ベンジャミン さん プロフィール

  •  
ベンジャミンさん: 塾長の独り言
ハンドル名ベンジャミン さん
ブログタイトル塾長の独り言
ブログURLhttp://katsujuku8317061.ti-da.net/
サイト紹介文進学教室「克塾」の塾長です。日々の出来事、感じたことや考えたことなどを書き込んでいきます。
自由文塾業界一筋35年以上が唯一の自慢です。克塾を家族や周りの人々の温かい支援で創立したのが16年前になります。まだまだ未熟者ですが、ちょっとした生活の知恵、雑学などもたまに入れようと思っています。皆さんよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供289回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2009/06/26 22:42

ベンジャミン さんのブログ記事

  • うがった見方とは、ひねくれた見方ではなかった
  • ラジオのアナウンサーが「これはうがった見方かもしれませんが…」と言った時、ああ、これはひねくれた見方あるいは疑ってかかる懐疑的な言い方なんだと思っていました。ところが、全く逆でした。うがったは穿ったと書き、「雨垂れ石を穿つ」の穿つから来たものだったのです。「穿つ」は穴をあけるということで、そこから、貫き通す、物事を深く究めるという意味があります。つまり、穿った見方は深いところまで掘り下げた積極的な [続きを読む]
  • tanθの値からcosθとsinθを即座に出す裏技
  • 先週、NHKの高校ラジオ講座で、tanθの値からcosθとsinθを求めるやり方の説明がありました。θ(シータまたはスィータ・角度を表す)tanθが第3象限にあってその値が12分の5である時、cosθとsinθの値はどうなるかという問題でした。sin二乗θ+cos二乗θ=1の公式の両辺をcosθ二乗θで割ると、cos二乗θ分のsin二乗θ+1=cos二乗θ分の1となります。これにtanθ=cosθ分のsinθという公式を当てはめて、tan二乗θ+1=cos二乗θ分の1 [続きを読む]
  • 沢田研二VS田宮二郎
  • 沢田研二と田宮二郎が椅子に腰掛け、かなり近い距離で対談している貴重な動画が見つかりました。田宮二郎ショーという音楽番組の一コマだと思います。ジュリーが起こした1975年の暴行事件に話が及んでいます。週刊誌では、芋ジュリーと呼ばれたことに腹を立て頭突きを食らわせたとなっていました。駅に溢れたファンに対しても侮辱的な発言があったそうです。その翌年も新幹線で乗客に絡まれ揉み合いの喧嘩に発展。ジュリーは1ヶ月 [続きを読む]
  • 北朝鮮、自爆の可能性
  • 性懲りもなくまたミサイルを発射した北朝鮮。強化されたはずの制裁決議をあざ笑うかのようです。金正恩個人に対する資産凍結か石油燃料の完全禁輸が効果覿面なのですが、これには流石に中国とロシアが反対します。昨日早朝のミサイルは飛行距離が過去最長の3700キロ。これはアメリカ領土のグアムを射程内に入れたことを意味します。残念ながら北朝鮮のミサイル開発はかなり進んできているようです。さて、ここで各国が注意しなけれ [続きを読む]
  • 生徒がよく引っかかる数検問題Part3
  • 次の比の式を最も簡単な整数の比に直しなさい。6分の5:5分の4分数の比を簡単にするには、まず通分をします。6と5の最小公倍数は30ですから、30分の25:30分の24となります。次に両方に30を掛けます。すると、25:24となります。これ以上簡単にすることはできないので、25:24が正解となります。なぜ、このような解法になるのか。2ぶんの1:3分の1を考えてみるとわかりやすいと思います。今同じ二つのビーカーに、一方は半分、もう一方 [続きを読む]
