マグナムトリオ さん プロフィール

  •  
マグナムトリオさん: マグナムトリオ公式ブログ
ハンドル名マグナムトリオ さん
ブログタイトルマグナムトリオ公式ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/magnumtrio/
サイト紹介文次世代型フルートトリオ「マグナムトリオ」公式ブログ
自由文2006年、東京藝術大学在学中に多久潤一朗、神田勇哉、梶原一紘の3名にて結成。
ピッコロからコントラバスフルートまでの特殊管、コタトビーモード、リコーダー頭部管、尺八頭部管、微分音程フルート「サンキョウ=キグマシステム」などの改造管を駆使する。
クラシック、ジャズ、現代音楽、テクノや民族音楽はたまたアニメチックな音楽をメンバーのアレンジによりポップに繰り広げる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2009/07/03 17:15

マグナムトリオ さんのブログ記事

  • ようこそようこ
  • 5月に入って、本番とレコーディングの嵐。 自分の録音を聞き続けるのはとても良いことです。 謙虚になりますから。 自分の顔や体型を鏡で見ながら、『アンタ老けた?そんでちょっと太ったんじゃない!?』なーんて、人の悪口言うのってなかなか出来ないじゃないですか(笑) 謙虚、謙虚。 僕に足りないもの。 最近また菅野よう子さんのレコーディングに呼ばれて収録をしたのですが、菅野さんの呼 [続きを読む]
  • ぼぼぼクラシック
  • 今夜の『らららクラシック』は、前回の『低音フルートを愛でる会』で皆さんと演奏した、ファリャの【火祭りの踊り】を取り上げるそうですよ。演奏するのは、東京フィルハーモニー交響楽団さんだそうです。1番フルートはこの人イニシャルと同じくKY発言をぶち込み、悪気は全く無いのに度々ブログやツイートが炎上してしまうという、通称『燃えるフルーティスト』神田勇哉さん。今夜は彼の火祭りを皆さん一緒に楽しく眺めようじゃあ [続きを読む]
  • 危険地帯
  • 昨日は東京文化会館小ホールにて、作曲家集団「21世紀音楽の会」の本番でした。僕はバイオリン、篳篥、バスフルートという珍しい編成でのトリオでした。篳篥って、隣で演奏して初めて思ったのですが、赤ちゃんの声にすごくそっくりなんですよね。人間が注意を惹きつけられる、本能に呼びかけるような強い音。こういう楽器に、調和重視の西洋楽器が音色で対抗するのは至難の業、とゆうか、軽く無理な感じ。洋楽器はコラボしてなん [続きを読む]
  • 素敵なフルートの午後
  • 久々にやります。本日(16日)から予約受付開始です! 売り切れ必至の人気公演。予約はお早めに!GRECO予約フォーム前回は3日くらいでSOLDOUTしちゃったので今回は昼、夜の2回公演です。 斎藤和志先輩の超大作(時間かけすぎコスパ悪すぎ)に毎回喰われている私ですが、今回は逆に食い散らかしたい。そんな野望を抱いております。 多久の反逆を是非御覧ください。 マゼルナキケン2017年7月16日(日)出演: [続きを読む]
  • 弟子のコンサートを聴くの巻き
  • 昨日は生徒さん達が開いたリサイタルコンサートに行ってきました。なんというか…、感慨深かったです(笑)。中学生の時から見ている生徒もいて、しかも物凄く上手かったので『なんで僕に習ってるのにこうなるんだろう…』と思ってしまいました。優秀な生徒は師匠に似ない、というんでしょうか。師匠が目標なら上回る事なんか出来ませんものね。色々と自分なりに研究して、その成果を見せてくれているようで、とても嬉しい気持ち [続きを読む]
  • 新しい魅力を探そう!
