中旬実施は公表されているので、実施要綱等の詳細は間もなくと思われます。2017年、任用試験実施日程の公表を待たずして販売が開始されている教材書籍・「仏法入門 任用試験のた [続きを読む]
  • 青年教学3級(初級試験)2017の過去問題(2014年)
  • 平成29年(2017年)実施の青年部教学試験3級及び教学部初級試験のための過去問題を紹介しています。青年3級と初級試験は同日合同で、同じ問題によって実施されています。ご紹介する過去問題は、前回・2014年9月に実施された青年3級・初級試験(合同)のものです。ここでは、その概要説明と共に、出題傾向を加味して、2017年の「青年3級・初級試験」に対応させた ”オリジナル問題集(練習問題・ドリル)”のリンク先をご案内し [続きを読む]
  • 任用試験 2016のための過去問題|2015年の問題と解答
  • 任用試験(2016年実施)のための過去問題としての、2015年(平成27年)11月22日(日曜日)実施の教学部任用試験の問題と解答の全てです。2015年の任用試験は、マーク方式が採用されてから、2回目の試験となります。マーク方式ならではの解答方法に慣れることが肝心です。また、要点の学習と共に、実際の出題に触れることで、理解の度合いが確認できます。任用試験 2016 過去問 【2015年(平成27年)実施の問題と解答】201 [続きを読む]
  • 正行と助行(信行学)
  • ◆ 任用試験の「正行(しょうぎょう)と助行(じょぎょう):(教学入門の信・行・学より)」について、要点を述べています。信・行・学は、日蓮大聖人の仏法の「修行の基本」です。そして、信行学の「行」とは、生命を変革しゆく為の具体的な実践のことをいいます。さらに、この「行」には、「自行(じぎょう)」と「化他(けた)」の両面がありまが、ここでは、自行について述べています。正行 と 助行 について正行と助行の二つ [続きを読む]
  • 相対的幸福と絶対的幸福
  • ◆ 任用試験の「相対的幸福と絶対的幸福(教学入門)」について、要点を述べています。第二代会長の戸田先生は、幸福には、「相対的幸福(そうたいてきこうふく)」と「絶対的幸福(ぜったいてきこうふく)」がある。と、述べています。相対的幸福とは?物質的に充足したり、欲望が満ち足りたことに幸福を感じる状態です。しかし、その幸福には永続性は無く、一時的なものです。絶対的幸福とは?何があっても、どんなことが起きて [続きを読む]
  • 一生成仏抄|任用試験 2016(3月度・座談会御書)
  • 2016年3月度の座談会拝読御書・一生成仏抄は、2016年の任用試験の出題範囲(御書全集の384ページ・2行目から5行目)です。一生成仏抄の拝読範囲のテーマは「幸福と勝利の人生へ生命を磨く唱題行を」、との日蓮大聖人の仰せです。一生成仏抄の有名な御文であり、繰り返し声を出して拝読し、暗唱できるようになるのが理想です。任用試験では拝読範囲の語句の穴埋め(選択式で)が必ず出題されます。本文衆生と云うも仏と云うも亦此く [続きを読む]
  • 開目抄|任用試験 2016(5月度・座談会御書)
  • 2016年5月度の座談会拝読御書・開目抄は、2016年の任用試験の出題範囲(御書全集の234ページ・7行目から9行目まで)です。開目抄の拝読範囲のテーマは「強き信心に立て!苦難を勝ち越えよ」、との日蓮大聖人の仰せです。開目抄の有名な御文であり、繰り返し声を出して拝読し、暗唱できるようになるのが理想です。任用試験では拝読範囲の語句の穴埋め(選択式で)が必ず出題されます。本文我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なく [続きを読む]
  • 兄弟抄|任用試験 2016(4月度・座談会御書)
  • 2016年4月度の座談会拝読御書・兄弟抄は、2016年の任用試験の出題範囲(御書全集の1087ページ・15行目から18行目)です。兄弟抄の拝読範囲のテーマは「師弟不二の闘争で乗り越えよ」、との日蓮大聖人の仰せです。兄弟抄の有名な御文であり、繰り返し声を出して拝読し、暗唱できるようになるのが理想です。任用試験では拝読範囲の語句の穴埋め(選択式で)が必ず出題されます。本文此の法門を申すには必ず魔出来すべし魔競はずは正 [続きを読む]
  • 任用試験 2016のための過去問題|2014年の問題と解答
  • 任用試験(2016年実施)のための過去問題、すなわち、2014年(平成26年)11月23日(日)実施の教学部任用試験の問題と解答の全てです。任用試験にマーク方式が採用された初回の試験問題となります。マーク方式ならではの解答方法に慣れることができます。また、要点の学習と共に、実際の出題に触れることで、理解の度合いが確認できます。任用試験 2016 過去問 【2014年(平成26年)実施の問題と解答】2014年(平成26年)実施の任 [続きを読む]
  • 創価学会の歴史
