エンタ さん プロフィール

  •  
エンタさん: 夕べの晩ごはん/会津若松ブログ
ハンドル名エンタ さん
ブログタイトル夕べの晩ごはん/会津若松ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/denen965/
サイト紹介文「夕べの晩ごはん」会津若松 旅館田園の毎日の夕食メニューから1品を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2009/07/20 09:24

エンタ さんのブログ記事

  • 胡瓜の煮物が好評だったので・・・
  • 「胡瓜の煮揚げ」が好評でしたので再度挑戦です。味醂、砂糖、酢、醤油で煮ているところです。仕上がる10分ほど前に筍、人参、線に切ったきくらげを入れました。前回早く入れましたら痩せましたので10分前程度で十分でしょう。杯こちらが仕上がりです。油は一切使っていません。照りは甘みですね。今回味付けで少々の鷹の爪を入れました。あとは同じです。今回は好評ということもありましたが、きゅうりを戴いたということもあり [続きを読む]
  • 胡瓜の煮揚げ
  • 「胡瓜が一杯あったら作ってみたら!」と知人から教えてもらいました。初めての経験です。胡瓜をブツきり1センチ厚くらいに切り、塩で漬け込みます。漬物ののようになったらよく絞り水煮晒して塩分を抜きます。ここまでが下ごしらえです。水分をよく切って鍋で煮てゆきます、油は入れてないので炒り揚げではありませんが弱火で煎って行きます味付けはお好みですが私は味醂、砂糖、酢で味付けました。胡瓜の火のはいりぐらいを見て [続きを読む]
  • 切干大根
  • 朝食用に作った切干大根です。白だしを使ってほとんど色を付けずに作りました。また油も使わずあっさりとした切干です。今はこんな感覚、素材を食べるといった方が良い気もします。調理の仕方も時代、時代で見直したほうが良い場合もありますね。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • 海鮮丼
  • インターハイでは生徒さんへの生モノ提供は禁止でしたので久しぶりにお刺身をいじった感じです。その反動もありまして具だくさんの海鮮丼にしました。カツオ、マグロ、鯵、イワシ、タコ、うなぎ、カニカマ。このくらい入ると食べ応えがありますネ。なお今日からお盆終了まで夕食はお休みとなります。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • インターハイ終了
  • いや〜今回は長かった。ようやく昨日でインターハイも終了となりました。参加された方、大会に拘った方ご苦労様でした。私も今回は疲れました。f福島県が全国大会を経験するのは今回で2度目、前回は平成7年の国体でした。あれから22年がたったんですね。あの時は1週間ぐらいだと記憶してますが今回は大会前後すると20日間位ありました。全国からの選手団、団体出場チーム、それに先生1名生徒1名の個人競技と形は様々でし [続きを読む]
  • インターハイ前半終了
  • インターハイ前半を終了しました。1年以上前から計画を建てられた行事ですからしっかり努めなくてはと思っていました。蓋を開けてみると3泊があり6泊がありと様々な各県からの代表選手です。それだけでも今までにないことですので「疲れた!」というのが本音です。さて食事もさる事ながら宿泊業は幅がありまして温泉旅館のような1泊を専門にする施設、そして滞在型の当館のような施設、そして一般的なホテル、と大きく分けられ [続きを読む]
  • 今年初、鮎
  • 今年初となりました。中々高いので手が出ません。こういうものを戴く時期になったということですね。鮎は鮮度が命、いつもそう思ってます。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • タコ刺身
  • タコのブツきりと胡瓜をあしらってみました。胡瓜は塩で殺してます。もう少し大きめに切って串に刺してもイイかもしれません。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • 自家用でイワシ丼
  • 寿司飯が残ったのでイワシ丼にしました。最高です。今のいわしはものすごく脂が乗ってます。切り口でわかりますか?銀側と身の間が白い線のようになってますがこれが脂です。自分で裁いて見るともっとよくわかります。内蔵を出すとき肝臓は脂の塊です。食べるのは今のうちです。おすすめ・・・ 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • 鉄火丼
  • 寿司飯を作って鉄火丼です。写真はマグロを載せる前のものです。卵、三つ葉、大葉を乗せました。こちらが完成図、マグロを散りばめ真ん中にガリ、こんな状態です。今回、寿司飯をどうしたらよいか考えました。私はお寿司を習ったことがないのでよくわかっていません。ご飯に酢が含むようにするには?いつも考えます。見よう見まねではうまくいかないんですね。理屈が分かっていないんです。今回は2度酢を切ることにしました。さて [続きを読む]
