oyabakabanzai さん プロフィール

  •  
oyabakabanzaiさん: ムスメ:Lv0
ハンドル名oyabakabanzai さん
ブログタイトルムスメ:Lv0
ブログURLhttp://child2009.blog68.fc2.com/
サイト紹介文2008年に誕生した娘の成長をつづった育児日記。たまにドラクエ風。子育てって素晴らしい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/07/07 22:11

oyabakabanzai さんのブログ記事

  • ゴリ一家がやってきた②
  • さて2日目の朝、新幹線で台中へ出発。台中からはバスに1時間ぐらい乗り、谷関温泉で下車。長いけど一般路線だったので数十元だった。安い。来るまで知らなかったんですが、実はこの辺りはチョウザメが有名らしく生簀に飼っている食堂が多い。そこで昼食はチョウザメのコース(普通においしい)を食べ、無料の足湯などに寄りつつ早速ホテルへ。ホテルはダンナが二家族一緒の8人部屋を予約したので、子供達は部屋の広さと敷かれた [続きを読む]
  • ゴリ一家がやってきた①
  • さて、その翌週のこと。会社同期友人であるゴリ一家が遊びに来ました。最初7月に来ると言っていたけど私たちが夏休みで一時帰国するのでやめたところに帰任になって一時帰国をやめたのでやっぱり7月が都合よくなったという二転三転があったにも関わらず来てくれました。日程が迫ってから予約したため、「子供のパスポート取得前に航空券を抑える」という離れ業まで披露。さすが。そして彼らにはムスコと同い年の兄と3つ下の弟の [続きを読む]
  • 台湾の秘境蘭嶼島②
  • さて蘭嶼島の続きです。翌日は、午前中に別の湾でシュノーケリング。今度はお父さんに頼らず自力です。シュノーケリングの時は、スケートではビビリだったムスコが足がつかないところでもガンガン攻めて行き、ムスメの方が怖がってあまり行かないという逆転現象が起こるのがおもしろい。この違いはなんなんだろう。(二人とも一応肩にはめる浮き袋はつけている)その後偶然通りかかった島民たちの水泳レースを見た。彼らは顔を上げ [続きを読む]
  • 台湾の秘境蘭嶼島①
  • ダンナが台湾に来てからずっと行きたがってたところがある。それが蘭嶼島。台湾本島から一番遠く離れていて行きにくく、船や飛行機の便も少ない。さらに中国語でないと予約できないうえにすぐ満席になってしまう。今回、偶然ダンナ会社に新しく入ってきた人がこの島出身で、ご両親が島で民宿をやっているという縁があって、行かせてもらうことにした。蘭嶼島は、タオ族という少数民族がもともと住んでいた島で、一般的な台湾人より [続きを読む]
  • アイススケートに行ってみた。
  • 引越しのせいにしてサボっていたので、ブログはようやく7月分に入りました。7月は今まで以上に旅行月間です。蘭嶼島 → ゴリ一家来訪 → マンゴー狩り → チェンマイ → もんもん来訪 → 引越しこれぜーんぶで一ヶ月!!有給消化しまくったダンナ。彼の会社はいったいどうなっているんでしょうかね。さて、今回の記事は旅行が始まる前のこと。ムスコのクラスのママから近くのアイススケート場の割引券を買ったので行っ [続きを読む]
  • 8歳6ヶ月 & 5歳8ヶ月になりました
  • ムスメは8歳6ヶ月になった!ムスコは5歳8ヶ月になった!・・・ということで、最近の様子を少し。まずはムスメから。・相変わらず漢字がダメ。 もともと微妙だった漢字ですが、 三年生になって熟語でしか使わない漢字が出てきたらさらについていけなくなった。 (完全の完、とか文字そのものの説明がしにくい漢字) 三年生の漢字で混乱してる隙に、一二年の漢字でも新しい読み方がいろいろ出てきてさらに混乱を極めてきた。 [続きを読む]
  • 台湾のお気に入りの雑貨屋
  • 前回少し雑貨屋さんの話が出ましたが、台湾には予想外にかわいい雑貨屋さんがたくさんある。台湾といってすぐ想像するような中華柄ではなく、落ち着いた独自のテキスタイルで作られた小物が多い。なんといってもうれしいのは手が届きやすい価格設定!台湾の一般的なものよりは高いですが、手作りのバッグとかでも一万円に届くことは少ない。ということで、今回は台湾でお気に入りの雑貨屋さんをいくつか紹介したいと思います。①蘑 [続きを読む]
  • ドバイの一家がやってきた②
