ベンジャミン さん プロフィール

  •  
ベンジャミンさん: 塾長の独り言
ハンドル名ベンジャミン さん
ブログタイトル塾長の独り言
ブログURLhttp://katsujuku8317061.ti-da.net/
サイト紹介文進学教室「克塾」の塾長です。日々の出来事、感じたことや考えたことなどを書き込んでいきます。
自由文塾業界一筋35年以上が唯一の自慢です。克塾を家族や周りの人々の温かい支援で創立したのが16年前になります。まだまだ未熟者ですが、ちょっとした生活の知恵、雑学などもたまに入れようと思っています。皆さんよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2009/06/26 22:42

ベンジャミン さんのブログ記事

  • 宮里藍、あと5年くらい頑張って欲しかった
  • 世界ランクでトップだったこともある宮里藍。最近は確かに奮いませんでしたが、去年は5位に食い込む健闘を見せ、さあ今年はいよいよ復活の年になるかと密かに期待を寄せていました。ゴルフ漬けの毎日を過ごして気づいてみればもう30過ぎ。女性ですから、さすがに結婚を意識せずにはいられない。ゴルフ関係者に彼女のハートを射止める男性は残念ながらいないようです。もしいれば、その人と結婚してゴルフは続けるということも可能 [続きを読む]
  • まだあったのか、戸塚ヨットスクール
  • 訓練中の事故死、行方不明者、さらには自殺者が出たにもかかわらず、現在も運営されている戸塚ヨットスクール。校長の戸塚宏は裁判にかけられ懲役6年の実刑を受けています。爆報THEフライデーでこの事実を知りました。こんなひどいスクールはすぐさま潰れると思っていたので正直びっくりしました。入校金は324万円、月々10万円という法外な額でも、自分の子をスクールに預ける親がいることにも愕然とします。よほど子育てに手を焼 [続きを読む]
  • さようならの語源は、「左様ならば」だった
  • 今ではほとんど死語に近いのですが、時代劇の武士のセリフにはよく出てくる言葉に「左様でござる」があります。「その通りでございます」という意味なのですが、なぜ左の文字が使われているのか、ただの当て字とは考えられません。そもそも左の語源は、南に向いた時の日が昇る東側が左手の方角だったことからきているという説があります。古代の日本では右よりも左が尊重されたことを合わせて推測すると、左様は事実あるいは信じる [続きを読む]
  • 快い(こころよい)と心地良い(ここちよい)の違い
  • 「こころよい」を心良いと書いた生徒がいました。「快い」が正解なのですが、心地良い「ここちよい」との違いが気になりました。辞書によると、心地は「外からある刺激を受けた時に感じる気持ち」、快いは「感じがいい、気分がいい」となっています。どちらも似たような意味なのですが、「心地良い朝をむかえる」とは言うけれど、「快い朝を迎える」となると少し違和感があります。他にも、「快く承諾する」はいいとしても、「心地 [続きを読む]
  • 菊川怜、今さら離婚なんて無理かも…
  • 結婚相手には、隠し子が三人もいたなんて…もちろん、菊川怜はこのことを全く知らされていなかったでしょう。となると、まるで結婚詐欺に会ったようなものです。普通は、いざ結婚となると興信所を通して身辺調査をするはずですが、婚約相手が企業のトップで大金持ちともなると、そんな失礼なことはできなかったのでしょう。結婚の発表の時にあんなに嬉しそうに涙して幸福の絶頂だったのに、隠し子が三人もいると聞かされた時のショ [続きを読む]
  • 菊川怜、せっかく結婚できたのに…
  • 先日結婚したことを発表した菊川怜。ところが、旦那さんには内縁関係の女性ともう一人の不倫関係の女性との間に、一人ずつ隠し子がいたのです。彼は企業の大社長で、子供は認知したあと大金を払って、表向きは解決済みということになっているようです。48歳で精悍な顔つきのやり手社長。それまで何もなかったという方がおかしい、何人かの女性との関係があったとしても不思議ではありません。しかし、隠し子二人、しかも内縁関係の [続きを読む]
  • ドイツはドイツ語でドイチェだった
  • ブログのアクセス元を調べていたら、Googleのそばにdeと打たれていました。このdeはDeutshlandの略でした。いったいなんと読むのか、ドゥーチュランドか、そんな国あったっけ。ネットで検索してみると、これはドイツ語でドイチェラントと発音することがわかりました。略してドイチェ、つまり、ドイツのことだったのです。英語ではGermany (ジャーマニー)、ゲルマン人のゲルマンが語源となっています。今までなぜドイツというのか全 [続きを読む]
  • 一兆円の兆と兆し(きざし)の関連はどうなっているのか
