やだ&たま さん プロフィール

  •  
やだ&たまさん: レールはつづく
ハンドル名やだ&たま さん
ブログタイトルレールはつづく
ブログURLhttp://yadatama.blog85.fc2.com/
サイト紹介文国内外の旅行記とNゲージ鉄道模型レイアウト製作記の2本立てです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2009/06/30 15:30

やだ&たま さんのブログ記事

  • KATOのリアリスティック・ウォーターを使ってみた
  • 制作を開始したNゲージレイアウト。右側の低い場所は池にする。水の表現の経験はほとんどないので、どのような方法を用いるか不安が大きい。いろいろ試したい。KATOのリアリスティック・ウォーターを試してみる。スタイロフォームを重ねて、簡単に塗装して、リアリスティック・ウォーターを流す。1時間もたたないうちに、無くなってしまう。実験ということで、囲いを十分に行わなかったので、流れ出してしまった。次は漏れないよう [続きを読む]
  • サンクトペテルブルクのカザン聖堂
  • 後ろ髪を引かれる思いで、エルミタージュ美術館をあとにして、ランチタイム。キノコのつぼ焼き。日本で食べたものよりも、ポテトなどの具が大きい。午後の市内観光で最初に訪れたのはカザン聖堂。19世紀に建てられたとのこと。このような絵画を観たいけれど、中には入らない。外から眺めるだけなら、その時間をエルミタージュ美術館に充てて欲しかった。1か所でも多く足跡を残したいという方もいると思うので、自分の希望だけれど [続きを読む]
  • 制作を開始したNゲージレイアウトの構想
  • Nゲージのレイアウトの制作を開始しました。スペースは90?四方弱という広くはないスペースです。目標は以下の通り。1、列車を走らせるための舞台を作る。2、駅を設ける。3、幹線で複線とする。4、緩いカーブを設ける。5、編成は6両から8両程度とする。6、国鉄もJRも私鉄も、さらに欧米の列車も走行させる。7、ポイントやこう配は設けない。8、製作期間をなるべく短くする。無謀、欲張りなど、いろいろな言葉が浮かびま [続きを読む]
  • 名古屋始発東京行きひかり号
  • 静岡に用事が出来た。昼ごろまでに到着すれば良いので、東海道線で構わないけれど、天気予報によれば快晴ということで、日本平から富士山を眺めたくなった。だから新幹線で行くことにする。早朝の名古屋始発のひかり号。新幹線だから駅弁も酒もOK。車内はガラガラ。数分後に出発するのぞみ号が、新横浜や東京には先着するので当然のこと。豊橋と浜松で後続ののぞみ号の通過待ち。乗客は名古屋よりも多い。海側の座席でも、上り列車 [続きを読む]
  • 制作を開始したレイアウトの目標
  • 制作中のレイアウトの目標について記したいと思います。まずは動機から。これまでにモジュール式レイアウトはいくつか作りました。ただ、線路を繋いだりして、セッティングの時間がかかります。これはすぐ運転できます。しかし、最小半径がR140なので、20m級の入線は不可能です。5年くらい前に購入した、TOMIXのジオラマベースボード。スペースは90?弱四方。大きさも手頃で、エンドレスが収まりそうです。防塵対策もバッチリのよ [続きを読む]
  • ドイツで指定席券を購入
  • 日本からフランクフルトで乗り継いでベルリンに到着。ホテルの近くにあるツオー駅周辺をぶらつく。ベルリンの壁があった頃、このツオー駅で指定席券を手に入れたことがある。有名な大聖堂のあるケルンという地名がどうしても係員に伝わらなかった。アルファベットの「O」の上に点が2つある。第2外国語はドイツ語だったので、それがウムラウトというものであることは知っているが、発音の仕方はすっかり忘れていた。明後日は列車で2 [続きを読む]
  • KATOトキ15000
  • KATOのトキ15000を購入しました。昭和の時代から持っていたけれど、積み荷を追加する工作で滅茶苦茶にしたので、買い直しました。品版は8001番です。ちなみに8002番はコキ10000なので、登場順になっているようです。旧製品は内側が黒色だったので、リニューアルしています。表記も従来の製品よりも細かくなっているようです。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大阪・北九州フェリーの旅