  • 前回の続きです。雑貨屋が多い迪化街で(私も)しばらくフィーバー。気になってたけど買っていなかったものをここぞとばかりに購入した。もう帰国するからね。いろいろ買っておかないとね!さてここでの出来事。試食ができるドライフルーツ屋にて。ダンナ、ドバイ一家の長男が試食用の爪楊枝入れから爪楊枝を全部つかみ出したのを見て、「お前とりすぎやろ!」と頭を叩いていた。お、えらいアグレッシブに怒るなあ。パパ同士は中学 [続きを読む]
  • ドバイの一家がやってきた①
  • ダンナの友人一家が台湾に遊びに来ました。ドバイ旅行に行ったときにそれはそれはお世話になったあの一家です。本当はもう日本に帰任してしまっているんですが、分かりやすいので今回はドバイの一家としました。ムスコと同い年の男の子がいて、帰任後生まれたゼロ歳の弟くんがいます。さて、今回はうちの帰任が決まってから急遽来てくれたためあまり日程に余裕がなく、こんなプランでした。1日目:台湾着→夕方合流→夕食→夜市→ [続きを読む]
  • こどもクイズ
  • 日本への船便が到着し、やっとPCがネットにつながりました!長いこと更新してませんでしたが、、これでやっとブログ再開できそうです。さて。ウチが帰任になるということで、ダンナの会社の人たちが送別会を開いてくれました。台北にあるおいしい雲南料理店。(えっと、中山駅付近なんですが店名忘れました・・・)マメのスープが特に有名でおいしい。思えば二年前、歓迎会をしたのもこの店でした。今回家族会ということでダンナ会社 [続きを読む]
  • 新竹インターナショナルスクールへの最後の日。
  • インターの夏休みは6月末からと早いので、すぐに学校に行くのは残りわずかとなってきた。あと3日ぐらいになったとき、学校には姉弟ともに同じクラスの台湾人と白人ハーフの姉妹がいるんですが、(しかも姉の方はけっこう自由人な感じでムスメと気が合うらしい)その子たちが二人の帰国を残念がっていろんなプレゼントをくれた。カード、絵本、ぬいぐるみなど。そこで近くのショッピングセンターにお返しを買いに行き、それぞれ子 [続きを読む]
  • 最近のムスコ
  • 引き続きムスコについてです。ある日の午後、家でのこと。なんか静かだなと思った。気付くと見渡せる範囲にムスコがいなかった。ムスメはソファーでゲームしていて、ムスコの居場所を聞いたが知らないという。ベッドで昼寝しているわけでもなく、え、どこ行ったの?外には出てないよね?と焦りだしたころ、風呂場から物音がした。見ると、勝手に風呂に水をためて水中めがねして泳いでいた・・・予想外すぎた。とりあえず危ないかもし [続きを読む]
  • まぐろやさん
  • 「おかあしゃーーん!」ある日ムスコに呼ばれて気がつくと、目の前にこんな光景が広がっていた。「まぐろやさんです〜。これは全部まぐろのあたまです!」どうやらムスコはまぐろ屋さんになったらしい。このダンボールが全部まぐろの頭っていうことは・・・こういうこと?!うーん・・・それはちょっとグロテスクだな・・・ムスコはそんなことは一切気にせず、「お金あげるので買い物に来てください!」とお金と称した木の板を渡してきた [続きを読む]
  • ムスコの卒業式
  • 間が空いてしまいましたが、無事日本への引越しを終えました。新しい家にはまだインターネット環境がないという苦行の中、もろもろのセットアップをがんばっております。その辺の話はおいおいするとして、授業最終日にはまだ3週間ほどある6月初旬、年長クラスのムスコには卒業式があった。こんな帽子をかぶって一人ずつ写真を撮り、ホテルのパーティールームを貸しきってのセレモニーです。お酒こそありませんが、ランチビュッフ [続きを読む]
  • 秘密基地
  • 台湾に来たときに使った引越し用のダンボールを少しとっておいたので、少しずつ使わないものから詰めて行こうかなと思って出しておいたら、子供達が目ざとく見つけて「秘密基地」を構築していた。こんな感じ。核となるのはIKEAで1000円ぐらいで買った四角い家。そこにつながる道がダンボールだ。家に入るにはダンボールをくぐらないと入れないらしい。「おとうはダメだけど、おかあさんは入っていいよ!」と優しく言ってくれました [続きを読む]
  • おとうの名前
  • 間が開いてしまいました・・・スミマセン言い訳をいたしますと、駆け込みで旅行に行ってたり、引越しの準備をしていたり、そうでなくても子供がいるとなかなかPCをいじれなかったりなどなどなどで気にしてはいつつもなかなか更新できず。。ああ世の専業主婦の夏休みが憂鬱な気持ちが初めて分かったわ!まあ気を取り直して今日のネタいきます。さてある日、子供達が二人で「おとうに名前をつけよう!」と盛り上がっていた。名前ってい [続きを読む]
  • 8歳5ヶ月 & 5歳7ヶ月になりました
