ひっぢ さん プロフィール

  •  
ひっぢさん: あおしろみどりくろ
ハンドル名ひっぢ さん
ブログタイトルあおしろみどりくろ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hijiri_1968
サイト紹介文アウトドア天国ニュージーランド在住、現役トレッキングガイド、スキーガイドが現場での話を綴る。
自由文ニュージーランドで見た空の青、森の緑、雪の白、闇夜の黒。ニュージーランド在住歴22年、現役トレッキングガイド、スキーガイドが綴るトレッキング、登山、スキー、キャンプ、マウンテンバイク、カヤックなどアウトドアの現場でのお話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/07/21 04:33

ひっぢ さんのブログ記事

  • アルバイト
  • 娘がアルバイトを始めたのは1月のことだった。バイトを始めたいと聞いて、僕は諸手を上げて賛成、どんどんやりなさい、と言った。社会経験、いいこともあるし、イヤなことや汚いことも、全てひっくるめての勉強だ。それに働こうという本人の意思。これが大切。... [続きを読む]
  • 風邪を引いた
  • 風邪をひいて数日間寝込んだ。思えば風邪を引くのなんて10年ぶりぐらいか、いやもっとかもしれない。最後にいつ風邪を引いたのか思い出せない。バカは風邪を引かないのである。そして馬鹿と天才は紙一重である。故にめったに風邪を引かないが、こうやってたまー... [続きを読む]
  • 自宅の机
  • 夏の仕事を終えてクライストチャーチの我が家に帰ってきた。そして自分の机に向かってブログを書いているのだが、やはりこの机でないと筆が進まない。と言っても実際に筆を使っているわけは無く、パソコンでカタカタとやっているのだが、まあその辺は物書きの端く... [続きを読む]
  • 秋深し
  • 秋が深まってきた。秋とは深まるものなんだな。日本語って素敵だ。この時期のニュージーランドは黄葉が美しい。日本の旅行会社も黄葉を盛り込んだツアーが増える。ニュージーランドの秋はポプラや柳が黄色になり、それが美しいので黄葉なのだ。さらに今年は... [続きを読む]
  • ガートルートサドル 再び
  • 夏は忙しい。サービス業の性なのだが、人が遊ぶ時に働く。一年で一番いい時は一番忙しい時であり、時間を取るのが難しい。それでも以前は一夏に何回かは自分の為の山歩きができたのだが、最近はそれもままならぬようになってきた。忙しい夏もピークを過ぎたころ... [続きを読む]
  • えーちゃんとの会話から
  • 久しぶりにえーちゃんに会った。えーちゃんとは北村家二軍筆頭のえーちゃんである。以前にも書いたのでもう説明はいいだろう。クィーンズタウンで少しだけ時間があったので遊びに行きお茶をご馳走になった。エーちゃんが言うには、クィーンズタウンの中心あたり... [続きを読む]
  • ツアーの合間に
  • 仕事の合間にクライストチャーチの家に帰ってきた。やはり自分の家の自分の机の上だとブログも書く気になる。今回の仕事も上手く行ってお客さんは喜んでくれた。お客さんが喜んでくれて、自分も納得のいく仕事ができた後のビールが一番美味い。チップもはずんで... [続きを読む]
  • 瑞穂です。
  • みなさん、こんにちは。聖君の姪の瑞穂です。あ、うちではお父さん以外、みんな叔父さんのことを聖君って呼んでいるんだよ。昔からそうだったので今でも瑞穂は聖君って呼んでるよ。9月にしぞーかからニュージーランドに来て、もう5ヶ月になるんだね。最初にこ... [続きを読む]
  • 年明けて
  • 年が明けてあっという間に3週間、いや4週めに入ってしまった。1月は行く2月は逃げる3月は去る、とはよく言ったものだが、その1月も半分以上も行ってしまった。毎日毎日が充実しているのだが、ブログを書く暇がない。いや、時間がないわけではないが気分が乗... [続きを読む]
  • 裏山のある家
  • 毎年のことなのだが、クィーンズタウンで住む家を決めずに行く。夏の間はクィーンズタウンでフラッティング、要は一部屋、間借りをするわけだ。友達の家に住むこともあるし、知らない人の所に行って友達になったこともあった。あらかじめ住む所が決まって行く時も... [続きを読む]
  • 光陰矢のごとし
