なおぱぱ さん プロフィール

  •  
なおぱぱさん: なおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ハンドル名なおぱぱ さん
ブログタイトルなおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ブログURLhttp://naotanlove.blogspot.jp/
サイト紹介文なおは5年生。親子英語で鍛えた英語を武器に、アメリカ滞在経験あり。
自由文なおとなおぱぱの生活の記録。きままな11歳児に振り回される日々です。
日々の成長の記録や、英語関連の話など。

英語育児を始めてもう8年!まだまだ試行錯誤でやっています。

教材として、ベネッセのワールドワイドキッズを使っていました。幼児からの早期英語教育の是非についても考える日々…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供269回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2009/07/07 14:11

なおぱぱ さんのブログ記事

  • 帰省から帰宅して、宿題をして、のんびり
  • 帰省中、なおは、祖父母と叔母、従妹たちに甘えまくり。帰宅後は、少しだけ残っていた宿題を終わらせたり、本を読んだり、私とビデオゲームをしたりして、のんびり過ごしている。*他の自治体の話を聞くと本当に千差万別だが、なおの小学校の場合、夏休みの宿題は最小限と言っていい。漢字プリント10枚、算数プリント10枚、理科新聞2枚、自学ノート4ページ、リコーダーの練習、とこれだけ。漢字も算数も簡単なので、1枚あたりたい [続きを読む]
  • 子育て、後悔していることなんて、思いつかない
  • この前、あれをすればよかった、とかこれをしなければよかった、とか、親子英語で後悔していることは、と聞かれて、しばらく考えたけれど、思いつかず。正直なところ、その時々で最善と思うことやっているので、後から「こうしたらよかった」とか考えたことはない。そんな暇があったら、今、何ができるのかを考える方が役に立つのではないかと思う。別に常に最高の親子英語なり子育てをしているということではなくて、以前ポケモン [続きを読む]
  • 帰省の大きな楽しみは…
  • 昨日は、帰省途中に新横浜で途中下車して、ポケモンGoのイベント最終日へ!みなとみらい駅で降りたら、人の波、波、波。そして、みなスマホでポケモンGoをプレイしている(笑)お目当てのアンノーンとバリヤードはあっという間にゲット。そのあとは、人の流れに乗って、ポケモンGoパークとして設定されたエリアに行って、普段はめったに見ないレアポケモンを見つけるのを楽しんだ。雨は降っていたが、暑くはなかったのが幸い。1時間 [続きを読む]
  • ヤングアメリカンズこぼれ話
  • 左足のくるぶしをがっちり包帯で固めての参加になった。初日は手術後5日目で、松葉づえなしでも歩けるが、ふだんの5倍ぐらい時間がかかる状態。事前に運営に連絡をしたところ、注意してみてくださる、との温かいお返事がありがたかった。ホテルは徒歩10分ぐらいの駅前にとっておいたのだが、なおに歩かせると30分以上かかる上に疲労困憊になるので、毎朝タクシーで通うことに。参加した3日間、なおに言わせると"Everyone was too n [続きを読む]
  • ヤングアメリカンズ at 四日市が無事終了
  • 実は10日ほど前に、なおは足の手術で入院した。別に命に係わる病気でも、緊急でもなんでもないのだけれど、それでも全身麻酔だし、体を切り開くわけなので、体に負担もかかる。今年、英語キャンプをあきらめたのはこの手術のため。その代わりに、ということで申し込んだのが、四日市のヤングアメリカンズだ。今年度は2度目の参加になる(1度目の記事はこちら)。今回は参加者の年齢比のせいか、なんと最年長の「青」に!5年生以上 [続きを読む]
  • まだまだ親子英語は終わらない
  • むかーしの記事で、親子英語は長期戦、18歳になるまでは続けるつもりで、といったことを書いた。なおは11歳、現在進行形で英語に時間とお金がかかっている。最近は英語よりも算数と国語の学力の方が気になるが、それも英語力が安定しているからこそ。費用としては英語教室と洋書代、ビデオ代。英語教室の月謝はまあ言わずもがな。洋書の方は、読む本のページ数が多くなってきて、一冊読むのに時間がかかってきているし、再読やすで [続きを読む]
  • 親の好きな本を子どもと共有できるようになった?
  • オールタイムベストで私の好きな作家は、と聞かれたら(誰も興味がないかもしれないが)、私が選ぶのはジェイン・ヨーレン。実は親子英語界でも、"How Do Dinosaurs Say Goodnight?"のシリーズで有名だったりするが、私が好きなのはこんな、叙情豊かな大人向けの作品だ。夢織り女 (ハヤカワ文庫 FT (73))大昔、留学中にちょこちょこ買い集めた彼女の作品の中には、児童向けも結構混じっていたのだが、その存在をすっかり忘れていた [続きを読む]
  • 英語教室での評価
