やない さん プロフィール

  •  
やないさん: ココロハス
ハンドル名やない さん
ブログタイトルココロハス
ブログURLhttp://natural8peace.jugem.jp/
サイト紹介文心に安心を育てるお手伝い。日々感じたことの徒然ブログです。
自由文心を癒し育むことを目的とした空間とスキルの提供をしています。人生の質の向上や問題解決に役立ち、皆様の幸せに貢献することを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/07/18 21:19

やない さんのブログ記事

  • 鏡がないなら
  • 私たちは相手がいるから自分というものを確認できます。 例えば、あなたの真正面に誰かほかの人に立ってもらいます。あなたは動かず相手がちょっとずづ左右にずれながらあなたの真正面に立ったかどうかを感覚で確認します。 同じように今度は横に並んでもらい前後に少しずつ移動してもらいます。すると、一番しっくりとくるところが見つかるはず。 そうするとそこがあなたの体の中心線というわけです。 どうぞ [続きを読む]
  • 脳から世界へ
  • インターネットの普及によって様々なことを知ることが出来るようになりましたね。そのひとつに口コミや投稿などがあって、他人がどのように思っているのかも分かるようになりました。 私たちはニュース、モノ、ヒトに対してすぐにコメントすることが出来るようになりました。フェイスブックやツイッターなどのSNS。掲示板や評価サイト。ニュース記事やブログに対するコメント。 自分がどう思ったかだけではなく、他人 [続きを読む]
  • アンガーコントロール
  • 怒りは行動を起こすための良いモチベーションになります。悔しさも怒りの一種ですが、スポーツ選手が試合に負けて悔し泣きしているところなどを思い浮かべるとイメージしやすいですね。 しかし、この怒りという感情はとてもくせ者です。「短期は損気」という言葉があるように、間違った怒り方をすると周りの人たちから大変なひんしゅくを買ってしまったり、離れていってしまったり、関係が壊れてしまったりして、後になって大 [続きを読む]
  • 心に遊びを
  • もし、何かもんもんとした気分なら1日だけでいいです。人のせい、環境のせい、物のせい、時代のせい、政治のせい、学歴のせい、育成歴のせい、など、何かのせいにするのを止めてみましょう。 イラッ、ムカッ、カチンッときたときなどもチャンスです。 その1日はどんな理不尽なことが起きても、どんなに自分が正しいと思っても「○○のせい」にしては駄目です。 そうするといろいろなことに気づくことが出来るので [続きを読む]
  • 自由な世界
  • あなたがこの世界でなんでもできる全能の神となったなら何をしたいですか? 何を思いましたか? 多くの人は自分の欲望を満たすことを考えていたのではないでしょうか。 人や環境を変えようとしていたかもしれません。 もしくは自分の性格や容姿を変えようと思ったかもしれませんね。 そして、それが今あなたの頭の [続きを読む]
  • マインドフルネスセラピー
  • 最近、全国主要146自治体のうち109自治体(75%)で、保育施設の子どもたちが出す音や声を「うるさい」との苦情を受けているという記事を見ました。また、保育施設の開園を中止・延期したケースも計16件あり施設の整備や運営が年々難しくなってきているそうです。 私の住居前や職場横には保育施設がありますが、うるさいと感じたことは一度もないことから、少し意外な気持ちです。それで開園できないケースも出てい [続きを読む]
  • 善い心をつくる
  • いよいよ2017年が始まりました。今年はどのような年になるか今から楽しみですね。 1年1年をどのように過ごすかは歳を増すごとに大切なのだなあと実感しています。何も考えずに過ごしてしまうとあっという間に1年が過ぎ去ってしまいますからね。 書き初めなどで年ごとに抱負を立てることはとても良いことだと思います。同じように人生においても何か目標のようなものがあっても良いのではないでしょうか。目標は人 [続きを読む]
  • 最悪のなかを最高に過ごす
  • 今日はクリスマス。1年の中でも特に注目度の高い日ですね。 ホリデーブルーという言葉があるのですが、クリスマスから新年にかけては気分の落ち込みが大きくうつ症状を訴える人が増える時期と言われています。 特に、孤独感や寂しさを感じている人は注意が必要です。世の中がハッピーで幸せな雰囲気であればあるほどその人の気持ちとの間に大きなギャップが生まれます。 めでたい空気に耐えられないと自殺願望も高 [続きを読む]
