Carina さん プロフィール

  •  
Carinaさん: どうする?40代からのファッション&生き方
ハンドル名Carina さん
ブログタイトルどうする?40代からのファッション&生き方
ブログURLhttp://proage.blog66.fc2.com/
サイト紹介文老化を笑い飛ばしながら、素敵な40代以降を創りあげる方法は?
自由文過度のアンチエイジングは、「取り扱いに困るオバサン」への道!あがいても根本的には止められない老化を笑い飛ばしながら、ステキなワタシを作りましょう。毎日更新!40代以上のファッションはもちろん生き方やカラダの変化、女性としての本音などを楽しく掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/07/12 15:22

Carina さんのブログ記事

  • 「ザ・孤独感」の正体。退屈の取り扱い方を極めたい。
  • ぽっかりと時間が空いて、特に何もすることがなくて昼寝なんかしようと横になった瞬間、ザワザワと胸騒ぎのような心の声が聞こえます。「こんなに何もしなくていいのか」という自分を叱る声の場合もあるし、「あああ。わたしゃ、このまま、こんな人生だよ」という現在過去未来を憂うる声だってするし、「これからどうなるんだろうか…?」と将来の不安を数えあげる声もするし、「なんとなく寂しいなあ。自分だけが取り残されている [続きを読む]
  • 顔面に発生しているアクシデント。その指摘の難易度について。
  • 長崎に住む姉が電話で、「Fさん(姉の友だち)と話していたら、『ここ、ファンデーションがよれて固まってる。それから鼻毛も出てるよ』って言われた」とションボリしていました。いきなりの指摘に狼狽する姉に間髪いれず、「ほら、鏡出して見て」という言葉が畳みかけられ、おそるおそる鏡で見てみたもののそんなに気になるほどの鼻毛は出てなかったらしい。気になるほどの鼻毛って(笑)おおざっぱすぎるだろ、それ。出てるもの [続きを読む]
  • 気軽に始めた壁のペイント。面白いは、課題山積だはで退屈知らず。
  • 「壁のペンキ塗り」プロジェクトをまた始めました。トイレ、玄関、娘の部屋…とやってきて※過去のペンキ塗りはこちらの記事にまとめています。懸案だったダイニングキッチンとリビングに手をつけるという最大のプロジェクトに突入。一挙にやると疲れるので少しずつ時間をみつけて進めるつもりです。ひとりでは大変なので娘や娘の友だちにもバイト代を払って手伝ってもらいます。↑塗っているところ昨日は、リビングの壁2面を塗り [続きを読む]
  • 家電の買い替えにハッとする。自分の残り時間。
  • この夏、冷蔵庫の調子がもうひとつで買い換えないとなあ、と思いながらも「もうちょっと本格的に調子悪くなってから」(万事、この調子)と様子を見ていたら、買い換えるつもりのなかったプリンターが壊れて至急、買い替えました。ところが…新しいプリンターの保証書をしまおうとして古いプリンターのマニュアル一式をとりだしたら、なんと5年間保証に入っていたではありませんか。その期限が9月11日!壊れたのは9月4日!見事にぎ [続きを読む]
  • ブルーライトカットレンズの「青い反射」が奥様メガネに見える!
