ブルりんちょ さん プロフィール

  •  
ブルりんちょさん: 編み編み、読み読み〜ブルりんちょのひとり言
ハンドル名ブルりんちょ さん
ブログタイトル編み編み、読み読み〜ブルりんちょのひとり言
ブログURLhttp://bulllrintyo.blog54.fc2.com/
サイト紹介文編み物好き。あみぐるみと編み雑貨が中心。 本が好き。ミステリーとファンタジーが多いけど雑読。
自由文人生、半世紀をすぎてあせりだし、何かしなくてはとブログをはじめました。
好きなあみぐるみと編み雑貨の紹介と読書感想文(?)をのせてます。
編み物して、本読んで、毎日仕事して、お気楽なひとり言です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/07/17 08:25

ブルりんちょ さんのブログ記事

  • 犬に噛まれる
  • H氏がちょびっと犬に噛まれました。指先から血が少し出たぐらいで大したことはないです。相変わらず、警戒心が強く、なじんでくれません。夜中に吠えまくるので、これはストレスと運動不足。散歩に連れだそか?それにはまず、首輪でしょう。と、いうことで、H氏が首輪をしようとして噛まれたのでした。H氏には少し懐いているみたいで、なぜなぜしても逃げ出さないのです。でも、首輪が怖かったみたい。首輪をサークルに1週間以 [続きを読む]
  • コンボ?
  • 「ただ、エサをあげるより、コンボ遊びをするといい。」と、聞きました。コンボって何?近くのペットショップにいったらあったので、購入。 「コンボじゃなくて、コングですよ。」笑われながら・・・ コタはどうもボーロが好きなようなので、ついでにおやつを入れるアミーバ―ボールも一緒に購入。 ところが、どちらにも反応しない。でも、気になるようなそぶりはするので、サークルの中にほかっておいたら誰も見てない [続きを読む]
  • 犬に追われる毎日
  • 本も読まず、編物もせず、毎日何をしてるかと言えば、コタの世話です。、保護犬の名前はコタローになりました。連れてきた長男がそう呼んでいたのでそうなってしまいました。 「それって男の子が生まれたらつけるつもりの名前じゃないの?」 「いいんだよ、2番目も女の子ってわかったから。」 横で嫁のIちゃんもニコニコしてて、そのままコタローになったのです。いいのかいな。出来た嫁じゃ。でも、コタロー、コタローと呼ば [続きを読む]
  • 保護犬?野良犬?
  • 3ケ月の子犬・・・すぐ懐くでしょ。とんでもない!ゲージに閉じこもって近寄るとブルブル震えている。エサだけは食べるけど、見ていると寄ってこない。食べたらまたゲージに閉じこもり。夜中、誰も見ていない時に暴れる、吠える、唸る。昼間はゲージにこもる。 「これは、野良犬だな。」H氏も考えを変えたそう。可哀そうな保護犬。健気な犬。そんな意識は捨てて、野良犬を拾ったと思う事にしたそうな。でも、かわいいとこもある [続きを読む]
  • 「カウンター・ポイント」 サラ・パレッキー
  • 藪の中に蛇がいるかもしれない。① 藪に近寄らない。② 藪をつついて蛇を確かめる。あなたならどうする?う〜ん。私はちょっとつついて、いそうだったら逃げちゃうね。でも、ヴィクは違う。つついて、確かめて、ついでに追い出しちゃう。その行動力とタフな精神に完敗です。音楽用語で対位法のことをカウンターポイントと言います。最初、ボクシング用語かと思ったけど、違いますよね。カウンターポイントの意味はおのおの独立し [続きを読む]
  • 保護犬
  •  「そろそろ犬が来てもいいねェ。」姑がいい出しました。  「え?犬はもう嫌じゃないんですか?」 「ブルみたいな犬なら欲しいわねェ。」ブルが亡くなって1年半。寂しいのかな。と、いうことでペットショップも見にいったけど、H氏が「金を出して買うのは嫌だ。」というので保健所から引き取ろうかということになりました。けど、ウチは日曜しか暇がないので引き取りにいけないね、無理だと言っていたら、長男が自分の勤め先 [続きを読む]
  • 「氷結」 ベルナール・ミニエ
  • 結構面白かったです。出だしは不気味・・・後から警察小説に変わってくる。でも、何となく、不満。最初の馬の話が最後になってみればちょっと宙ぶらりん。犯人も追われる犯罪者もちょっと都合良すぎ。現実ってもうちょっといろいろばれてないですか?きな臭くないですか?犯人が逮捕されてからよく隠し撮りされた容疑者の動画がニュースで流れるけど、みんなうすうす知ってたってことですよね。小説にリアルさを求めるのはどうかと [続きを読む]
  • NTTを名乗る怪しい奴