  • 不倫を認めた斉藤由貴、今後は…
  • 結婚して子供が3人できて、夫と共に敬虔なモルモン教徒であったはずの斉藤由貴。50代に突入しても変わらぬ美貌が災いしたのか、3度目の不倫を5年近くも続けていたそうです。相手の医師とは家族ぐるみでも付き合っていたというのですから、驚きを通り越して呆れてしまいます。ペナルティはすべてお受け致します。せっかく、アラフィフの星として芸能界で再ブレイクが目前だったのに、ドラマやCM出演などはキャンセルが相次ぐことに [続きを読む]
  • 凄い、理科100点満点
  • 去った1学期の期末試験で、N中学の長嶺さんが理科で満点をゲットしました。英語や数学の満点は聞いたことがありますが、理科の満点は克塾では史上初めての快挙です。5科目総合でも10番以内に入って、前回の席次から30人くらい引き離しました。長嶺さんは、徹夜特訓でも5科目の暗記課題を真っ先にクリアした秀才です。授業態度も真面目で、夏期講習はほとんど休みなしで頑張っていました。成績がグンと伸びる予感はありましたが、予 [続きを読む]
  • ついにやった、桐生が10秒の壁を突き破った
  • 桐生が高3の時に出した10秒01から4年。平成15年に9秒87を叩き出したものの、追い風3メートル。追い風は2メートルを超えると参考扱い。桐生を追いかけて、9秒台に迫る日本人が増えていく中で桐生はだんだん影が薄くなってきました。彼が3位内にも入れず号泣した時は、もう桐生の出番はなくなったかと思われました。しかし、腐らずに練習を積み重ねた結果、ついに努力の実る日がやってきたのです。日本人初の9秒98。彼は肉離れしよう [続きを読む]
  • まさに鉄人、阪神の鳥谷
  • プロ野球史上50人目の2000本安打達成。早稲田にスポーツ推薦で入ったエリート選手鳥谷敬は、1年生からレギュラー。反感を持つ他の選手たちを黙らせたのは、人の3倍の練習量と授業の時一番前に座って聞くという真面目な態度。彼が中心となって、東京6大学リーグでは6連覇を達成。鳴り物入りで阪神に入団、しかしプロ14年目で2000本を達成するまでの道のりは、決して順風満帆ではなかったのです。守備で味方と交錯して腰椎骨折、背中 [続きを読む]
  • 山尾議員の不倫、民進党に大打撃
  • 不倫問題は芸能界だけに限ったことではありません。政治の分野でもイケメン議員や美女議員が騒動を起こすことひっきりなし。もしかすると表沙汰になっているのは氷山の一角かもしれません。今回特に民進党にとっては、非常に大きなイメージダウンに繋がってしまった山尾志桜里議員のW不倫疑惑。相手は9歳年下の若手弁護士。山尾衆院議員といえば、「保育園落ちた日本死ね」のブログを国会で初めて取り上げ有名になった人物です。彼 [続きを読む]
  • 殺人を犯した高1生はデートDV男だった
  • 「私を裏切った」「彼女を取ろうとした」だから刺した。埼玉県草加市のアパートで起こった高2男女が殺傷された事件の犯人は、高2女子の元交際相手だったとのことです。捕まった高1男子は、女子と付き合っていた頃から暴力を振るっていたそうです。他の異性と口をきいただけでも嫉妬して、髪を引っ張ったり、体に蹴りを入れたりしていたのでしょう。彼女は親しい同級生に「今度暴力を受けたら別れる」と相談。事件のあった日は、姉 [続きを読む]
  • 昨夜の雷雨は凄まじかった
