はきもの匠 さん プロフィール

  •  
はきもの匠さん: 神田胡蝶のブログ
ハンドル名はきもの匠 さん
ブログタイトル神田胡蝶のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/zourikocho/
サイト紹介文東京神田明神の参道に位置する『神田胡蝶』です。江戸の粋を伝える草履・バッグについて情報発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/07/01 18:26

はきもの匠 さんのブログ記事

  • UMAいお品です
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただき、ありがとうございます。 はじめに、秋田県での記録的な大雨により、被害に遭われた方々に、謹んでお見舞い申し上げます。避難を余儀なくされた方々が一日でも早く元の生活にお戻りになれますよう、心よりお祈り申し上げます。 馬の音の とどともすれば 松陰に        出でてぞ見つる けだし君かと写真)神田明神HPより神田明神の神馬・御幸号「あかりちゃん」です。参道店の前を [続きを読む]
  • シンプルなこだわりです
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただき、ありがとうございます。 関東地方は梅雨が明けていよいよ夏本番!とはいえ、水不足の心配があり、手放しではしゃげない状況ですね。恵みの雨に期待したいです。 本日は、新作のコルク型押しバッグのご紹介です。コルク素材は一年を通してお使いいただけますが、軽やかに見えるので、特に夏と単衣の時期におすすめです。コルクというとカジュアルなイメージがありますが、本革のトリミングと [続きを読む]
  • 秋のお楽しみ
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 梅雨明け前にして、連日の猛暑で暑さ疲れや体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 蒸し暑い日本の夏の象徴といえば、風鈴もその一つではないでしょうか?目と耳で感じる”涼”。あの「チリン、チリン」という音色は、人間が心地よいと感じる”ゆらぎのリズム”と一致しているので、聞くと心がリラックスするのだそうです。tenki.jpより [続きを読む]
  • 歌舞伎好きな方におすすめです
  • 皆さま こんにちは、 ご訪問いただき、ありがとうございます。 ここに来て 狐を見るは 楽しかり      狐の香こそ 日本古代の香 テレビなどでご覧になった方も多いと思いますが、東京・歌舞伎座で現在上演中の七月大歌舞伎では、勧玄くんが史上最年少での宙乗りということで、大変話題になっていますね。白狐役ということで、狐にちなんだ歌を選んでみました。 さて、本日は歌舞伎好きな方におすすめの新作下駄のご紹介 [続きを読む]
  • 宝探し気分です
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただき、ありがとうございます。 このたびの北九州の豪雨で被害にあわれた皆さまへ、心よりお見舞い申し上げます。被害が拡大しませんよう、お祈り申し上げます。 本日は七夕ですが、織姫や天の川にちなんだ記念日があるのをご存じでしょうか?「ゆかたの日」、「そうめんの日」、「ポニーテールの日」、他にもいくつかあるようです。 さて、本日は参道店で行っていることをお知らせしたいと思いま [続きを読む]
  • 今年の夏はぜひ!
  • 皆さま こんにちは ご訪問いただき、ありがとうございます。 天の川 楫(かぢ)の音聞こゆ 彦星と    織女と 今夜逢ふらしも もうすぐ七夕ですね神田明神でも7日(金)16時から七夕祭が行われます。童心に戻って、短冊に願いごと書いてみるのもいいですね。 さて、本日は七夕にちなんで、ペアでおすすめの下駄をご紹介いたします。花火大会、屋形船、ビアガーデンなど、夏のおでかけに”ペア下駄”はいかがでしょうか? [続きを読む]
  • 受け継がれる匠の技
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただき、ありがとうございます。 先日、神田明神で開催されました、「アスリート神前コレクション」は、お天気が心配な中大勢の方で賑わっていました。普段見ることのできない、トップアスリートの方の艶やかな浴衣姿は、梅雨空の下に紫陽花が咲いたようで、とても華やかでした。皆さんが纏われている浴衣は、共立女子大学の学生さんが、それぞれの方のイメージでデザイン・製作されたそうです。 東 [続きを読む]
  • 控えめな美しさ
