親子問題カウンセラー さん プロフィール

  •  
親子問題カウンセラーさん: ココロハス
ハンドル名親子問題カウンセラー さん
ブログタイトルココロハス
ブログURLhttp://blog.urayasudo.main.jp/
サイト紹介文心に安心を育てるお手伝い。日々感じたことの徒然ブログです。
自由文心を癒し育むことを目的とした空間とスキルの提供をしています。人生の質の向上や問題解決に役立ち、皆様の幸せに貢献することを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/07/18 21:19

親子問題カウンセラー さんのブログ記事

  • なにゆえそう思うんだろう
  • 私たちは一秒たりとも考えることをやめることはできないことを知っていましたか?マグロが泳ぐのを止めると死んでしまうのと同じように、私たちは生きるために脳はかたときも休まず働いているのです。瞑想では、心を無にすること=何も考えていないこと、と解釈する人も多くいると思いますが、実際は私たちは「なにか」を想っています。 いろいろなことを考えながら生活をしているなか、なぜあなたはそう思うのでしょう。好きな色 [続きを読む]
  • その親切心は本当に必要か
  • 人に親切にすることは大切です。お互いが親切にすることで心の交流が生まれます。また、相手に対する思いやりの心も生まれてきます。親切は良いコミュニケーションを生み出すのにとても有効ですね。しかし、その親切は本当にその人のためになっていますか? 相手に親切にすることは思っている以上に難しいときがあります。なぜならこちらの思う親切は受け取る側からすると親切ではないと思うことがあるからです。そのようなことは [続きを読む]
  • 家族なんだからの呪縛
  • 家族なんだから、この言葉に不快感を示す人は結構多いです。親からは「家族なんだから○○してもいいでしょ。」「家族なんだから○○しなさい。」などと言うことはよくあることかもしれません。また、嫁姑間ではこの言葉が原因で大きな問題になることもしばしばありますね。 そして、家族なんだからという言葉はなにも身内から出てくる言葉だけではありません。友人・知人からも「家族なんだから仲良くしなよ〜。」という感じで言 [続きを読む]
  • 家族なんだからの呪縛
  • 家族なんだから、この言葉に不快感を示す人は結構多いです。親からは「家族なんだから○○してもいいでしょ。」「家族なんだから○○しなさい。」などと言うことはよくあることかもしれません。また、嫁姑間ではこの言葉が原因で大きな問題になることもしばしばありますね。 そして、家族なんだからという言葉はなにも身内から出てくる言葉だけではありません。友人・知人からも「家族なんだから仲良くしなよ〜。」という感じで言 [続きを読む]
  • すべては期限つきなのだ
  • 本日、小林麻央さんが乳がんのため亡くなったというニュースを見ました。乳がんを告知されてから始めたブログではたくさんの人の心をつないでいました。まだ34歳と大変若くしてこの世を去ってしまったこと、まだ幼い子供のこと、もちろん夫のことも含めて「どうして?」という気持ちが湧いてきますね。でも、本人は精一杯生きようとしたし、生きたと思います。 死、、これは自然の摂理なんですね。生があれば死がある。始まりが [続きを読む]
  • すべては期限つきなのだ
  • 本日、小林麻央さんが乳がんのため亡くなったというニュースを見ました。乳がんを告知されてから始めたブログではたくさんの人の心をつないでいました。まだ34歳と大変若くしてこの世を去ってしまったこと、まだ幼い子供のこと、もちろん夫のことも含めて「どうして?」という気持ちが湧いてきますね。でも、本人は精一杯生きようとしたし、生きたと思います。 死、、これは自然の摂理なんですね。生があれば死がある。始まりが [続きを読む]
  • 無いものねだり
  • 人の運命をうらやむ人が多くいます。私には○○が無いのにあの人は。。。というケースが一番ではないでしょうか。 しかし、私たちは人の生活の一部を見て判断しているに過ぎないので、人生の中で抱えている悩みや苦しみまでは見えにくいものです。見えている部分は華やかで素晴らしく映っていても、まったく悩みも苦しみもない人などはいません。多かれ少なかれ、大なり小なり必ずあるものです。 それは、その人と一緒に生活をして [続きを読む]
