マグナムトリオ さん プロフィール

  •  
マグナムトリオさん: マグナムトリオ公式ブログ
ハンドル名マグナムトリオ さん
ブログタイトルマグナムトリオ公式ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/magnumtrio/
サイト紹介文次世代型フルートトリオ「マグナムトリオ」公式ブログ
自由文2006年、東京藝術大学在学中に多久潤一朗、神田勇哉、梶原一紘の3名にて結成。
ピッコロからコントラバスフルートまでの特殊管、コタトビーモード、リコーダー頭部管、尺八頭部管、微分音程フルート「サンキョウ=キグマシステム」などの改造管を駆使する。
クラシック、ジャズ、現代音楽、テクノや民族音楽はたまたアニメチックな音楽をメンバーのアレンジによりポップに繰り広げる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2009/07/03 17:15

マグナムトリオ さんのブログ記事

  • 明後日はコンベンション
  • 今年もフルートコンベンションが開催されていますね。僕は今年は古田土フルートのショーケースに出演予定です。スペイサイド、そしてこの日のために新たに編曲したバッハのフランス組曲を演奏します。アイディア満載で古田土フルートの長所を存分に発揮した編曲となっておりますので、ご来場予定の方はどうぞお楽しみに!ででんいろんな特殊フルートがお待ちしております!新型クラウン! [続きを読む]
  • またね〜
  • 本日はゲームの音楽のレコーディング。アレンジャーが、プロデューサーに怒られていた。『こんなんじゃダメだ!もっと耳を良くしないとこの世界じゃやってけないぞ!』フリーミュージシャンはこのように、上司から怒られることはまずありません。僕もこの10年怒られたことないんじゃないかなぁ。日本の場合、仕事ぶりがあまり良くなかったら帰り際に『お疲れ様でした!また、宜しくお願いしま〜す』と爽やかに言われ、そして二度 [続きを読む]
  • ピアニッシモ
  • 本日は映画のレコーディング。オーケストラなのに、フルートは別室です。ヘッドホンで皆さんの音を聞きながらアンサンブル。これが慣れないと非常に難しい。 基本的にフルートはオーケストラや吹奏楽だと、音が埋もれて、吹き真似さえしていれば乗り切れる場合が多々あります。 ゆえに、だいたい大きな音量で吹き続けているのですがレコーディングとなると話は別。バランスは別室で音響担当の方が自由自在にいじりますので、pp [続きを読む]
  • レコーディング雑記
  • 今日はアニメのレコーディング。イケメン男子がゴッソリ出てくるそうで、音楽も王子様調のものが沢山。演奏しているだけで、ナルシストになっていきそうです。少女マンガに出てくる男のキャラって、現実に存在したら本当にモテるんでしょうか。昔、妹が見ていたマンガ【りぼん】を見ていた時、病弱な青年が学校の窓辺でフルートを吹いていて、とってもカッコよかったんですがあれは一体何の漫画だったのでしょう。あれを真似して [続きを読む]
  • 近藤譲先生レコーディング
  • 昨日はららぽーとの向かいの キラリふじみにてレコーディングでした …って、 謎の学会が開催されておる 多数のインテリ老人がオムツ姿で議論してる姿が脳裏に浮かび戦慄を覚える ここキラリふじみは、アクセスは悪いですがとても綺麗なホールです 人がまるでいないので、水を大量に駆使した涼しげなロケーションを独り占めできます。コーヒータイム。 ちなみに今はお盆シーズンなので、隣のららぽーとではマクドナルドやコメダ珈 [続きを読む]
  • 低音楽器を愛でる会in熊本!
