なおぱぱ さん プロフィール

  •  
なおぱぱさん: なおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ハンドル名なおぱぱ さん
ブログタイトルなおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ブログURLhttp://naotanlove.blogspot.jp/
サイト紹介文なおは5年生。親子英語で鍛えた英語を武器に、アメリカ滞在経験あり。
自由文なおとなおぱぱの生活の記録。きままな10歳児に振り回される日々です。
日々の成長の記録や、英語関連の話など。

英語育児を始めてもう7年!まだまだ試行錯誤でやっています。

教材として、ベネッセのワールドワイドキッズを使っていました。幼児からの早期英語教育の是非についても考える日々…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2009/07/07 14:11

なおぱぱ さんのブログ記事

  • パパ塾最大の欠点は…
  • 父親が忙しかったり病気だったりすると勉強を見てやれないこと。私が悪質の風邪で倒れているこの3日間ほど、どうしても家庭学習が滞ってしまっている。一応、やるべきワークを渡してはいるが…。私は別に病気がちなわけではないので、まあ滅多にないこと、かな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • この1週間の英語への接触
  • 帰国したての春休みはのんびりしていたけれど、小学校が始まり宿題が出はじめて、忙しい日常がやってきた。この1週間、英語への接触はというと、まずは日々の読書。主に家庭学習を始める前に時間稼ぎをするためにKindleを開くことが多い。この前読んでいたナルニア国物語は飽きたのか、とちゅうで投げて、今は"NERDS"を再読している。ゲハゲハ笑いながら読んでいて楽しそうだ。ときどき、ここが面白いんだ!と音読してくれる。良い [続きを読む]
  • 時間が無い!
  • 週5日間のうち、水曜日だけ5時間授業で、後は6時間授業。ということは、水曜日だけ3時帰宅で、他は帰宅は4時になる。スイミングは週2回で、5時には自宅を出る。帰宅したら7時。夕食は7〜8時ぐらい。のんびり色々と話しながら食事をするので小一時間かかることも(私もなおも食べるのが遅い)。これでも今まではなんとか午後のワークと夜のワークがこなせなくもなかったのだが、とうとう宿題が始まった。音読に算数のプリントに [続きを読む]
  • 通塾なしでの中学受験:とりあえず模試は受けておく
  • 帰国してから3週間ほど。当初の予定通り、通塾はせずに、今までとほぼ同じスケジュールの家庭学習で中学受験の勉強を続けている。ただ、学習時間は想定していたよりも延びていて、一日合計で1時間半ぐらいは使っている。塾通いをしないことに対する不安のようなものがないわけではない。5年生になったことだし、なおの現在の学力を把握しておく必要があるだろう、ということで某塾の公開模試を受けてみた。有料だが、記述式の設 [続きを読む]
  • 英語教室、開始して2週目
  • 英語維持の柱の一つになるのが英語教室。帰国子女向けの教室に週1、1回1時間半。片道1時間ぐらいかかるのだが、低学年時代のサタデースクールの時と同様、親子のふれあい&読書の時間として有効活用していきたい。ちらっと教室を外から見た感じでは、6,7人の生徒が先生を囲んで、まったりとした感じで授業が進むようだ。一応英語力に応じてクラス分けがあり、なおのクラスではオールイングリッシュで進むようだ(当然か)。帰国子 [続きを読む]
  • なお、逆カルチャーショックに奮闘中
  • なおはアメリカ滞在中、「僕は日本人!」というモットーを一度も忘れず、家でも学校でも、事あるごとに口に出して自己主張していた。アメリカの小学校をそれなりにこなしてはいたが、日本の小学校の方が良いとも言っていた(主に給食と休み時間だが)。ということで、親としては日本の小学校に戻ってハッピー&ラッキー、となるだろう、と凄く楽観的に予想していたのだが。だが。見事に予想が裏切られた。どうやら、小学校での細か [続きを読む]
  • 4年経ってもまだ使える朗読CD
  • 最近、ちょっとした空き時間に聞いているのが、Dahlの「マチルダ」の朗読CD。これはいつ買ったんだっけ、と調べてみたら、2013年に買った"The Roald Dahl CD Collection - 27 CD's Set -"だった。当時、送料込みで30ポンド(現在でも4,000円ぐらいか)。Matildaはペーパーバックを購入済み(15冊セット)。現在、Dahl15冊セットは送料込みで7,000円ほど。MatildaBL 5.040,009語対象年齢を考えると、今でちょうどいいぐらいだろ [続きを読む]
