あねもね さん プロフィール

  •  
あねもねさん: ヒキガエル生活
ハンドル名あねもね さん
ブログタイトルヒキガエル生活
ブログURLhttp://toadlife.blog53.fc2.com/
サイト紹介文オタマジャクシから育てたヒキガエルを飼育中♪ 餌の量、飼育環境など試行錯誤の毎日。病気の記録も。
自由文カエル飼育なんて絶対無理!と思っていたのに……。
子どもがすくってきたオタマが上陸、小さなカエルの愛らしさに夢中で育てました。
大きくなっても、人間くさい仕草、顔に似合わずかわいい鳴き声など、ガマの魅力にメロメロです♪

数年前から体調不良を繰り返していたぴょんちゃんが腎臓病と判明。
闘病と介護の生活が始まりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/07/21 09:42

あねもね さんのブログ記事

  • それ違う
  • 毎日めちゃくちゃ暑いです。しばらく雨降ってないんですけど、梅雨明けまだかなあ。きみちゃん、相変わらず食欲旺盛。プラケ内に手を入れるたびに餌と間違われるので、飼い主は毎回「違〜う!」と叫んでいます。先日お風呂に入っていたときなどは、目の前に流れてきた自分の皮に飛びかかり、勢いよく水中に頭を突っ込んでました。それ、食べ物じゃないよ〜。最近ちょっと脱皮の残りが多めです。皮はしっかりしていて、粘液もたっぷ [続きを読む]
  • 殺虫剤
  • 玄関にあるミニプランター、数年前に種をまいたブロッコリーがひょろひょろとまだ生きています。青虫を呼び寄せるためなので、しょっちゅう虫食いでぼろぼろ状態。今年も花を咲かせた後、ようやく少し葉っぱが生えてきたと思ったら、いつの間にかほぼ丸坊主に。プランターの側面にモンシロチョウの蛹を発見。こいつが大部分をかじったのでしょう。そのままにしておいたら、次に見たときにはもう中身が羽化していなくなった後でした [続きを読む]
  • 黒い瞳
  • ヒキガエルは暗い中にいると、瞳孔が開いて真っ黒おめめになります。普段は飼い主が部屋にいて、夜も明るいのでなかなか見られませんけど。外出して帰りが遅くなったとき、電気を付けた直後だけはこのお顔。明るくなると一分程度でいつもの目に戻ってしまいます。翌日は打って変わって細いおめめ。このポーズは脱皮前ですね。細くなるのは明るさだけでなく、カエルの気分や状態も影響しているようです。寝ている時とか気だるい感じ [続きを読む]
  • モヤモヤの変化
  • またまた更新できずに一ヶ月経ってしまいました。きみちゃんは元気です。食欲も旺盛で、昨日は目の前に手を出したら指先にぱっくり食いつかれました。ヒキガエルは歯がないから平気だけどびっくりした〜。4月末から始まったモヤモヤの排出ですが、大分落ち着いてきました。コメント欄などで他のカエル飼育者の皆さんが教えてくださった通り、女の子の生理的な現象でこれ自体は異常ではないのでしょう。5月から6月上旬にかけては [続きを読む]
  • 量り直し
  • ふと気付いたらもう6月です。体重測定したかったのに、きみちゃんはずっとお風呂の中。ようやく出てきたところで秤に乗せたら、明らかに重たいです。388gって……。たっぷり給水していたもんねえ。床に降ろしても動かないと思っていたら、じょわじょわ〜と大きな水たまりができました。相変わらず尿の中にもやもやしたカスが混じっています。なかなか治まらないなあ。水分出たから軽くなったかな、と量り直し。346gですか。ずい [続きを読む]
  • 練り餌もおいしい
  • きみちゃんは今も数日おきにもやもやを排出していますが、至って元気です。お風呂で踏ん張っている時も特に苦しそうな様子はありません。昨夜は何だかばしゃばしゃやってると思ったら、水中に手袋のような皮が。ヒキガエルにはよくあることですが、きみちゃんではこんなに形が残っているのは珍しいです。最近はきれいに脱皮できていて、お肌の調子も良好です。食欲も旺盛で、週2回食べさせているのに全然物足りない様子。きみちゃ [続きを読む]
  • 毒液
  • 夜にお風呂の水を替えたとき、側にいたきみちゃんの右耳の後ろにぽつんと水滴が付いているのに気付きました。お水跳ねちゃったかな、と思いましたが、他は全然濡れてないし、よく見ると色が付いている??薄ら茶色がかった白濁で、膨らんだ耳腺のちょうど真ん中辺りから出ているようです。こ、これは……ガマの油ことブフォトキシンですよね!ヒキガエルが毒を出すのは命に危険が迫った(とカエル自身が感じた)時だけという認識だ [続きを読む]