  • 新しいメガネを買ったことは前にも書きましたが、はじめてブルーライトカットレンズにしました。屋外の強い日差しやパソコン、スマホなどの「青い光」をカットして目を守ってくれるというレンズ。そういうことならぜひ、カットしてもらいたい!・・・と勢いこんでいたのですが、やはり、カット率が上がればサングラスみたいに茶色くなるのね。(ちょっと考えればわかりそうなものですが、知らなかったーー!)JINSには、●ほぼ無色 [続きを読む]
  • 「若い!」「変わらない」…再会の定番リアクションから降りてみる。
  • 先週は、懐かしい友人と会い、ゆっくりと話ができてとても楽しかったです。わたし、ちょっと発見したかもしれませんよ。何を発見したかというと「久しぶりの再会のとき、大げさな定番リアクションをしない楽しさ」その日はたまたま小さな劇場で会ったので大声は出せないし、場内は暗くておたがいの容姿がはっきり見えないし、まあ、はっきり言うと若いのか、老けたのか、いまひとつ不鮮明(笑)。ごにょごにょと会場の感想などを話 [続きを読む]
  • 「運動」を始めたり、やめたり、また始めたりしながら老いていく。
  • 日常の暮らしのなかでとりたてて「運動」を意識しないのにちゃんとカラダを動かしていていつまでも若々しく元気!という「人生フルーツ」のつばた英子さんのような元気さが理想。しかし。自分の暮らしのどこをどう見渡してもそんな運動の発生する余地なし。家事をするといっても狭いマンション。ガーデニングをするといっても狭いベランダ。仕事はパソコン。油断したら座りっぱなし。つばた英子さんは日々の農作業のほかに機織りも [続きを読む]
  • 懐かしさが招く、「変わっていない」という期待と錯覚。
  • 約20年ぶりに友人から電話がかかってきたんです。すでに何度か書いているのでご存知の方もいると思いますが、わたしは大学卒業後に劇団を旗揚げして35歳ぐらいまで演劇を作っていたのです。先週、その当時の友人に突然電話をもらい、懐かしい小劇場が閉館すると。その最後の公演に誘われました。その友人はいまも表現を続けていて、昔のままのハリのある温かくて知的な声。パブリックな場所で声を発している人の緊張感ある声です。 [続きを読む]
  • わたしは手を変え、品を変え、自分をなぐさめている。
  • 数えてみたら、このブログも1100記事を超えていました。われながらすごい。なにを、そんなに、書くことがあるんだろうか(笑)。ある、ともいえるしなくても書いた、ともいえる。冷静になって考えてみるとこうやって書くことによって手を変え、品を変え、自分を慰めているんだと思います。「これこれこういうことがあった」「こう感じたが、こうも考えられるのではないか」「そうだね。そうも考えられるだろう」「んじゃ、そういう [続きを読む]
  • 頭頂部の薄毛に「ふりかけてみた」。その効果はいかに?
  • 「スーパーミリオンヘアー」は、薄毛女性の隠れた救世主か!?の記事にわたしもチャレンジしてみよう。薄毛同盟のみなさま、報告を待て。と書きました。薄毛同盟のみなさま。お待たせしました。先日、お試し用ダークブラウンが届き、さっそく頭頂部を中心に振りかけてみました。結論から申します。かなり満足のいくフサフサ具合。前記事のコメントにきゅーさんが「愛用しています。もう、手放せません」と書いてくださっていたので [続きを読む]
  • サプリメントのCMが閉じ込める、「いきいきとハツラツの檻」
  • サプリメントのコマーシャルを見ていると出てくる人、出てくる人がみな、「健康で若々しければ幸せ!」という顔をしていて、その「若々しさ」と「健康」だけで満足げなところが、なんともいえない「年寄り感」を醸し出しています。元気で、からだがよく動いて家族や友だちに囲まれていれば、そりゃ、そうじゃないより幸せかもしれませんが、それだけで幸せともいえないでしょう。若いときと悩み方は違っても、やっぱり、悩みや葛藤 [続きを読む]
  • 「貯金せねば」と「優柔不断」の合併症が、人生の質を下げる。
  • 老後破産とか、貧困老人とか、老後資金には最低限これぐらい必要!とかこれだけあちこちで目にすると貯金せねば!と、どうしたって思います。この「貯金しなければならない!」という強迫観念に「なんにせよ迷う」という優柔不断が加わると、お金の使い方が、終始、下手。という事態を招きます(断言)。なぜ、断言するかというとわたしがそうだからです。心のどこかにつねに「貯金せねばならぬ」という思いがあるため、ちょっと大 [続きを読む]
  • 親愛は「いらないものと、やってくる」。それもいつか懐かしい?