  • 生きる理由を持って生きる
  • 「憎まれっ子世にはばかる」ということわざがあります。意味は、人から憎まれるような者ほど、逆に世間では幅をきかせるものであるということ。 その反対に、「惜しむ人は必ず死する習い」があります。意味は、 人々に好まれ愛されるような人に限って、早死にしてしまい惜しまれるものであるということ。 それぞれこの世の皮肉をうたったものですね。 ではなぜこのように思う人が多いのでしょう?ひとつは世間は悪者 [続きを読む]
  • 楽しい歯車
  • 最近感じることなのですが、どんな仕事も極めれば極めるほどシンプルに単純になっていくものなのではないかなと感じます。 若い時には会社や社会の歯車なんかごめんだ〜!と思ったりした時期もありましたが、実は歯車ではない仕事などひとつもないんですよね。 会社員だと毎日同じ電車に乗って同じ机に座り同じリズムで毎日の業務をこなしていく。それが嫌で自営業や芸術家になったとしてもやはり安定してくれば日々やら [続きを読む]
  • 昼下夜上
  • 「晴耕雨読」という四字熟語がありますね。晴れの日に外で畑を耕し、雨の日は室内で本を読むという意味です。悠々自適な有り様を指しているようですがとても理にかなったバランスの良い生活の形だと思います。 そんなことを思っていたある日、「昼下夜上」というオリジナル熟語を思いつきました。この意味は、昼間は下を向いて夜は上を向いて自分の位置を確かめている、ということです。が、それでも意味不明かもしれませんね [続きを読む]
  • 心の玉
  • 赤ちゃんは喜怒哀楽がダイレクトですよね。お腹がすいたから泣く。さびしくて泣く。怖いから泣く。怒って泣く。楽しいと笑う。嬉しいと笑う。満足だと笑う。幸せだと笑う。生まれたばかりだと複雑な表現はできないですが、思ったことを素直に表していきますね。 私たち人間の感情にはたくさんの種類がありますが、実は単純に 泣くと笑う が基本なのではないかと感じたりします。生まれたばかりの状態は感情の心の玉 [続きを読む]
  • 結果であって目的ではない
  • あなたがもし何かを成しとげたいと思ったときそのゴールはなんですか?人によってはお金持ちになることや出世すること、結婚することや幸せになることなど短期的なものもあれば長期的なものもありそのゴールも歳とともに変化していくでしょう。 そのゴールに向かって走ることは人生のモチベーションとなってその人の成長にもつながっていくので、到達点は私たちに必要なものであることは間違いありません。 ただ、気をつ [続きを読む]
  • 傷ついたら良い事をしよう
  • 誰かに酷いことを言われたりすると心にグサッとくることもありますね。 親から心無いことを言われたり上司から人格否定するようなことを言われたりお客様からクレームで怒鳴られたり気にしている痛いところをつかれたり すると何ともいえない気持ちになったりこのやろー!と怒ってみたりあーやっぱり。。と落ち込んだり 人により感じ方や反応の仕方は様々です。ただ、間違いなのは「傷ついた」ということ。自分に責 [続きを読む]
  • もがき
  • 人には自分では何もできないことが山ほどありますね。逆に何でもできると思っている人は本当にそうなのか今一度よく考えてみてみましょう。 日々綱渡りのような人生のなかでこうして生きていられることは本当に奇跡的だなと思います。自分の思い通りになることなど限られているなか私たちは自分の人生を一生懸命生きています。 しかし、生きていればどうすればよいかと悩み迷う時期というのは必ず出てきますね。その時は [続きを読む]
  • 上を向いて歩こう
  • 私が心身の健康維持のために気をつけていることのひとつに「正しい姿勢を維持する」というのがあります。特に一番姿勢が崩れやすいときはパソコンの前で作業している時ですね。首が前に出て背骨が丸まってしまいがちです。そのため常に意識して姿勢の崩れに気づいたらその都度直すクセをつけています。歩いているときでも自分の背筋をチェックして猫背になっていないか確認しています。 私はもともとそれほど姿勢が良いわけで [続きを読む]
  • 今を100%