  • とある施設のヒキガエル
  • 先日出かけた某所にアズマヒキガエルの展示水槽がありました。想定外の場所でカエルに会えるとテンション上がりますね♪水族館の協力で作成されたというビバリウムはなかなかの見応え。ゆったりした水槽の端っこに1歳程度のちびっ子が3匹いました。きみちゃんの1/3くらいのサイズ、可愛かった〜!! [続きを読む]
  • しましま
  • 先日里山に行ったとき、田んぼのあぜ道でしましまの尻尾を発見。大きなトカゲかと思ったけどなんか違うみたい。シマヘビさんですね。がさがさと草をかき分けたら、田んぼの中に逃げ込みました。太さはせいぜい2cmですが、結構長くて伸ばしたら1m近くありそう。アオダイショウは家の周りでもたまに見かけますが、野生のシマヘビを見たのは初めてです。赤い眼がちょっと怖い。触ってみたかったけど、割と気性の荒い蛇だと聞いたこと [続きを読む]
  • いがいが
  • サプリの粉をたっぷりまぶしたコオロギを食べたきみちゃん。喉がいがらっぽいのか、何度もぎゅっと目をつぶっては唾(?)を飲みました。涙目になっちゃって、眼から泡が出てますよ。最後にひとつ、大あくびです。血色良くて健康そうですね。 [続きを読む]
  • カワトンボ
  • 4月半ば頃から、里山でカワトンボを見かけます。大きさは普通の赤トンボと同じくらいですが、線が細くて飛び方もふわふわしてます。体はメタリックな青緑色で、個体差や光の加減で青みがかったり黄みがかったり。羽は茶色っぽいのと無色透明のがいます。止まるときには赤トンボと違って羽を閉じます。正確な和名は何なのかなとちょっと調べてみたら、カワトンボの分類にはいろいろと変遷があったようでなかなか面白い。現在はDNA [続きを読む]
  • ひも
  • お昼にコオロギを食べた後、夕方まできみちゃんは静かにお風呂に入っていました。きみちゃんが出た後の水は黄色っぽくて、おしっこいっぱい出たねと水を替えようとしたところ、水中に見慣れないものが……。3-4cm程度の白い紐状のもやっとした塊です。つまみ上げてみると柔らかくてぷるぷるしていました。これは多分卵ひもです。ぼんちゃんも、今のきみちゃんと同じ4歳になる年に白いもやもやを排出していましたが、こんな風に [続きを読む]
  • どたばたきみちゃん
  • 普段、きみちゃんは人がいる方をじっと見ていることが多いです。さらにカメラを向けると、どんどん近づいて来ます。でも、テンション上がって動き回っている日には全然目が合いません。お風呂の水を跳ね散らかし、屋根に登っては飛び降りて。元気なのはいいけれど、まあ落ち着きがないこと。コオロギを入れても見向きもしないので、いったん引き上げました。ぼんちゃんは毎年梅雨時にこんな感じで暴れ回って、しばらく餌も食べず一 [続きを読む]
  • ぺったんこ
  • 寒暖の差が激しい季節。先日はとても寒くて、きみちゃんは一日中、丸くぺったんこになってました。前の週にお通じがあって中身が出たから、おなかがふにゃふにゃ柔らかくなってるんですよね。それでこんなに潰れちゃったのかー。その翌日は20℃越えのぽかぽか陽気。姿勢も表情も全然違います。ずいぶんスマートに見えますね。 [続きを読む]
  • ヒキガエル卵2017
  • 3/28にカエル池でヒキ卵塊を1本発見、その後もちょくちょく出かけては様子を見てきました。3/29は変化なし、3/30には少し卵が増えていました。やったね!その週末はみぞれ交じりの冷たい雨が降り、もう4月とは思えないほどの寒さでした。カエルは来なかっただろうなと思いつつ、週明けの4/3に見に行くと卵の位置が若干変わっていました。数は増えた、のかな?端がちぎれて水面に出かかっている卵ひもがあったので、水中に入れよ [続きを読む]
  • 日常会話
  • いつものようにPCに向かっていたら、帰宅した夫が「何してるの?」と声を掛けてきました。答えようとしたら、「どうして登ったの?」って……え?私じゃないの??夫自身も驚いていましたが、なんかすっごくナチュラルにきみちゃんに話しかけてました〜。こういうとき、きみちゃんは相手の顔をじっと見返してお返事です。その後すぐ下に降りて、プラケの角(私の席に一番近いところ)にやってきて、丸くなってうとうと。あら、おね [続きを読む]
  • びろびろ