  • 昨日、お隣のYさんが、「じゃがいもを丸ごと茹でて皮をむいたもの」を山盛り、もってきてくれました。ありがたくもらって、ポテトサラダにしてもよし、ポタージュスープにしてもよし…と思っていたけど、いざ料理をするときには忘れてしまっていまも冷蔵庫で出番を待っています。今日、お隣のYさんは再び、「じゃがいもを丸ごと茹でて皮をむいたもの」を山盛り、持ってきてくれました。昨日と今日の違いは、じゃがいもの大きさでし [続きを読む]
  • 孤独な時間を 「どこか賑やかで濃密なもの」にしてくれるもの。
  • 又吉直樹さんが、どこかで「ぎっしりと本が並んでいるところに身を置くと『ここには、自分と同じように夜通し苦しみながら文章を書いた大勢の人たちがいる』と感じてしばし孤独を忘れる」というようなことを書いていました。書架に並ぶ本を又吉さんのようなまなざしで見つめたら、あらゆる時代、あらゆる場所で文章を書き綴った人々の焦燥や集中や想念が空間全体を満たして筆記具を走らせる音や息づかいまでが聞こえてきそうです。 [続きを読む]
  • 「もう若くないと感じる」が入場チケットになる豊かな関係。
  • 長崎に住む姉は、コーラスサークルに入っています。先日、そのサークルを指導する80代の先生が病気をされたそうです。お見舞いの電話をしたら、会話の最後に「おたがい体には気をつけようね!」とまるで同い年みたいな感じで言われたと笑いながら言っていました。笑いながら、とはいえ、妹にわざわざその話をするんですから、心のどこかで「いや、先生!わたしは、あなたよりずっと年下ですから!」と思ったのかもしれません。き [続きを読む]
  • 「断りづらくて笑ってしまう」という、リスキーすぎる交渉術。
  • 毎週1回出席する会議は、全員で10名ちょっと。その会議の席で女性の上司Kさんが入社間もない女性社員Iさんに「Iさん、これ、ちょっと次回アイデア出してみて。若い女性の意見がほしいから。どんなことでもいいよ」と笑顔で言いました。そう言われたIさんは、「フフフフ」と「クスクス」の中間ぐらいの声で笑っています。「うん?」「フフフフ」「やってみてくれる?」「フフフフ」謙遜とも、迷惑とも、拒否とも、保留とも、肯定と [続きを読む]
  • エアコン掃除で体験。「性急に決断を促すトーク」が要注意な理由。
  • エアコンからひらひらと黒いホコリが舞い散ったことはありますか。落ち葉が舞い散る停車場のように…(奥村チヨ)。この黒いホコリのやっかいなところは、つまんで取ろうとしたらほろりと崩れてしまうところです。エアコン直下に白いソファを置いているのですが、そのカバーに広がると、ふき取っても広がってなかなかとれません。この正体は、そう、黒カビです。毎年、フィルター部分は掃除していましたが(夫が)手の届かない奥は [続きを読む]
  • 年をとることは、トイレで「いまは、君じゃない」と語りかけること。
  • 今日はちょっと上品じゃないお話で失礼します。便秘ぎみなわたしは、そのサインを感じると「このときを逃してはならぬ!」と急いでトイレに向かいます。さらにお話が上品でない方向にいって恐縮ですが、「さあ。いらっしゃい。いつでもどうぞ」といろんな意味で気合を入れて取り組むと、なぜか待っていたほうではなくお小水(できるだけ上品に表現してみました)のほうがご登場あそばすのです。いや、いまは、君じゃない。と心のな [続きを読む]
  • 自転車に乗ると帽子が飛びませんか。やはり「あごひも」が必要か。
  • つば広の帽子と服の襟元をクリップで止めて自転車に乗っていると向かい風に耐えに耐えていた帽子がヒラッと舞い上がったかと思うと次の瞬間、ピタッと背中に張りつき、帽子を背中に背負ったまま走る…ということになります。なりませんか。もう、対処済み?面倒くさいなあとぼやきつつ、背中に張り付いた帽子をひっぱりあげ、クリップの紐のビミョーなネジネシをほどき、もう一度、かぶりなおしてもしばらくするとまた、ヒラッ&ピ [続きを読む]
  • 気がつくと、人生が「間に合わせ」で終わってしまう悪いクセ。
  • 「引っ越したら」「同居したら」「子どもができたら」「仕事を辞めたら」…という具合に、現在を「仮の状態」だと考えて生活を続けることがあります。それほど大きな節目じゃなくても「あと数年で単身赴任が終わるから」とか「あと少しで子どもも家を出るから」とか「もう少しでリフォームしようと思うから」といった理由から、そのままにしておくこと。つまり、何かが本決まりになったり、安定したりすることを待っているのですが [続きを読む]