  • 帰国してからは、渡米前に通っていた英語教室に戻って通っている。この教室は主に帰国子女向けで、週に1回、土曜日に1時間半ある。一応、4技能を幅広く育てることになっているが、逆にいえば、広く浅く、という感じだろうか。スペルテストもあるようだが、自宅で取り組んでいるワークブックに比べて単語が簡単なものばかり。授業は、なおの話によると「簡単」とのことだが、成績はそんなに芳しくはない。スピーキングとリーディン [続きを読む]
  • そろそろ名作児童文学がいける!
  • 最近は、新しい本がなくてもKindleで再読していることが多くて、「あ〜何か読んでるな」ぐらいしか把握していないことも多いのだけれど、この前ちらっと何を読んでいるのか確認してみたら、なんとメアリーポピンズだった。Mary PoppinsBL 6.138,085語こうした世間でよく知られている名作は、だいたいブックレベルが6以上あることが多く、意外と高学年になるまで手が出せない。なおも5年生で、ようやく手が届くようになってきた。 [続きを読む]
  • エンジニアリングマインドを刺激する良アプリ、Mobilmo
  • トヨタとチームラボが共同開発した、という子ども向けの知育アプリMobilmoなるものを2週間ほどなおが試している(ファミ通の記事)。よくあるプログラミング学習ではなく、「モノづくり」体験というのが新鮮。いろいろなパーツを組み合わせてモノを作り、さらに動きを登録することによって、動かそう、というもの。画面はとてもオシャレだが、操作が微妙にわかりにくく、決してとっつきやすいとはいえないのだが、はまると面白い [続きを読む]
  • 月間読書記録(2017年7月):お友達の読書記録に頼りまくり
  • 最近は、同年輩のお友達の読書記録を参考に本を買うことが多い。今月のメインである"The Mysterious Benedict Society"も紹介されていたのを見て購入したら、なかなかのヒットだった。6月に1巻目を読んで、今月は2〜4巻。The Mysterious Benedict Society and the Perilous JourneyBL 6.1115,066語The Mysterious Benedict Society and the Prisoner's DilemmaBL 6.394,153語The Extraordinary Education of Nicholas BenedictBL 6 [続きを読む]
  • 7月の家庭学習まとめ&夏休みの家庭学習
  • 中学受験をするのであれば、本来はもっと真剣に受験勉強をしなくてはならないのだが、今ひとつ親の方が乗り気になれず、時間と量は少なめで、ぼちぼち家庭学習を進めている。この夏は、塾の夏期講習には行かず、家でまったり。普段の家庭学習に加えて、やっているのは理科と社会だけ。 理科:予習シリーズ4年理科演習問題集(上)(下) 社会:「クイズと絵地図で 都道府県基礎丸わかり」理科は中学でいうところの第1分野(物理・化 [続きを読む]
  • 奈良の英語で遊ぶ会へ
  • 一年半前の記事「遊ぶ会の進化形が完成!?小学生でも英語でゲーム」で参加させていただいた、りゅうママさん主催の奈良の会に参加させていただいた。前回小学生中学年〜高学年が多かったので、それぐらいが対象年齢のボードゲームをいくつか持って行ったのだが、今回はぐっと幼児が多かった。持っていたゲームをプレイできるのは、りゅうちんとたっくん、そしてなおぐらい。この3人、以前はあまり絡まなかったのに、今回は割と自 [続きを読む]
  • スプラトゥーン狂騒曲
  • 昨日、21日はなおと私が夢中になったビデオゲーム、スプラトゥーンの続編の発売日!Splatoon 2 (スプラトゥーン2)今回は親子で同時オンラインプレイをするために、Switchをもう一台購入した。なんと、ファンなら絶対欲しい同梱版。Nintendo Switch スプラトゥーン2セット発売前日には、居間にテレビを2台横に並べ、Switchを2台つないでプレイできるようにした(笑)昨日は仕事だったので私はあまりプレイできなかったが、なおはお [続きを読む]
  • 夏休み開始!今年の夏の予定は
  • 今年の夏は、スケジュール調整した結果、毎年行っていた英語キャンプはなし。泊りがけでヤングアメリカンズのワークショップに参加したり、帰省したり、その他もろもろの予定を入れていったら、1週間空いている週がなかった(^^;英語キャンプは、なおとしては、どうしても行きたい、というほどでもなく、でも行かないとなると寂しいような、そんな感じらしい。そして、最後の週はなんとニュージーランドに!オークランドを中心に1 [続きを読む]
  • プレイデートについて考えること
  • この前ストーリーガーデンさんにお邪魔したとき「プレイデート」についてどう考えるか、と聞かれた。我が家では私がなおを連れて、何度もプレイデートに参加させてもらったり、はたまたお友達を招いてマンションのキッズルームに来てもらったり、ということをしてきたので、経験もあるし、いろいろ考えることもある。目標は、子どもも親も楽しく過ごして、英語に触れること。子どもの相性は重要。いうまでもなく、子どもたちの個性 [続きを読む]
  • 連休の中日はお友達が来てくれた