  • このところ、背中側はきれいに脱皮できるんですが、おなかや手足の皮は毎回残ってしまっています。お風呂の中でもぞもぞしていると、びろびろと皮が浮いてきます。ちなみに脱皮で要注意なときは、間隔が短くて皮がぺらぺらに薄くなったり、厚みがあっても脆くてちぎれやすかったり、皮膚が赤茶けていたり、脱いだ後ずっとべたっとしたまま乾かなかったりします。今のきみちゃんは多少残りが多いだけで、お肌もきれいだし、脱げた皮 [続きを読む]
  • ようやく見つけた
  • ぽかぽか陽気の3連休は毎日里山に行ったのに、結局成果なし。先週3/21は一日雨で急に気温が下がりました。翌日3/22には晴れて、朝はまだちょっと肌寒かったものの、雨の後ということで期待してまた出かけてきました。カエル池も田んぼも水が若干増えていたけれど卵は見当たらず。今年はもうダメかと思いましたが、最後に見た場所でアカガエル卵塊を2つ見つけました!まだちゃんとカエルたちが生息していることがわかって一安心。 [続きを読む]
  • カエルの卵が見つからない
  • 3/6に一日雨が降り、もうガマ合戦は終わった頃かなと、里山に出かけたのが先週の3/10。ヒキガエルもアカガエルも卵が見つからずうろうろしていたら、ちょうど見回りしていたボランティアの方に声を掛けられました。その方によると、最近はカエルの卵がめっきり減ってしまい、特にここ数年は業者による盗掘があるようだ、とのこと。以前見守っていた卵を早朝ごっそり盗っていかれたらしいのです。教材として学校とかに売りつけるん [続きを読む]
  • 非常食
  • 忙しさにかまけて、コオロギの世話をおろそかにしていたら、育つ前にどんどん数が減っていって。とうとうきみちゃんの食べられるサイズがなくなってしまいました。こんな時は非常食、練り餌の出番です。飼い主が練り餌の袋を持っただけで目を輝かせるきみちゃんですが、実際に目の前に持って行くとそれほど反応よくないのは、飼い主の動かし方が悪いせい?ピンセットの先よりも飼い主の手の方がおいしそうに見えるようです。ちょっ [続きを読む]
  • 残り気味
  • 冬場は脱皮の皮残りが多めになります。気温が低くて代謝が落ちる上に、乾燥していますからね。今はもう春とは言ってもまだ寒く、ヒーターは常時ON。まだしばらくお肌に厳しい季節が続きます。本ガマも保湿には気をつけているようで、こまめにお風呂に入ります。皮を水でふやかして、自分でちゃんとこすり落としています。なかなか取れないときは飼い主もお手伝いしますが、その必要はなさそうです。脱皮の様子を見ても特に異常もあ [続きを読む]
  • 生存報告2
  • またまた長いこと放置してしまいました。飼い主が面倒なお仕事をやらされる羽目になり、余裕がない毎日だったというだけで、きみちゃんは何も変わりなし。コオロギが足りなくて食べさせる数を減らしたり、時々食事抜きになっちゃったりしてたのに、体重が減ることもありません。相変わらず300g超えの太めキープです。多少脱皮の皮残りがありますが、よく水に入ってふやかしているので、ひどく固まるようなこともなく、そのままに [続きを読む]
  • 2016年末の様子
  • 昨年12月末の写真、上げておきます。この時点で結構太ってましたね。のたのたと動きが鈍いながらも、お風呂に入ったり、屋根に上ったり。割と暖かい日が多かったように思います。急に寒くなった日は、一日中水に入って過ごしていました。 [続きを読む]
  • やっぱり転覆
  • 最後の一匹になってしまった金魚の一太郎くん。他の子を追い回すせいでもともと隔離してひとりきりだったので、彼の環境には特に変化ありません。人が近づけばバシャバシャと跳ね回って、元気に餌をねだる毎日です。花子さんの水槽より一回り大きいからか、窓際にあって緑の藻が生えやすいからか、彼の水槽はとても安定しています。フンはほぼ分解され、冬場は一ヶ月以上水替えしなくても全然平気。さすがに見た目が汚らしくなるの [続きを読む]
  • 正月太り
  • 新年のご挨拶もしないうちに、松の内とっくに過ぎてしまいました。皆様お久しぶりです。きみちゃんは元気です。寒くなってきましたので若干動きが鈍いときもありますけど。一応、最近はお食事を控えめにしています。それでもおなかはぱんぱんに膨らんでいますね。実は前回フンをしたのは9/14、四ヶ月近くも溜め込んじゃったのです。これは初記録。そんだけ溜めればおなかも丸くなるよねー。食欲もあり、ただの便秘なら特に心配ない [続きを読む]