なおぱぱ さん プロフィール

  •  
なおぱぱさん: なおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ハンドル名なおぱぱ さん
ブログタイトルなおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ブログURLhttp://naotanlove.blogspot.jp/
サイト紹介文なおは4年生。現在、期間限定でアメリカに滞在中。
自由文なおとなおぱぱの生活の記録。きままな9歳児に振り回される日々です。
日々の成長の記録や、英語育児、英語絵本の話など。
学ぶこと、知ることの楽しさを覚えて欲しい、親子英語はそのためのひとつの手段です。

英語育児を始めてもう5年!まだまだ試行錯誤でやっています。

教材として、ベネッセのワールドワイドキッズを使っていました。幼児からの早期英語教育の是非についても考える日々…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2009/07/07 14:11

なおぱぱ さんのブログ記事

  • この本はすごい!
  • なおが次に読む本で何かいいのがないかな、と思いつつ、図書館を巡っていてこちらを掴んだ。WonderBL 4.873,053語たしか、親子英語ブログでも、どなたかが紹介されていたはず。書店でも平積みされているベストセラー。昨日はスイミングの大会で、なおに渡したら、少し読んだ後、タブレットでゲームをしている他の子ども達のところに行ってしまった。1人残されて暇だった私が、何も考えずに読み始めた。こ、これはすごい!顔に異常 [続きを読む]
  • 理科?社会?「発明」がテーマの授業
  • なおは現在、小学校で最高学年のGrade 5になる。日本だと、高学年になると理科でも社会でも、覚えるべき事項が詰まった教科書をきっちり学ぶ。授業に加えて、理科なら観察したり実験したり。社会でも見学や校外学習があったりするかもしれない。グループワークや発表もあるかも。でも、最後はテストで知識の習得の確認がある。アメリカでも、天気/気候、太陽系/月、地球/岩石といった今までの単元では、似たような感じで最後に [続きを読む]
  • アメリカでも算数の授業は日本と同じで途中式が…
  • 小学校の算数の授業では、標準と上級に分かれているうちの標準に入っていることもあり、宿題があってもほぼ授業中に終わらせてくるので、自宅で宿題をやるということがほとんどない。たま〜にIXL Mathの宿題がある、というときがあるが(頻度がよくわからないが、2週に1度ぐらい)、10分ぐらいで終わってしまう。ところが昨日は、"Show your work."と言われて、学校で終わらせた課題がやり直しになった、とプリプリ怒っていた。む [続きを読む]
  • とうとうHuluを契約&週間読書記録(1/9-1/15)
  • 最近、ストリーミングでワンピースを見るのにはまっていて、空き時間があればずっとワンピースばかり!日本語に触れるのも重要なので静観していたけれど、読書時間が減ってきたので、最近注意するようになった。ついでに、CMを見ている時間がもったいないので、同じ物がCMなしで見られるよう、Huluも契約した。帰国まで2ヶ月ほどだけど、楽しんでもらおう。ということで、この週は読書量は少な目で2冊のみ。マイナーな本のためか、 [続きを読む]
  • 2017年、英語での大きな目標を忘れてた:英検!
  • 新年の抱負として中学受験のための勉強と英語の両立をあげた後で、重要なことを思いついた。中学受験をするなら、英検準1級はぜひ受かっておきたい、ということ。調べてみると関西でも英語を使った受験が出来る中学が増えてきている。ほとんどは中堅校以下だが、今考えている候補校もそれぐらいなので、ちょうどいい。英語が飛び抜けてできれば、その分算数と国語の点数が低くて良いということになり、両立もやりやすくなる。英検 [続きを読む]
  • 宇宙の歴史137億年を2時間で!
  • 小学校低〜中学年向けには、英語で楽しめて教養も増やせる番組がたくさんある。が、我が家ではほとんど消費済み。2,3年経って改めて見直すと、また得られるものも変わったりするので、できればもう一度見て欲しいな、という番組も多々あるが、そのあたりはなおの気分次第。一方、10歳なら、大人向けのエンターテイメント中心の教育番組も楽しめる。"Big History"や"Mankind"といった番組を一緒に見てきた後、何かいいものがないか [続きを読む]
  • 予習シリーズ算数5年を開始
