詫間の雀 さん プロフィール

  •  
詫間の雀さん: 讃岐うどん〜 なんがでっきょん!雀のお宿?
ハンドル名詫間の雀 さん
ブログタイトル讃岐うどん〜 なんがでっきょん!雀のお宿?
ブログURLhttp://suzumeketaro1.blog57.fc2.com/
サイト紹介文讃岐生まれのうどん好き。UDON号を操って関西を中心に日本中の讃岐うどんを食べつくせ!!
自由文関西讃岐うどんを中心とした「うどん」紹介ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/07/11 15:40

詫間の雀 さんのブログ記事

  • 釜たけうどん 〜あの日そこにあった釜たけうどん〜 @ 大阪市中央区
  • 今日27日(火)、千日前にある釜たけうどんさんが、この地での営業を終了されますう〜ん、どうなんでしょう私自身「千日前釜たけうどん」という商号が、馴染まないんですが、そう言った事情なんですね   私の関西でのうどんLifeが始まったのは、間違いなく釜たけうどん、木田さんこと「たけちゃん」との出会いであり、たけちゃんのHPの「関西讃岐うどん情報(だったかな?)」に、様々な関西の讃岐うどん情報を書き込み [続きを読む]
  • はなや食堂 〜遍路道のうどん〜 @ 香川県善通寺市
  • この遍路路に歩みを運ぶ方々の姿を思いを・・・どれ程、はなや食堂さんは見守ってこられたのでしょうか   正直、子どもの頃に住んでたところにも係わるのでしょうが、お遍路さんの姿を見た事は殆どありませんでしたしかし、ここ数年故郷に明日を運ぶごと、街道沿いを黙々と歩を進める姿に、何か吸い寄せられるような思いに駆られますこの齢になって、若くして子どもを亡くされた方の話や、何かに区切りを付けたい方の思いもちろ [続きを読む]
  • 須崎食品 〜須崎UDON犬と一緒に〜 @ 香川県三豊市
  • 近寄ったら逃げるくせに、こちらが愛想を振りまいたら、折った尻尾をわずかにユラユラさせて、顔を斜めにしながら二歩手前くらいのところに来て、こちらを伺う様に鼻先で探りながら警戒をしてるんよね   うどんをあげたら嬉しそうに食べてましたが、よく考えたら、この子めちゃめちゃグルメやがな   耳の折れ具合が、雑種犬好きの荒鷲さん曰く、もうたまりませんって    うどん好きの皆さん をお願いしま〜す♪ [続きを読む]
  • お食事処しみず 〜70年の歴史を閉じる昭和の大衆食堂〜 @ 大阪市中央区
  • 始まりがあれば、いつかは終わりがくる人の世の常とはいえ、食堂の中華そばを愛し求め続けている者にとって、名店の最後を耳にするのは、やはり切なく寂しい歴史のある大阪の歓楽街「千日前」にあって、幾多の方々の胃袋を、そして心を満たしてきれた真の大衆食堂中の食堂「お食事処 しみず」さんが、この31日(金)を持って、70年もの歴史に幕を降ろされます   お店を始められたのが昭和22年悲しい歴史ですが、この界隈 [続きを読む]
  • 魚増鮮魚店 〜穏やかな瀬戸を眺めながら絶品あなご丼を〜 @ 兵庫県淡路市
  • 淡路島にお客様が出来てから、一度はやってみたい ランキング1位だった事   このお店の前を初めて通った時、一体何の人だかりかと思い、車を停めてわざわざ確かめに行きましたお店に近づくに攣れ、なんとも香ばしい甘辛い香りが漂い、お昼前の空腹の時、矢も盾もたまらない程、お腹がくぅぅ〜〜強烈な音を立ててしまいました      しかし、そこでおばちゃん達が忙しそうに焼いていたのは、名物の「焼きあなご」のみその [続きを読む]
