kogemon さん プロフィール

  •  
kogemonさん: 旅と仕事するkogeのブログ
ハンドル名kogemon さん
ブログタイトル旅と仕事するkogeのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kogemon/
サイト紹介文夢いっぱい、感動いっぱいの旅づくりを目指し、旅行会社で日々奮闘中!!
自由文業務渡航手配のエキスパートから8年来の夢であったSITツアー専門の旅行会社に転職してはや3年目。企画、パンフ校正、受注、手配、添乗までなんでもこいの毎日を過ごしつつ、もっとたくさんの夢と提供できるようなツアーづくりを求めて、今日も頑張ってまいります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2009/07/13 01:18

kogemon さんのブログ記事

  • 装いに彩りを
  • 自他ともに認める、外からの影響を受けやすい体質の私。 じっと考えているよりも先に行動が走ってしまうことが時に 面白い結果をもたらすことも、ある。 身につけるものについて考えるようになったのが1年半ほど前。 年齢的なことも多少影響しているとは思うのだけれども、 さて、どういうふうに、その疑問を解決しようかと答えを探していたときに 出逢ったのがこちらの本。 服は、あなた。 Amazon 装いの価値観その [続きを読む]
  • 牡蠣とワインとレクチャー
  • いつもツアーでお世話になっている添乗員さんと 月違い1日生まれの先輩という共通点もあり、勝手にですけれども、 親近感を覚えてきました。 パワーあふれるエネルギーでツアーのお客様を包み込み、 音楽をこよなく愛する誇りをもって私たちのツアーに向き合って下さる。。 そんな方に教えを乞おうと思っている私は、たいそう調子の良い人間ですが。 岩牡蠣に、真牡蠣に、シャンパン&ウニぷりん。 それに加えて、白ワ [続きを読む]
  • 半日奉公
  • 先週末の話。やっと重い腰を上げ、片道2時間かけて半日奉公。母のiPad (もとは闘病中の父の暇つぶしのために契約)解約と、10年選手ガラケーからiPhoneへの機種変更。これらまとめて1日ですませてしまおうという計画。70代半ばになると、解約や、機種変更のひとつとっても1人では何もできないと言うし、分からないままだと、色々な有料オプションを勧められるがまま加入してしまいかねないしそれはそれで後々面倒。さて、アレ [続きを読む]
  • 休日出社
  • 休日出社してみたら、 上司がいた。 後輩もいた。 頑張っているなあ〜    ・・・でも、感謝。 私も頑張んなきゃと、気合いがはいりましたよ。 再来週から、添乗が入ってしまったので、それまでに色々と 片付けることが山積み。 [続きを読む]
  • バスタブが消える
  • この数ヶ月で、ツアーでよく使うお気に入りのホテルが続々リノベーションを終えて 新しく生まれ変わっている。 ここでいうお気に入り、っていうのは、リピーターにもソコソコ評判が良く、 お部屋もソコソコ良く、それでもって、半年前からデポジット取りまっせ、 でも入金したら返金はしませんよ、などと言ってこないとか、 ツインルームの割合が多いとか、日本人客の扱いに慣れているとか、 使い勝手の良いホテルのこと。 と [続きを読む]
  • 民泊★旅行業における可能性
  • 日本のインバウンド政策と新ビジネスモデルの創造 〜 民泊の広がりが意味するもの 〜講師:上山 康博氏 (株式会社百戦錬磨) 日頃の仕事では余り触れる機会の無い、インバウンドと民泊のお話。 ひじょうに刺激的な1時間半の講義でした。 訪日外国人の増加、それを支える政策、観光産業が日本の主要産業の ひとつになりつつある近未来、可能性が無限に拡がる民泊と 民泊新法(住宅宿泊事業法)というルールの制定。 旅行業 [続きを読む]
