little_dipper さん プロフィール

  •  
little_dipperさん: 写真工房こぐま
ハンドル名little_dipper さん
ブログタイトル写真工房こぐま
ブログURLhttp://kuma-photo.hateblo.jp/
サイト紹介文秋田市在住の超アマチュアカメラマンです。
自由文フィルム時々デジタルで撮影しています。秋田を拠点に訪れた土地で感じた瞬間を超アマチュアな視線で切り取ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/07/05 23:15

little_dipper さんのブログ記事

  • さようなら583系4(秋田県秋田市)
  • Canon EOS-1V / EF17-40 F4L / Fujifilm SUPERIA X-TRA400見学時間は1班あたり「たったの15分」。Canon EOS-1V / EF17-40 F4L / Fujifilm SUPERIA X-TRA4002番線ホームから出口の方へ誘導されました。【メール便送料無料】ウエストリボンベルト付♪ハイウエストフレアショートパンツ[Waist Ribon Short Pants] 05P03Dec16ジャンル: レディースファッション・靴 > 婦人服 > パンツ > ショートパンツ > ウールショップ: ミニスキャン [続きを読む]
  • さようなら583系3(秋田県秋田市)
  • Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400「クハネ583-17」は、1970年に日立製作所が製造した車両みたいです。Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400「モハネ583-17」は、1971年に川崎重工業が製造した車両。1両あたり約50tとは、かなりの重量ですね。Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400アナウンスの後、幕回しが行われて、皆さんいっせいにカメラを向けるとこ [続きを読む]
  • さようなら583系2(秋田県秋田市)
  • Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400ん〜独特の熱気が凄いなぁ。完全にアウェー状態。長いの持って来れば良かった。Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400しばらく待って一番先頭(押し出された)でパチリ。これは近づきすぎましたね。Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400社内見学は出来ないので、窓越しにパチリ。これが昼の広々とした4人掛け座席状態。Can [続きを読む]
  • さようなら583系(秋田県秋田市)
  • Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400猛烈な鉄道ファンでもなければ、撮り鉄でもないのだけど、ラストラン(2017年4月8日)を終えた翌日の9日の車両展示会に行ってきました。引退する「特急形寝台電車583系」はJR東日本の秋田車両センター所属の6両編成。特急形電車485系は秋田新幹線開通前の「特急たざわ」で乗ったことがありましたが、残念ながらこの583系にはついに乗ることができませんでした。実は生活 [続きを読む]
  • 真田家ゆかりの地を散歩3(秋田県由利本荘市)
  • Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400ここは模擬天守の「天鷺城」の下…にある案内板とのぼり。秋田でみる「六文銭」。のぼりの下の人物が真田幸村の五女「直」こと「御田の方」です。「御田の方」が建立した妙慶寺には、御田の方が着用した甲冑を収めた宝物殿があるというのを調べて行ったのに、”予約が必要だった”らしく、もう日も傾いていたので断念しました。また日を改めて気高い「六文銭」を見に行 [続きを読む]
  • 真田家ゆかりの地を散歩2(秋田県由利本荘市)
  • Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400門から中に入ってみます。Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400内側から見てもすばらしい作りこみです。Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400門の内側には復元された殿舎。中は亀田城佐藤八十八美術館です。ブラウス S/M/L/LLサイズ 甘めなチェックで、カジュアルながらも女性らしく。裾タックビッグチェックブラウスレ [続きを読む]
  • 真田家ゆかりの地を散歩(秋田県由利本荘市)
  • Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400秋田市由利本荘市亀田にある「亀田城跡(別名天鷺城)」。戦国武将「真田幸村」こと真田信繁公。信繁公の娘「直」こと「御田の方」が嫁いだ土地がここ亀田です。Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400復元された亀田城の城門。「亀田城佐藤八十八美術館」の入り口です。Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400お堀も再現され [続きを読む]
  • 近江牛のすき焼き(滋賀県大津市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400大津の南郷温泉で「近江牛すき焼き」を頂きました。とっても美味でした♪Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400三色のお団子がとてもかわいい。そのうしろはすごいボリュームの近江牛です。【一部予約】スカート M/L/LLサイズ フェミニンに揺れるスカートに、季節の新色追加!スラブ無地フレアスカートレディース/ボトムス/レーヨン混/ロング/ミディアム/ミモレ丈/膝下丈soulberryオ [続きを読む]
