ひっぢ さん プロフィール

  •  
ひっぢさん: あおしろみどりくろ
ハンドル名ひっぢ さん
ブログタイトルあおしろみどりくろ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hijiri_1968
サイト紹介文アウトドア天国ニュージーランド在住、現役トレッキングガイド、スキーガイドが現場での話を綴る。
自由文ニュージーランドで見た空の青、森の緑、雪の白、闇夜の黒。ニュージーランド在住歴22年、現役トレッキングガイド、スキーガイドが綴るトレッキング、登山、スキー、キャンプ、マウンテンバイク、カヤックなどアウトドアの現場でのお話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/07/21 04:33

ひっぢ さんのブログ記事

  • 8月22日 Porters
  • 雨の日も雪の日もあれば晴れもある。この日の山は良く晴れ渡り、穏やかな1日だった。お客さんはフィリピンからの移住者で、クライストチャーチ在住、フィリピンレストランのシェフ。普段は雪なんぞ見たことがないが、せっかく雪山の近くにいるんだからとスキー初... [続きを読む]
  • 8月20日 BrokenRiver
  • 天気の予想では週末に雪が降るというものだったが、降雪は5cmほど。視界は悪く、約50mほど。お客さんはオーストラリアのパースから来たジェイムス。日本でのスキーが好きだが、ニセコのオージー村には行かないで野沢とか妙高、白馬の辺りで滑っているのだと... [続きを読む]
  • 8月16日 Porters
  • 嵐の後の晴れが続く。ここポーターズでもパウダーはあったようで、あちらこちらに夢の跡が残っていた。この日も午前中は良く晴れたが午後から風も強まり天気は再び下り坂。予報では週末にもう一度降雪があるようだ。今ある雪がベースになり、この上にさらに新雪... [続きを読む]
  • 8月15日 Broken River
  • 嵐が過ぎ去った。今年はコンスタントに雪が降る。降りすぎて雪崩管理が大変でオープンが遅れることもしばしばある。ポーターズで滑ることが多いのだが、この日はプライベートでブロークンリバー。友達のレネ一家と一緒に過ごした。通称、天国への階段を登りつ... [続きを読む]
  • 8月7日 Porters
  • 山には雪があるが、里ではすでに子羊が生まれている。子羊の姿を眺めながら、山へのドライブもなかなか良いものである。ここ最近は目立った天気の崩れもなく、どこのスキー場でも雪は落ち着いている。ニュージーランドでは紫外線が強いからか、日当たりの良い斜面... [続きを読む]
  • 8月1日 Porters
  • 天気は曇りのち雪、所により一時晴れ。要は何でもありの天気である。雪も落ち着き平日の平和なスキー場。お客さんはドイツ、フランス、日本からの留学生。引率の先生ブルースはブロークンリバーのクラブメンバーでご近所さん。庭仕事に彼のトレーラーを借りたり... [続きを読む]
  • 7月30日 Craigieburn
  • 木曜日に雪が降り週末に晴れるという、スキーヤーボーダーに、そしてスキー場にも嬉しい天気である。。気象のサイクルはきっちり1週間、規則正しい天候が3週間続いた。シーズン始めの遅れを取り戻すように雪は降り、クラブフィールドの冬も最盛期を迎えた。前回... [続きを読む]
  • 7月16日 Broken River
  • スタッフ、そしてメンバーが頑張って除雪をして、ついにブロークンリバーもオープン。パーマーロッジの辺りは雪が吹き溜まり、肩ぐらいまで埋まったと言う。圧雪車を出すのにも一苦労だったと。皆のがんばりに頭が下がる。今シーズンはスタッフの入れ替わりが多く... [続きを読む]
  • 7月15日 PORTERS
  • 待ちに待った雪が降った。ただし一度に大量の雪が降るのもそれはそれで困る。大雪が降った後に快晴という最高の条件だが、雪崩の管理、雪で埋もれた施設の掘り出しなど作業が追いつかずオープンできないスキー場もある。クレーギーバーンは終日クローズ。ブローク... [続きを読む]
  • あなたの為
  • いやいや、どうも、久々の高座でございます。あたくし、清水亭聖笑と申します。以後お見知りおきを。いやあ、本当に久しぶりでして、最近とんと出番がございません。かれこれ半年ぶりですか、何をやっていたんでしょうかね。そりゃ夏の忙しい時はブログなんぞも... [続きを読む]