  • 旅の目的地は山口県。JR名古屋駅から、新幹線ではなくてバスに乗って大阪へ。乗り継いだのは名門大洋フェリー。バスと船がセットで、名古屋駅と北九州市の門司駅か小倉駅の間を5700円で移動できる。当然だけれど時間がかかる。昼に出発して、到着するのは翌朝。エントランスとラウンジ。長距離フェリーは名古屋・仙台・苫小牧間の太平洋フェリーしか乗船したことがないが、そちらと比較すると狭いが、所要時間が短いから仕方が無 [続きを読む]
  • 線路の土台が完成
  • 中断とか挫折のようなもの構想数年、ようやく線路配置が決まったNゲージレイアウト。90?四方という珍しいサイズ。線路の土台はスタイロフォームとモーリンの築堤パーツを使用。カーブも簡単。ただ、固着するまでは竹串などで突き刺しておく必要がある。フィーダーのコードを通すための穴をあける。TOMIXの築堤やコンクリート・アーチ橋の固定はまだ済んでいない。郵便車か荷物車、A寝台とB寝台、グリーン車と写っていないけど [続きを読む]
  • 佐久間記念交流会館
  • 福井県若狭町にある佐久間記念交流会館。佐久間とは佐久間勉海軍大尉のこと。彼の生地にある。明治43年、潜水艇で訓練中に沈没した。引き上げられた時、佐久間艇長をはじめ13名の部下全員が各自の持ち場で死亡していた。一方、外国で同様の事故が発生すると、我先に脱出しようとして、争いの跡が発見された事例もある。潜水艇の模型や遺品が展示されている。そして、正面の奥には手帳に書かれた遺書がある。息苦しくて、暗い艦内な [続きを読む]
  • KATO特急かもめを眺める
  • KATOの特急かもめ中期セットを購入しました。奥にあるのはマイクロエースの製品です。ローマ数字の等級表示があるので、少し古い時代です。模型では配属表示の位置も異なっていますが、それについては分かりません。かもめの下り博多行きの京都発は8:30。一方、東京行きつばめは大阪を9時ジャストに出発するので、途中ですれ違ったはずです。ただし両列車共に複々線の外側の線路を走行するようなので、この画像のようにはならない [続きを読む]
  • ベルリン・ツオー駅の周辺
  • ホテルのすぐ近くにあるベルリン・ツオー駅。カイザーヴィルヘルム記念教会。空港からのバスで到着した時に見えていたが、ベルリンに来たことを実感するために行ってみる。空襲による被害を受けた状態で残っている。空腹を満たすため、駅前広場のスタンドでベルリン名物のカリーブルストを食べる。カレーよりもケチャップの味が強いかな。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • KATO特急かもめ
  • KATOの特急かもめ中期編成です。従来の昼行特急と異なり、終点で方向変換を行わないので、編成の両端にバックサインがあります。他の急行列車用として使用したかったので、点灯するバックサインが自分には邪魔。食堂車のオシ17と1等車のスロ54。ブドウ色の両車は昭和30年代の再現にピッタリ。ただし、青の帯はやがて塗り替えられるので期間が限られる。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • エルミタージュ美術館の絵画
  • サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館。館内は豪華であるが、やっぱり観たいのは絵画。ルネッサンスの初期や、それ以前の時代は大好きだけれど、時間は無いし、ツアーだからスルーされる。レオナルド・ダ・ヴィンチでは撮影タイム。ここで「事件」があったけれど、それについては次回。ラファエロの回廊。ヴァチカン美術館にもあったような気がする。レンブラントの作品。最近のツアーではガイドさんの説明をイヤホンで [続きを読む]
  • 名神ハイウェイバス
  • JR名古屋駅。下関へ行こうと思う。普通なら新幹線利用だけれど、タイトルにあるようにバスに乗る。初めて乗る大阪駅行き。乗車率は40%くらいで、老若男女さまざま。名古屋市内で少しの混雑と、東名阪に入ってからも渋滞を抜けるのに20分くらいかかる。その後は3車線になったりして順調。新名神は山も谷も一直線に貫いているようで、新幹線のような雰囲気。甲南PAで休憩。中国語が飛び交っている。久しぶりに太陽の塔を見て、 [続きを読む]
  • ベルリン・ツオー駅近くのホテル