  • 6th by ORIENTAL HOTEL
  • ホテルは無いのに、ホテルと名がつくカフェレストラン、 いや、バー&レストランと言ったほうが良いかも? 内装がなかなかオシャレで、カウンターは1人客がチラホラ。 駅から近いので店内とても混んでいて、賑やか。 だけれども、意外に落ち着く。 ドリンクはアルコールもいろいろと種類があって美味しそう〜 と惹かれたものの、 今日は、レモングラスティーで身体を温めることにした。 若干涼しくなってきたものね。 [続きを読む]
  • 夢リスト@2017年8月
  • 以前から言っているように、わたしには意識して、 立ち止まる時間が必要。 どれほど忙しくても、余裕がなくても、自信が無くても、 手帳をめくり、夢リストを見直す。 1月から8月までの間でクリアした夢は7つ。 お! 意外にクリアしている。 2010年から始めた夢リスト、もうすぐ7年になる。 リストの中には、削除したほうが良いかなと思うもの、迷いがあるもの、 年月とともに、やはりどうしても出てくる。 しばし、 [続きを読む]
  • 牛たちから学ぶ
  • 子供連れでなければ、なかなか来る機会のない体験牧場。 ・牛の餌やり・牛の乳搾り・トラクター体験・搾りたて牛乳試飲 ざっと40分のコース。 牛の餌やり。固形の草をやるとモシャモシャ食べます。 続いてはトラクター体験。 遠くまで広がる牧場。 乳搾り体験。 雌牛のお腹には赤ちゃん(6カ月)がいるのでお腹もかなり張っています。 施設の方からお話しもあります。 雄牛と雌牛、子作りの方法、出産の回数、 [続きを読む]
  • 世界遺産ならではの取組み@知床五湖
  • 随分様変わりしたなあ、と感じたのはここ知床五湖。前回来た時は、世界遺産に登録される前だったから、高架木道なんてなかったし、遊歩道は自由に歩けた。(9月上旬)見学には、高架木道と地上遊歩道のいずれかを選ぶことが出来る。厳密には、高架木道だけのコースか、地上遊歩道プラス高架木道のコース。高架木道だけの場合、無料でいつでも自由散策ができる。一方の地上遊歩道は、時期により利用条件が設けられ、今の時期(8月 [続きを読む]
  • カヌー体験☆釧路湿原
  • 最後の夏休みは母や妹ファミリー連れての道東旅行。妹ファミリーは初の北海道、母は50年ぶり、私たちは12年ぶりの道東。フライトはAIR−DO、朝早いフライトで眠い目こすり到着。レンタカー借りて早速カヌー体験へ。ハイシーズンということもあって、到着すぐのタイミングしか予約とれずカヌー乗り場。こっちは総勢7名なのでダブル艇です。曇り空も雰囲気あってイイ。エゾシカも登場。遠くから眺める釧路湿原。雨にも降られ [続きを読む]
  • 明治時代のレンガ造りの橋
  • ダダが「オススメだよ〜」というのでついてきた。明治25年に完成、以来アプト式鉄道を支えてきた碓氷第三橋梁(通称めがね橋)。 昭和38年新線開通に伴い廃線となり、現在はアプトの道として遊歩道橋上を 歩くことができる。ダダいわく撮り鉄の聖地だったらしい。小学生だか中学生のときに、わざわざここまでやってくる君も、十分撮り鉄だと思うが。 長さ91m、高さ31mでわが国最大の煉瓦づくりアーチ橋と言われて [続きを読む]
  • タイムスリップ『旧三笠ホテル』
  • 旧軽井沢、白糸の滝の手前に佇む洋風の建物。 日本郵船や明治製菓の重役をつとめた実業家の山本直良によって創業、 1906年にホテルとして開業した旧三笠ホテル。 近衛文麿、澁澤栄一、大隈重信などの日本を代表する政財界人が滞在。 その後、明治屋に買収され、外務省軽井沢出張所としての役割、 昭和に至っては米陸軍の休養所として使用されるなどの歴史を経て 1970年までホテルとして利用された。 日本人の手によ [続きを読む]