  • 否定されて嬉しい人はいないでしょ
  • 人は否定されることを嫌がります。これはどの人でも同じです。否定され続ければ否定する人に対して不快感や嫌悪感を抱いてしまってもそれはある意味自然なことです。 お前はこんなこともできないのか。お前はどうして言うことを聞けないのか。お前はブスだ。お前は頭が悪い。お前は生まれてこなければよかった。お前は才能がない。お前の意見など聞く必要はない。お前といても楽しくない。お前。。お前。。お前。。 読んでいるだけ [続きを読む]
  • 小さな命から学ぶことができるか
  • 6月に入り気温も上がってきて昼間の日差しが厳しく感じはじめましたね。そして、暑い季節になると必ずと言ってよいほど出てくるニュースがあります。 それは、「乳幼児の車内放置」です。 つい先月にも、生後2ヵ月の娘を車の中に5時間半放置し、熱中症で死なせたとして23歳の女性が逮捕されました。当初は自宅アパートの駐車場に娘を置いていたと供述していたようですが、実はパチンコ店の駐車場に置き去りにしており、当人は [続きを読む]
  • 空飛ぶ鳥は感情のよう
  • 感情をコントロールすることは大空を飛んでいる鳥に例えられるかもしれません。鳥は翼を上手に使い上昇したり下降したりすることができますね。また、気流に乗って飛ぶこともできます。 私たちは感情は環境によって引き起こされるものだと思い込んでいるところがあります。ある条件、環境に置かれると特定の感情が自動的に沸き起こると感じています。仮にそうであるとするならば、私たちの感情は制御が不能で、すべてが周りに流さ [続きを読む]
  • 自分との会話を大切にしよう
  • 心に迷いがあるときには自己対話をしてみましょう。自己対話とは自分の心と対話することです。 私たちは何か迷いがあるときには動けないことが多いはずですね。レストランで自分が食べたいものがなかなか決められない。好きな番号を選ぶだけなのに思考が先に進まない。時間はあるのに何をしたいのか分からない。 そんなことを考えていると思考がフリーズしてしまい、身体も動かなくなってしまいます。何とか決定したはいいもののな [続きを読む]
  • なんでもいいから最後はポジティブ
  • 気持ちが沈んでどうしようもない日もあるでしょう。すべてがあなたの敵に見えることもあるでしょう。嫌な気持ちもを抑えられないときもあるでしょう。 そんなときに無理やりその感情を押さえつけるようなことをする必要はありません。ありのままの気持ちを感じてよいのです。 ただ、一つだけ守ってほしいことがあります。それは、『最後にはポジティブに考える』ということです。 ネガティブなことを100思っても、最後に1だけ [続きを読む]
  • コラムを更新しました
  • 『過去100年の家族を見て分かるれからの家族のかたち』 あたりまえのようにそこにある家族。でも、そもそも家族ってなに?気になる理想的な家族のあり方はあるのか戦前・戦後・近年から未来の家族像を考えてみました。。。続きをみる 世代別の家族を見ることができるおすすめの映画もあります。 『わが母の記』 井上靖 作の小説を原作とした2012年公開の日本映画です。幼いころに母に捨てられたという想いから、長年母と [続きを読む]
  • これからはあなたの時代がやってきますよ
  • 興味深い記事を読みました。 ブランドではなく「消費者」がブランドの時代にhttps://forbesjapan.com/articles/detail/15042?utm_source=YahooNews&utm_medium=referral&utm_campaign=yahoonews これまではブランドを所有することで、そう見られたい、という表面的な理由から購入することが多いではないでしょうか。しかし、そもそもブランドというものは、そのデザインや機能性、会社の理念などが私らしさと一致して共感したとき [続きを読む]
  • 深呼吸したら?
  • 今日もいい天気ですね。こんな日はのんびりと過ごしたくなりますね。 それでも、仕事をしなくちゃいけないよ〜、という人が大半かもしれません。ただ、毎日忙しく働いているとどんどん心の視野が狭まってしまいそうですよね。 そんな時は「大きく深呼吸」です。 ちょっと外に出て大きく背伸びをしてみましょう。もし、デスクワーク中心なら大きく背中を反らせてみましょう。そうすることで胸がひろがって空気がたくさん入り込める [続きを読む]
  • 深呼吸したら?
