yuki さん プロフィール

  •  
yukiさん: きっと大丈夫!オリジナルな私再発見プロジェクト
ハンドル名yuki さん
ブログタイトルきっと大丈夫!オリジナルな私再発見プロジェクト
ブログURLhttp://ameblo.jp/lovelymonkey1/
サイト紹介文私が思うよりきっともっと世界は優しい 周りに合わせて生きてきたけどそろそろ自分の人生を生きてみよう
自由文オリジナルな女yuki☆です。
2016年2月に心屋仁之助さんのブログに出会い、自分を見つめなおし、自分の人生を生き直す人体実験の様子を綴っていきます。
この人体実験がいつか、誰かの気持ちをほんの少しでも楽にできるような存在になれたらうれしいなぁ(*^▽^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供423回 / 365日(平均8.1回/週) - 参加 2009/06/28 11:04

yuki さんのブログ記事

  • だめだ。。。
  • すごい、びっくりするくらいもんもんしてる。ぐつぐつしてる。どっかーーーーんと行きそうな気配を感じる。いまの私はイライラ収集機のよう。さて。心当たりはいくつもあるから、ひとつずつあたってみよう。 [続きを読む]
  • 存在価値なんてない。
  • と、言うのが最近のわたしのスタンスどす。前にもどこかで書いたけれど(たぶん)、存在価値なんてないんだと気付いてからすごく気持ちが軽くなった。知らないうちに、世の中の価値観を背負い込んでたんだよね。社員だとか、結婚してるだとか、こどもがどうだとか、仕事ができるとか、稼げてるとか、常識があるとかないとか。存在価値があると証明したくて、一生懸命仕事をしたけれど一生懸命恋をしたけれど一生懸命貯金をしたけれど [続きを読む]
  • 忘れたけど
  • どんな流れだったか忘れたんだけど、昨日、なにかぼーっと考え事をしていたら、『あー。そっか。究極、私存在しなくてもいいんだ』って思ったんだけど、あまりに自然だったから、どーゆーながれでそうなったのか、全く思い出せない [続きを読む]
  • 踏み出そうとしている。
  • 先日、出勤途中に泣かされた。・・・私に。痛いところをつかれて、涙目になった。今まで、できない自分を責めてきた。その罪を背負って生きてきた。そして、責めることをやめた今、『できない』ことを受け入れる一方で、『できない』を言い訳にして、逃げ場にして、この場所に甘えていた。変えたいなら、変わりたいなら、覚悟を決めて動くしかないのに、苦手分野では、見て見ぬふりをしてきた。でも、もう限界。この場所にはいられ [続きを読む]
  • ”「目的が無い」というスランプだった。”
  • これね、すんげーーーー分かる。私も、何が撮りたいのか全然わからなくて、『これいい』と思うものは壮大過ぎたりして、イヤになりかけてたーー!!ちなみに私は、写真教室の修了展が迫ってきたことで、腹をくくって撮りたいものと向き合って、確信はないけど、空振りするかもしれないけど動き出してみた。ら、やっぱり空が好きだった。と気付いた。すると不思議なもので、普段撮らないような写真にもさらりとトライできるし、いい [続きを読む]
  • 私はなんなの?
  • アシスタントとして採用されたのに、アシスタントとしての仕事はほとんどなくて放置されててでもまぁ、それでいいと思ってた。違う仕事が増えてまた違う仕事が増えてそして、また、違う仕事が増えた。なのに、アシスタントが更に欲しいって話が上がって正直腹が立った。私にはなにも教えない、なにもさせないくせに更にアシスタント?!私は何のためにいるんだろう?私は何のために。。。なんか、そんな気持ちでイライラしていた。 [続きを読む]
  • 人見知り
  • 人見知りだと言うのは、ずるいとか、失礼とか書かれているのを目にするとどきっとするんだけれどやっぱり私は人見知りをやめられない。初めての人が苦手。ジムのインストラクターも写真展の出展者も一緒に働く人も初対面の時のちょっとした温度間の違いが、すごくダメ。熱いのは特にダメ。変な言い方だけど、初めて見る人の顔って、全部宇宙人みたい。見慣れないとダメ。気持ち悪い。顔だけ見慣れても、いろんな表情を見慣れないと [続きを読む]
  • 怒り爆発。
  • うゎーーーーーーん!!!今日は怒り爆発だぁーーーー!!!すんげームカつく!すんげームカつく!家に帰ったら暴れてやるーーー!!!くっそぉーーーーーー!!!!!!!!!! [続きを読む]
  • 辛くて悲しいこととか
  • ムリして笑い話にしなくていいよ。ムリして過去の事にしなくていいよ。だって傷ついたじゃん。悲しかったじゃん。苦しかったじゃん。辛かったじゃん。それを否定しなくていいよ。痛みを抱えたまんまで生きていこう。いま、そうするしかないのだから。 [続きを読む]
  • 私の気持ちを
  • 100%理解してもらうことを諦めた。同時に、人の気持ちを100%理解しようとするのも諦めた。そしたら、分かってほしいという乾きが薄まった。でも、おしゃべりな性格は変わらなかった(´▽`;)ゞさて、次は何を手放すのかな?わくわく(≧▽≦) [続きを読む]
  • 悲しみの波が来たら