  • 瀬戸内海を散歩6(兵庫県淡路市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100神戸淡路鳴門自動車道を神戸方面へ走って「淡路サービスエリア」に。やっと青空が見えてきました。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100なんと全国で唯一の観覧車がある、とても大きなサービスエリアです。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100ここから見えるのは明石海峡大橋です。瀬戸大橋、鳴門大橋に続いて、ここもすごい眺望ですね。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / IS [続きを読む]
  • 瀬戸内海を散歩5(兵庫県南あわじ市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100伍代夏子さん「鳴門海峡」の歌碑。どうやらこの歌碑は二つあるらしくて、兵庫県側がこの道の駅うずしおに。もうひとつ徳島県側にもあるみたいです。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100あわじ島バーガー。猛烈にアピールされていました。が、もう満腹で食べれませんでした。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100「てっちゃんの淡路島新たまねぎ」。WEBで検索すると知名度がか [続きを読む]
  • 瀬戸内海を散歩4(兵庫県南あわじ市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100しかたないので、めったに見ることが出来ない鳴門大橋の裏側とか…。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100その反対側の裏側とか…。う〜ん、こうしてみるとカーブの造形がとてもきれいですね。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100そのまた反対側の横とか…。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100ちょっと戻って中身とか…。ここは、いつかは四国新幹線が走るはずの下段ス [続きを読む]
  • 瀬戸内海を散歩3(兵庫県南あわじ市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100四国を風のように通り過ぎて、神戸淡路鳴門自動車道へ。そして日本で一番うずしおに近い道の駅「うずしお」。全長1,629mもある大迫力の鳴門大橋を見ながら「うずしおウォッチング」をしたい!南あわじ市のHPより「潮の干満によって起こる瀬戸内海と太平洋の水位の落差は急潮とうず潮となり、小舟ならのみこまれんばかりのうずとなります。海水の流速は時速23km、渦の大きさは30mに達す [続きを読む]
  • 瀬戸内海を散歩2(香川県さぬき市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100高松自動車道を東に走って四国初めてのSA「津田の松原」。ホントはね、食べるべきだったんですよ。せっかく来たんだから名物「さぬきうどん」を。でも食べれなかったんです。時間が無くて…。M/Lサイズ!大hitボーダー、必須の七分袖。『ボーダー=カジュアル、もう卒業。』3月29日20時〜発売!柔らかタッチ、新綿ニット。soft cotton七分袖ボーダーニット##h3ジャンル: カットソーショ [続きを読む]
  • 瀬戸内海を散歩(香川県坂出市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100瀬戸大橋の大きさに感激しながら瀬戸中央道を南へ。香川県に入るとすぐ近くに川崎重工の工場が見えました。まん丸のタンクを載せた大きな船が見えたので車窓越しにパチリ(助手席から)。よく見るとまだ船に乗っかっていないタンクも数個ありますね。LNG運搬船みたいです。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO100ここは川崎重工業坂出工場。あとで(さっき…)調べたら、これらLNG運搬船な [続きを読む]
  • 冬の使者たちの帰宅3(秋田県秋田市)
  • Canon EOS-1VHS / EF100-400 f4.5-5.6L IS USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400次々に飛び立っていく冬の使者たち。Canon EOS-1VHS / EF100-400 f4.5-5.6L IS USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400力強く羽ばたいて大空に吸い込まれて行く姿に勇気と力をもらえた気がします。Canon EOS-1VHS / EF100-400 f4.5-5.6L IS USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400北極シベリアへの数千キロの旅。ハクチョウたちは、毎年同じところに冬を過ごしにやっ [続きを読む]
  • 冬の使者たちの帰宅(秋田県秋田市)
  • Canon EOS-1VHS / EF100-400 f4.5-5.6L IS USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400今シーズンは運良く何度か撮影することが出来た「冬の使者たち」。今日は小泉潟近くの田んぼで、北へ向かうハクチョウたちの食事姿が見れました。その多くはコハクチョウの大きな群れ、若しくはオオハクチョウの家族みたいです。Canon EOS-1VHS / EF100-400 f4.5-5.6L IS USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400「コォーコォー」ずっと何か喋りながら飛んでくる [続きを読む]
