アロア さん プロフィール

  •  
アロアさん: Perle(ペルル)ピアノ教室のBLOG
ハンドル名アロア さん
ブログタイトルPerle(ペルル)ピアノ教室のBLOG
ブログURLhttp://perle-piano.net/wp/
サイト紹介文福島県郡山市のペルルピアノ教室です。2017年1月〜郡山で再Openいたしました♪
自由文ピアノレッスンでの出来事、生徒さんへの練習法、講師の日常、勉強の様子など綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/06/28 08:18

アロア さんのブログ記事

  • 夏休み中の楽しかった「合わせ」
  • 富良野、風のガーデン夏休み中、旅行のほか楽しい時間を持ったのは、10月に本番のある声楽の方との「合わせ」でした♪うちから意外に近い、声楽の方の新しいレッスン室にお邪魔しました写真を撮らなかったので、ここに載っている画像は本文と関係ありません…木の香りと、光あふれるレッスン室で、オペラ「アドリアーナ・ルクブルール」のアリアを2曲合わせました。常に研鑽を積まれて、脂が乗ってますます磨きのかかった歌声にう [続きを読む]
  • ピティナ全国決勝大会を聴きに行きました♪
  • 21日は、ピティナ ピアノコンペティションの全国決勝大会を聴きに行って参りました今年と縁深いA1級を、よみうり大手町ホールで聴きました愛着ある課題曲の数々の、全国から選抜されたレヴェルの高い演奏に、大変刺激を受けました?会場では、お知り合いの先輩先生方にも久しぶりにお目にかかることも出来て、有意義な上京となりました??このチケットは、18日から各級の会場をハシゴして勉強できるチケットでしたが、日帰りのた [続きを読む]
  • 北海道でリフレッシュ
  • 残暑お見舞い申し上げます。お盆休みは、北海道を旅行しました!久々にピアノから離れ、雄大で涼やかな土地でリフレッシュしましたこれまでも、札幌に住む音大時代の友人に何度も色んな場所に連れて行ってもらったことを、行く先々で思い出しながら、今回も、六花亭カフェで友人にお会いできて、本当に嬉しかったです??札幌、小樽、今回初の富良野へもレンタカーで回りましたラベンダーは時期が過ぎてしまっていましたが、少しだ [続きを読む]
  • 七夕の願いごとは叶ったね!地区本選に向けて
  • ピティナに出られた生徒さんは、次の地区本選に向けてがんばっています??今度は遠く他県に遠征ですし、体調管理に気をつけたいですね。こちらのブログへのupが遅くなってしまいましたが、予選の翌日のコラムです。ピティナ予選優秀賞満面の笑顔が見れて、私も嬉しかったですあと、1週間余りで、他の生徒さんたちも何名も別のコンクールに出られます一生懸命努力したぶんだけ、良い結果を出しきれますようにペルルピアノ教室HPに [続きを読む]
  • 二本柳奈津子先生が、教室へお立ち寄りくださいました!!
  • 夢のようなお話なのですが、ピティナのお仕事でいらしていた大阪の二本柳奈津子先生と、昨日ばったり再会し、急遽、貴重なお時間をいただいて、教室に足をお運びくださる幸運を得ました?セミナーや審査で全国を駆けめぐる、すごい人気の奈津子先生が、うちの教室にいらして下さるなんて‼?先生のブログでもご紹介くださいました!こちらと、 こちらです。ちょっとした合間にも、生徒さんにとって勉強しやすいテーブルのレイアウ [続きを読む]
  • 水野直子先生のバロックセミナーへ
  • 28日は、チェンバロ・フォルテピアノ奏者の水野直子先生のバロックセミナーに行って参りました。音楽を華やかに彩る「装飾音」について、多様な種類、名称、奏法をご説明いただきました?装飾音って、イタリア語では「花が咲く」といったような意味もあるそうです。素敵ですね!イタリアで古楽を学ばれた直子先生だからこその、研究された奥深い内容で、バロックの奏法を学ぶ3大書籍のご紹介もありました。久保田チェンバロ工房さ [続きを読む]