  • 兆は兆し(きざし)とも読み、吉兆(きっちょう・めでたいしるし)などに使われます。兆という漢字はそもそも甲骨の占いに現れるひび割れの形からできた象形文字です。そのことから、うらないとかきざしの意味を持つことは容易に理解できるのですが、なぜ、一億の一万倍の意味も持ち合わせているのかがわかりません。漢和辞典を調べてみるとそのヒントらしきものがありました。ひび割れることから、二つに割れるという意味もありました [続きを読む]
  • いやはや非常によかった、亀田興毅対4人の挑戦者
  • 世界チャンピオン対4人の熱きチャレンジャーたち。ホストクラブの支配人はすぐに負けました。そりゃそうでしょう。いくら自信があっても、試合まで残り数日にシャンパンを一気にがぶ飲みでは勝てるわけがない。酔拳はボクシングに通用しませんでした。二人目のジョーはボクシング経験者だけあって、亀田をかなり苦しめましたが最後はKO。あとで亀田が打ち明けていましたが、この2試合目から足に疲労がたまって、なかなか踏み出した [続きを読む]
  • 地球の磁場が逆転すると…
  • 千葉県に地球の磁場が逆転していることを示す地層があるそうです。今からざっと77万年前。地球ができてから45億年の歴史の中で不定期に逆転現象は起きていたのです。最近では平均して33万年に一回のペースになっています。ということは、いつ地磁気の逆転が起きても不思議ではないことになります。実は去年、この現象が起きることをNASAが掴んでいて、しかしパニックを避けるために隠していたとの噂がまことしやかに流れていました [続きを読む]
  • 献血の献は、なぜ南に犬と書くのか
  • 献は献血、献身、献立(こんだて)などに使われ、部首は犬になっています。どうして南に犬の組み合わせなのか調べました。この南は方角とは全く関係なく、旧漢字の虍(とらかんむり)と間隔の隔の右の部分(三本足の食器を意味する)が合体したものの変化でした。虎の模様のある立派な食器に犬(動物の肉)を盛って差し上げることから、献という漢字ができたわけです。神や仏に供える、酒をすすめる、酒や料理、記録を書きとどめた本などを [続きを読む]
  • 明け方に出会った絶世の美女
  • 坂道を上って汗ダクダク足はガクガク。体力作りのために始めた新聞配達、しかし脚力が付くにはまだまだ時間がかかりそうです。ふと漂ってきた何とも言えないいい匂い。思わず彼女のそばによってその香りを思いっきり鼻から吸い込みました。癒しの粒子が脳細胞の隅々まで行き渡って疲れがいっぺんに吹き飛びました。色白でスタイル抜群。人がそばに近寄ってきても全く警戒しない。彼女の周りにも美女がひしめいて、眺めているだけで [続きを読む]
  • 凄い、安室奈美恵が100公演を10ヶ月で達成
  • 沖縄出身の歌姫は世界的にも有名になって、もちろん国内でも大活躍しています。10ヶ月で100公演ということは、単純計算で一ヶ月当たり10公演。3,4日に一回はステージに立って歌い踊ることになります。39歳という年齢を全く感じさせない、デビューの頃とほとんど変わらないスタイル。リオ五輪テーマ曲のHeroは何度もテレビで流れました。レコード大賞を連続受賞した全盛期がずっと続いているかのようです。9月には地元で記念ライブ [続きを読む]
  • 是非見たい、亀田興毅に勝ったら1000万
  • 素人が元世界チャンピオンの亀田興毅に勝ったら、1000万円というイベントがインターネットテレビで放映されるとのことです。挑戦できるのは4人、応募は数千人いたのですが特に自信のある人たちが選ばれています。元暴走族の総長、ホストクラブの支配人、人気のあるユーチューバー、そして、現役の高校教師。亀田に挑むだけあって、体力作りにはかなり励んでいる方ばかり。しかし、ボクシングほど素人とプロの差が大きいスポーツは [続きを読む]
  • 平均寿命と平均余命は何が違うのか
  • 平均寿命のことを平均余命(へいきんよめい・へいきんよみょう)とも言うのかと思っていましたが、少し違っていました。平均寿命とは、0歳の時の平均余命となっています。では、平均寿命が80歳だとすると、50歳になった時の平均余命は単純に引き算して30歳になるのか。それならいちいち平均余命という概念は必要ないような気がします。しかし、そういうわけではありませんでした。 平均寿命はすべての死亡率を計算しますが、50歳の [続きを読む]
  • no more than, no less than, not more than, not less than の違い
  • He has no more than 1,000 yen. この英文を直訳すると、彼は1,000円より多くを全く持っていないとなります。それではおかしいので、彼は1,000円しか持っていないと訳します。He has no less than 1,000 yen.less は little の比較級ですから、直訳は、彼は1,000円より少ない額を全く持っていないとなりますが、彼は1,000円も持っているとなります。実は、この二つの英文で使われているnoには、ちょうどその額を示す意味が含 [続きを読む]
