マグナムトリオ さん プロフィール

  •  
マグナムトリオさん: マグナムトリオ公式ブログ
ハンドル名マグナムトリオ さん
ブログタイトルマグナムトリオ公式ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/magnumtrio/
サイト紹介文次世代型フルートトリオ「マグナムトリオ」公式ブログ
自由文2006年、東京藝術大学在学中に多久潤一朗、神田勇哉、梶原一紘の3名にて結成。
ピッコロからコントラバスフルートまでの特殊管、コタトビーモード、リコーダー頭部管、尺八頭部管、微分音程フルート「サンキョウ=キグマシステム」などの改造管を駆使する。
クラシック、ジャズ、現代音楽、テクノや民族音楽はたまたアニメチックな音楽をメンバーのアレンジによりポップに繰り広げる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2009/07/03 17:15

マグナムトリオ さんのブログ記事

  • 頭がパー
  • 先日貰った曲の譜読みがキツ過ぎて、脳ミソが急激にお爺ちゃん化した気がするのでオールド パー を飲んでます。大物政治家が愛飲していたイメージの強いこのお酒。底面の四隅の角が落としてあるのでボトルを傾けても倒れないんですよね。只今土俵際に追い込まれてますが、こんな感じで踏ん張り切りたい。本番は明後日のこちら。ちなみに僕はこれの他に3曲出番があります。どれもこれも僕を殺す気満々の作品郡です。寝れなーい [続きを読む]
  • 演奏家は作曲家の精神を壊せる 作曲家は演奏家を殺せる
  • マグナムが終わってから急ピッチで譜読みに入ってるんですけれども難しすぎて頭が常にオーバーヒートしています。31日のコンサートはこんな感じのセットで、クルクル回って打楽器を叩きながら演奏するというもの。ソロの楽譜は13ページ。しかも出来たてホヤホヤ。しかもクルクル回りながら演奏するのでほぼ暗譜。3日で暗譜、素敵ですね。これを成し遂げたら、生徒に『3日もあればどんな曲でも暗譜出来るでしょ』と心の底から言え [続きを読む]
  • ひんぷり
  • 昨日は品プリでアニメの大ヒット記念パーティーでしたアニメ内使用曲をゲスト演奏してきました。坂東くんと大家ちゃんが一緒なので、マグナムがまだ続いてる感じ。楽しや楽しや。睡眠不足過ぎて頭がパーだったせいか、アドリブが良く思い浮かび、身体の余計な力も上手く抜けて、なかなか上手に吹けました。体調不良の方が意外と上手に吹けるプレイヤー。老後が楽しみ。 [続きを読む]
  • マグナムだん!
  • マグナムトリオ@山野楽器でした!発売と同時にチケットが売り切れた謎の人気を誇る公演。キャンセル待ちの方々を抑えてご来場くださったお客様は一体何を思ったのでしょう。全曲新作。才能と寿命をぶち込んで、本気で悪ふざけをしました。やりきったぜ・・・これで少しは休める・・・、と思いきや、締め切りきれまくっているフルート4重奏の作曲で、本番後から2徹してます。本番後に寝ずに仕事しつづけているなんて、なんて超人 [続きを読む]
  • じっくりコトコト
  • 忙しさの限界を超えて『スーパー病んでるサイヤ人』化しております。能率は凄いが、体調や生活リズムがおかしくなる状態です。マグナムが近くなるといつもこうです。とかく、自己表現というものは精神に異常をきたすのが当然の如く、自分の曲を書いては聴いて、書いては聴いてを繰り返す行為は、鏡に映った自分に向かって『お前は本当に美しいのか、本当にそれで美しいと思っているのか』と問い続けているようなものなのです。一 [続きを読む]
  • 里帰り