  • 先月からず〜〜っと、コチラのコンサートの為に編曲活動をしております!『低音フルートを愛でる会』コンサートin熊本!低音フルートを愛する皆さんで集まってオフ会のような雰囲気でアンサンブルを楽しむこの「愛でる会」が、熊本の方たちの協力を得てなんと今回 コンサートを開催する運びとなりました!! イヤッホー!! 自分達だけで楽しむだけでなく、低音フルートの魅力を世の人々に伝えるチャンスがやってきました!1時間 [続きを読む]
  • Es-dur
  • 先日はコチラのオーケストラの指導へ ベートーベンの【英雄】、即ち「ナポレオン』をテーマにしたコンサート。面白いコンセプトです。詰まるところ”戦争にまつわる曲ばかり”、とも言えます。 軍楽隊、鼓笛隊の音楽をベートーベン得意の変奏スタイルで拡大した『ウェリントンの勝利』。あのやかましい鼓笛隊の音楽を上品に、そして壮大に仕上げており、これは当時の人は驚いたでしょうね。現代の人を驚かすには現代風の工夫が必 [続きを読む]
  • オケ仕事はレア
  • 明日からオーケストラ! コチラの企画ドラクエです。 しかも4。 僕は親に買ってもらえなかったので、小学校帰りにそのまま友達の細田くんの家に直行し、毎日休まず一緒に頑張り(漫画を読む係とレベルを上げる係とポテチを食べながら寝る係のローテ)、そしてエンディングを皆で見たという想い出があります。 あの日の感動を胸にがんばります。 首席フルートです。みんな聞きにきてね! って 完売ですって! ヒャー [続きを読む]
  • 一日仕事
  • 今日は朝から日付が変わるまで ずぅ〜っっと フランス組曲の分析and編曲をしていました。 いや〜、部屋から全然出なかった。人と全然会わなかった。 充実した1日だった。 とかく バッハという人の音楽は受け皿が大きくて 楽器を選ばない。そして人を選ばない。どうやってもバッハになる。 逆にいうと、バッハに飲まれる。 自分を出そうと思っていても。 真摯に取り組み続けること、を思い出させてくれる、私にとって そんな [続きを読む]
  • ミソミソゼミ
  • 夏は暑い 暑いはストレス 暑いと かき氷が美味い ビールも美味い ストレスがあると 幸せ倍増 相変わらずのレコーディング三昧で、毎日のようにスタジオをハシゴしておりますが、色々な音楽を作為的に『上手く』吹こうとしてると隣の森から只々純粋に身体を響してるセミ先生のシンフォニーに打ちのめされます。 音楽って、こうだよなぁ って、いつも教えていただけますね。 今年はセミ食べよう 突拍子も無い話なんですけども こ [続きを読む]
  • ジェットコースターロマンス
  • いつも多久ブログをご覧くださっている皆様 ジェットコースターはお好きですか? 今日は久しぶりに奏法の話。 音出しの時には良い音出てるのに、指が難しい所が続くととたんに変な音になる 練習ではちゃんと回っていたところが、本番になったら指に力が入って動かなくなる こんなこと ありますか? これはですね ジェットコースターが苦手な人の特徴と似ているんですよ ジェットコースターの乗り方で一番オススメしないのは 『棒 [続きを読む]
  • ピロリ
  • CMのレコーディング。ピッコロのハイトーントリルやグリッサンドばっかりの収録。つくづくピッコロという楽器は高音のpp、トリル、装飾音符が基本だなと感じます。『基本が出来てる』と言うと、構えがどうの、楽器の持ち方がどうの、アンブシュアがどうだの、と方法論の方が先行しちゃうことがありますが、ぶっちゃけ、音が良かったら吹き方は何でもいいですよね。『基本が出来てる』ってのは、『フルートやピッコロが基本的に求 [続きを読む]
  • フルートスタイル
  • 別冊 THE FLUTE"THE FLUTE Style"が届きました!ヒャホオー!なんと今月号は〜♪ 菅野よう子さんの巻頭インタビュー記事が載っているのです!すごいねすごいね!菅野さんの事を良く知っている人なら「え、なんでザ・フルートなんかに載ってるの!?」と驚くでしょう。とりあえず超大物ですし取材嫌いで滅多にメディアに登場しないということで有名だからです。 「ザ・フルートなんかに」って表現だいじょぶなの?怒られな [続きを読む]
  • 午後のひととき
  • 昨日は我孫子でこちらのコンサートに出演させていただきました。何故か僕の事を気に入ってくださって『ファン』を公言してくださっている、元・武蔵野音楽大学フルート科教授の播 博(はりひろし)先生のお招き。 こんな変なヤツを可愛がってくださり、ありがとうございます。『多久くん、いまいくつになった?』と聞かれ 『36になりました』と答えたら 『そうか、じゃあ私が読響を辞めてニコレのところに留学した歳だ』 と。 [続きを読む]
  • BAND LIFE!