  • メモリアルシップ八甲田丸11(青森県青森市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400船内見学を終えて外に出ました。ここ旧青函連絡船第2桟橋には名曲「津軽海峡冬景色」の歌謡碑があります。ちょっと遠めですが左に写っているのがその歌謡碑です。近づくと石川さゆりさんの唄が流れます。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400能登半島沖不審船事件の教訓から建造された高速巡視船 「おいらせ」。高速ディーゼル機関の出力はなんと15,000馬力。排水量にして10倍近い3, [続きを読む]
  • メモリアルシップ八甲田丸10(青森県青森市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO640ふたつある主機室「エンジンルーム」。1,600馬力のV型16気筒ターボディーゼル機関が4機並んでいます。排気管の根元にあるでっかい物体がタービンなんでしょうか。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO640「主機総括制御室」。トップヘビーになりがちな青函連絡船の安定性のために重心を低くする目的で、大きな機関に相当する出力を中型ディーゼル機関8基で賄っていました。4機づつ2系 [続きを読む]
  • メモリアルシップ八甲田丸9(青森県青森市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO6401954年(昭和29)「洞爺丸台風」での大惨事を教訓として、新造船には波の進入を防ぐために「船尾扉」が付いており航海中はしっかりと扉が閉められます。ここから可動橋を使って列車を出し入れするんですね。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO640「国鉄DD16形ディーゼル機関車」。元々は低規格線用の小型蒸気機関車の代替としての用途みたい。ここでは列車の出し入れに大活躍した車両で [続きを読む]
  • メモリアルシップ八甲田丸8(青森県青森市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400日本一の走行距離(1052.9km)を誇った特急「白鳥」。その電化前の主役「国鉄キハ82系特急型気動車」。その後、電化により現在も活躍する「485系」に置き換わっていくんですね。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400「自由席8号車」。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400車内に東北地方の地図。国鉄色のカラーリングもあって、懐かしさ満点ですね。≪春カラー新発売★おうちで洗 [続きを読む]
  • メモリアルシップ八甲田丸7(青森県青森市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400これも懐かしい「国鉄スユニ50形郵便貨物車」。1986年(昭和61)に郵便・荷物輸送の廃止されて消滅したので、走行シーンはもう見られない車両。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400昭和58年9月に五稜郭車両センター(現在のJR北海道五稜郭車両所)で整備された車両なんでしょうか?ニット カーディガン レディース スプリングコート 春服 春 ファッション ロングカーディガン  [続きを読む]
  • メモリアルシップ八甲田丸6(青森県青森市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO4001階の車両甲板に下りて来ました。八甲田丸の存在意義であった48両も入る広大な車両搭載スペース。最初に見えたのが、国鉄時代の新型主力車掌車「国鉄ヨ6000形貨車」。なつかしい〜と思う人は昭和の国鉄を知る人ですね。1986年(昭和61)に貨物列車の車掌乗務が廃止されて消滅したので、JR時代にはもう見ることは出来なくなった車両。長く連なった貨物列車の最後尾に必ずこれがくっついてま [続きを読む]
  • メモリアルシップ八甲田丸5(青森県青森市)
  • Canon EOS5D /EF17-35 F2.8L USM / ISO400「煙突展望台」の入り口。。。の扉。Canon EOS5D /EF17-35 F2.8L USM / ISO400。。。と、その中身。13,000軸馬力を発揮する8基のディーゼルエンジンの排気を受け持つファンネル(煙突)。あまり経年を感じさせないなぁ。思いのほかキレイだし。実はこの鈍い輝き、重心を下げるための軽量化でアルミニウム製らしいです。【送料無料3/31まで】【土曜もあす楽対応】洗える ウォッシャブ [続きを読む]
  • メモリアルシップ八甲田丸4(青森県青森市)
  • Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO4004階の航海甲板に出ました。ブリッジの上から前部甲板を見下ろすと主錨の揚錨機が見えます。隣に停泊しているのは、海上保安庁の巡視船「PM23おいらせ」。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400排煙孔が塞がれて、もう煙が出ないファンネル「煙突展望台」です。ここのロゴもJRではなく往年の「JNR」に戻されています。Canon EOS5D / EF17-35 F2.8L USM / ISO400「メインマスト」のてっ [続きを読む]