yukimaru さん プロフィール

  •  
yukimaruさん: 道 楽 三 昧
ハンドル名yukimaru さん
ブログタイトル道 楽 三 昧
ブログURLhttp://yukimarus.blog82.fc2.com/
サイト紹介文釣りを主体とした道楽三昧の日々を綴ります・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/07/08 19:06

yukimaru さんのブログ記事

  • 初打ち.....
  • 年が明けて随分と経ちますが、やっとゴルフの初打ちに行く事ができました。場所は....鳥取県の 旭国際浜村温泉ゴルフ倶楽部今年は33年ぶりの大雪で積雪が90cm近くあったと言っておられました。営業再開は2月末....ですのでコースやグリーンの手入れはナッシング..... (´Д`;)/ヽァ・・・何とか100は切りましたが、かなり手を焼いたのは言うまでもありません。宿泊用のコテージがたくさんあり、クラブハウスも変わっ [続きを読む]
  • 博多ラーメン竹林2号店
  • 男女群島遠征の際の往路に寄るラーメン店.....。店名はタケバヤシではなくチクリンと読むそうです。伊万里マルキン釣具 ⇒ スーパーTAKEDA ⇒ 博多ラーメン竹林2号店 ...がいつものコース。絶対って訳ではありませんが、近年では 「ルーティーン」 っとなってます。11:00〜の開店ですが、お昼時は小チャーハンが付いたランチメニューもあり。私的感想ですが、ラーメンもチャーハンも 「また食べたい」 と思えるレベルで [続きを読む]
  • 尾長のステーキ
  • ↑ この60チョイ足らずの尾長をブツ切にしてステーキにしてみました.....。デカバンをブツ切にして塩焼きで喰らうのは我が家のレシピにもあったのですが、塩胡椒で味付けした切り身をバターを引いたフライパンでジュージューと焼いていただくのは初めての事.....。友人に教わった料理法ですが、その出所は徳島の鬼才松田名人だそうです。皮が縮んで見てくれは悪いですが、魚とは思えない身の弾力は.....まるでお肉。皮の処理に [続きを読む]
  • 針古瀬とブラックヘリオス
  • 針古瀬に接岸中のブラックヘリオス。今回の遠征はブラックカイザーで男女に行って、2日目からはブラックヘリオスに乗り換えて遠征を終える予定でしたが、何故かチャーター便のブラックサムソンへの乗り換えとなりました。おそらくは好天に誘われてヘリオスのお客さんが増えたので、2日釣りの客を乗せるスペースが無くなったものと思われます。ハイシーズンに好天となると、お客さんをどの船に乗せるかのヤリクリもたいへんみたい [続きを読む]
  • 男女群島2泊3日の旅 2日目〜
  • ⇒ 男女群島2泊3日の旅 1日目午前3時30分、ブラックカイザーが朝の見回りにやってきました。釣果をクーラーに納め、配給されるお弁当を受け取ります。「8時〜9時にサムソンが来ますから.....」ブラックカイザーを見送り、喧騒が治まったところで釣りの再開....っと普通はなるのですが、私は昨夜のVSサバの対戦の疲れを癒すために寝袋に入る事にしました.....Zzzz。目が覚めたのは午前7時過ぎ.....ゴソゴソと寝袋から這い [続きを読む]
  • ウキ 浮木 UKI
  • 男女群島に遠征した際、徳島の友人にウキをいただきました.....m(__)m既にかなりの数をいただいていますが、このウキの特性が朧気ながら解ってきた程度で、まだ全く使いこなせてはいません。贈ってくれた友人に薀蓄を聞いてもらうためにも....(笑)、早く特性を理解して、様々な状況下で使えるようになりたいものです。3種類のウキですが、比較対象はおそらく松田ウキ.....。「どっちがどう」 ではなく、「このウキはこうなんだ [続きを読む]
  • 男女群島2泊3日の旅 1日目
  • ⇒女群島2泊3日の旅 初日夜日中は潮の走る水道筋に.....っと思っていた願望は北西風13mにて撃沈。ですので、ここ「二重奥」の横潮を攻略するしかありません。時折、回り込んで来る風はかなりの強さ.....。それに加えて潮は横流れなので釣り辛い事は想像のとおりてす。少しでも風の影響を和らげようと、道糸細めに重めの2段ウキ仕掛けを選んでみました。・ 竿 マスターモデル尾長H 5m・ リール トーナメント競技 LBD・ [続きを読む]
  • 男女群島の海の幸