  • 数年ぶりにとうとうはまったアニメ番組
  • 数年前は親子英語での定番番組だった、Ben10というアニメをご存じだろうか。男児限定ではあるが、大人気だった。我が家で録画したのはもう数年前。10歳の主人公ベンがエイリアンに変身して戦う番組で、エイリアンのデザインが気持ち悪いのに加えて、展開もハラハラドキドキでベンが何度も危機に陥る。3年前までは展開がスリリングな番組が一切駄目だったので、候補にすらならず。初めて最後まで見られたのは3年前で(過去記事)、 [続きを読む]
  • なお、生まれて初めて英語が「まだまだ」と評価される
  • 今日、外食をしたときのこと。いつものようにKindleで読書をしながら待っていたなおを見て、目を輝かせたウェイトレスさん、「英語を勉強しているんですか」と興味ありげ。英語を子ども達に教えている、とのことだった。こういうときにややこしい説明を避けるための私の定番の返答が「海外に行っていましたから」。どれぐらい、という質問に対して、なおが「1年半」と答えると、ほう、という感じ。しかし読んでいる電子書籍のナル [続きを読む]
  • 親子で味わう名作ファンタジー
  • 私が子どもの頃から好きだった名作ファンタジー小説、ナルニア国物語にとうとうなおがはまってくれた!実のところ、第1作目の「ライオンと魔女」はアメリカの小学校で読んだらしいのだが、そのときは一通り読んだというだけで、さほど気に入ったというわけではなかったらしい。Kindleにはシリーズ7冊がすべて常時入っている状態だったので、シリーズの他の本をずっとなおにお勧めしてきたのだが、今までは食指が伸びなかったようだ [続きを読む]
  • 英検に申し込んでみた
  • かねてからの計画通り、6月受験の英検に申し込んでみた。受験料が高いのに改めてびっくり!いずれにせよ、これで後戻りはできない(笑)試験日までは、2016年第3回の過去問を一度解いてもらうつもりだ。後は作文の練習をするぐらいだろうか。今まで過去問をやってきたときも作文はすべて飛ばしていたので、ちょっとだけでもきちんと対策をしておこう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • Pokemon Goの話
  • 今回は親子英語とも育児ともあまり関係がないが、Pokemon Goの話。ブログに書いたことはなかったと思うが、去年の夏のサービス開始から、ずっと親子でちまちまとプレイし続けている。アメリカで住んでいた町はかなりの田舎町で、家の横の公園にスポットがあって、そこに毎日散歩に行ってついでにアイテムを入手したり、車でジムを取りに行ったり。夏、始まったころは至る所にいたプレイヤーたちも秋にはめっきり減り、冬にはジムに [続きを読む]
  • ちょっと帰国子女っぽい?
  • 今回の海外滞在は1年間のみ。期間が短いのもそうだが、総合的に判断しても、なおは「帰国子女」には当てはまらないのではないか、と思う。現地での価値観が染みつくほど長く滞在していないし、年齢が低いのもあって、現地で習慣や考え方の違いで苦労もしていない。小学校の授業のスタイルの違いも低学年の頃通っていたサタデースクールなどで慣れていたせいか、すんなり受け入れた。まあ実際には2年生のときのハワイの小学校で休み [続きを読む]
  • 英語の維持を軌道に乗せよう&週間読書記録(3/20-4/2)
  • 帰国してから1週間、そろそろ生活が安定してきた。そして、英語の維持について本気で考えるときがやってきた(^^;とりあえずは1年前と同様に、読書、ビデオ視聴、英語教室でどうなるのか様子見だ。春休み中の今はなお本人の時間は余っている。塾の春期講習に行くわけでもなく、習い事も再開していないので、本当にのんびり。*帰国前から帰国後の2週間の読書記録は時間がなかったので、今回まとめてやってしまおう。帰国を挟んでの [続きを読む]
  • 4月からの家庭学習は
  • 新5年生のなおにとって、受験戦争はすでに始まっている。本当は塾のスケジュール的には2月から新年度なのだが、うちの場合、今帰国したということもあって、ようやく教材の準備ができたところだ。なおの場合は科目によってばらつきが大きく、算数は学年相当の進行状況だが、他が遅れている。あまり気にせず、最終的に受験日までにつじつまがあうように調整しよう。以前、5年生からの中学受験向け学習計画を立てた。あれから実際 [続きを読む]
  • ミーハーで買ってしまったこんなもの