  • ◆ 任用試験の「創価学会の歴史(世界広布と創価学会)」について、要点を述べています。創価学会の信行学の日々の実践は、創価学会の広宣流布の歴史上の「記念日」を師弟不二の「原点」としています。故に、創価学会の歴史については、「創価学会の記念日」を覚えることが重要です。創価学会の活動はこの記念日を勝利して行こう!ということで「5・3(5点3)」や「11・18(11点18)」と呼びならわして、折伏弘教・新聞啓蒙 [続きを読む]
  • 日蓮大聖人の御生涯
  • ◆ 任用試験の「日蓮大聖人の御生涯(教学入門)」について、要点を述べています。日蓮大聖人のご生涯について、任用試験では、特に重要なご事跡をおさえましょう。本稿では、日蓮大聖人の重要なご事跡を紹介したあと、そのご事跡を含む「略年表」を掲載しています。日蓮大聖人のご生涯の「流れ」を覚える「お助け」にマンガをご覧下さい。⇒ まんが【日蓮大聖人のご生涯】日蓮大聖人のご生涯(重要なご事跡)文応(ぶんおう)元年 [続きを読む]
  • 十界論
  • ◆ 任用試験の「十界論(教学入門)」について、要点を述べています。「十界(じっかい)」とは、仏法の生命観を説いたもので、生命の状態・境涯を10種類に分類したものを言います。そして、この十界の生命状態の一つ一つ全てに十界が具(そな)わっていることを「十界互具(じっかいごぐ)」と言います。十界の生命状態(境涯)について十界のそれぞれがどのような境涯か。十界論を以下に説明しています。①地獄界(じごくかい [続きを読む]
  • 日顕宗を破す
  • ◆ 任用試験の「日顕宗を破す(世界広布と創価学会)」について、要点を述べています。日顕宗(にっけんしゅう)とは、法主(管長)に絶対的な権威・権力があるとし、日蓮正宗第67世法主を名乗る阿部日顕が支配してきた日蓮正宗宗門のことを称しています。世界宗教へと飛躍する創価学会と、その指導者であり、各界から賞讚される池田先生を敵視するようになった日顕は、学会を破壊しようと画策。平成2年(1990年)、「創価学会分 [続きを読む]
  • 信心即生活 と 人の振る舞い
  • ◆ 任用試験の「信心即生活と人の振る舞い(教学入門)」について、要点を述べています。日蓮大聖人の仏法では、信仰と生活は切り離して考えるものではありません。また、日蓮仏法は、「人間としての勝利」を教えた宗教です。故に、大聖人の仏法を信仰し実践する上では、「仏法を根本とした智慧(ちえ)と生命力」で人々の信頼を勝ち取っていく、「人の振舞い」が重要になります。信心即生活(しんじんそくせいかつ)とは「信心即 [続きを読む]
  • 功徳と罰
  • ◆ 任用試験の「功徳と罰(教学入門)」について、要点を述べています。南無妙法蓮華経という最高の法を正しく信じ持つ(たもつ)ことで、おのずと正しい生き方が確立されてまいります。これによって、限りない功徳を受け、幸福を築いていくことができます。そして、究極の功徳とは、「成仏(じょうぶつ)」、すなわち、揺るぎない幸福境涯の確立に他なりません。反対に仏法を誹謗(ひぼう)すれば、罰の現証があらわれます。功徳 [続きを読む]
  • 諸天善神 と 異体同心
  • ◆ 任用試験の「諸天善神と異体同心(教学入門)」について、要点を述べています。諸天善神(しょてんぜんじん)が守護する働きは、信心の心の「強弱」で決まります。また、日蓮大聖人の仏法が目的とする「広宣流布(こうせんるふ)」は、信心から発する「異体同心(いたいどうしん)」団結によって成し遂げられると仰せです。強き信仰と実践を団結をもって進める中に、自他共の幸福境涯が開かれるのです。諸天善神とは何か、異体 [続きを読む]
  • 転重軽受と願兼於業
  • ◆ 任用試験の「転重軽受と願兼於業(教学入門)」について、要点を述べています。信心に励んでいるのに、人生の大きな苦難に直面することがあります。日蓮大聖人は、その理由を「転重軽受(てんじゅうきょうじゅ)=重きを転じて軽く受く」という法理で明かされています。また、大きな苦難に直面する身の上も、実は、悪世の人々を救うために、あえて、願って悪世に生まれた為であるという「願兼於業(がんけんおごう)」の教えが [続きを読む]
  • 宿命転換
  • ◆ 任用試験の「宿命転換(教学入門)」について、要点を述べています。生命は、今世だけのものではない。過去世・現在世・未来世にわたり、三世永遠であると、仏法では説いています。仏法では、今世にその原因を見出せない・・そのような苦難は、過去世において自分が行った行為(宿業:しゅくごう)の結果が今世に現れたものとしてとらえます。すると宿業による苦難は、宿命(しゅくめい)だとあきらめて耐え忍ぶしかない・・消 [続きを読む]
  • 年末年始 国内旅行の穴場 直前の対策は?
  • 年末年始の国内旅行で穴場を探す場合、人気で評判の良い穴場な温泉宿や観光地を確実にゲットする王道は、と言えば、やはり「早め・早めの予約を敢行」ということになります。しかし、旅行の穴場を求める人の多くは、早めの予約が不可能な、休日の予定を早くから立てられない多忙な庶民です。それでもなお、年末年始が近くなってから国内旅行の穴場を探す場合、どうしたら良いのでしょうか。旅先の穴場とは、「人ゴミで混雑するのを [続きを読む]
  • 過去の記事 …