  • 本日は三鷹芸術文化センターにて現代音楽のCDレコーディング。超がつく難曲でしたが、必死の思いで録り終えました。譜面を音にするだけでも難しいですが、現代音楽を演奏するにおいて1番難しく興味深い点は『新しい魅力をどう伝えるか』という事です。『新しい魅力』。一言で言ってしまえば聞こえも良くなんだか素敵な響きですが、例えば、皆さんは鰻にはどんな薬味をかけますか?トンカツはどうやって食べます?刺身には?さんし [続きを読む]
  • 聖地巡礼
  • マイフェイバリットプレイス 上野動物園に行ってきました。ここは創作活動には最高の場所です。なんか、やる気でないなーなんか、ネタでないなーなんか、なんかだなーという時は、レッツ上野動物園。無限の色彩の刺激を受け巨大動物の迫力に畏敬し遺伝子の記憶を遡り謎の生態から創作のヒントをいただくのです。生死の瀬戸際で各々進化を遂げて行った、そんな諸先輩方の頑張りを見ると、自分で作った檻に自ら入り、ボンヤリ満足し [続きを読む]
  • ウルエ
  • 最近はリハーサルの為に巣鴨に赴いております 流石にこの街はお年を召した方が多く、 『こんにちは〜、もう暑くなりましたねぇ〜、一年があっという間ねぇ〜〜』『そうねぇ〜〜』 というたわいもない会話を楽しんでらっしゃる光景がよく見られます。 それを横目で見つつ、 時間が経つのが早いんじゃなくて、自身の行動スピードが遅くなってきているんだ! と相対性理論的な発見をしながら練習会場 [続きを読む]
  • 禁を解くのじゃ!
  • 本日はティアラこうとうでオーケストラのレッスンをした後別の場所のスタジオにて少女漫画『花とゆめ』の中の作品の映画の音楽をレコーディングしました。恋愛映画の音楽というか『切ないトーン、泣かせるトーン』は個人的に得意にしております。身体に負担をかけまくって吹くのです。無茶苦茶な姿勢で、危ういコントロールで気合マックスで吹くと『せつなトーン』が出るのです。ただ、その反動でレコーディングを終えた今、既に [続きを読む]
  • 春が北
  • 北海道のフルート奏者、立花さんが僕の『春讃』を吹いてくださっている!!鳥笛奏法が合うとは!ナイスアイデアです。 よし・・・パクろう・・・(笑) 僕が作曲した曲にもかかわらず、立花さんの音色で聴くと、いい意味で別物ですね。出たがりの僕と違って立花さんの音色は思慮深いっていうか暖かい。演奏者が変わると曲が変わる。面白いですね〜。 作曲者の手を離れたらそれは演奏者のものですから、自由に演奏して [続きを読む]
  • 天才
  • レッスンというのはとても面白い。 いや、レッスンが面白いのではなく、面白い人がレッスンに来ているのでしょう。 面白い、ではなく『変人』が多い、というのが正しいのかもしれない。 東大を始め高学歴な方も多ければ、うつ病などの精神疾患や障害を抱えている方も多い(みんな明るくて楽しい人だけども)。霊が見えるんです、幽体離脱しちゃうんです、という方も「多いし」、「私、フルートが嫌いなんです」と [続きを読む]
  • 幅広くひきこもる
  • 最近はレコーディングスタジオまで足を運ばずに、自宅で録音してデータを送るスタイルで仕事をする事が増えました。家を出ないで録音だけ送ってればお金もらえるんですよ。楽そうでしょう、うらやましいでしょう。でもね、意外と面倒臭いことも多いんですよ。まず、自分で録音スイッチを押したり止めたり、編集する作業と、演奏との頭の切り替えが大変。違う世界に没頭しなければいけないのに、パソコンをいじる作業はなんて現実 [続きを読む]
  • ドラゲナイ
  • 帰宅したらサンプルCDが届いてました。羽毛田さん音楽の映画『ひるなかの流星』です。青春キュンキュン系です。僕も明るく若々しい頭部管で収録しました。木管メンバーはフルート僕オーボエ最上峰行さんクラリネット中秀仁さんという、布陣でこの3人は明日の22時50分からBSで放映されるセカオワライブの出演メンバーでもあります。ドキュメント形式らしいですけど、リハーサルの映像とか流れたりするのかしら。ちなみにライブ映像 [続きを読む]
  • 40から駆け出しって言いません・・・?