  • 本日はハープを爪弾いております。素人ながら中々美しい音が出ました。常日頃、ハ〜って吸ってプ〜って吹いてるからでしょうか。ポロンポロン。清き調べに乙女心がおっさんから溢れ出る。いけない、いけない本業のフルートを頑張らなくっちゃね。と、バスフルートでフィンガースラップ演奏。フィンガースラップなんて自分の曲以外で初めて見ました。オーストラリアの作曲家は進んでるなぁコントラバスフルートにBモードの指 [続きを読む]
  • テレビに出てました
  • 今朝放映されてましたね『シューイチ』。中丸さん、本当に飲み込みが早くて5分くらいで一曲吹けるようになってました。天才。実はコントラバスフルートとビートボックスを融合させた奏法で2人でセッションなんかもしたのですが時間的に今回はカット。またご一緒できる機会があると嬉しいなぁ…。 徹夜に加えて収録が夜中だったので、とりあえずこの先生眠そう。 今月頭に収録したばかりなのに、もう放映されててビック [続きを読む]
  • オタク多久お宅
  • 引きこもりは世界を救うか、どうかは分かりませんが誰にも会わず、ひたすら部屋に篭って作曲作業に勤しんでおります寂しくなんかないですよ楽しく舞台に立てる権利との引き換えですそんな中、プライベートレッスンで自宅に来てくださっている生徒さんが援助物資を下さいました。落花生焼酎ですって!加水して香りを開いてから飲むと、まあ!口の中にローストしたピーナッツの香ばしさが!これは『ひれ酒』や『イカ徳利』しかり、 [続きを読む]
  • 結局最後は自分の趣味
  • フルートで新しい響きを と 追求しながら 順調に生活リズムと体調が崩れていくと一体何が 新しくて 何が 良いのかぐるぐるまわって わからなくなってきますもう こんなんでも いいのではないだろうか 深夜に一人でこんな動画をボーっと見てるわたしこんな人生でも幸せです 正面から笛を吹いているのを見つめる動画こっちは凄い。普通に凄い。 ・・・。 普通。 [続きを読む]
  • 仕事に追われて仕事してる暇がない
  • 3日に現音作曲新人賞を終えたばかりですが、今月はあと2つ現代音楽のコンサートがあります。オーストラリアの作曲家、演奏家とのコラボコンサート。楽譜は既に送られてきておりますが、激ムズand謎譜面and曲数多すぎというコンサートでかなり大活躍しそうなコンサートです。神田くんとの対決もありますし、ディジュリドゥ奏者とコントラバスフルートで対決する曲も。 今回初めて知ったのはオーストラリアが『アジア』だとい [続きを読む]
  • 鳥の巣
  • 締め切りに追われる人生。頭爆発してきました。ブログの内容がつまらないとき。それは私が締め切りに追われている時です。 このごろ、単なる日記ばかり書いてしまっていてすみません。 そうそう、「ニッケルハルパ」って皆さんご存知かしら。僕は今回初対面だったのですが、この楽器とアンサンブルする機会をいただきまして、リハーサルに行ってきました。まるで絵画のようですがこの写真、何も加工はしておりません。 [続きを読む]
  • あたまかけとる
  • 本日はスタジオにてTVアニメ音楽の収録。ゆるゆる系ギャグアニメだそうで、収録に臨んだのですが…多久潤一朗、ついに機械に仕事を奪われました。『ほのぼのアニメなのでリコーダーをちょっと下手に吹いてほしい』とのことだったのですが、これとっても苦手なジャンル。本来上手い人が下手にやる、というのはほぼ確実に『嘘っぽく』なるからです。本当は目が見えてるのに盲目の人の役をやるのは大変ですよね。ボールが飛んできて [続きを読む]
  • 演奏後記
  • 本日は大和田伝承ホールにて現音新人賞の審査会での演奏でした。邦楽器と西洋楽器とのコラボというテーマだったようで、僕も三味線と琴との三重奏でした。尺八がフルートになっただけですっごい違和感。全員日本人なのにね。あと、邦楽器の方達は背筋がピンとしていてあまり動かないという事をあらためて舞台上にて感じました。姿勢の美しさって、改めて、音の為だけじゃなくて単純に美しさの為なんだなぁと思い知らされました。 [続きを読む]
  • 4!