  • 今日もいい天気ですね。こんな日はのんびりと過ごしたくなりますね。 それでも、仕事をしなくちゃいけないよ〜、という人が大半かもしれません。ただ、毎日忙しく働いているとどんどん心の視野が狭まってしまいそうですよね。 そんな時は「大きく深呼吸」です。 ちょっと外に出て大きく背伸びをしてみましょう。もし、デスクワーク中心なら大きく背中を反らせてみましょう。そうすることで胸がひろがって空気がたくさん入り込める [続きを読む]
  • 書くことをあなどってはいけない
  • もし何かもんもんとしていてたり、心の整理ができないと感じているなら、紙に書いてみましょう。とても単純な方法ですが、意外とできない人が多いようです。 書くことのメリットを簡単にあげると、・視覚化できる・脳が整理される・指先を使うことで運動脳の刺激となる・脳の老化防止になる・客観的になれる・記録に残るので忘れない・気持ちがすっきりする などがあります。会社に入社したばかりであればだいたいメモを取ることを [続きを読む]
  • 苦しみは選んじゃおう
  • 人の一生は長いでしょうか、短いでしょうか。 生まれて間もなく死んでしまう赤ちゃんもいれば、100歳以上まで生きている高齢者の方までいます。 当たり前に生きていますが、なぜ生きているのかは分からずに一生懸命生きています。 それでも苦しみは誰にでもあります。 この苦しみがなければ人生どれだけ楽だろう、と皆思うかもしれません。 しかし、この苦しみは無くなることはなさそうです。 釈迦は『人生は苦なり』と悟りまし [続きを読む]
  • 分かってほしくて争うのかな
  • 人間だれしも平和であることが良いと考えていますね。しかし、人類は絶え間なく争いを繰り返しています。そう、今この瞬間にも。 たまたま見つけた動画ですが、これを眺めるだけでもいろいろと考えさせるられますね。https://youtu.be/bYy2W_5F27M?list=PL3wKnYBygU0yhNqIjF8o6uvwch7srzWos[世界の戦争1000年の歴史(西洋から見た)] 争いは対立するだけでは始まりません。その対立が真正面からぶつかってお互いが避けないとき [続きを読む]
  • 不安と不満にご注意を
  • あなたの心をむしばむもので注意しなければならないことは、「不安」と「不満」かもしれません。 人は不安になると様々な症状が心身に現れます。http://www.natural-peace.com/index_anxiety.html 心がいったん不安に覆いつくされれば、冷静な判断が難しくなってしまいます。中国の三国志時代に活躍した天才軍師、諸葛孔明はこう言っています。 「成功の条件は冷静な心にある」 不安な状態にあって、さらに不満があったのなら人の [続きを読む]
  • 頼りきってはだめでしょう
  • 人間は一人で生きていくよりも集団で生きることを選びました。お互いを支えあい、助け合うことで生存率を上げようとしたのでしょう。 しかし、ときに人は極端になってしまうことがあります。誰かの力を借りることを良いとはせずなんでも自分で解決しようと頑張ってしまうケース。自分以外、誰も信じることができないためすべてが独断なり、偏りが激しくなったり、限界が低くなったりしてしまいます。 逆に、すべてを誰かに頼ってし [続きを読む]
  • 親と愛情
  • なぜこの親から生まれてきたのか。なぜこの子を産んだのか。そのようなことを考えたことはありますか?おそらく1度くらいはあるのではないでしょうか。 同じ親から生まれた子どもでもその待遇が全く違うことも多々あります。同じように育てたつもりでも、子どものとらえ方は兄弟で全く違うこともあります。 人の人生というのは誰一人として同じということはないんですね。あたりまえのことなのですが、あらためて考えてみますとと [続きを読む]
  • なにをしたらいいんだろう〜
  • 最近よく聞く言葉に「何をしたいか分からない。」というのがあります。何をしたいか分からないということは、自分のエネルギーを向ける対象がないということになります。 人は生きるためにエネルギーを使っていますね。肉体的なエネルギーは主に食事から摂取します。対して、精神的なエネルギーはどうやって取り入れているのでしょうか。それは、おそらく相手から受け取る感謝や称賛、承認の言葉だったり、自分の中から湧き上がる [続きを読む]
  • 理想に生きるか理想に死ぬか
  • 人には理想というものがあります。人は理想に向かって生きています。人は理想によって何かを実現しようとしています。 この理想は頭の中にあります。頭の中には脳があります。脳は脳細胞からできています。 では私たちの理想は脳細胞たちが考えたことなのでしょうか。そうではないように感じます。脳はただの計算機で答えをはじき出しただけ。それではこの計算をしたのは誰でしょう。 世の中まだまだ分からないことだらけですね。 [続きを読む]
  • 理想に生きるか理想に死ぬか
  • 人には理想というものがあります。人は理想に向かって生きています。人は理想によって何かを実現しようとしています。 この理想は頭の中にあります。頭の中には脳があります。脳は脳細胞からできています。 では私たちの理想は脳細胞たちが考えたことなのでしょうか。そうではないように感じます。脳はただの計算機で答えをはじき出しただけ。それではこの計算をしたのは誰でしょう。 世の中まだまだ分からないことだらけですね。 [続きを読む]