うみねこ さん プロフィール

  •  
うみねこさん: フラワーブログ?
ハンドル名うみねこ さん
ブログタイトルフラワーブログ?
ブログURLhttp://white.ap.teacup.com/flowerlove
サイト紹介文ブログ初心者ですがいろいろ書いていきたいです。お花、ペットのうさぎとか載せたいと思っています。
自由文写真を撮るのも嵌っていて、横浜に住んでるので街なみや港など撮ったら紹介したいです。そして簡単なイラストや落書きの趣味も載せてみたいです。
夏からのLiveTourにはガゼットのツアーに参加したいとおもってますので
FANのかた絡んでくださればうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2009/06/30 16:37

うみねこ さんのブログ記事

  • 岡本太郎の言葉が教訓
  • 単純に見えて、複雑な社会に生きている現代もじつは過去から現在への時間の過程つまり、歴史によって刻一刻と進んでいるので…だからこそ、わたしの書く歴史の文章は時間の経過や流れ、速さを基本にしてつくられてきたのだろう。わたしは、歴史の側用人ではなく、傍観者でもなくて、その過程を文章によって表現したいアーティストであると自負しているので、兎にも角にも文章には音楽のように流れてゆくリズムや速さが必要なのだ。 [続きを読む]
  • 幕末日記風
  • うちら新撰組のカップルどす…!となぁ(*^o^*)と、ちょっと昔風の写真のように加工した。下のはこの間のバラ散策のヴェルニー公園で、何だか砲声が聞こえてきそうな景色だな…昨日は、新撰組の内容を把握しようと深夜まで本を読んだので日曜日の朝は眠くなってしまったので…しかし、壬生狼の舞台はとてもとても迫力満点であり、わたしのような幕末研究者にとっても見応えのある場面がたくさんあり、きっと、今後の歴史研究にも影 [続きを読む]
  • ブレスレット
  • 本当は龍の彫られた石も使いたかったが、龍紋のメノウがあったのでまあいいかな…?殺陣とか目の前で見るのは、かなりの勇気が必要なのだだから、壬生狼の舞台をみにゆこうか迷うこと数週間、ここは、優さんのかっこよさをあらためて確認したく行くことに決めた次第だ。そして今夜十一時過ぎにやっと、このブレスレットを完成することができたな。男の人の腕の寸法、未だにはっきりしないがこの間の失敗を教訓にして、なんとか出来 [続きを読む]
  • ポーチ
  • とある番組で、男性のスポーツ選手がポーチをたくさん持っていた。わたしもポーチはすきで集めたりしてる。これらは付録として雑誌についていたり店で買ったりしたものだが、最近は自分で手作りしている☆ポーチなら、服をつくるより手軽だから。シルバーのポーチは、アリス九號.のライブCrossing of Supernovaで買った。いまは、A9になったねAdamの曲を最近YouTubeで聴いたけど、いい曲だね。シルバーのカードケースは、the Gaze [続きを読む]
  • 伝わる
  • 満開の、バラの可憐さが伝わるような構図って楽しい☆ここのところ、夏みたいで暑くなってきたと思ったら、夕方から冷気を感じる日が多くて上着は必要だね。そんなとき自販機が近くにあれば缶コーヒーかなやっぱり飲むならホット=ほっとするのが一番![画像][画像] [続きを読む]
  • 小さく
  • 咲いてこちらの顔の様子を見てるからにっこりと咲き続けて、確かな愛情表現だ、こうして顔を突き合わせて挨拶したりするのは気持ちよい。そうだ、描かないとならない絵がたまっているからやるしかない![画像][画像] [続きを読む]
  • 鎌倉幕府は平安京を真似た〔四神相応〕の街づくり
  • 早起きは三文の徳、というのだが、部屋で作業をしているとあっという間に朝が来ているほど夜が早く過ぎ去ってゆくからなかなか早起きが出来ない。昨夜は気づいたら、夜中の二時になっていた。この間のベルばら展の繋がりで、フランスの首都、芸術の都、パリについて調べているのだが…、やはり気になるのは、国内のことだから、相変わらず日本史について色々読んでいる。天下泰平さんブログの黒龍の絵がとても気になるのだが、諏訪 [続きを読む]
  • ファティマの聖母