  • 昨日はとある番組の収録で、日テレさんにお邪魔しました。初めてテレビで喋ったのですが、独特の間と空気に慣れず、始終ゲロ滑りしていた気がします。プロの編集の腕によって少しでもマトモになってるといいなぁ…まっ、1回目から大成功することなんてないですよね。勉強勉強!一体何の番組なのか、解禁されたらお知らせしま〜す [続きを読む]
  • 多久教
  • 東大、筑波大、千葉大のオーケストラ合宿に講師として呼ばれて行ってきました。写真は特殊奏法を仕込んでいるのではなく『低音を豊かに出す為の練習』をしているのです。 頭の良い大学生は、演奏するときにとても色々な事を考えて演奏しています。要するに、ほとんどの人が「頭でっかち」な演奏をしているといえましょう。 考える事は勿論良い事だと思いますが、脳をフル回転させるなら身体もフル回転させないとバラン [続きを読む]
  • ザブーン
  • 海が荒れておる…お仕事の為、遠出しております田舎へ向かっておりますしばらく東京には戻りません探さないでください [続きを読む]
  • 日曜大工
  • 本日は日本大学に行ってまいりました。日大と言えば爆笑問題…、じゃなくて、坂上領さんですよね!こちら出身のフルート奏者も沢山いらっしゃいますが色々な分野に優秀な人材を多数輩出しているイメージありますねぇ。構内には面白そうなフライヤーが沢山あります。色々なジャンルのフライヤーが沢山で、クラシック一辺倒の藝大とは大違い。どこかの部屋からはロックバンドの演奏が聴こえてきました。この学校の先生になったら生 [続きを読む]
  • スタ丼
  • 本日はスタジオにてオーケストラ風の楽曲の収録。とあるアイドルグループのDVDの音楽だそうです。テクニック的にちょっと難しい系なので…と言われたので2ndフルート(ピッコロ)は頼れる相棒神田くんにお願いしました。スタジオの目の前にある東京タワーとYUYA様。神田君と一緒にフルートを吹くと楽しい。 [続きを読む]
  • 森めぐり
  • 本日は、来週に行われるコンサートのリハーサルでした。向かい側で発狂しているのは、チェロの多井くん。髪が伸びたねぇ。 発狂と言えば、今回演奏する楽曲は全編通して微分音程だらけ。しかもアルトフルートで読み替えだから脳味噌と耳がかなり疲弊します。 しかし、かなり作り込まれた映像に呼応するように音楽が構築されているので生半可な演奏は許されないのです。グネグネ吹きます。グネグネ。 練習あるのみ [続きを読む]
  • 現音作曲新人賞
  • 昨日は三味線と琴とのリハーサルでした。(これは模型) 以外にも、三味線と一緒に演奏するのは今回初です。さながら金閣と銀閣のように、僕のピカピカしたフルートとは全く違う滲み出るような美しさ。邦楽器は「道具」だけに収まらない風格がありますね。こんなおシャモジでよそわれたらベチャったお米も一斉に立ちそうですね。 本番は3月3日。現代音楽協会主催の『現音作曲新人賞』。僕が演奏する曲の作曲家の原島 [続きを読む]
  • ぴちくりぴー
  • 本日はスタジオにて童謡の収録でした。ふしぎなポッケ、ちょうちょなど定番の童謡を定番の演奏でやるというお仕事。何曲吹いたんだっけ・・・? 子供っぽい演奏をする時は声帯を歌のお兄さんっぽくして、またリッププレートも取れそうなくらい軽くつけて、唇を・・・と色々と音楽に馴染むテクニックがあるのですが、結局のところ『先人が開発した音』を上手くパクれるかどうかみたいな所もあります。童謡トーン。時代劇のフ [続きを読む]
  • いざカマクラ
  • セカオワライブの録音をいただいたので鑑賞しながら余韻に浸るのであります。聴いてて思うのは三響フルートは本当にマイク乗りが良いし、よく目立つ。音質が硬めで独特の息音感があるのが特色で、人によっては嫌われてしまうのですが、硬質で高域の風音が混じる音色は僕には雪や波を想起させてくれて、上手く扱えてる時は最高な気持ちにさせてくれます。それに、雪や海って、本来冷たいものなのに、ちょっと暖かなイメージありま [続きを読む]