  • ゲテモノ食いの夏休み。
  • 今月はトーマスの記事が多かったな。さながらトーマス友好記念月間というような感じで、もう一つ10年以上前のお話。身内ネタだけど、話に出てくる友達は今も付き合いはあり、みんな違う場所で違うことをやっている。同じことをやっているのは僕だけだ。3月... [続きを読む]
  • 冬至
  • 北半球では夏至の日が南半球では冬至。冬に至るで冬至。温度的にはこれからどんどん冷えていくのだが、僕の心は明るい。この時期、日の出は遅く日の入りは早い、太陽の軌道は低くあっという間に夕方になってしまう。だがこの日を境に確実に太陽に当たる時間は増... [続きを読む]
  • 食の安全とは?
  • 僕は凝り性である。そしてまた食道楽でもある。美味い物を食う為には努力を惜しまず徹底的にやる。旨い卵かけご飯を食べる為にニワトリを飼うぐらいである。実際にうちの卵は超がつくくらいに旨い。熱々のご飯に生卵をたっぷり、少ないとご飯の熱で火が通ってし... [続きを読む]
  • トーマスと川下り 4
  • 次の日の朝、辺りは明るくなっても谷の底にはなかなか日が差し込まない。特にこの時期、太陽の角度は低く、それに加えU字の谷は深い。全てのものが露でびっしょりと濡れる時に小屋泊まりはありがたい。昨日の川下りで濡れた物も乾いて快適である。ゆっくりと朝飯... [続きを読む]
  • トーマスと川下り 3
  • さらに川を下っていくと遠くに人影が見えてきた。こんな所に自分たち以外にも人がいるんだ。近寄って行き、挨拶をする。僕達と同じようにパックラフトで川下りをしながら、途中で釣りをやっている男達が3人。彼らのパックラフトはアメリカ製だがトーマスのはニ... [続きを読む]
  • トーマスと川下り 1
  • 「今年もダメだったかな」そんな会話をトーマスとしていたのが4月の半ばのことだった。以前は1シーズンに1回ぐらいは時間を合わせて二人で山に行ったりしていたのだが、最近はめっきりそんなこともできなくなった。テアナウに行けばヤツの家に世話になり、一緒... [続きを読む]
  • トーマスとモレーンクリーク 1
  • もう この話を書いたのも10年ぐらい前になる。死んだパソコンと一緒に葬ってしまうのも、なんだかもったいないので記録がてらここに更新しておこう。トーマスという山仲間がいる。日本人だがボクらはトーマスと呼んでいる。なぜ、トーマスなのか?という質... [続きを読む]
  • 知らない街を歩いてみたい
  • 知り合いの家にお呼ばれされた。その人の家で一杯やりながら大画面でラグビーを見ようという晩だった。以前からの知り合いだが普段はめったに会うこともない。お宅に伺うのも初めてだ。車を車検に出しているので、バスに乗って街へ出た。思えばバスに乗るのも何... [続きを読む]
  • アルバイト
  • 娘がアルバイトを始めたのは1月のことだった。バイトを始めたいと聞いて、僕は諸手を上げて賛成、どんどんやりなさい、と言った。社会経験、いいこともあるし、イヤなことや汚いことも、全てひっくるめての勉強だ。それに働こうという本人の意思。これが大切。... [続きを読む]
  • 風邪を引いた
  • 風邪をひいて数日間寝込んだ。思えば風邪を引くのなんて10年ぶりぐらいか、いやもっとかもしれない。最後にいつ風邪を引いたのか思い出せない。バカは風邪を引かないのである。そして馬鹿と天才は紙一重である。故にめったに風邪を引かないが、こうやってたまー... [続きを読む]
  • 自宅の机
  • 夏の仕事を終えてクライストチャーチの我が家に帰ってきた。そして自分の机に向かってブログを書いているのだが、やはりこの机でないと筆が進まない。と言っても実際に筆を使っているわけは無く、パソコンでカタカタとやっているのだが、まあその辺は物書きの端く... [続きを読む]
  • 秋深し
  • 秋が深まってきた。秋とは深まるものなんだな。日本語って素敵だ。この時期のニュージーランドは黄葉が美しい。日本の旅行会社も黄葉を盛り込んだツアーが増える。ニュージーランドの秋はポプラや柳が黄色になり、それが美しいので黄葉なのだ。さらに今年は... [続きを読む]
  • ガートルートサドル 再び
  • 夏は忙しい。サービス業の性なのだが、人が遊ぶ時に働く。一年で一番いい時は一番忙しい時であり、時間を取るのが難しい。それでも以前は一夏に何回かは自分の為の山歩きができたのだが、最近はそれもままならぬようになってきた。忙しい夏もピークを過ぎたころ... [続きを読む]