  • つい先日、朝、お店に作業服の人が来て、「電話線の工事をしますのでご迷惑をかけるかもしれません。」とあいさつして行きました。午後になって、名札(字が小さくて読めない)を胸から下げた人が来ました。ちょうどお昼休みでいたのは私一人。 「電話線の工事終わりました。ご迷惑おかけしました。FAXが反応しないことがありますので、電話機を見せてもらっていも良いですか?」不信に思わずにどうぞと電話機を見せました。  [続きを読む]
  • 「晴れた日の森に死す」  カーリン・フォッスム
  • ガラスの鍵賞受賞作家の代表作。・・・と、帯にあったので読みましたが少々期待外れ。早々に犯人の予想がついて、そのとおりだったのでそう思うのかもしれませんけど・・・なんつーか、ノルウェーの話なので、統合失調症の青年や養護施設の子どもなどを取り巻く社会状況がわからない。でもって、文章が読みづらい。    理解力落ちたかなぁ・・・最初の出だしは銀行強盗との絡みの珍道中というか、ちょっと読みにくいと思いなが [続きを読む]
  • ウナギのせいろ蒸し
  • 正月に来なかったからと、娘が彼氏・・・じゃなかった、もう入籍したから旦那だった。二人でやってきて、“ウナギのせいろ蒸し”を知らないというのでみんなで食べに行きました。こんな感じ。柳川が発祥らしく、九州しかないみたい。甥っ子が東京で友達とウナギを食べに行こうとなって、「せいろ蒸しうまいもんねェ。」と言ったらみんなにキョトンとされそうな。おいしいと婿も喜んで食べてました。前日の夜はH氏と酒を飲んでベロ [続きを読む]
  • 3色スヌード
  • 3色とは言わないですね。3種の糸で、3種類の編みかた。余った糸で適当に編みました。スヌードなら15?幅で120?長さがいいと聞いていたので、そのとおり出来上がる様にして。ガーター編みと2目鹿の子編みとイギリスゴム編み。つなぎ目がきれいにできなかったのが反省点。でも、巻いてみるといい感じで気に入ってます。ほどいたフリルマフラーも出来上がったし・・次は何を編む?にほんブログ [続きを読む]
  • インフルエンザ
  • インフルエンザはやっています。福岡県は警報発令中。ウチみたいな田舎の薬局でも毎日5〜6人以上来ます。「患者さまは車でお持ちください。」と伝えても平気でなかに入ってくる。困るぜ!自分たちにうつるのはともかく、たまたま買い物に来た人にうつされたら困る。マスクとうがい、手洗い。消毒スプレーを振りまき、空気清浄器を回し、加湿器も備え、予防に必死。おかげさまでここ何年もインフルエンザにはなっておりません。・・ [続きを読む]
  • パピーアラスカの帽子
  • 隣町の手芸店が閉店、移転するので2割引と聞きつけ、さっそく参上。あ〜、あれもこれも買いたい!欲しい!でも、我慢してちょびっと買いました。その中にパピーのアラスカの帽子のキット。これも2割引。編み図とはちょっと編み方を変えてみました。もうちょっと糸があると良かったのに・・・キットではそうもいきません。かぶってみたけどあまり似合わない。やっぱり無くした帽子がいいなぁ。もう1回編もうかしら?にほんブログ [続きを読む]
  • 久々の編み物教室
  • なんだか、本を読んでもつまらない。編物もパッとしない。どよ〜んと曇った感じの毎日が続いていて、  これはうつか?何とか打破しないと自分で自分を押しつぶしてしまいそうな気がしてって、そこまで深刻じゃないんですけどね。以前、行っていたニットカフェは先生が二人。でも、一人の先生が難病で、若くして亡くなってしまい、中止になりました。仕事で、日曜しか行かれなかったからとても楽しみだったのに・・・年齢が近かっ [続きを読む]
  • 「暗殺者グレイマン 」 マーク グリーニー
  • 年とって人が殺される話は好きじゃなくなった・・・などと言ってましたが、こちらはバンバン死ぬ。どんどん殺される。でもって爽快?うーん、そうでもないけど・・・読んでいて思い出すのはシュワちゃんの「コマンドー」とか、ジェイソン・ボーンとかあんな感じだけど、こちらの主人公はそんなかっこよくない。グレイマン、目立たない普通の男なんですよね。映画になるんですかね?普通の男なら絵にならない…ミレニアムもスウェー [続きを読む]
  • 「死体は笑みを招く」  ネレ・ノイハウス
  • 読み始めてちょっと違和感。ありゃ、これは前の作品なんですね・・・。納得。刑事オリヴァー&ピア・シリーズが好きなので、それなりに面白かったけど、ちょっと中途半端な感じ。まあ、2作目と思えばそれでいいんでしょうが、最初に「深い疵」なんか読んでしまったので、物足りません。ネレ・ノイハウスがずっと最初は男の人と思っていました。    え?  女性なの?でも、作品を読んでみれば、コージマやピアの描き方は女性の [続きを読む]
  • 「目」って意外とみてない