  • 毎度の事ですが、男女群島産のオナガはシャブシャブにお造りにと楽しませていただきました。シャブシャブも美味でしたが、厚めに切ったお造りがとても美味。良質の脂ときめの細かい身のバランスがとても印象的でした。オナガもたいへん美味しかったのですが、 ↓ のお造りには遠く及びません。外道なんですが上には上があるものですね。KING OF 青物.....。男女群島で釣った場合、新鮮な状態で持ち帰るのが難しいので万人には [続きを読む]
  • 男女群島2泊3日の旅 初日夜
  • ⇒男女群島2泊3日の旅今回の鬼タックルは前回の日帰り釣行とほぼ同じモノ.....・ 竿 がまかつ 我夢者5号・ リール シマノ レマーレ8000D・ 道糸・ハリス サンライン ブラックマークX8号 Vハード8号・ ウキ キザクラ 3B + 水中ウキ3B・ ハリ 夜釣王6号・ タナ 2ヒロ〜設定したタナが取れたらジワリとウキが沈むイメージですが、このジワリの程度がナカナカ難しく、その度合いの調整にけっこうな時 [続きを読む]
  • 男女群島2泊3日の旅
  • 前回の男女群島日帰り遠征から約3週間が経過。いつ行くいつ行くのヤキモキ感に苛まれながら天気図とニラメッコ。結局、悪天明けとなった2月13日からのエントリーとなりました。今回、出港する船は2泊3日便のブラックヘラクレスと1泊2日便のブラックカイザーの2船。色々な情報が交錯する状況でしたが、可能なら2泊3日釣行のエントリーだったので、ブラックヘラクレスに乗るのかと思いきや、前田船長いわく.....「ヘラク [続きを読む]
  • ネギらーめん
  • 博多入りした際は必ず食す..... トンコツラーメン。いつもデフォルトのラーメンを食べるのですが、今回はネギ入りを注文してみました。チャーシューが見えないくらいにネギが盛ってあります。このネギ、けっこうな粘りがあり、とても美味しゅうございました.....V(`∇´)V以前は替え玉にもネギが少々、乗ってきたのですが.....最近は乗ってきません。ラーメンの価格は変わりませんが、以前はあったサービスが無くなるのは実質 [続きを読む]
  • 道の駅 海のふるさと館
  • 広島から男女群島への出港地である田平港へのルートは概ね3ルートありますが、伊万里経由のルートを通る際にはこの道の駅を通ります。鮮魚や加工品、弁当などが売ってありますが、とにかく醤油の種類が豊富.....。小瓶で売ってあるので買い易くお土産にも喜ばれます。今回は「赤なまこ」があったので買って帰りました。ちなみに、アジなどの刺身も売ってあり全て試食可能.....。刺身の試食って味、鮮度に自信がないとできないでし [続きを読む]
  • 男女群島 「青木東」
  • 今回の昼釣りに用意したマキエは沖アミ3枚に赤アミ1角。それをパラパラと足元に撒いてみます。すると、待ってました!っとばかりに登場したのはイスズミにカゴカキにサンノジの軍団。エサ取りが多いと聞いてはいましたがこれほどとは.....。取りあえず配合剤のブレンドは取り止め、仕掛けの準備に掛かりました。ここ「青木東」は瀬戸の中央に位置するため、ド本流の釣りが楽しめます。潮が早い上にエサ取りが多いので、私流では軽 [続きを読む]
  • 男女群島産の干物
  • 男女群島で釣った小型のクチブトを干物にしました。干物用を10匹程度は釣って帰るように厳命されての釣行でしたか難なくクリアー。以前は男女群島で30cm程度のクロを数釣ることは、違う意味で難しかったのですが近年はかなり簡単。年々、小型化が進んでいる証拠のような気がします。そんな男女産の小型のクロですが、今回は15枚ほど持ち帰りました。2枚におろして計30ピース。これをラップに包んで親しい方に配ります。今 [続きを読む]
  • 男女群島 日帰り遠征
  • 土日の休みを利用した里帰りのついで(?)...に、男女群島へ日帰り遠征。金曜日の18時過ぎに広島を出発。お世話になる「あじか磯釣りセンター」に着いたのは日付の変わった翌午前1時過ぎの事でした。エサの手配を済ませて、乗船名簿に記入。暫しの休憩を事務所で取ろうと試みますが.....先客の放つ 「男女のウオはワシが全部釣っちゃる!」 .....って感じのオーラが事務所に充満しており、とても休んではいられません...(笑 [続きを読む]
  • サンライン ロッドケースのインプレ