  • 部屋に貼ってあるドン・ボスコカレンダーはマリア様の月である5月になって今日はファティマの聖母と聖マリア・ドメニカ・マザレロの日。先日、友人たちとともにファティマの聖母のためにロザリオの祈りを捧げた。今夜もロザリオを一連祈りながら、おやすみしたい。 [続きを読む]
  • 反逆児アベ首相のやってることは全て現実味がない
  • この場を借りて、いまのアベ軍閥組織首相のやっている、ヤクザ政策の本質を語り続ける活動はいよいよ宇宙空間の軌道に乗ってきたようで、アベ軍閥軍需企業群政権のヤクザたちはこのブログの存在にきっと、困惑しているだろうし危機感を持ってきただろう。アベヤクザ政権の本質といえば、我々国民市民から取り立てる税金以外の資金源があることを忘れてはならない。アベ軍閥首相の背後にいる、統一協会や創価学会などの朝鮮系組織の [続きを読む]
  • 短編小説〈宇宙船は故郷へ〉二
  • 牡丹の色についての、考察は春の様々な花が咲きほこるシーズンだからこそ出来る貴重な時期だったかな…藤棚の道もきれいだったな。いまは、どこでもバラが見頃かな港の見える丘公園とかたくさん、咲いているだろうな色とりどりに。最近腰が痛いような気がする。だから昼寝をして横になると楽だったりする。あっという間に、宇宙船はブラックホールから抜け出せるかと思いきや、あと何光年で故郷へたどり着けるのかわたしにはわから [続きを読む]
  • 短編小説〈宇宙船は故郷へ〉一
  • リチャコシ氏のブログの猫話が気になる今日この頃は、かなり寝ていてもまだ眠気があり毎晩の夢に猫角家の人々が登場するようになった。ちょっとわたしも短編小説を書いてみたく、簡単に作ってみたけど奇想な内容は流石に書けず、単純な内容になってしまったかな…まだわたしたちのいる場所は、地球の裏側の光年は速度を落としながら浮遊する小さな星たちが散りばめられ、神の光に照らされて宇宙空間は、まるでわたしたちの人類が生 [続きを読む]
  • オスカルの衣装
  • そうだこのブログはいつからかファッションの内容になり、なんとか華やか!!となっているかは微妙なところだが、こういう西洋の貴族衣装は、鑑賞に値するかな。オスカル様は、本名がオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ!オスカルという名前は、ヘブライ語で神と剣を意味する。フランス王家の貴族、ジャルジェ家に六番目の末娘として生まれ、14歳のとき、王太子妃マリー・アントワネットの護衛官(近衛兵)に選ばれた。以後は、 [続きを読む]
  • ベルばら再び
  • 今回は、横浜高島屋の8階ギャラリーで池田理代子さんのデビュー50周年記念展《「ベルばら」とともに》を鑑賞した再びの感想は一言では言えないので、画像とともに簡単に紹介会場入り口横の特別なブースが素敵だな。理代子さんが高校の夏休みに、課題図書で、角川文庫の本“マリー・アントワネット 或る月並な女人の肖像〈シュテファン・ツヴァイク著作 山下肇訳〉”に巡り会った。これが、8年後の『ベルサイユのばら』の誕生につ [続きを読む]
  • おはよう
  • 言い換えれば、GWの街の状態は車の混雑、渋滞の形成の時期とも言えるだろう…ということで帰省は大変だね。そういえば、この間のBANNYAの思い出が、今の自分にとってはこころの栄養分になっているから画像を見ると元気が出てくる!さて、そろそろ朝ご飯なので支度しよう。[画像][画像] [続きを読む]
  • 西口周辺部の青空
  • 完全に心を引き締めてGWを過ごしてみたいので、気になる街並みを眺めに行って、街の観察あるのみ!と気合いを入れながら、横浜駅を降りてから、東口と西口のどちら側を利用しようか?とちょっと考えて、西口の方面へ出てみた。雑踏の中、上を見上げて横浜モアーズ、横浜タカシマヤ、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズの大型建物が並んでおり、青く晴れた空を背景にシルエットがくっきりと浮き上がっていた。西口周辺部は、駅の開 [続きを読む]
  • アベちゃんの独り言