  • 皆さま こんにちは、 ご訪問いただき、ありがとうございます。 いざ子ども 香椎(かしひ)の潟(かた)に 白袴(しろたへ)の    袖さへ濡れて 朝菜摘みてむ 写真は本日ご紹介する、博多織バックの生地です。博多織にちなんで、「博多湾を望む海岸で、大伴旅人が読んだ歌」を選びました。 以前、店頭に置いていました時も大変好評で完売いたしました、博多織バックの新作と花緒です。金手バック 60,000円(税抜き)花緒 [続きを読む]
  • 草履一筋○○年
  • 皆さま こんにちは、 ご訪問いただき、ありがとうございます。 先週、「素晴らしい和装文化を守り続けるために」という内容をお届けさせていただきました。本日は、胡蝶本社の製造部門・小金井所長に話を聞いてきました。 Q1. 職人になって今年で何年ですか?A1. 50年です。 Q2. 昔と今とで大きく変わったことは何ですか?A2. 私がこの道に入った頃、草履は天(足が乗る部分)から底まで手でとじていました。     手の [続きを読む]
  • さりげないお洒落を楽しむ
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただき、ありがとうございます。 雨晴れて 清く照りたる この月夜      またさらにして 雲な棚引き 本日は、毎年好評の寄木下駄の新作をご紹介いたします。台の形によっても、雰囲気がだいぶ変わりますね。写真左から、舟形・・・草履と同じ形なので、足袋をはいて着物に合わせやすい形です。右近・・・サンダル感覚で履けるので、下駄に履き慣れていない方にもおすすめです。小町・・・美 [続きを読む]
  • 素晴らしい和装文化を守り続けるために
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただき、ありがとうございます。 「草履という履物は、それを履く人の優美なる立振舞いをもってその美しさはより際立ちます。それは日本独特の所作へのこだわり。長い歴史の中で培われてきた、この素晴らしい和装文化に誇りを持って、私たちは今日も草履を作り続けております。」 これは、初代 小川房吉の言葉です。初代の言葉にもある、”素晴らしい和装文化”ですが、近年は着物離れが進み、それ [続きを読む]
  • 海からの贈り物
  • 皆さま こんにちは。 本日もご訪問いただき、ありがとうございます。 白玉は 人に知らえず 知らずともよし 知らずとも 我れし知れらば 知らずともよし 本日は、6月の誕生石である真珠にちなんで、新作の「真珠箔バックと花緒」のご紹介です。 真珠箔が作られる工程を簡単にご説明いたします。1.国産の本真珠約1000粒(7mm大)を使用し、一本の袋帯を創作します。2.真珠の表面の部分をパウダー状 [続きを読む]
  • 着物でご来店いただくと、いいことが!
  • 皆さま こんにちは。 本日もご訪問いただき、ありがとうございます。 6月に入り、百貨店や雑誌などで浴衣の特集を目にする機会が増えてきました。今年はどんな感じにしようかな?とあれこれ考える時間も楽しいですよね。 さて、神田明神では初のイベント、「アスリート 神前コレクション2017」が開催されます。皆様もよくご存じのアスリートの方々が、色とりどりの浴衣を纏ってランウェイに登場されるようです。 [続きを読む]
  • 胡蝶のアジサイ
  • 皆さま こんにちは。 本日もご訪問いただき、ありがとうございます。 夏もなほ 心はつきぬ あぢさゐの   よひらの露に 月もすみけり 写真は本社の花壇に咲いている紫陽花です。小さな花が肩を寄せ合って咲いている姿が、なんとも愛らしいです。 本日は、神田胡蝶の”アジサイ”をご紹介いたします。アジサイという名前の草履です。色)左からベージュ、藤色、ピンクサイズ)S〜2L価格)22000円 [続きを読む]
  • 銀座へお出かけの際には・・・
  • 皆さま、 こんにちは。 本日もご訪問いただき、ありがとうございます。 水無月に入りました。”水無月”は「水の月」という意味になります。着物や帯に水紋の柄を選んだり、、水をイメージするコーディネートで季節を感じることができるのは、着物ならではの楽しみですね。 本日はすげ実演のご案内です。神田胡蝶のトップページにも掲載しておりますが、銀座三越内【銀座ゆかたガーデン2017】で下駄Bar 花緒 [続きを読む]
  • 雨の日も軽やかに
  • 皆さま こんにちは。 本日も、ご訪問いただきありがとうございます。 最近雨が降ると、関東地方の梅雨入りももうそろそろかなぁ・・・と特に着物を着る機会の多い方にとっては、少し憂鬱な気分になってしまいますね。またこの時期は朝は晴れていたのに、急に雨が降ったりと、晴雨兼用傘を常に携帯していないと不安です。 そこで本日は、お天気が不安定なこの時期から梅雨時期に活躍の晴雨兼用草履のご紹介です。 [続きを読む]