  • 鶏くわ焼き
  • 何度も出てきます。鶏を使った料理といえば唐揚げとこのくわ焼きしか思いつきません。巻いたり、蒸したり、様々な調理方法はありますが1品のおかずとなるとスタンダードな考えになります。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • 豚ロース焼き
  • 豚の生姜焼きと言いたいところですがそんなに生姜をたっぷり使っていませんので豚ロース焼きとしました。たれは醤油とみりん同割を基本として市販の焼肉のたれとか蒜とかいろいろ入れています。甘味があってご飯のおかずにはもってこいです。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • 冷奴・・アレンジ
  • 冷奴に上げる薬味を風変わりにしてみました。きゅうりの微塵、トマトの微塵、長ネギ、卸生姜、茗荷、刻み昆布、きくらげ、普段使わない薬味を大量に入れてみました。味付けは塩、醤油、ごま油です。最初山形の「だし」風に作ろかと考えましたがトマトが入った頃から変わりました。普段豆腐と、きゅうりなどといった組み合わせはありませんから中々のものです。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • 朝食の目玉焼き
  • 目玉焼き、というより朝の卵料理は定番です。毎日のように思います残す人がほとんどいないんですよね〜。ほかの食材では考えられないことです。調理の仕方は毎日変えてますがそれでも驚異です。今日はベーコンエッグにしました。火加減は卵を半分に箸で割っても黄身が流れないこと、と決めてます。これが万人向きだと思います。あとは余熱でふんわり仕上げ、固くないこと。私はこんなことに気遣ってます。 会津若松の情報はこち [続きを読む]
  • デジタルフォトフレーム 使い方
  • デジタルフォトフレーム、皆さん知っている商品ですが結婚式とか初出産の時とか写真をスライドショーとして見せる場合よく使われる商品だと思います。私はこの商品をチョット違う使い方で使用してます。持っているのが4台、様々な場所で使ってます。1台目、寝室で深夜の時計として使います。真っ暗な部屋でも文字が大きくて非常に見やすいです。タイマーの利用で深夜しか付けません。2代目、フロントロビーの朝用として、こちら [続きを読む]
  • 朝食の簡単煮物
  • 朝食で作りました。煮込まずその場でできるのでこんなものもいいかな〜と思います。朝ですので全て同時進行。油を温め温度が適温になったら豆腐を片栗で揚げます。その後ナスを素揚げ。もう1方、鍋を火にかけ切れ目を入れたウインナー、エリンギを味付けして煮ます。もう1方では茹で卵を作ります。火にかけている間大根おろしを下ろします。全て出来たとところで合わせて出来上がり。ガス台3台を使って作りました。 会津若松 [続きを読む]
  • アイナメ握り
  • 今回で2度目、アイナメを卸しました。この魚は焼き物かな〜とずーと思っていまして生でいただくのは2回目です。1回目は刺身にしましたが2回目は握り、やはり握りの方が合いますね。寿司飯と合うと言った方がいいのかな?味は蛋白で脂もありません、一番は引き締まった身だと思います。他の魚ではこんな食感は感じないですね。私の下手な握りでも美味しいと思いました。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • エビフライ
  • キャベツとスパゲティーの付け合せです。エビはその場で揚げますがナポリタンは作り置きしその場でレンジチンです。皆さん全て平らげてくれます。エビフライはご馳走の分類かな? 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • 鶏くわ焼き
  • 定番メニューです。鶏もも肉を観音開きし厚さを均一にし塩胡椒、小麦粉を付けて多めの油で焼きます。焼きあがったら和風タレを掛けます。タレは玉ねぎ卸、醤油、みりん同量、蒜、生姜少々です。最後にマヨネーズ、タレとよく合います。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • 冷やしトマト
  • トマトの皮を湯むきします。包丁で半分に渡しスプーンで種を取り除きました。その後さいの目に切りザルで十分水切りします。玉ねぎスライス、胡瓜と和え卸生姜、塩少々で出来上がりです。ドレッシングを使わず生姜と塩でいただ来ます。あっさりしていてトマトの味を感じます。 会津若松の情報はこちらをポチッと・・・ [続きを読む]
  • 三島町、工人まつり
  • 毎年楽しみにしている工人まつり。今年も人が多かったです。クラフト展としては東北最大かもしれません215店以上の出店です。「よくこんな山の中でイベントを企画して人が集まるものだ?」と毎年感心してます。そのイベントも31回目、苦労されてるんですね。さてこの祭りの1番人気はなんといても「山ぶどうの蔓のバック」です。金額も張りますし売上に一番貢献している商品だと思います。しかし今年は随分売れ残りがあったよ [続きを読む]