藤岡マサヤ さん プロフィール

  •  
藤岡マサヤさん: さすらいひとり旅
ハンドル名藤岡マサヤ さん
ブログタイトルさすらいひとり旅
ブログURLhttp://hitorisasurai.blog.fc2.com/
サイト紹介文スケッチブックカメラの拡大写真を見て下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2009/07/12 12:55

藤岡マサヤ さんのブログ記事

  • せせらぎ公園の古民家
  •  大きな池がメインの公園。スイレンが埋め尽くしそうな池です。対岸には古民家が見えます。小さな橋を渡って遊歩道を辿ると、古民家へ辿り着きます。池の周りには桜並木があり、春はお花見が楽しめそうです。 古民家は旧内野家(大阪夏の陣の功績により荏田に領土を与えられた)で、公園内に当初の形式に近い形で復元されたもので、建設年代は手法よりみて江戸時代中期〜後期と推定される。 旧小杉家の長屋門で、長屋である脇部 [続きを読む]
  • シドモア桜と菜の花と
  •  今春もこの菜の花畑を訪れました。ただ今満開です。いい香りが辺り一面漂っています。桜とのコラボはやや先になりますが...。この場所が、3/18(土)TBS “世界ふしぎ発見!”(21時〜)で紹介されました。ここに咲く「シドモア桜」についてです。 何故ここに鳥たちが集まっているのだろう?画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 3.20〕 [続きを読む]
  • 横浜 ぶらり街散策
  •  元町からの帰りは、懐かしい関内エリア(昔勤めていた会社の横浜支店近く)にある大通り公園(横浜市役所 横浜スタジアム方面を眺める)を通り、横浜開港当時から横浜の歴史を作ってきた街、吉田町名店街を抜け、春は桜で有名な大岡川沿いにあるハーモニカ横丁の様な都橋商店街へ。裏手に流れる大岡川を眺めながらの一杯も各人各様。テレビでも紹介された気になるお店(中井美穂さんが気になったお店)もあります。そして、野毛 [続きを読む]
  • 横浜ST.パトリック パレード
  •  オープニング・セレモニーが終わってパレード、スタート!本国アイルランドだけでなく、世界中で行われる「セントパトリックデー・パレード」。セントパトリックを先頭に、パイプバンド、軍楽隊、アイリッシュダンサー&ミュージシャンなどが元町商店街を行進。アイルランドの音楽が流れる中、元町を訪れた人々に配布されたシャムロックやアイルランドの国旗を手にした皆さんの歓迎ムードでのお出迎え。画像拡大はここを [続きを読む]
  • 横浜元町 アイリッシュ・デー
  •  横浜・元町で3/12、セント・パトリック・デー・パレードが開催されました。先ずはオープニング・セレモニーから。この日の元町ストリートは緑、緑、緑。アイルランドのシンボルカラーです。セント・パトリック・デーはアイルランドの宗教的な祝日で、「緑」の服を着る習慣があるそうです。それに大小のシャムロック(クローバー)をつけたり、顔に描いたり、外国人の親子連れも多く見掛けました。 横文字が多く、日本語が見当た [続きを読む]
  • 春の海とは言えない日
  •  3/8、春なのに真冬並みです。おまけにスギ花粉も大量に飛散中。“春の海 終日のたり...”とはいきませんが、お昼頃1〜2時間、海岸をポタリングです。西の空には雲が増えてきました。富士山は雲に覆われています。所によって午後はにわか雨か雪が降るとの予報でしたが。茅ヶ崎方面から眺める江の島です。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 3. 8〕 [続きを読む]
  • 時の過ぎゆくままに
  •  “As Time Goes By” 昔の映画『カサブランカ』のテーマ曲ですが、時の過ぎゆくままに世間の変貌は著しい移り変わりを見せます。 市民のスポーツ広場球技場は閉鎖され、現在は新湘南バイパス・藤沢ICから横浜湘南道路の整備に伴う工事作業場や残土置き場として使用されているらしい。ここには野球場、サッカー場などがありました。 いつの間にか新しい霊園が誕生していました。富士山も見える景観の美しさが魅力のようです。 [続きを読む]