  • 今日は仕事の話。薬局で、調剤もしてます。いつもは14錠包装のヒートシールの錠剤を10錠の包装に切り替えました。14錠で渡すといつも目の前で数えて見せるのに、「ホントに30錠あるのか、よくわからない。」という年寄りがいて、切り替えたのでした。色も錠剤の形も何も変わっていません。なのに・・・? 「薬が入ってない!」 「ちゃんと数えて渡しましたが・・・」 「いや、血圧の薬だけないんだ。」 「それはおかし [続きを読む]
  • 「闇からの贈り物」 V.M. ジャンバンコ
  • いやいや、なかなかに面白かったです。夢中になって読みましたが、あまりに登場人物が多すぎて、それを理解するために夢中にになって読んだ感が強いです。余りに入り乱れているので、謎だらけで最後まわからない部分が多すぎました。しかし、犯人はわからなかったわりにはあっけないというか、犯行に至る機微があいまいというか納得性にかけましたね。それと、過去の少年誘拐が宙ぶらりんのままだと思うのですよ。これが小説家デビ [続きを読む]
  • 新年ご挨拶
  • あけましておめでとうございます年末、ゆっくりする暇なし。年始、孫が来て楽しいばかり。本も読まず、編物もせずに過ごしました。今年の運勢は良くないそうなので、おとなしめにしていようと思いつつ、そうはいかない毎日です。朝、目が覚めてぬくぬくした布団にくるまれて、もうちょっと寝られる・・・今日は仕事もないし・・・あの、ほんわか幸せな気分が味わえるのは正月だけよね。今日からもうまた、忙しい日々の始まりです。 [続きを読む]
  • 今年も残りわずか
  • 姑も無事に退院し、手術前の検査では心臓も肺もほかの内臓もどこも悪くなく、とても健康体であることがわかりました。H氏 「ありゃ、90過ぎまで長生きするぞ!」それでいいではありませんか?なのにため息一つ  今年は姑の代わりにおせちも作らないと…もちろん監督付きです。今まで、おせちは自分が、と頑張ってきた姑ですが、さすがに退院直後はきつそう。私がすることになりました。買い出しからいろいろもう、注文がうる [続きを読む]
  • モヘアとお酒
  • プレゼント用にフリルマフラーを編んでいました。モヘアでふわふわ。でも、ほどきにくいから間違えないように・・・そう思って用心して編んでいたのに、お酒に負けてしまった。忘年会から帰ってきて、H氏がお風呂に入ってる間にちょっと編んで、翌日だだだーと、編んでいって間違えたのに気付いた。  どうしよう、ごまかそか?  でも、プレゼントだし・・・酔うほど飲んでなかったはずだけど。仕方ない。ほどきました。1玉近 [続きを読む]
  • 「血と霧」 多崎礼
  • 最初、題名だけで、吸血鬼ものかと思っていましたが全然違う。そこそこ面白かったです。話自体は割とオーソドックスな話です。過去ある男に逃げてきた御曹司が絡んで国家的な事件に巻き込まれていく。ハードボイルドファンタジーですな。目新しさはないけど、血の属性によって住む世界が変わってしまう国家、巻貝のような生活の場にも妙にひきつけられてしまう。ただ、前半はその血の属性というのが非常にわかりにくく、国家の成り [続きを読む]
  • 一抹のさみしさ
  • 娘が入籍しました。結婚式はこれからです。安心したのとさみしいのと半々。子どもが3人、みんな結婚してしまった。3人ともとっくに家は出ていたけど、まだまだ、子供っていう意識でいました。けど、もうほんとに家は年寄りだけになってしまった。 さみしいな。ちょうどなかよしの忘年会だったのでその話をしました。 「うらやましい限り。うちはまだ、娘が残ってるよ。」 「うちだって、下の息子は彼女もいないし、その上は結婚 [続きを読む]
  • 段々のニット帽
  • H氏のニット帽を途中で編んだので、中断していた自分の帽子を完成させました。表編みと裏編みだけで簡単です。参考にした編み図は表編みのところを2目の交差編みを延々していくんですが、これがめんどくさい。編んだ模様はとてもきれいなので、頑張って編んでみようと思ったのですが、どうも、糸が足りなくなりそうなのでただの表編みにしてしまいました。後ろから見るとこんな。もうちょっと、後姿がキレイに丸くなるようにした [続きを読む]
  • もつ鍋
  • もつがあまり好きではありません。でも、長男の嫁が好き。患者さんで来るお肉屋さんにお肉を届けてもららうときに、もつももらいました。 「これ、すごくおいしいよ。ぜんぜんくさくないから。」もつ鍋にして家で食べてみました。美味しいじゃん!柔らかいし、あくも全然でないし、だからニンニクもそんなに入れなくて良いし・・・キャベツがが高いので、裏でとれた白菜とニラ。唐辛子もちょっとだけ入れて、姑もおいしいとご機嫌 [続きを読む]