  • 演奏の「姿勢」を伝える
  • ピアノを始めたばかりや、小中学生くらいの方達は、例え何年かやっていても、演奏するときの心の姿勢を知らないまま、曲だけが進んでしまっていることがあります。何年もやっているのに注意されれば、おもしろくはないだろうとは思います。けれど、ピアノはちゃんと弾けるようになるまで長い道のりの、奥の深いものです。初歩から蓄積されていくように、私は育てたいです。レッスンとは、日々、細々したことをやりながらも実は、音 [続きを読む]
  • 教室の近況、
  • またしても、前回の更新から10日も経ってしまいました!教室生だけが見れるページでは、しきりにコンクールに向けて、また、練習中の曲にむけて発信させていただいています教室生のなかで、良い刺激になっているようです6月はまた新しい生徒さんもお迎えいたしましたどんな風に成長されていくか、楽しみですピアノを買われた方や、ご実家から運ばれた方、もともとあったアップライトピアノを私の信頼する調律師さんに直していただ [続きを読む]
  • 集中力
  • ピアノを真剣に弾いていると、集中力がものすごく身につきます。ただ、週にいくつものお習い事をしていると、時間がない中で、チャッチャと練習する癖がついて、弾いているときなにも考えないで弾くようになってきてしまう恐れもあります。こうしたことは、「口うるさく」感じてしまうかもしれないので、なかなかお伝えするのが難しいですが、1分の曲でも2分の曲でも、内容、情報量が多い演奏がしたいものです。ある程度、気持ちに [続きを読む]
  • 山本美芽先生の新刊と、ピアノ教本シンポジウム(4月末)
  • バイエルで育った時代から20〜30年を経て、今や膨大なピアノ教本が出版されています特徴を理解し、生徒さんに応じて的確に教本を選ぶことも、私達指導者の大切な役割となっています。音楽ライター山本美芽先生の待望の新刊は、多彩な教本のひとつ一つを、見開き2ページずつ解説されているわかりやすいガイドブックとなっています!各楽譜で覚えられる音域や、コンセプトが一目でわかるように記されています。__________ [続きを読む]
  • 日本人は働きすぎ!?
  • 「時間が足りない」というのは、おそらく大人だけでなく、子どももそうなのではないかと思います。今の世の中、みんな何かに焦っていて、本当にやりたいことはやれていないし、それが何なのかさえわからなくなるほど、時間が足りない。充分に休んだ、と思える日も多くはなく、いつももう少し休みがあれば、かえって仕事の能率が上がるのに・・と思う方も、どんな職種でも多くみられるのではないでしょうか。とはいえ、私は、いつも [続きを読む]
  • イェルク・デームス先生の2日間
  • 横浜、南万騎が原のピアノクリニックヨコヤマさんで、4月22日(土)、23日(日)に、88歳のウィーンの巨匠イェルク・デームス氏の演奏会に行きました1日目は、レクチャーコンサートでベートーヴェンのop.110のソナタの深い内容と、デームス先生の解釈をお話下さいました。両日、ブリュートナーの1905年製ジュビリーモデルを弾かれました。(隣に新品の190?も置いてあったのですが)op.110に込められた、謎解きのような神秘的な [続きを読む]
  • 山形・鶴岡の旅
  • GWも終わり、気の引き締まる週明けをお過ごしのことと存じます。私は、連休のはじめに高熱を出し、一気に上がって一気に下がったのですが、なんとか旅行も行くことが出来ました日本海の夕日を見ながらお湯に浸かり、生徒さんのお母様の教えてくださったアル・ケッチャーノや、クラゲの加茂水族館などを楽しみました羽黒山にも登り、庄内の幸を堪能し、笹川流れや米沢にも立ち寄りました家に戻ってテラスで過ごしたリラックスタイム [続きを読む]