  • 藤沢宿のおひなさま
  •  藤沢宿では3/5まで7ヶ所で「藤沢宿のおひなさま」開催中。白山神社とふじさわ宿交流館では「ばぁばのひなまつり」が開催。平均年齢82歳になる元気なばぁば達の、針を使った手作り作品が沢山飾られていました。タウン・ウォッチング中に発見。若い女性でこんな日本の伝統作品が作れる人が減っているのではないでしょうか。ちょっと心配。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 3. 3〕 [続きを読む]
  • 水温む池には
  •  夏にはハス(種類:舞妃蓮)がぎっしりと綺麗な姿を見せてくれる池です。今は水鳥の止まり木として残した茎だけで池はスッキリしています。はす池の自然を愛する会の方々の活動でです。水温む池では、アオサギ2羽とカモを見掛けました。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 2.28〕ツイン・アルト・サックスによる華麗で魅力的なサウンド (00′57″) [続きを読む]
  • 梅の咲く山とモノレール
  •  湘南モノレールのトンネルの上は、既に梅が散り始めている山があり、モノレールを上から見られる場所です。湘南モノレールは、国内に2か所(他は千葉都市モノレール)しかない懸垂式(サフェージュ式)です。モノレールでは珍しい、トンネルを通過する区間がありますが、そのひとつがココです。 ここには、1本の梅の木に紅梅白梅が同居している木が複数本あります。接ぎ木でしょうか? 散った小さな花びらと、辺り一面に漂う仄 [続きを読む]
  • 枝垂れ梅の咲くお寺
  •  梅がほころぶシーズンには枝垂れ梅のお寺としても知られている常立寺(じょうりゅうじ)。湘南モノレール・湘南江の島駅の近くにあります。ポタリングでぶらり(思いつき、気まぐれで)訪れましたが、時期遅しって感じでした。 静かな山門をくぐると六地蔵が迎えてくれます。 裏の山手にはモノレールが走っています。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 2.26〕 [続きを読む]
  • 二子玉川に寄り道
  •  帰りは二子玉川駅で途中下車してライズへ寄り道。渋谷へは、いつも東急電鉄のワンデー・オープン・チケットか、トライアングル・チケットを利用します。乗り降り自由で低料金。多摩川越しに見る夕日が美しいのですが、生憎午後からは曇り空になりました。ラストは飲み屋街へ。これにて、渋谷・三茶・二子玉エリアはお仕舞です。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 2.22〕 [続きを読む]
  • 三軒茶屋 迷路の様な路地裏
  •  三茶の三角地帯、迷路のような路地裏。三軒茶屋シネマも2、3年前に閉館。飲み屋の並ぶ路地裏小路は昔の面影を色濃く残しています。なかみち街、ゆうらく街、3番街...昼と夜との顔が違います。そんな気取らない三茶の街が好きです。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 2.22〕 [続きを読む]
  • 三軒茶屋 ビルの展望室から
  •  三茶のキャロット・タワー展望室から、東急・世田谷線のカラフルな電車を、都内西部を、新宿の高層ビル群を、ここから眺めるのは暫く振りです。世田谷線電車は2両編成で10色あるそうですが、今日は4色との出会いでした。時々はラッピング車両が走る。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 2.22〕 [続きを読む]
  • イベント 渋谷&二子玉
  •  今日の偶然な出逢いイベント2つ。〔1〕渋谷109前...IKEAがブルーバッグ新生活キットのサンプリング配布中に出会いました。貰い物は、ブルーバッグ( 200)と、その中にはLJUSA・手回し充電式LED懐中電灯( 599)が入っていました。〜2/23まで。〔2〕二子玉川ライズ...スケートガーデンの脇では、「MILKLAND HOKKAIDO → TOKYO」開催中。〜2/26まで。通りすがりの母子の会話。「この牛、雌だね。お乳があるから。」 [続きを読む]