  • ドドーン、ガガーン雷がすぐそばに落ちたのではないかと思うくらい、物凄く大きな雷鳴が何度も轟きました。昨夜9時ごろの那覇市に降った雨は雷を伴って、1時間に60ミリ以上だったとのことです。盆入りの日にまるで核爆弾が落ちたような雷音を聞くことになるとは、北朝鮮の水爆実験もあったので非常に驚きました。もし実際に核ミサイルを撃ち込まれた時は、こんな音がするのだろうかと考えてしまいました。今日は今日で、奄美の喜界 [続きを読む]
  • 北朝鮮の水爆実験成功が意味するもの
  • 今日昼過ぎに北朝鮮が6回目の核実験を行いました。去年の5回目に比べると少なくとも10倍以上の威力だったそうです。原爆よりも数百倍、理論的には数千倍もの破壊力を持つとされる水爆。この実験が発表通り成功したとなると、核戦争の脅威がこれまでよりも一段と深まったと言わざるを得ません。ICBM「大陸間弾道ミサイル」に搭載する核兵器の小型・軽量化にも成果をあげているとすれば、北朝鮮の核ミサイル開発はかなり高度化したこ [続きを読む]
  • 武井咲が来春ママになる
  • 武井咲がEXILEのボーカルTAKAHIROと結婚。しかも彼女はすでに妊娠、来春ママになるそうです。いやはや、ただもうビックリです。最近、武井咲主演の「黒革の手帖」が非常に面白いとブログに書いたばかりでした。彼女のあまりにも美しすぎる着物姿に、そして新境地の悪女役が似合っていることに、惜しみない拍手を送ってまだ1ヶ月も経っていません。あの妖艶さはTAKAHIROという素敵な恋人の好影響だったのでしょう。彼のことも、実は [続きを読む]
  • 日野皓正の往復ビンタに賛否両論
  • 世界的に有名なジャズトランペッター日野皓正が、コンサートの真っ最中に観客の前で中学生に往復ビンタを浴びせた。これだけ聞くと、なんてひどいことをするんだと思ってしまいますが、中学生の方にはそれ相当の叩かれる理由がありました。かなり高齢になった日野皓正ですが、彼は若い人達に貴重な体験をしてもらおうという世田谷区の企画に賛同。他の講師らと中学生を数ヶ月間徹底指導。8月にその成果を発表している最中に、アド [続きを読む]
  • 数検準2級の作図問題
  • 0と2だけが表示されている数直線上に、√5を示す点Pを作図によって求めよ。ああ、これは特殊な直角三角形の比である1:2:√3の応用問題だと誰もが思います。しかし、√3ではなくて√5をどのようにして、それもコンパスと定規だけで本当に求められるのか、一時は途方に暮れてしまいました。ここで助け舟を出してくれるのが三平方の定理です。直角三角形の斜辺の二乗は、直角を挟む二つの辺のそれぞれの二乗を足したものと等しいので [続きを読む]
  • 佐川満男で思い出した、パリ人肉事件
  • 今から36年前、非常にショッキングな事件がパリで起こりました。オランダ人の女性留学生を自宅に呼び出し、背後からカービン銃で射殺。即死状態の死体をバラバラにして食べたというものです。犯人の名は佐川一政(いっせい)、著名な大学の大学院を修了している、頭脳は優秀な男です。彼の祖父は朝日新聞の論説委員、父は一流企業の社長、そして何よりもびっくりしたの佐川満男の甥に当たるということでした。佐川急便もあるくらいで [続きを読む]
  • 伊東ゆかりと佐川満男は格差婚だった
  • 「徹子の部屋」に伊東ゆかりとその娘宙美が出演している動画をyoutubeで見ました。70歳には到底見えない、あまりの若々しさに驚きました。あいにく風邪を引いていてガラガラ声でしたが、最近のコンサートでは声がそっくりの娘が舞台の後ろから助け舟を出してくれて、大いに助かったと話していました。しばらくして、元夫の佐川満男が薄くなった頭で登場。こちらは77歳という年相応の風貌で、伊東ゆかりまでが彼の娘のように見えま [続きを読む]
  • 生徒の心を傷つける教諭の暴言