  • 丸山珈琲 軽井沢本店
  • 前日までの曇り空から一転、晴れ間がみえた土曜日。 丸山珈琲 軽井沢本店 店内には朝10時過ぎからお客様がたくさんやってきた。 フレンチプレスがおもなスタイル。珈琲の種類はざっと30種類以上はあるかな? 酸味は苦手なので苦みのある珈琲は?と訊ねたら、 クラシックブレンド1991を勧められた。 ダダは粉っぽいと言っていたが、油分も一緒に味わえるコクと 苦みが美味しいと私は思った。 [続きを読む]
  • ワーグナーと辺境伯歌劇場
  • 2008年の古いアルバムから。 「バイロイト祝祭劇場」 言わずと知れたワーグナーの聖地。 この祝祭劇場に先立ち、ワーグナーが《リング》の上演の場として 初めに目をつけたのが辺境伯歌劇場。 プロイセン王フリードリヒ2世の姉である、ヴィルヘルミーネが建てた 18世紀バロック様式の壮麗な劇場は、ワーグナーの歌劇を上演するには あまりに小さ過ぎるということで、機会は遠のいてしまったものの、 ワーグナーはそ [続きを読む]
  • 2013年以来、夏は日本で・・・
  • 夏のツアーは幾つかあるのですけれども、 ここ数年は、それはそれはしずか〜に8月を日本で過ごしています。 私のこれまでの仕事人生でしんどいトラブル、ベスト5に入る 2013年の夏以来、外に出る気分になれません いよいよ・・・いざ、出発!ザルツブルク音楽祭とドレスコード 難しいチケットが絡むツアーであっても、信頼できる添乗員さんがいるのと、 現地に飛ばなくても済むくらい、平和だってことなんですが。。 いろ [続きを読む]
  • 40代はおもしろい
  • 40代になってから一番最初に感じたのは、体力が30代のそれに 比べると全く違うこと。 ちょっとの睡眠不足、飲み過ぎ、遊び過ぎに、寝過ぎ・・・ 否応なしに身体に影響が出てきますからね。 さて、そんな40代は後ろ向きなことのほうが多いのかしらと ずっと思っていたのですが、 ここ最近、久しぶりに友人たちとの再会が続き、ある事実がわかったのです。 それは・・・ 「30代までは下積みのとき、40代からは自分の動 [続きを読む]
  • 草履破損
  • ああ〜〜お気に入りの、草履破損(>_修理できるかなあ・・・問い合わせてみたら、裏面の剥がれは修理可能。それより鼻緒の部分がもとに戻せれば大丈夫だろうとのこと。とりあえず、修理に出すことにしました。どうか元どおりになりますように! [続きを読む]
  • 今年の花火大会
  • 近所の花火大会、毎年甥っ子姪っ子が押し寄せてきて それは賑やかだったのだけど、今年は久しぶりに夫婦水入らず。 ダダは浴衣を着て、私も夏着物で花火見物に出かけました で、肝心の花火は、やっぱりスマホ撮影には限界あり 撮れてもせいぜいこんな感じ。 [続きを読む]
  • 四万温泉(2)
  • 翌朝、宿をチェックアウトしたあと、 歩いてほど近いところにある積善館の日帰り入浴へ。 ジブリのアニメの舞台となったことでも有名なので、 観光客が入れ替わり立ち替わりカメラやスマホを持って撮りに やってきます。 群馬県指定重要文化財として指定されている本館。 温泉の入り口はこんな感じ。 http://www.sekizenkan.co.jp/plan  昭和五年に建てられた洋風なつくりの建物。 アーチ型の窓や、タイルなどアン [続きを読む]
  • 四万温泉(1)
  • お天気がいまひとつすぐれない7月最後の週末は、四万温泉へ。 実のところ、町内会の盆踊り大会の手伝いを断る口実が欲しくて、 予定を入れてしまえば、自宅に居なくて済むかも?・・・ というのがその理由。東京から逃げてきたというわけです。 それはともかく、ダダとの温泉旅は2年前の老神温泉以来。 うーん、そんなに前だったか?? 今回のお宿。室町時代から500年も続く老舗旅館だそうで、 与謝野晶子や高村光 [続きを読む]