  • 早春 午後の公園
  •  春一番に続いて、昨日は風速30m弱の春の嵐、春二番が吹き荒れました。今日は一転して寒い日となりましたが、午後の公園は春の予感がいっぱいです。更に明日から明後日は春三番が襲う予想です。気のせいか近年は通年荒れ模様が増えた様に感じます。 ミモザが開花しました。例年よりも早い感じです。近くに咲くクリスマス・ローズがやや寂しげに見えます。  〔 2017. 2.21〕 迷路を兼ねた生垣ですが、既に綺麗に剪定されていま [続きを読む]
  • 横浜 ビルの窓から
  •  2/18(土)は、やや遅めの時間の昼食会を、横浜 ベイ クォーター エリアの割烹で湯葉懐石を戴きました。   ベイ クォーター エリアに咲いていた河津桜?。 29Fの部屋からの眺望は横浜駅東口付近です。 ┗ 喫煙者にとっての憩いの場所です。 楕円の部分。 ┓画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 2.18〕 [続きを読む]
  • 古民家と梅
  •  古民家と梅、まだ春浅い里山の情景ではないでしょうか。そんな雰囲気のある午後の公園です。この広場の梅の満開はもう少々先です。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 2.15〕 [続きを読む]
  • 春は名のみの...
  •  立春から10日、余寒どころか寒中です。春は名のみの風の寒さが身に沁みます。ただ、何となく陽ざしには暖を感じなくもないですが。今日はサーファーを含めても人出が少ないようです。1台のブルドーザーが砂浜整地、再生中?です。昼下がりの情景でした。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 2.13〕 [続きを読む]
  • もうひとつの北鎌倉
  •  最高峰約160m、鎌倉アルプスの入口にも当たる建長寺。源頼朝がこの地に鎌倉幕府を開きました。山が多く、複雑に入り組んだ地形、南に広がる海、敵の攻撃や侵入を防ぎやすく海上交通にも便利な地形。 東慶寺、詳しくは東慶総持禅寺。階段の上は開山・覚山尼、五世・用堂尼、二十世・天秀尼墓を始め歴代尼僧墓所です。元々ここは尼寺。 [続きを読む]
  • 北鎌倉 梅
  •  東慶寺は北鎌倉の梅の名所です。今日はまだ5〜6分咲き?の様相、少々早かったようです。このお寺は鎌倉尼五山で唯一現存する寺。現在は男僧寺院で、駆込寺、縁切寺としても有名です。 紅梅白梅にマンサクも負けずと競っています。 東慶寺の山間の岩肌に群生しているイワタバコです。見頃は6月上旬。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 2. 8〕 [続きを読む]
  • 山手イタリア山から
  •  山手イタリア山の「ブラフ18番館」は木造2階建て、白い壁にフランス瓦の屋根。 「外交官の家」は2月末まで外観の補修工事中です。 イタリア山庭園からは、横浜ベイブリッジ、JR「石川町」駅ホーム、みなとみらい方面が一望。画像拡大はここを >>> 拡大画像を して閉じる〔 2017. 1.31〕 バラの季節には姉妹都市のリヨン市から贈られたプレステージ・ドゥ・リヨンが咲きます。春になったら花咲く庭園に又来よう [続きを読む]
  • 中華街から元町へ
  •  春節で賑わう横浜中華街を後にして、元町通り、元町仲通りを午後の陽ざしを浴びながらぶらり。ショッピング・ストリート入口付近の車道。落ち葉か、黄色い小石か、ウッドチップを散りばめた様な模様の道が続きます。 美味しいチョコレートの味が脳裏を横切りました。 これから山手イタリア山へ。先ずはやや急な坂を200m程上ります。坂の名は大丸谷坂 (おおまるだにざか)。イタリア山庭園を迂回する形で大きく湾曲する道。明 [続きを読む]