  • 信じられない話です。福島の50代男性教諭が、中1の男子生徒に「ベランダから飛び降りろ」と怒鳴ったそうです。いったいこの生徒はどんな悪さをしたのでしょうか。報道によると、自分の意見を発表できなかったからとのことです。さらには、声が小さいからと言って、腹を押したり首を締めたりと、メチャクチャなことをしています。ただでさえ、原発事故から避難して転校も何度か経験している情緒不安定な中学生に、なぜこんなにも酷 [続きを読む]
  • 安木屋で逮捕者が出るなんて…
  • 安木屋は昔平和通りの一角にありました。沖縄の書籍販売ではトップではなかったかと思います。特に大学時代の専門書は安木屋で買ったのを今でも覚えています。県内で本屋さんがドンドン潰れていく中で安木屋は一銀通りに移転、最近では文具事務用品販売に力を入れて頑張っていたよ?です。その安木屋の社長と店長が逮捕されたとの記事をみてびっくりしました。理由は残業代の未払い。11人の従業員に対して2年間、約500万円を払って [続きを読む]
  • 壇蜜の観光PR動画、やはり度を超えている
  • 東北大震災の津波によって甚大な被害を受けて、復興まだまだ半ばの宮城県。涼しい宮城をアピールしようと考え出したのが竜宮城ならぬ涼・宮城(りょうぐうじょう)そこで一役買ってもらおうと起用したのがグラビアタレントの壇蜜。彼女の祖先が宮城県の藩士だったということがその理由のようです。むすび丸との共演から動画が開始されますが、唇をことさらクローズアップしてマスコットに囁くと、それが鼻血を出すという演出辺りから [続きを読む]
  • 数検3級の作図問題
  • 数学検定3級の過去問に、面白い作図問題がありました。線分OA(OからAに向かって右側に引かれた横線)を利用して、分度器は使わず角POAが105度となる点Pを作図によって求めよという問題です。まず、Oから左側にOAの延長線を引きます。次に、Oを中心にコンパスで半円を書き、延長線上で交わったところをB、OA上で交わったところをCとします。そして、BとCから同じ半径の円の弧を線分BCの上に書き、交わった点をDとします。OとDを結べ [続きを読む]
  • 武井咲、「黒革の手帖」で新境地
  • るろうに剣心の恋人役から銀座のママへ。武井咲が「黒革の手帖」で芸域を広げています。若いのに着物姿が本当によく似合っていることに驚きます。銀行から大金を横領するという悪女役を、落ち着いた幾分低い声で演ずる変貌ぶりに、さすがは女優だと感心させられます。ネットの動画で、CMをドンドン飛ばしながら、あまりのおもしろさに第5話まで一気に見てしまいました。脇を固める俳優人もそれぞれの役を上手にこなしているので、 [続きを読む]
  • 舟木一夫、数奇な運命を乗り越えて元気いっぱい
  • 歌手歴50周年でまだまだ頑張っている沢田研二。彼を超える歌手はまずいないと思っていましたが、今年55周年コンサートを精力的にこなす舟木一夫がいました。彼は学生服姿で「高校3年生」を歌って鮮烈デビューした、西郷輝彦・橋幸夫と並ぶ御三家の一人です。映画にも主演しスター街道を走っていましたが、だんだんフォークやロックに演歌が押されていくと、テレビの歌謡番組に登場する回数が減って行きました。さらには、3度の自殺 [続きを読む]
  • 9億円を横領しヒモ男に貢いだ銀行員
  • 爆報THEフライデーが滋賀銀行横領事件を紹介していました。その横領額がなんと9億円。約50年ほど前の話ですから、現在なら30億円ほどに相当するそうです。逮捕された奥村彰子は一体どうやってそんな大金を銀行から騙し取ることができたのか。上司の決済の印鑑を正式な書類に押してもらったあと、すぐに油紙でその赤インクを吸い取り、自分が作成した偽造の解約書類に押し当てるという犯罪行為を繰り返していたのです。油紙ならイン [続きを読む]