  • 今何か打ち込んでいることがありますか?今何も考えずに目の前のことに打ち込める環境にある人はしっかりと打ち込んでください。なぜならそれはとても恵まれた素晴らしい環境だからです。 また、打ち込めるということは自分の興味あることや好きなことであることがほとんどのはずです。それは自分の意志で頑張っているということ。 孔子の言葉(論語)にこのようなものがあります。 知之者不如好之者、好之者不如樂 [続きを読む]
  • 幸せのために幸せを犠牲にしない
  • 今ある幸せとこれからの幸せ。あなたならどちらを選びますか?これはどちらも選べないし、どちらも欲しいと思うでしょうね。 しかし大抵の場合、私たちはこれからの幸せに標準を合わせて生活していることに気づいているでしょうか。老後ちゃんと暮らしていけるか不安であるので、貯金を増やそうとしますね。保険にも入ります。ローンで家も購入します。子どもにはたくさんの習い事をさせて投資します。良い会社、学校に入るた [続きを読む]
  • 制限の中でベストを尽くす
  • 私たちはいつも理想やゴールに向かって生きています。でもうまくいかないことのほうが多い。うまくいかないとやる気がなくなりもうどうでもいいといった気分になったりもします。 どうして自分の思い通りにいかないのかとイラつきますね。そして、すべてが自分の思い描いた通りになったらどれだけ気分がいいでしょう。 あらゆる事象がわかり、未来が見えるなら人はどのような行動をするのでしょう。成れる自分に向かって [続きを読む]
  • 変化を恐れないで
  • 親子の問題を取り扱っているなかでよくお話しをさせていただく事があります。それは、親子の問題で大切なのは「動ける人が動き、変われる人が変わる」ということです。 親が子どものことで相談に訪れる場合、やはりどうすれば子どもが自立できるかということを多く相談されます。それはあたりまえのことですよね。 子どもが親のことで相談される場合、どうすれば親が変わってくれるかの助言を求められることがあります。 [続きを読む]
  • 幸せを決めさせない
  • あなたの幸せは誰が決めていますか? こう問われれば「自分自身」であると答える人が多いのではないでしょうか。そして、この答えは確かに正しいと思います。ただ、私たちは自分自身で決めていると思っている幸せは実は他の誰かが決めていると言えばどのように感じますか? まずは自分の思う幸せをイメージしてみましょう。どのような環境ですか?どのような人間関係ですか?どのような心の状態ですか? 幸せな状態 [続きを読む]
  • 緊張からはじまる
  • 私たちは様々なストレスを抱え、それが限界を超えると心身に障害が現れます。では何がその障害の原因なのでしょうか?ストレスはどこから発生するのでしょうか?そんなことを何気なく考えていました。 そして、気づいたことは「緊張」でした。 心が緊張すると身体は自然に固くなります。その状態が頻繁に起こったり、長時間継続したりすることでストレスと感じるのではないでしょうか。 緊張から固さが生まれ、固さ [続きを読む]
  • 矛盾を抱えながら生きていけますか?
  • 人生は矛盾との戦いであるように思います。周りの人たちや世界の人たち、そして自分自身をみても、どうしてこうも思っていること、言っていることとやっていることが違うのだろうとちょっとブルーな気持ちになったりします。 自然破壊を気にしつつ文明社会を謳歌している。動物保護を考えつつ革製品にこだわってみる。子どもに嘘はいけないと言いつつ嘘をつく。 など、大きなことから小さなことまでいろいろなところに矛 [続きを読む]
  • 親へのありがとう
  • 特に乳幼児の子どもは親との関わりが非常に深い時期でもあります。その時期は子どもは親にべったり甘えてきますがそこで十分に愛情を受け取れなかった場合心の成長に悪い影響を与える可能性のある親子にとってはとても大切な時期であります。 この時期の子どもは基本的に親が大好きであり好きなときには好きとストレートに表現してくることが多いと思います。 叱りつけたとしても、また親を頼ってくる姿はとても愛おしく [続きを読む]
  • 身体と心をリラックスする方法を学んでストレスを解消する
  • ストレスが心身に悪影響を及ぼすことは今さら言うまでもありませんね。そのストレスに対してどのように対処していけばよいか、それは人それぞれいろいろなアイデアを持っていると思います。しかし、時に人はそのストレスに圧倒されてしまい、身動きが取れなくなってしまう場合もあります。特に、親子関係のストレスはとても大きなものになりがちです。子どもの不登校や引きこもり暴力や虐待。親の介護。など、親子に関することは問 [続きを読む]