  • 今年に入ってから、予習シリーズの算数5年メインテキストを始めた。本来はメインテキストに加え、演習問題集と計算問題集を同時にやらないといけないのだが、我が家はとりあえずメインテキストのみ!という荒っぽい進め方だ(笑)メインテキストの構成は、各単元まず例題と解説、類題があり、基本問題2ページ、練習問題2ページ、復習問題1ページとなっている。まず1日目は類題をやる。これは、なおが上の例題の解き方を見て、自分で [続きを読む]
  • 子どものためのスクラッチ・ガイドその2
  • 前回は図書館から借りてきた、オールカラーのスクラッチでゲームを作るという形式のガイドブックだった。今回は、似たような本を、と書店で見かけた、やはりDKから発売されているガイドブック。Coding Projects in Scratch前回の本とそっくりだが、ゲームに焦点を当てず、もっと数学的なシミュレーションやアートを使ったレッスンになっている。書店で眺めていて、スクラッチでフラクタルのシミュレーションががっつり扱われている [続きを読む]
  • 算数の勉強、中学受験へと舵を切る
  • 我が家での算数の学習は、朝がメインで予習シリーズのテキスト、午後は軽めの他の問題集に取り組んでいる。予習シリーズの4年生が終わったので、5年生を開始したのは以前書いたとおり。5年生のテキストを始めてわかったのだが、内容がスパイラルになっていて、4年生のテキストで学習した内容に積み重ねるように各単元の内容が組まれている。基本問題は4年生の内容の繰り返しのことが多いので、塾に通っている子どもの場合、内容の [続きを読む]
  • 読み放題で読んだ、ちょっと面白い中学受験本
  • 親子英語ブログではあるけれど、実は読者の方々には中学受験を意識している・予定している方も結構いるようで、最近は中学受験絡みの記事の方が閲覧数が良かったりする(^^;*私は一応、教える側に身を置いたこともある(個人指導の塾だったり、家庭教師だったり)が、そんなに多くのケースを見たわけでもなく、しかも昔の話で最近の事情はあまりわからない。教えていたのは主に算数で、中学受験の算数の特殊性については理解してい [続きを読む]
  • WeDO2.0のまとめ&LEGOの新製品、BOOST
  • STEM教育のために、というよりは親の趣味で、STEM教育に関連した教材や玩具を色々購入してきた。昔から定番のロボティックス教材、MindStormは対象が10歳以上、実際には中高生以上で、小学生が一人で自力でなんとかするのは難しい(10歳以上なら、本人の興味と能力次第)。LEGOのWeDoは小学生から使える教材で、まず初代のバージョンをなおが小学2年生のときに購入して散々遊んだ。その後、MindStormの玩具版、EV3も購入したが、 [続きを読む]
  • 日米、どちらのKindleアカウントを使うか悩む
  • Kindle Unlimitedで読んでいたシリーズが終わったので、なおにねだられていた"Guardians of Childhood"というシリーズを買ってやることにした。アニメ映画化されたものを小学校で見たらしく、ブックフェアで見かけて、「欲しい!」とねだられていたものだ。ねだられたのはこの3巻セットのハードカバー。ブックフェアでは定価で48ドルだった。The Guardians: Nicholas St. North and the Battle of the Nightmare King; E. Aster Bu [続きを読む]
  • 月曜日は雪でお休み&週間読書記録(1/2-1/8)
  • 大雪は土曜日には降り止んだけれど、30cmも積もった雪は日曜日には全然融けず。天気は良かったけれど気温が低く、道路も凍ったまま。道路はスクールバスが走れる状態ではないと判断されたからか、日曜日の夕方には、小学校からの電話連絡で、月曜日も休みとのことだた。小学校からの主な連絡は録音メッセージによる電話だ。日本式の連絡網は個人に頼ることになるが、こちらの方が確実ということだろう。***この週の読書は、まず [続きを読む]
  • 大雪で街の機能がストップ!そんなときはボードゲーム
  • 来るぞ来るぞ、と天気予報で知らされてはいたが、金曜日の夜から冷え込み始め、土曜日の朝にはこんなドカ雪が積もっていた。これは家の横にある公園。4月の様子と比べると面白い。基本的に雪が降らない地方だが、年に1度、こんな大雪があるらしく、そのときは小学校が休み、役所が休み、店もレストランも休み、と街全体がシャットダウンしてしまう。車に何の準備もしていないし、雪国で運転した経験もないし、除雪された後でも道 [続きを読む]
  • 「じつは学歴で年収は変わらない」?
  • 年末の紅白歌合戦を機に、なおが日本のテレビを見たがるようになった。そもそも、我が家で日本のテレビ番組を見ないのは、親子英語のためというよりも、親の好みの問題。帰省や国内旅行の際にはなおは日本の番組をいつも楽しみにしている。現在は、どちらかというとなおに日本語に触れて欲しいので、いくつか試みに見せてみることにした。まずは、お正月っぽい番組でも、と思って色々見ていたのだが、その中で出会ったのが、「林先 [続きを読む]
