けんちく小僧 さん プロフィール

  •  
けんちく小僧さん: 郊外に住む/ 建築小僧の活動記録
ハンドル名けんちく小僧 さん
ブログタイトル郊外に住む/ 建築小僧の活動記録
ブログURLhttp://morimoto32.exblog.jp/
サイト紹介文ニュータウンを拠点に郊外での暮らしや活動を探求。三重県の建築家/森本雅史の建築探訪と活動記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/07/07 23:09

けんちく小僧 さんのブログ記事

  • 豊田市美術館 東山魁夷展
  • 私を除いた3人で豊田市美術館へ行ってきたようです。建物の設計は現在日経新聞で「私の履歴書」を連載中の谷口吉生。展覧会は「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」でした。開館30分前から多くの人が並んでいたようです。家に帰ってきてからは「よかったわあ」の大合唱。普段はちっとも落ち着かない子供も静かに鑑賞していたようで「山より海が良かった」と一丁前のことを話していました... [続きを読む]
  • 大阪・天王寺 美術館
  • あべのハルカスが完成してから天王寺に行く機会が増えました。理由はあべのハルカス美術館ができたことです。今回は「マティスとルオー展」に行ってきました。マティスとルオーがここまでお互いを尊重していたことは知りませんでした。それにしてもギュスターブ・モロー恐るべし。自らの作品だけでなく後世にこれだけの人材を残したんだから。もう一つは昔からここにある大阪市立美術館... [続きを読む]
  • 榊莫山と紫舟のシンフォニー展
  • 奈良県立美術館で開催されていた展覧会に行ってきましたで。莫山作品は三重県民にとっては非常に親しみ深いものです。今回久々に見ましたが、「土」や「女」などの書は今も色あせない魅力を感じました。紫舟の作品は初めて見ましたが、書が3次元化することの面白さ、書が紙から解放されたことに新たな可能性を感じました。書であり、彫刻でもある、そんな感じでした。唐招提寺のうちわ... [続きを読む]
  • 三重県立美術館のベストオブコレクション展
  • 三重県立美術館も開館35周年を迎えたそうです。これまで横山操や曽我蕭白、多田美波など数々の印象的な展覧会を開催してきました。もちろん元永定正、榊莫山、宇田楸邨など三重県出身の作家の作品も数多く収蔵しています。さすがにベストを標榜するだけあってなかなかの名作ぞろい。私もNO1を選ぶのに苦慮しました。皆さんも会場でNO1を選んでみてください。 [続きを読む]
  • 熊谷守一展
  • 神戸にある香雪美術館で開催中の熊谷守一展に行ってきました。本展覧会は有名な「ねこ」の絵や「雨滴」などの絵画のほか、書も飾られていました。熊谷守一没後40年の今年、各地で回顧展が行われるようです。出来ればもう一回ぐらい見たいと思っています。 [続きを読む]
  • 松江城
  • 神戸にある香雪美術館で開催中の熊谷守一展に行ってきました。本展覧会は有名な「ねこ」の絵や「雨滴」などの絵画のほか、書も飾られていました。熊谷守一没後40年の今年、各地で回顧展が行われるようです。出来ればもう一回ぐらい見たいと思っています。 [続きを読む]
  • A幼稚園 サイン取付
  • 案内板室名サイン幼稚園の春休みに合せてサインを新たに設置しました。木の暖かみが感じられるサインにしました。サインが変わるだけでも雰囲気が変わります。サインの重要性を再認識しました。 [続きを読む]
  • あべのハルカスの美術館+日展
  • 日本で最も高いビル、あべのハルカスには美術館も併設されています。巡回展が多いですが、充実した展覧会をいつも開催してくれています。今回は「拝啓ルノワール先生 梅原龍三郎が出会った西洋美術」展でした。日本洋画界の巨匠である梅原龍三郎ですが、久々にまとまって作品を見ました。私がイメージしていた以上に時代による作品の変化は大きくて、作風が一つにとどまっていないことが発見でした... [続きを読む]
  • ニッポンの立体展
  • 縄文から現代までの立体を集めた展覧会「再発見!ニッポンの立体」展が三重県立美術館で開催中です。展示品の多くがメジャーな美術館所蔵作品ではなく、小規模の美術館からの作品であることが新鮮でした。そしてこれらも展示品です。確かに今現在、ニッポンにある立体です。幅広く立体を取り上げていて肩肘の張らない楽しい展覧会でした。 [続きを読む]
  • STオフィス+住居 現場1
  • いよいよ伊賀上野の現場がはじまりました。武家屋敷が残る歴史的景観地域に建つ、会計事務所兼住居です。伝統的な風景になじませながら、新しさを併せ持つ建築を目指し、おおらかな瓦屋根、道路側の木格子は、新しい風景をつくります。また中庭を設けることで職場と住居の関係を程よいものとし、風通し良い明るい空間となることを目指しています。これから現場通いが続きそうです。(M) [続きを読む]
  • OCT卒業設計展の講評会
  • ふらっと展。OCT卒業設計展の講評会にゲストして参加させてもらいました。今年で3年目となります。いい意味で違和感のある案が多く、広がりのある議論が行われ勉強になりました。地方で設計する人間として、気になったこと・地方のリアルを話させてもらいました。講評の中で「決断に至るまでのプロセスがはやい、回り道するくらいがいい」学生だけでなく私にも響く言葉もありました。講評をしていると思い出す自分... [続きを読む]
  • 第3回学生がつくる名張旅コンテスト
  • 第3回学生がつくる名張旅コンテスト。応募総数約40作品から日帰り部門、1泊2日部門、2泊3日部門からそれぞれ3案が公開審査に進みました。 受け持っている近大高専の4組が公開審査に残り、1組が1泊2日部門で最優秀賞。残りの3組も仮装など学生らしい元気で楽しいプレゼンで会場を盛り上げてくれました。観光を学ぶ学生にまじって今年も建築を学ぶ学生頑張ってくれました。3回連続で受賞もうれし... [続きを読む]