  • 今月号の【BAND LIFE】にて  多久潤一朗、4ページほど出演しております。 僕の特集と言うよりは雑誌の編集者の方が ・頭部管に詳しい人のコラム・面白い活動をしているフルートアンサンブル・低音フルート工房探訪 のコーナーを作って、それに最適な人材を探したら全部僕だったということで、有難いことに色んなページに顔を出しております。 吹奏楽楽器の総合誌ですので、他の楽器や吹奏楽会の話なども読むことができますが、 [続きを読む]
  • スタジオはしご
  • 今日は CMの録音。クインシー・ジョーンズの【ソウル・ボサノバ】のような雰囲気の曲でしたが、フルートは(ちょっとおバカでオテンバな感じを)という発注だったので、そんな感じで収録しました。オテンバな音。ちょっとおバカな音。こういう事を気をつけながら日々、音色作りをしなければなりませんね。煌びやかな音、威厳のある堂々とした音。現場に出てみると、意外と使わないんですよね。多分、日本人て煌びやかな人、威厳の [続きを読む]
  • 予感
  • 今週は毎日のように何かのレコーディングをしております。完全にスタジオミュージシャン化しております。先日はトロンボーンの村田陽一さんの作品を収録しました。 村田さんとは以前、吉田美奈子さんのライブでご一緒させていただいたのですが、それ以来ですね。 『何か変なことやってるんだってね!三響楽器から聞いてるよ〜』 と久しぶりにお会いしたのに、色々バレていまして、いやはや音楽業界は狭いのであります。 村田さん [続きを読む]
  • 混ざりました2017
  • 一昨日は斎藤先輩とのライブ『マゼルナキケン』でした。自らのハードルを上げるべく、『面白いことやりそうなチラシ』を作りましたので今回も私達プレッシャーを感じながら意欲的なプログラム作りが出来たと思います。【選びたまえ、喰われるか それとも 喰われるか】のコピーからイメージを広げた和志さんの演目『映画アテレコ対決』は面白い試みでしたね。著作権のきれた名画に2人でそれぞれ音楽をつけて、お客様にどちらの音楽 [続きを読む]
  • ハートフルコンサート
  • 今日は素敵なコンサートに出演してきました!僕はコントラバスフルートで即興演奏20分間!演奏中に、うどんを茹でる機械のアラームが鳴り、そのアラーム音とコラボするという一幕も。ハプニング神対応こそ即興演奏の妙技ですよね。本当はループステーションや様々な機械を使おうかと思ったのですが、会場の雰囲気を見て『今日は20分間生音即興1発勝負の方がウケる!』と踏み切りました。やっぱり、僕は小細工なしの正統派音楽の [続きを読む]
  • 雑記
  • 子供の頃めちゃめちゃやってたゲームのCM動画があって、ついつい見てしまったんですけどこの時代ならでは、っていうかこういう響きって大好き。ミニマル好きだから。 キャッチフレーズがふざけすぎ そして最初の走ってるシーンの意味わかんなすぎ しかも推してるのは ケース ・・・。 余裕がある時代って素敵 こういう時代からゲームやってると、今の時代のゲームの性能の高さの有り難みが噛み締められるのでいいですね。ゲーム [続きを読む]
  • 天才
  • 人は 才能のない事ほど やりたがる 当たり前に出来ることが出来ても 何の達成感もないので 出来ない事ほど 頑張りたがる 才能があるから 当たり前にできるのに 自分の事を好き と言って すり寄ってきてくる人よりも 君なんて つまらない と自分から離れていこうとする人の方が なんだか価値が高いように思えて ついつい 追いかけてしまう 「それを好きだ!という気持ち」それが才能だよ という言葉は違うと思う 才能 [続きを読む]
  • 梅雨どきにカミナリに遭遇
  • 今日はMUSIC DAYの生放送本番でした ちゃーんと真面目に吹きましたついにワタシは大人です 待ち時間がとても長かったので 控室の近くの扉に貼ってあった この男女を見ながら 頭のなかで『ララランド』みたいな壮大なミュージカルを作っていました 凄くいい話なので、ハリウッドで実写化してほしい 同じ気持ちになってみた この画像の右下。お弁当が麻婆茄子だったので 料理上手なワタクシは他のおかずを組み合わせて 『ハンバ [続きを読む]
  • 本日は明日のコンサートのリハ。  久しぶりにオーケストラで吹いてます。 明日、生放送のこの番組で 色々な歌手の皆さんのバックで演奏しております 生放送なので めったなこと できません 真面目に頑張ります フルートパートは  マグナムフルーツ  (金野 紗綾香×多久潤一朗) [続きを読む]