  • 誰にでもきっと、心に抱える傷はいくつかあってあるとき、ふと思い出して、とても悲しい気持ちになったり辛かった、無力に感じた気持ちが、ふいに戻ってきたりする。今までは、それが嫌で、怖くてたまらなかった。今は、また一つ、その記憶から離れる時なんだとその記憶が癒される時なんだと前に進む時なんだとそう思って、出来るだけその気持ちを感じきるようにしている。それが、一番早いから。 [続きを読む]
  • ”自分は素晴らしいって言い聞かせるより”
  • これは本当にそう!言い聞かせる必要はない。あと、自分は大したことないって気づくことも大事。いい子ちゃんしちゃう人は、自意識過剰だって気付くといい。私が本性だそうが、周りは見ちゃいない。あーだこーだ言ってくる奴からは離れればいい。猫被ってたにゃん??と言って、笑ってくれる人といればいい。にゃん?? [続きを読む]
  • 【写真】変わりゆく街
  • 先日の、使ってみよう一眼レフの写真教室で撮った写真。私らしくないけど、萌えちゃったから仕方がない。変わりゆく街を見守るポスト。無言でただそこに立ってるだけな感じが、おっさんの哀愁が漂う。昭和の団地を背に、見つめるのは開発される街。変わってゆく街で、変わらずにそこにいるおっさん。んで、面白いのが、これが表参道の景色ってところ。 [続きを読む]
  • 卒業とか、
  • 上京とか、そんな気分だ。いつまでもここにいると、そう思っていた場所にくるりと背を向けて歩き出す。布団を殴ったり、泣いたり、惨めさを噛み締めてみたり、恨んでみたり、後悔してみたり、、、もう、戻れないんだと何度も何度も言い聞かせながら何度も何度も振り返りながら諦めて、前を向いて歩き出すまで私は、何度でも私に付き合おう。彼との思い出から卒業する一人で立って再び歩き出すそんな気配を感じるから。諦めようとす [続きを読む]
  • 有言実行。
  • ランチに会社のお金で、美味しいハンバーグ弁当を食べてなんだか幸せ気分だったので、出来るかなぁと不安だったけど、怒りを出す。今までで一番パワフルに、バラエティー豊かに出来たんじゃないかと思う(笑)でも、なかなか終わりが来なそうだったし、お腹もすいてたから、途中でストップ。続きはまた別の日にやろう。よくある、痴話喧嘩の時の女の人みたいに同じことを何度も言ったり、話とんだり、堂々巡りしてた(笑)私にもそーゆ [続きを読む]
  • 現実を見る
  • 昨日はたくさん泣いたなぁ。でも、何でだろうなぁー。どうして彼のことはまだ終わらせられないんだろうな。この前、確かに終わった気がしたんだけれどな。。。そして、昨日も、彼と私はもう違う世界にいるんだなとはっきりと感じたのにそれがとても悲しくて認めなくなくて。相変わらずダサいなぁ自分。。。嫌だよーってなきながら出てきた言葉は『ごめんなさい』だった。チクリとした。そのだいぶあと頭に浮かんだのは、『辛いこと [続きを読む]
  • 後悔は悪いものではない
  • もっとうまいやり方があったと思う。そう言うと、そんなこと言わないでと言われてしまうけれど、やっぱり、もっとうまいやり方があったと思うんだ。人を傷つけて、自分を傷つけて、そうして自分に絶望したからこそ本気で自分と向き合うきっかけになったけれど問題を抱えたままでも結婚している人もいるし子供がいる人もいるように何かを手離さなくったってどうにかすることは出来たと思うんだ。だけど、当時の私には出来なかった。 [続きを読む]
  • 写真。世界貿易センタービルに行ってきた。
  • 少しずつ撮りたいものを意識して撮れるようになってきた。すこーしずつ。すこーしずつ。モノクロの東京タワー。あえて、色をなくすことで、光や色の濃淡が良くわかる。ミニチュアの東京。本物の景色を背景に。なんか可愛いかなと思って。思ったよりもドラマティックに撮れたけど、夜景がもっとキラキラしてたら良かったなぁ。平日の方がキラキラ度は良いらしい。次は平日でチャレンジ。 [続きを読む]
  • ふと。。。
  • 彼といた頃楽しかったなと素直に思えた。下らないことで笑って仕事のことを熱く語ってポテトサラダを食べて。あぁ。少ないけれど、あの時間は本当に楽しかったなぁ。怒りとか、寂しさをごまかすような気持ちがだいぶ減ったなぁ。素直に、シンプルにあー、楽しかったぁ?そんな感じ。さて、これから何がどうなるかな? [続きを読む]
  • 誇り
  • 私は、私以外の人間が、私の人生を代わりに歩むことになったら私のように強くはいられないだろうと思っている。そして同じように、誰かの人生のなかで、その人が生きてきたようには生きられないだろうと思う。ただそれだけのこと。そしてそれが全て。 [続きを読む]
  • まだ消化できない気持ち。
  • 何度書いても、何度向き合っても、ふと、戻ってきてしまう所がある。恋愛って本当に苦手だ。どう自分と向き合えばいいのかよくわかんない。ただ、時が経つほどに、穏やかな景色となって、彼のことをどうしようもなく愛しく思ったり、どうしようもなく憎く思ったりそんな風に感情が振れることがなくなった。だけど、時にこうして思い出しては、ふと考え込んでしまうということは、きっと何かがまだ私のなかで未完了なのだろう。きっ [続きを読む]