  • 夏こそ着物を纏いましょう
  • 皆さま、こんにちは。 いつもご訪問いただき、ありがとうございます。 道の辺の 茨(うまら)のうれに 延ほ豆の からまる君を はかれか行かむ 美しいキモノ夏号はもうご覧になりましたか?夏は着物着ないという方もいらっしゃるかもしれませんが、誌面では、着物ラヴァーズでなくても、「夏から着物デビューしたい!」と思ってしまうような、涼しげで上品なコーディネートがたくさん掲載されています。 [続きを読む]
  • バックも衣替えいたしませんか
  • 皆さま、こんにちは。 本日もご訪問いただき、ありがとうございます。 住吉の 浅沢小野の杜若(かきつばた) 衣に摺り付け 着む日知らずも 二十四節気の中で夏の節気(第八節気)の小満に入りました。小満は、命が満ちてくるころのため、付けられた節気名です。爽やかな五月晴れもあれば、ぐずつく五月雨もあり。どちらも命を育む大切な贈り物です。 本日は、五月雨の日にも安心してお持ちいただけるバッ [続きを読む]
  • 日差しにも負けず
  • 皆さま、こんにちは。 本日もご訪問いただきありがとうございます。 夏木立 庭の野ずちの 石のうへに みちて色こき 深見草かな 5月も半ばを過ぎましたら、だいぶ日差しが強くなってきました。日傘と扇子はこれからお出かけの際の必需品ですね。 そこで本日は「もじり織の日傘」のご紹介です。 とんぼ柄と源氏香図の2種類がございます。 絹 100%   持ち手)竹    価格)35000円( [続きを読む]
  • 胡蝶の精のように・・・
  • 皆さま こんにちは 本日もご訪問いただき、ありがとうございます。 日につれて 咲き上りけり 立葵 本日5月15日は、京都三大祭の一つ[葵祭]ですね。葵祭は、日本で最も優雅で、古趣に富んだ祭として知られています。江戸の粋![神田祭]は神幸祭、神輿宮入が終り、神田明神周辺はすっかりいつもの様子に戻っております。 本日より「越後屋オンラインby三越」の特集で神田胡蝶をご紹介いただいております。11 [続きを読む]
  • 世界でひとつだけの・・・
  • 皆さま、こんにちは。 本日もご訪問いただき、ありがとうございます。 天の海に 雲の波立ち 月の船 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ 神田祭が始まり、参道店周辺は大変にぎやかになってきました。 草履や下駄の花緒はさりげなく、その方の個性がキラリと表れますよね。なかなかお好みの花緒に出会えないという方、お気に入りの着物や帯とコーディネートしたいという方、思い出の生地を何かの形で残したい・・・な [続きを読む]
  • 江戸の粋!
  • 皆さま、こんにちは。 本日もご訪問いただき、ありがとうございます。 ほととぎす いとふ時なしあやめぐさ かづらにせむ日 こゆ鳴き渡れ いよいよ11日(木)より神田祭が始まります。今年は2年に1度の大祭です。期間中は厳粛に行われる親善の儀式から華やかな祭巡行まで、見どころ満載です。 参道店では、この夏おすすめの下駄・花緒を正統派から個性的なデザインまで種類豊富に取り揃えております [続きを読む]
  • 夏に向けてのご準備
  • 皆さま こんにちは。 本日もご訪問いただきありがとうございます。 水伝ふ 磯の浦みの岩つつじ   もく咲く道をまたも見むかも もうすぐ立夏ですね。早くも袷の着物では暑く感じられる日も増えてまいりましたので、単衣のご準備をされておられる方も多いのではないでしょうか。5月は紫外線量が真夏と同じくらいに増えますので、お肌はもちろん、着物や帯の日焼け対策にも気を付けなくてはならない季節ですね。 [続きを読む]
  • 草履のお手入れはお早めに!
  • 皆さま こんにちは、 ご訪問いただき、ありがとうございます。 我が宿に 咲ける藤波たちかへり   すぎがてにのみ 人の見るらん  本日は、草履のケアについてのお話です。前回の「草履職人に聞く」イベントでもたくさんの修理を承りました。中でも一番多かったのは、革底が減ってきてしまって、どうしたらいいか?というご相談でした。がかかとゴムの交換をして、しばらくは履けるようになりますが、もっと [続きを読む]
  • 「舞胡蝶」をご存じですか?
  • 皆さま、こんにちは。 多胡の浦の 底さへにほふ 藤波を  かざして行かむ 見ぬ人のため 東京十社の一つでもあります、亀戸天神では藤の花が見ごろを迎えているようです。藤棚を見上げる着物の女性の姿もまた絵になりますね。 さて、本日は私自身も初めて足を入れた時に、あまりの履き心地の良さに驚いてしまいました、舞胡蝶という草履のご紹介です。 「 [続きを読む]