  • ムスメは8歳5ヶ月になった!ムスコは5歳7ヶ月になった!・・・ということで、最近の様子を少し。まずはムスメから。・ウミガメフィーバーです。 小琉球で見たウミガメが忘れられない。 特に波に流されておっとっととなってたところが萌えらしい。・ピンクが嫌い。 ある日男の子の家に遊びに行くとき、服を眺めて悩んでいた。 ピンク色の魚のもようのお気に入りのワンピースと、青いワンピース。 何でそんなに悩むのか訳を [続きを読む]
  • 小琉球でウミガメに会う。
  • 前回の続きです。小琉球行きの船は高速船で、30分ほどで着く。揺れないし酔わないし早いし快適。民宿に荷物を置いてバスで島内を一周。有名な洞窟や珊瑚でできた地形とかを一通り見て回る。バスは一日周遊券を購入したのでどこでも乗り放題。しかもバスの運ちゃんは日本人は珍しいのか覚えていてくれて、バス停じゃなくても私たちが道を歩いているのに気づくと止まって乗せてくれるという至れり尽くせりっぷり。田舎のこういうとこ [続きを読む]
  • 小琉球へ。
  • 台湾には離島が7つあります。小琉球、亀山島、澎湖、金門、馬祖、蘭嶼、緑島 の7つ。このうち緑島には昨年行きました。そして金門島へは私たちが来る前にダンナが一人で行っていて、今回は三島目の小琉球へ行くことにしました。本当は去年の夏に行こうとしていたのですが、台風が来たため船が出港できず、キャンセルに。今回帰国するのでリベンジです。実は前に澎湖島にも行こうとしてたんですが、船の予約が取れずキャンセルに [続きを読む]
  • カレーの懐
  • あと二年いるつもりだったので、いろんな調味料や乾物を買ってしまった私。もったいないので、開けてしまったものはできるだけ使い切って行きたい。が、ちょっと辛かったりすると子供が食べてくれないので減らない。そんなときに大活躍するのがカレー。カレーというのはとても懐が深く、残り物全てを飲み込んだうえにそれをなにやら深そうな味に変えてくれる。使い方は至って簡単。ルウをちょっと少なめにして、余った調味料を入れ [続きを読む]
  • LとR
  • ある日のこと。ムスコに絵本を読んでいたら、「おかあさんは何でLのところRみたいに読むの?」と言われた。ギャーーン!!!きた!今までにムスメに「発音悪い」だの「そんな発音じゃ分からない」だの散々言われてきましたが、そのときは「あーはいはいごめんねわかってますよ!」ぐらいにしか思ってなかった。なんかムスコの指摘はめっちゃ自然というか、自分が感じたことを素朴に言っただけというかなんというか、ムスメみたいな [続きを読む]
  • ホテルの『アクティビティ』
  • 前回の続きです。翌日は土日で、二家族で台北へ行きました。同じホテルを一泊取っていたので、まずホテルに荷物を置いて市内観光。文化創園区という古い工場をリノベーションしてオシャレなお店が入っている、日本で言うと赤レンガ倉庫みたいなところに行ったり夜市にも行きましたが、子供たちはそんなのよりも「ホテルがいい!」らしい。「次どこ行きたい?」「ホテル!」という残念な感じ。そして「ホテルに帰ったら何する?」と [続きを読む]
  • ムスメのお友達が遊びに来た
  • GWにムスメのお友達が母子で遊びに来てくれました。なんとお母さんが中国語ができるということだったので、到着初日は自力で故宮博物院を観光して台北に一泊。翌日家に来てもらって一緒に遊ぶことに。ムスメはこの日をそれはそれは楽しみにしていました。お友達が来る日。台湾にGWはないのでムスメは普通に学校があり、帰宅後荷物だけ置いて駅まで迎えに行きました。その道中のこと。ムスメ、自分が学校の体操着を着ていてしかも [続きを読む]
  • ムスメのお悩み。
  • 帰国が決まったムスメには、いくつか悩みができた。一つ目は英語の学校のお友達と離れないといけないということ。二つ目は日本に帰ったら漢字をやらないといけないということ。そして今一番悩んでいる三つ目の悩みは、学校の理科実験室の机の下に落としたお気に入りの鉛筆をどうやって拾うかということ。今までは「いつか拾えばいっか」と思っていたのが急にタイムリミットができてしまった。それも一ヶ月と短い。しかしこんなとこ [続きを読む]
  • 妖怪バッタ
  • 突然ですが、家にはもうすぐ妖怪になりそうなバッタがいた。去年の秋にこんな日記を書いたのを覚えていらっしゃる人はいるだろうか。近くの大学へ虫捕りに。これを書いた時点で11匹中二匹を残してみな死んでしまっていたんですが、なんとその中の一匹が冬を越した。普通冬は越さないと言われているショウリョウバッタ。他のバッタはみな秋に死んでしまった中、旅行で数日家を空けても、一週間餌をやるのを忘れても(※)全く無事な [続きを読む]