  • 音楽現代という雑誌に多久くんの事が載ってたよ、とこんなものが送られてきました。なになに、『今キトキトな日本人若手演奏家を推す?』いやぁ、ついに来ましたか我の時代。日本現代音楽界といえばフルートで言えば野口龍、小泉浩、木ノ脇道元ときて、そして活動内容的に見れば次はきっと私ですものね。ついに特集される日が来ましたか。どれどれ。え〜と、アンサンブル・ボワ(多久が藝大2年生の時に結成した現代音楽アンサン [続きを読む]
  • 新譜のご紹介
  • 久々に!新譜のご紹介です。今回ご紹介するのはコチラ!!春讃!!小難しい楽曲ばかり出版してないで、この曲の楽譜を早く出してくださいと言われ続けること早幾年・・・。やっとこさ出版です! 今回はフルートとピアノの楽譜だけでなく なんと、カラオケCD付きです!!なかなかフルート3人とピアニストで演奏することってないですよね〜、って事で、一人でも楽しめて、一人でもコンサート出来るようにカラオケCDを作り [続きを読む]
  • 虹を失ってはいないか
  • 今週末に長野県は松本市で、神田くんの師匠である居石(おりいし)ひとみ先生のフルート教室開講25周年コンサートが開催されます。 20周年のときは僕を作曲家としてゲストに呼んでくださったのですが、先生は僕の作品を気に入ってくださっているようで、今回もマグナム曲『サムライブロウ』をフルート8重奏版でやってくださるそうです。実際は1パートを3〜4人で吹かれるそうで、サムライブロウ、フルート・オーケスト [続きを読む]
  • 部屋がくさくなりました
  • 芸術家に必要なもの、それはパトロンである。誕生日プレゼントをいただきました。日本酒は職場の上司から、焼酎(青酎)は生徒さんから、ウイスキーは神田くんから。 並べて晩酌。贅沢ですね。エポワスチーズをパンに塗って、くっさくさでやんす。 生徒さんからおつまみもいただき、それだけで飲みの同士がすべて賄われております。音楽以外に趣味があまり無い僕にとってご飯とお酒の時間は残された娯楽の時間。 [続きを読む]
  • コンポラ誕生日
  • オーストラリアの方々とのコンサートの後はアンサンブル・コンテンポラリーαのコンサートでした。僕は星谷丈生、川上統 両氏の作品4曲を演奏。ブログでヒィヒィいってたやつです。学生時代から付き合いのある(彼のお陰で僕が現代音楽のスペシャリストになったといってもいい)星谷氏の新作の完成が遅れに遅れ(いつもどおり)本番3日前にさらい始め、死ぬ気で仕上げた新作。 マイク一本一本に違うエフェクトがかけられて [続きを読む]
  • ボエー
  • 先日はミレニアムホールにてオーストラリアの皆様とコンサートでした。良いも悪いもとにかく、作風や感性が違う。『良い音』の概念が違う。日本人的な良い音ってのはとにかく『気遣い、几帳面、気合い』みたいな物を重視しているように思われますが、あちらの方は全然違う。ただ、面白いと感じるものは同じ人間なので通づる所があるのですが、人種、国別の性格の差って、非常に表層的なものなのだなと感じました。気があう、趣向 [続きを読む]
  • 頭がパー
  • 先日貰った曲の譜読みがキツ過ぎて、脳ミソが急激にお爺ちゃん化した気がするのでオールド パー を飲んでます。大物政治家が愛飲していたイメージの強いこのお酒。底面の四隅の角が落としてあるのでボトルを傾けても倒れないんですよね。只今土俵際に追い込まれてますが、こんな感じで踏ん張り切りたい。本番は明後日のこちら。ちなみに僕はこれの他に3曲出番があります。どれもこれも僕を殺す気満々の作品郡です。寝れなーい [続きを読む]
  • 演奏家は作曲家の精神を壊せる 作曲家は演奏家を殺せる
  • マグナムが終わってから急ピッチで譜読みに入ってるんですけれども難しすぎて頭が常にオーバーヒートしています。31日のコンサートはこんな感じのセットで、クルクル回って打楽器を叩きながら演奏するというもの。ソロの楽譜は13ページ。しかも出来たてホヤホヤ。しかもクルクル回りながら演奏するのでほぼ暗譜。3日で暗譜、素敵ですね。これを成し遂げたら、生徒に『3日もあればどんな曲でも暗譜出来るでしょ』と心の底から言え [続きを読む]
  • ひんぷり
  • 昨日は品プリでアニメの大ヒット記念パーティーでしたアニメ内使用曲をゲスト演奏してきました。坂東くんと大家ちゃんが一緒なので、マグナムがまだ続いてる感じ。楽しや楽しや。睡眠不足過ぎて頭がパーだったせいか、アドリブが良く思い浮かび、身体の余計な力も上手く抜けて、なかなか上手に吹けました。体調不良の方が意外と上手に吹けるプレイヤー。老後が楽しみ。 [続きを読む]