  • 兵郷うどん 〜讃岐うどん名物 ダブルくずし〜 @ 香川県坂出市
  • 子どもの頃、明治生まれのじ〜ちゃんに「ビール飲むけん、くずし買うてきてくれ」言われて、近所の農協に百円玉を握り締めて買いに行ってました   旧丸亀駅の売店前やすぐねきの商店街に、くずしを売んじょる店がなんぼかあって、競艇帰りのおっちゃん達が、缶ビールやワンカップを片手に、熱々のくずしをアテに買い求めて、今日の反省会と明日への意気込みを気焔を吐きながら語っていたものでしたくずしは、讃岐の食文化をを語 [続きを読む]
  • みずほ食堂 〜創業60年!オハヨー!!中華そば〜 @ 大阪市福島区
  •  「全国の皆さん!お早うございます。今日は、大阪市福島区のみずほ食堂さんから、元気に中華そばをお伝えしております。」 「ここ、大阪福島区のみずほ食堂さんは、昭和32年創業の地元の皆さんに大変親しまれている素晴しい大衆食堂のお店で、朝早いにも係わらず、沢山の皆さんに愛されるお店なんですね」 「今日は、このみすほ食堂さんから全国の皆さんに、爽やかな大衆食堂の中華そばを、お届け致しま〜〜す!」 「それで [続きを読む]
  • かどや食堂 〜あなたはどう呼びます? とん汁派、ぶた汁派〜 @ 京都市南区
  • そんな話を先日ラジオで耳にしたものですから、つい、よく前を通るお店に足を運びました細かい分布はよく分かりませんが、本州界隈は「とん汁」と呼ぶのが多い様で、北海道や九州の北部、鳥取県、滋賀県などは「ぶた汁」と言う名称が定着しているようです   また、ご両親が「ぶた汁」文化圏出身で、そのご家庭で育った方は、地域を問わず「ぶた汁」と言うのが当たり前のようですね京都では、関西では珍しく、一部地域で「ぶた汁 [続きを読む]
  • 井筒屋 〜JR米原駅5・6番線ホームの奇跡〜 @ 滋賀県
  • とにかく私にとって、ある意味大きなハードルのお店でした通る度に食べたい、いつか寄りたいでも、これから東に向かう事情を考えると、ここでワンクッションは置けない   ましてや、青春18切符の季節ともなれば、この駅から東に向かう乗り換えのお客さん達で、ホームはもう芋の子を洗う様な状態になりますある意味、季節の風物詩の様な光景だって、JR西日本の新快速12両編成が、大量のお客さんを搭載してここ米原駅に到着 [続きを読む]
  • うどん工房 名麺堂 〜艶かな匠の技が織成す名麺堂の珠玉うどん〜 @ 徳島県
  • がんぼさん程の匠になれば、もうよっけ言葉を連ねるのが、なにやら失礼に思われてくるのは、私も少しは成長した証なんでしょうか   仕事の合間の僅かな時間でしたが、この一杯を頂いた瞬間、これまで徳島に来れなかった長い時間の後悔と渇望が、一瞬の内に喜びと弾みに変わる瞬間でした   とにかく美味いもう、どっしょうもなく、よいよに美味いはがげに美味いほっこげに美味いが〜いに美味いなんしょんぞ!言うくらいに美味 [続きを読む]
  • 須崎 〜今だうどんも讃岐スタイルも最高峰のGODな名店〜 @ 香川県
  • 「須崎に行きたいなあ〜」とにかく、身を悶える足掻く様なメールでした   愛知県から夜行バスで私より讃岐に乗り込んでいた、最近ちょっと愛知界隈のUDONに対しても独自の論理を繰り広げる様になった実兄(年を重ねてもよっけ食う)は、この年末に帰省した際、愛する家族を差し置いて、一人で須崎に行とくいう、まさに罰当たりな事をやってのけたんだそう・・・私のでは考えられないしか〜し、平和を愛するUDONの神々は [続きを読む]