  • ベルリンの空港からの路線バスが到着したツオー駅。4泊するホテルはこの近くにある。空港バスが頻繁に運行されているし、中央駅へも鉄道のSバーンで乗り換えなしで行くことができる。博物館島やブランデンブルグ門へのバスは、この駅前が始発。便利だからこの地区のホテルを選んだともいえるが、違うホテルだけれど、10年前もここに宿泊して道に迷う心配がないから。では、10年前はなぜ選んだのかと言えば、さらに昔、まだ西ベルリ [続きを読む]
  • ブドウ色の10系客車
  • 中古で手に入れた2両のマイクロエース製10系客車。軽量客車は青色しか持っていなかったけれど、この頃は昭和30年代の列車に魅かれるようになったので購入した。緑色の帯は急行型車両でおなじみだけれど、このブドウ色が一番映える気がする。ただし、この帯は2等級制になってからのものであり、後方の3等標示の車両と連結するのはあり得ない気がする。特急かもめのテールサインがあるが、手前のナロ10が同じセットで発売されてい [続きを読む]
  • ガイドの案内でエルミタージュ美術館を巡る
  • サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館。見学時間は3時間となっている。入場した時はごった返していたし、離れ離れになった時の集合場所と時刻をガイドさんから指示されている。ゴールデンルームとかスキタイ人のなんとかというものを見る。正直言って、興味は無い。はぐれたふりをして、個人行動しようかと思ったけれど、このあたりは閑散としていて、仲間の方を見失うことは考えられない。謁見の間。こういう部屋を見るこ [続きを読む]
  • 旧敦賀港駅舎
  • 敦賀の赤レンガ。ここにある巨大なジオラマを見てから、近くにある旧敦賀港駅舎を訪れる。戦前はウラジオストックと航路で結ばれて、シベリア鉄道を介してヨーロッパへのルートになっていた。現在は資料館になっている。ただし当時の駅があった場所はこちら。観光客がいるエリアからは少し離れているので訪れる人はいない。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 空港バスでベルリンの街へ
  • フランクフルトからルフトハンザでベルリン・テーゲル空港に到着。この空港に到着するのは2回目だけれど、前回からは10年以上が経過している。バスの標示に従って外に出ると、5月中旬というのに風が冷たい。日本出発前に天気予報をチェックしたら、最高気温が10度を少し超えるくらいだった。ホテルのあるツオー駅へのバスは、10分以内の間隔で運行している。今回の旅はベルリンに滞在するので、数日間乗り放題の切符を買うつもりだ [続きを読む]
  • トレインフェスタ2017へ行ってきました
  • 東静岡駅前のグランシップで行われているトレインフェスタ2017へ行ってきました。1階ではたくさんのクラブが運転会を実施しています。一方、優れた作品もたくさんあります。自分自身が新しいレイアウトの制作に取りかかっているので、水の表現とか、橋脚の汚れ具合とか、とても参考になりました。とりあえず明日の日曜日に製作を進めるモチベーションが高まったことは間違いありません。よろしかったら をお願いします。に [続きを読む]
  • エルミタージュ美術館は豪華
  • サンクトペテルブルク観光の2日目、待望のエルミタージュ美術館へ。素敵な外観。行列はあったが、すんなり入ることができる。ツアーだからか?館内はさらに素敵。とにかく人が多い。はぐれてはいけないので、構図とかを考えて撮影している余裕は無い。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 線路配置の小変更
  • ようやく制作を開始したNゲージのレイアウトです。新聞紙の切り抜きが線路で、この時点では線路配置が決定していたはずでしたが、台枠ギリギリまで線路があると、背景となる部分を設けるスペースが無いとか、いろいろ弊害があるので、ほんの少し変更しました。これが新しい配置です。見た感じでは、違いがほとんど分かりませんが、線路を敷く面積が減ったということは、当然しわ寄せが発生します。カーブの半径が小さくなる。周回 [続きを読む]
  • ベルリン・テーゲル空港へ
  • 日本からの直行便が到着したフランクフルトの空港からベルリンへ。フランクフルトはハブ空港。ルフトハンザだらけ。経済の中心地と首都を結ぶ路線なのに予想外に空いていて、5割くらいの搭乗率。イースター休暇でビジネス客が少ないのだろうか。列車の運休とかの影響が無ければ良いが。ベルリンはテーゲル空港に到着。飛行機を降りてバス停へ向かうと、かなり狭い。人はさすがに多いけれど、ドイツの首都にあるメイン空港とはとて [続きを読む]