  • あまり時流に流されない性格の私だが、珍しく流行り物を購入した。それは、こちら!中学受験テキスト 下剋上算数 基礎編――偏差値40から55への道ブログが話題になったのはもうずいぶん前で、その頃少し面白いなと思って読み、書籍化されたときも書店でちらちらと眺めたものだ。下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!個人的には私は「偏差値○○からの」的な、悪い状態から何かをきっかけに大成長と [続きを読む]
  • 最初の一週間はぐだぐだ…&3月の家庭学習まとめ
  • 帰国して5日間ほど。なおは意外なほど時差ぼけがないようだ。日本に帰ってきたのは嬉しいようで、ウキウキしている様子。ときどき、窓から横の公園を見ては、誰か知っている友達がいないか確認しにでかけている。ただ、ときどき情緒不安定になっているときもあって、親の何気ない一言に噴火したり。引っ越しは子どもにとってはストレスがかかることなので、その辺りを配慮しよう。こっちに戻ってからは、家庭学習は少な目になって [続きを読む]
  • アメリカで1年過ごした後なのになぜ?プレイデートで日本語連発
  • 先日は、知り合いの方々にお招きいただいて、ちょっとした親子英語の集まりに顔を出してきた。みなさんとお会いするのは1年ぶりかそれ以上のはずだが、面白いことに大人はもちろん、子どもたちもそんなに大きく変わった、という印象を受けなかった。もちろん、子どもたちは育ちざかりで、ぐんぐん体が大きくなっているのだが、でも、みんなの個性はそのまま。うちのなおも、幼稚な男児そのまま(笑)1年前との大きな違いは何かとい [続きを読む]
  • 四谷大塚予習シリーズを自宅で使う場合の注意事項
  • 帰国してまず取りかかったのは4月から家庭学習の教材の準備。「5年生の中受家庭学習の計画を練ってみる」で書いたようにメインの教材が四谷大塚の予習シリーズになるので、足りない分をネット注文してみた。算数は5年演習問題集(上)(下)、5年計算(上)。国語は未購入だった4年演習問題集(上)(下)、4年漢字とことば。ついでに、使うかどうかわからないが、理社の4年演習問題集(上)(下)。注文をし始めて気がついたのだが、予習シリー [続きを読む]
  • 無事、帰国!
  • 1週間前に計画したとおり、最後の4日間ほどは粛々と引っ越しの手続きを進めていった。車の売却、マットレス・ダイニングテーブルの寄付(回収)、アパートの点検と鍵の引き渡し、などなど。またそのうち詳しく書こう。*小学校最後の日、なおは念願のお別れパーティをやってもらったのだが、これが期待以上だったらしい。みんなに別れを惜しまれて、今日だけはクラスの主役。クラスメイトサインの入ったボールに、立派な額に入った [続きを読む]
  • 小学2年生でのハワイ滞在の話(3)
  • ハワイの魅力は温暖な気候と多様な人種、日本の食材の入手性の高さ、美しい自然、といったあたりだろうか。半年で親子で訪れたのは、Sea Life Park、ポリネシアン文化センター、Wet'n Wild Hawaii、Dole Plantation、アリゾナ記念館、Honolulu Museum of Artといったあたり。Sea Life Park、ポリネシアン文化センター、Wet'n Wildはどれも年パスに州民割引があり、活用した。2回行っただけで元が取れる場合もあって、お得感抜群。 [続きを読む]
  • 「遊び」の力
  • デンマークでの話、と注釈がつくけれど、こちらの話が面白かった。キンダー(幼稚園)に早くから通学する子達の方よりも、入園を遅らせた子達の方が、高学年になってADHDなどの問題や行動面での問題が少なかった、という研究結果が紹介されている。デンマークでは6歳になる年から学校(キンダー)に通うので、その境目の前後に生まれた子ども達を対象にしたらしい。これは、少しでも早く学びの場である幼稚園や小学校に入れた方が [続きを読む]
  • Warrior Catsは面白いらしい:週間読書記録(3/13-3/19)
  • 引っ越しまで秒読み段階で、少しずつ荷造りをしている段階だが、なおの生活は相変わらず。読書はこの"Warrior Cats"シリーズを引き続き。次から次へと続きを欲しがるので、かなり面白いようだ。Warriors #2: Fire and Ice (Warriors: The Prophecies Begin)BL 5.471,216語Warriors #3: Forest of Secrets (Warriors: The Prophecies Begin)BL 5.871,926語現在は4巻目。4巻目からは図書館になく(大人気ですべて借り出されているよ [続きを読む]