  • ⇒過去記事 で紹介したサンライン ステータス・ロッドケース SFB-0455先週の男女群島日帰り遠征にて筆おろし.....。日帰り便ですが、一泊二日の遠征と同様のタックルを詰め込んで行ってきました。素材や本体部の収納には全く問題を感じませんでしたが、不便な点が少々.....。今から購入される方は少数だとは思いますが、参考になれば幸いです。このロッドケースには本体の両脇にサイドポケットが装備されています。実際に物を入れ [続きを読む]
  • 男女群島 日帰り便
  • 先週末の土日、mamaの里帰りついでに男女群島に日帰り遠征をしてきました。永らく男女群島に釣行していますが、最初から最後まで日帰り便での釣行は今回が初めて.....。土日しか時間が無い方にはもってこいのプランですが、この男女群島への日帰り便は通常の釣行のように朝、竿を出して夕方に納竿するというスケジュールではなく、その日の午前中に竿を出して翌午前中に納竿するというスケジュールとなります。要は日付変更線 [続きを読む]
  • KUNIMAX
  • 久しぶりとなる食道楽.....ネギしか見えない一杯ですが、実は汁なし坦坦麺。中華そば國松さん提供の汁なし坦坦麺 KUNIMAX! MAXって名前を冠してあるので、ご想像のとおりですが、辛さ痺れ共に最高ランクに位置づけられています。混ぜるとこんな感じに.....。強烈なビリビリがくるだろうな....と思いながら口に運んだのですが、辛味は意外にマイルド。大量のネギが味を柔らかくしているのでしょうか.....。いずれにし [続きを読む]
  • 夜の釣り方
  • 男女群島での上物釣りでは、ほとんどの人が夜釣りをします。よー釣る人は一晩でクーラーを満タンにしますが、不慣れな人はボウズもアリでその差は大。もちろん海の状況にも依存しますが、それだけでは片付けられない何かがあるように思います。仕掛け、釣り方、マキエ…要因は多々あると思いますが、何がその差となっているのでしょうか。私は少々、タフなコンディションでも確実にタナが取れるよう、0.5号〜1.0号のナマリが背負え [続きを読む]
  • 2-B
  • 超バブリーなウキの代名詞 松山。徳島の鬼才 松田名人監修のウキです。このウキの表記は2-B。先日、「かの地」用に選定した少数精鋭部隊の中の1つでガン玉のB+ジンタン2号の浮力があります。通常は直結部にBを打ち、ハリスの中間部にG2を打って残存浮力ゼロとなる設計ですが、2Bを1つだけ打ってウキを浮かせ気味にしたり、3Bを直結部に1つ打って沈ませ気味にして使う事もできます。いずれにしても、現地の状況に合わせる事に [続きを読む]
  • ウキ選び
  • 前回は「かの地」での夜用太ハリスのネタでしたが、今回は昼用..... (笑)手持ちのウキを居間に持ち込んで、「かの地」で日中釣りに使うウキを選んでみました。多くの種類を使い分ける知識も腕もないクセにせっせと買い集めたウキはけっこうな量.....。それらを眺めながら、気象状況などを想像しながら選んでみます。いわゆる脳内釣行というヤツです。一番にハネたのが食い渋り用に買ったはイイけど使う頻度激低の小型ウキ。「か [続きを読む]
  • 8号ハリス
  • 前回の記事は8号の道糸でしたが、今回は8号ハリス!言わずと知れた「かの地」で夜に使用するハリスですが、事前に2ヒロ程度の長さを取ってハリを結んでおきました。現地で結ぶのもアリですが、寒い上に目の見えぬ夜.....魚が食ってもブタの尻尾になっては目もあてられませんから、前もってできる事はやっておこうって考えからです。意外に難しい太ハリスを使用したハリ結び。ハリの大きさ次第ですが、要は慣れ.....。暗い中、か [続きを読む]
  • 8号の道糸
  • 恒例である冬のキャンプの日時が近づいてきたので2年ぶりに道糸を巻き替えました。号数が号数の上に使用頻度が低いので、今回の巻き替えの必要性については少々の疑問が残りますが、かの地において高切れを起こし、デカバンを逃がしたとあっては後々、後悔が残るので巻き替えに踏み切った次第です。かの地の夜釣りでは本命である60超のオナガの他に10kクラスのメダイや巨大なフエフキ、そして、それらを喰らう巨大なサメがハ [続きを読む]
  • 2017年 竿初めの儀
  • 年明け早々、近年の初釣り場である「イカダ」に行ってまいりました。以前は神領「沖ノ島」に参拝していたのですが、最近はかなりの手抜き.....。これも歳のせいでしょうか.....ねぇ。 (笑)午前6時30分 港を出港。 約30分の航海で目的のイカダに到着しました。御神酒を海にまいて、東に上がるご来光に手を合わせます。「今年も良い釣りができますように・・・・・」マキエをボンボンと撒いて、いつもの棒ウキ仕掛けを海に [続きを読む]