  • 14年前の有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
  • おとといの爆報THEフライデーを動画で見ました。メインは有栖川宮詐欺事件でした。ある日、結婚式の招待状が届きます。有栖川宮祭祀後継者の識仁(さとひと)殿下とその妃殿下、場所はカナダ大使館地下の会員制ラウンジ。これを届けられれば、各界の著名人や名の売れた芸能人は出席しなければと思うことでしょう。何かしら自分のステイタスにお墨付きがもらえるという錯覚を起こすはずです。受付でご祝儀袋を渡すと、さらに参加費一 [続きを読む]
  • やっと結婚できた菊川怜
  • 天は二物も三物も与えたりと思わせる菊川怜。東大出身で超美人の才色兼備にふさわしい男性は果たして現れるのか。国連難民高等弁務官のスペシャルサポーターも経験しているので、そのうち政界に進出してバリバリのキャリアウーマンを目指しているのかと思っていました。そんな彼女の結婚相手となるためには、とにかく彼女よりは年上で包容力抜群のハンサムな男性でなければならないでしょう。星の王子様を探し出すよりも難しい。ほ [続きを読む]
  • あのショッキングな事件から早一年
  • もと米兵がジョギング中の女性を襲い、強姦した挙句に死なせ雑木林に遺棄するという残忍な事件から一年が経過しました。この男は沖縄の女性と結婚し産まれたばかりの子供もいたのですが、二十歳の女性を背後から棒で殴るという凶行に及んでいます。自分が彼女の親だったら、あるいは恋人だったらと考えると、この男をとてもとても許す気にはなりません。友達でさえも極刑を望んでいます。しかし男は殺意を否定する声明を出していま [続きを読む]
  • 幸せいっぱいの神田沙也加
  • 先日爆報THEフライデーに出演して、田原俊彦と共演した神田沙也加。30歳なのにまだ結婚していない。のんきに食べ歩きしていたので、当分好きな人は作らず仕事に熱中するつもるなのかと思っていました。それにしても何とも可愛らしい。神田正輝と松田聖子の一人娘として生まれ、芸能界で無事にやっていけるか最初の頃は足元が不安定な印象でしたが、アナと雪の女王で大ブレイク、今や誰もが認めるミュージカルスターに成長しました [続きを読む]
  • 武の部首は戈(ほこがまえ)ではなく止(とめへん)だった
  • 武士の武はてっきり戈だと思っていました。戦の部首が戈の代表格で、戈は武であるほこを示しているからです。武も字形は違うものの止と戈の組み合わせになっています。辞書の説明によると、止は足を表していて、ほこをもって勇ましく歩く様子を示しているとあります。つまり、勇ましく歩くことに重点が置かれたようです。あるいは、字形が違うために戈にはしなかったのか。字形が異なっていても、その部首に入っている漢字もありま [続きを読む]
  • 今村復興相、ついに辞任
  • 福島第一原発事故による自主避難者が帰還するかどうかは、本人の責任という暴言で辞任を要求された今村復興相。ついに自らその非を認め大臣職から去りました。そのきっかけとなったのが、大震災が東北で良かったという発言。性懲りもなくまた被災者の気持ちを逆撫でする大失言に呆れて物が言えません。 発言をする前に避難される可能性のある箇所はないかどうか、ちゃんとチェックする余裕はないのでしょうか。秘書か側近の人達か [続きを読む]
  • 世界一素敵な結婚式
  • なんと幻想的なシーンでしょうか。まるでディズニー作品の最高の一場面を切り取ったような写真。今朝の沖縄タイムス第一面には、本物の恋人同士が挙げた海中結婚式が載っています。ウエディングドレスを着た花嫁が、天から降りてくるようにして花婿に手を差し伸べます。それを地上に見たてた岩の上でしっかりと受け止めようとする彼氏。天使が地上の若者に恋をして悩み抜いた末、この先命が絶えても彼となら構わないという覚悟を決 [続きを読む]
  • 天才中学生が羽生三冠を破る
  • なんと中学三年生が将棋界トップの羽生善治に勝ちました。インターネットテレビの企画で非公式戦とは言え、111手で接戦を制しています。大御所加藤一二三九段との戦いに勝つという、センセーショナルなプロデビューから13連勝。羽生善治でも6連勝ですから、すでに二倍以上上回っています。テレビを見る時間は週1時間のみ。幼稚園生の時祖母から初めて将棋のことを習ったそうです。きっと頭の中はいつも将棋のことでいっぱいだと思 [続きを読む]
  • エネルギッシュは英語ではなくドイツ語だった
  • 昨日のラジオ英語講座を聞いていたら、Energetic (エナジェティック・エネルギッシュな・元気はつらつとした)が出てきました。Vigorous(ヴィガラス)と言い換えることもできます。そしてなんと、エネルギッシュは英語ではないことが判明しました。辞典に載っていないのです。これと似たものはドイツ語のenergischでした。以前、ナトリウムが英語ではなくドイツ語だったことを書きましたが、エネルギッシュもそうだったのです。元々 [続きを読む]