  • アメリカの小学校、算数の習熟度別学習
  • 小学校の仕組みはアメリカでは州によって、また学区によって様々だが(そもそも、何年生から中学になるか、まで違ったり)、なおの小学校での算数の授業の構成が面白い。まず、算数は基本、クラス全体で行い、習熟度別にクラスが別になるということはない。が、州で決められたギフテッド・プログラムがあり、これに認定された子ども達がいる。なお曰く、成績でA以上の子が認められるとのことだが、クラスの2/3がこれに当てはま [続きを読む]
  • 英語と中学受験のバランス:時間配分編
  • 昨日の記事に新年の抱負として、タイトルに英語と中学受験のバランスをあげたわけだけれども、何をするかを羅列しただけで、読んでいる人にはあまり参考にはならなかった、と反省した。そこで、今日はバランスについて、基本的な我が家での考え方を紹介しておこう。まず、配慮すべきは時間配分。英語も勉強も、量ではなく質が大切。とはいえ、質を高める工夫は常にするわけであり、その上で英語と受験勉強はお互いに時間を奪い合う [続きを読む]
  • 2017年:英語と中学入試対策のバランスを考える
  • 毎年恒例、新年の抱負をば。特に、今年度の大きな課題は、英語と中学入試対策のバランスになる。英語関係:帰国まではこのままで。4技能をバランス良く上げる、という方針はそのまま。帰国後は、去年通っていた帰国子女向けの英語スクールに戻る。オンラインレッスンもそろそろ始める必要があるだろう。レッスン内容も含めて、今のところ、プランなし!日本語環境に戻って、スピーキング力の衰えが感じられたら、検討してみよう。 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 大晦日は、なおのたっての願いでNHKの紅白歌合戦を見てすごすことに。「日本ではみんなこれを見て新年を迎える」。まあ、当たらずとも遠からじ。我が家ではSlingBoxなる機器を使って、日本に設置してあるレコーダーを遠隔操作し、映像をストリーミングして見ることができる!時差の関係もあって、リアルタイムで見たのではなく、数時間遅れで録画したものを見た。購入したのは2年ほど前だが、まだ現役で使える(といっても、今回 [続きを読む]
  • 2016年の総決算・その他
  • 先日、「学習編」を書いたので、こちらでは書き残したことを書いておこう、と考えた。が、最近はなおもこのブログが読めるお年頃で、かつ多感なお年頃に入りつつあるので、あまり日頃の生活の様子などを書いてほしくないようだ。となると、書けることが限られてくる…。読書の話は家庭での英語の取り組みとしてすでに書いたので、映像関係について書くと、最近はもう勝手にネットフリックスで見たいものを見つけてしまう。大人モー [続きを読む]
  • 2016年の総決算・学習編
  • 2015年の終わりに書いた「総決算」、今から見ると良い覚え書きになっているので、今年もやっておこう。まず、2016年の初めに書いた学習プランに英語とその他家庭学習で簡単な方向性を考えておいたので、そちらと見比べながら。*まず、英語について。結局、4月にアメリカに来てから、現地での小学校教育に任せるしかないな、と思っていたが、その通りに。入学後は、速い会話についていけないということもなく(たぶん)、まだ小学 [続きを読む]
  • アマゾンのKindle Unlimitedに再入会&週間読書記録(12/19-12/25)
  • 以前、サービス開始時に試してみた、アマゾンのKindle Unlimitedに再入会した。前回は私が使うのが前提だったが、開始時には豊富だった雑誌や単行本が、あっという間に選択肢から外れてしまって読むものがなくなって、続ける意味がなくなってしまった。なお向けのマンガも、読めなくなってしまってがっくり。今回は、お目当ての本がいくつかある。ひとつは、この週に読んだ"Diary of a 6th Grade Ninja"シリーズ。図書館では5巻ま [続きを読む]
  • メリークリスマス!
  • クリスマス当日は、お店はほぼすべて閉まると考えてよいので、自宅でまったり。買っておいたパウンドケーキにホイップクリームをのせて朝ご飯にして、ちょっとホリデー気分を演出したり。今年のサンタさんからのプレゼントはこちら。お城のデザインをテーマにした、ボードゲームだ。The Castles of Mad King Ludwig昔、日本でゲーム会に参加したときにプレイしたもので、そのとき以来ずっと「欲しいなあ」とつぶやいていたもの。ノ [続きを読む]