  • 何となく不穏な雰囲気が漂っているような?しかし世間はゴールデンウィークのちょっと楽しい感じでそんな時期に、どさくさまぎれにアベちゃんがテレビ画面上ではっきりと宣言した…〈九条に自衛隊の項目を盛り込んで2020年に新憲法を制定しますよ?いいですね、ボクちゃんやりますよボクの脳内わかってくれますね♪〉だとさ。 [続きを読む]
  • 横浜チョコレート
  • 何となく疲れて、チョコが食べたくなったのでねお店でかわいい横浜チョコレートを見つけて買ってきたら赤くてかわいいレトロなパッケージが勿体なくてしばらく眺めて…中に入っていた野口雨情の〔♪赤い靴〕の歌詞をみてひとりで歌っていたら、夜11時過ぎていた。ゴールデンウィークの日くらい早く寝ようと思ったけど、いろいろやることあると遅くなってしまうな…♪赤い靴はいてた女の子 異人さんにつれられて 行っちゃった短調 [続きを読む]
  • よこはまパレード
  • とても良い天気だ!と、横浜で最も歴史あるパレードを見ていたらたくさんのマーチングバンドや衣装をきた団体が出ていて、文化や芸術を味わえた!パレードのスタートは、山下公園のマリンタワー側からでそこから県庁方面へゆき、象の鼻パーク横の新港橋を渡り、万国橋も渡ると馬車道商店街に出て、そこから関内駅方面へまっすぐゆき、吉田橋を渡りイセザキ・モールを通ってゴール!吉田橋と馬車道の間の高架下で見物客として楽しん [続きを読む]
  • 熱演とエネルギーの賜物
  • ほとんど干物のようになって、寝ていたけどサカさんのブログを見ていたら元気を貰えたような気がした!サカさんと優さんの絶妙なコンビの世界BANNYAは、言葉で表せないほど素晴らしかったな!普段は、一人で静かに過ごしている日常が、お二人の舞台を見に行くことでまったく別の世界に旅した気持ちになってくる。しかし、熱い演技をあれだけ披露するのは、とてもハード!?今回は、一番前の席にて観劇させてもらい、優さんが最後に [続きを読む]
  • 幕末からの軍国化〔横浜港や横須賀港の軍艦造船や観艦式〕
  • 昨晩の報道ステーションの番組では、北朝鮮の脅威を大々的に報道して、中央マスコミ組織がわざとらしく煽っていたからそんな煽り報道には騙されないようにしよう、と先ほどの記事でも書いたが、そもそも軍閥組織の要人たちは既に極東の戦争計画の軍事作戦や軍事シナリオを作り上げている。何時の時代でも、軍閥組織は、予め戦争計画を練ったり軍事作戦書を作っておく。そして、その軍事作戦書のシナリオ通りの内容で戦争を徐々に進 [続きを読む]
  • 情勢の行方
  • 今晩の報道ステーションではさいきんの北朝鮮情勢について報道し、防衛省の元官房副長官補、柳沢協二さんがVTR映像にて出演していた。柳沢さんは、今日の朝、自衛隊の護衛艦いずもが、初の米艦防護を開始したことについてコメントし、“安倍政権の米艦防護は、戦争の始まりを感じる”というようなことを暗示させる内容で安倍政権を批判的に見抜いて、現在の安倍首相の軍事政策(米艦防護)を非常に危惧している様子だった。わたし [続きを読む]
  • そうはんてんぱん〈帰り〉
  • 無事に総帆展帆の作業が終わったようで、最後にボランティアさんたちがデッキ上でズラリとこちら側にも並んで帽子を振って観客に向かって、挨拶していた。観客は手を振って答えた。パチパチ。帆船日本丸は船内も見学出来る(横浜みなと博物館も)が、今回は入らないで、しばらく日本丸の周り景色を眺めていた。花壇のツツジやコンテナのマリーゴールドが光っていた、広場から日本丸を見上げてみたのだ。まぶしかった、真っ白な帆が [続きを読む]
  • そうはんてんぱん 三
  • だんだん全体に帆が開いて観客も、盛り上がっていたな…!?経過は11:3111:3811:3811:42と変化☆二枚目はボランティアが向こう側にズラリと並んで三枚目は最後に日の丸国旗が上がってゆく様子で、四枚目が展帆の完成、長細いから、横にして撮った。[画像][画像][画像][画像] [続きを読む]
  • そうはんてんぱん 二
  • 観客として展帆を見るのは楽しいのだが、5月の日差しはかなり紫外線が強いようで本当にまぶしかった…かなり海上は、日の光を照らし、白い船体と白い帆は輝いたな。画像は11:0111:1111:2711:27の経過だ。青空に、白い筋の雲がうっすらかかり船の背景として綺麗だった。[画像][画像][画像][画像] [続きを読む]