  • 今日は、近くに住む親子英語友達2組が来てくれて、自宅でゲームの日!来てくれたのは、会える頻度は多くはないけれど、5歳からのお友達のyunちゃん(初めてお会いしたときのブログ記事)とHくん(なおが6歳のころの出会い)。プレイしたのは、このあたり。Forbidden Island魔法のラビリンスカヤナックWerewolfインカの黄金Small World自宅で遊んだので、いくらでもゲームを出すことができ、子どもたちに次のゲームを選んでもら [続きを読む]
  • Netflixで英語の動画を見てもらう
  • 幼少期から英語でビデオや読書に慣らして、英語で年齢相当のエンターテイメントが楽しめる、というのは英語育児ならでは、のメリット。何しろ、楽しみながら英語が鍛えられるのだから、こんなにお得なことはない。まあ、読書やビデオ視聴で英語を楽しみながら伸ばす、というのは別に子どものころから英語を始めた人に限られたことではなく、ある程度以上の英語力がついてくると誰でもやることなのだが、年齢相当のものを楽しみつつ [続きを読む]
  • 2020年度から始まる大学入試の新制度、新制度がちょっと見えてきた
  • 以前ちょっとまとめた2020年度からの大学入試、特に英語の民間試験を利用する方法について、もうちょっと具体的な内容が見えてきた。日経の記事によると、「受験生は高3の4〜12月に最大2回受験でき、結果は点数と、語学力の国際規格に基づく段階別の成績として大学に提供する」そうだ。リセマムの記事ではもっと突っ込んで、英検も採用した「ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)」での各試験の点数の換算表がある。必ず高3の4月からの [続きを読む]
  • The Land of Stories Book6: Worlds Collide 読了
  • 昨日ダウンロードしたBook 6だが、さっさと読了してしまった。Book 7も欲しいかい、と聞いてみたところ、どうやらBook 6で終了のようだ。続きが出るとしたら、別シリーズになるのでは、とのこと。Percy Jacksonシリーズなどでもそうだが、アメリカの児童書は、シリーズを5,6冊で一区切りにして、同じ世界でも続きは別シリーズにすることが多い。すごい速度で読んだが、おそらくそうとう飛ばし読みしているはず。これから何度も [続きを読む]
  • Land of Stoies、6巻が発売!
  • なおのお気に入りのシリーズ、"Land of Stories"の6巻目がとうとう発売された!Kindleの電子書籍版を読んでいると次の巻の予告が出たりするらしく、なおにねだられて予約購入済み。新刊にそなえて、なおはこのところ既刊を読み返していた。ときどき、まだかまだかとせっつかれていたのだが、ようやく出た。Worlds Collide: Book 6 (The Land of Stories)現在、Prime Dayだからか、米Amazonで私が購入した$10よりもはるかに安い659 [続きを読む]
  • 胸が痛い日曜日
  • 日曜日は、エキスポシティのニフレルへ。水族館好きとしては2年前から気になっていたが、オープン時は異様に混んでいて敬遠していた。今回は休日ではあるが比較的空いている、という午後に行ってみたところ、チケット購入で並ぶこともなく、スムーズに入場できた。「生きているミュージアム」というキャッチフレーズではわかるようなわからないような感じだが、訪れた感想としてはアートな展示をしている水族館ということだろう。 [続きを読む]
  • 大阪大学の博物館に行ってきた
  • 土曜日は大阪大学の総合学術博物館に行ってきた。お目当ては、関西在住の方ならたいてい目にしているであろうポスターにあった「HANDAI ロボットの世界」なるもの。ロボット!ということで、なおは相当期待していったのだが、残念ながら展示はかなり小規模で、商業ベースのイベントのようなものを想像するとがっかりする。動いているロボットはダ・ヴィンチアンドロイドだけ。他にはいくつかの実物の展示と動画の展示がある。ただ [続きを読む]
  • 大学入試と民間の英語試験、まだまだ未定のよう
  • この前、英検準1級に受からなかったので、果たしてどのタイミングで必要になるか、と考えてみた。中学受験をして私立の中高一貫校に進学するか、それとも公立中学から高校受験をするかで変わってくる。とりあえずは、中高一貫校に進学した場合、必要になるのは大学入試のとき。特に今はセンター試験から民間試験を利用した新制度に移行することが発表されている。関連ニュースはたくさんあるが、いくつかピックアップしてみた。日 [続きを読む]
  • アメリア・エアハートの謎
  • この前届いた"The Japan Times on Sunday"にアメリア・エアハートの記事があった。日本でも有名だと思うが、アメリカでは特に特別な位置を占めているように思う。ワシントンDCのスミソニアン博物館には特集コーナーと愛機が展示されているし、ナイトミュージアム2ではヒロイン、ということで我が家でもおなじみ。新聞記事自体は特に新しい情報があるわけではなく、割と堅実なものだったが、その後、なんと、生存の証拠となる写真 [続きを読む]