  • え、毎度のお運びで、あたくし清水亭聖笑と申します。ああ、うれしいですね。パソコンの向こう側、ネット回線を通じて「よっ、待ってました!」なんて声が聞こえてまいりました。こんなろくにアップもしないようなブログにお付き合いしていただくなんて、つくづく... [続きを読む]
  • 山小屋、旅立つ。
  • 山小屋という名前はもちろんニックネームである。北海道で「ガイドの山小屋」というお店をやっていることから「山小屋さん」と呼ばれているこの男。僕と同じ年で仕事も同じようなことをやっているし、物の考え方も同じなので僕らは兄弟と呼び合っている。ヤツは1... [続きを読む]
  • カルチャーショック
  • 家の近く、わりとよく通る道に気になるレストランがあった。看板にはアフガニスタンと書いてある。アフガニスタン料理?聞いたことがないな。たぶんイスラム系の食べ物なんだろうなという想像はできた。この店がぱっとしない外観で、あまり目立つわけでもない。... [続きを読む]
  • シーズン終了
  • 今シーズンも冬が終わった。思い起こせば変な冬だった。先ずシーズンに入る直前に大雪が降った。ロープトーは雪で埋まり、メンバー達が掘り起こし、公式オープン前のパウダーを滑った。今年はいい年になりそうだという期待の矢先に大雨が降り、雪が全て流れて消... [続きを読む]
  • 9月28日 BrokenRiver
  • シーズン終了間際のブロークンリバー。スタッフのお別れパーティーも終わり、残ったスタッフ数名でスキー場を回す。雪も溶け、滑る場所も限られてきた。春のスキー場は物悲しくもある。自分に出来ることをするのがメンバーの務め。我が家の野菜は山でもたいそ... [続きを読む]
  • 9月26日 BrokenRiver
  • 街には桜が咲き春爛漫、と言いたいところだがぐずついた天気が続く。晴れ間が見えないまま桜が散りそうな勢いだ。毎度のことながら春でも雪は降る。ブロークンリバーでは新雪20cm。だが新雪というより湿雪、ぎゅっとにぎれば水がしたたる新潟のような雪だ。... [続きを読む]
  • 9月23日 Porters
  • 春になりバタバタとスキー場がクローズする中、ポーターズはなんとかオープンをしている。クローズは10月2日の日曜日である。日本から姪がワーホリで来たのが1週間前。スキーは全く出来なかったが、3日間ポーターズでスキー特訓をしてなんとかてっぺんまで上... [続きを読む]
  • ビールの泡
  • え、毎度のお付き合いをお願いいたします。あたくし清水亭聖笑と申しまして、ここの出させていただくのも何回目ですかね。そのうちにこのブログを乗っ取っちまおう、なんてことを虎視眈々と狙っているわけです。さてビールの話なんですが、あたしはあのビールって... [続きを読む]
  • 9月13日 Porters
  • 前回の寒の戻りから数日、穏やかな晴天が続く。陽気はすっかり春。雪も緩み、場所によってはべたつくような雪になる。今までは日当たりが悪くガチガチに凍っていた場所が、適度に緩み滑りやすくなる。スキー場の雰囲気ものんびりとして、こういう雰囲気も悪くな... [続きを読む]
  • 9月9日 BrokenRiver
  • 毎年のことだが春になっても雪は降る。それが大きな寒波だと生まれたばかりの子羊が死んでしまったり何かと大変ではある。だがスキー場にとってこの降雪は有難いものだ。9月にどれぐらい雪が降るかでその年の営業期間が変わる。春になり雪が減る一方だったスキ... [続きを読む]
  • 9月6日 BrokenRiver
  • 毎年9月の頭ぐらいにオールディーズウィークという1週間がある。クラブメンバーの爺さん婆さんが集まってワイワイとやるのだ。山は朝のうちは雲の中で視界もほとんどなかったが、昼から信じられないくらいに晴れた。晴れると同時に老メンバー達が嬉々として山に... [続きを読む]
  • 9月3日 Porters
  • 9月に入って最初の週末、良く晴れ渡りポーターズは満員御礼。雪は完全に春の雪。朝はガチガチの凍り、日当たりの良い所から緩み、そこを狙って滑る。この日のお客さんはブラジル人のファレオ。ニュージーランドへは観光で来て、オークランド、ロトルア、クィー... [続きを読む]
  • 8月30日 Temple Basin
  • 自分のホームはブロークンリバーだが、それ以外で一番好きなスキー場と聞かれたら迷わずここを選ぶ。駐車場からスキー場まで歩いて約1時間、トレッキングのルートでもある。こんな不便なスキー場は他にないだろう。南アルプスという活断層の真上にあり、地形は急... [続きを読む]