SELWAGA さん プロフィール

  •  
SELWAGAさん: FCボア益田から わが・ままトーク
ハンドル名SELWAGA さん
ブログタイトルFCボア益田から わが・ままトーク
ブログURLhttp://selwaga.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本の隅っこ石見の国から自然・子ども・スポーツ・教育などを写真で語る〔わが・ままトーク〕
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2009/07/21 17:07

SELWAGA さんのブログ記事

  • 足のうらでボールを“つかむ”そして“なぞる”
  • 転がってくるボールを・・・とても幼い子どもはインサイドやアウトサイドなどではとめない。足のうらで自分の目の前にきたボールを上から“おさえる”。もちろん・・・自分のところへきたボールを“ける”のは本能的な動作。自分のボールにしようとするとき・・・手で“つかむ”ように足のうらで“つかむ”のがいい。“さわる”でけではなく“つかむ”。なんたって・・・・手でできるのと同じように足でボールを扱えたら・・・・そ [続きを読む]
  • またぬき〜〜〜!また ぬいてほしい
  • 乳母車にのっていた赤ちゃんが・・・・スパイクをはいてサッカー選手に!2年生になった。 “未来からの訪問者”の成長はすごい。これが2回目の“遠征”またぬき〜〜〜!だと・・・思う。偶然のプレイか意図的なものかはわからない。この瞬間直後を想像すると愉しい。これから もっともっとたくさん・・・・カッコよく また・ぬいてほしい。???  [続きを読む]
  • まけて涙する成長のあかし=U9の“準優勝”ピラミッド
  • U8のときに2回参加したミニサッカー大会 U9になってはじめての参加だった。予選ラウンド3戦全勝!!!!優勝決定戦にすすんだ。主催クラブのスクールに通っているいろいろなクラブの選手。そのAチームが優勝戦のあいてだった。前半は対等に戦えたが・・・後半は“いきぎれ”!!!!!ゴールをうばえず ゴールをうばわれてまけた。でもでも “じゅんゆうしょう”!!!!!!グッジョ!この日はじめてまけた3年生の中に [続きを読む]
  • 本気120%で戦うことでお互いの力をのばす
  • 『本気120%』とキックオフマークに書いてあった。お互いが力を抜かずに本気で戦うことでお互いが伸びる。力がつく。4月16日(日)=この春一番の気温の高さだった。おそらく気温が25度くらいで〈夏日〉だったにちがいない。ランチタイムをはさんでのゲームの連続でインドアの子どもたちは汗をかいた。追い込まれるのではなく・・・暑くても自分で自分を追い込んでいく心の姿勢がもう高学年生には必要だ。???  [続きを読む]
  • フットサル強豪チームを招いてフットサルカップ
  • 広島から山口から県東部からフットサル強豪を招いて市民体育館で終日A戦B戦をつづけた。胸をかりたチームはいずれも〈強い〉。なにが違うのか・なにが不足しているのか・・・それぞれが振り返ることだ。指導者もコーチの立場で同じように振り返りをして課題を整理し、以後のトレーニングに生かしていく。遠来のチームに感謝???夏日になった一日だった。一人の老体コーチ熱中症になった〜〜〜!   [続きを読む]
  • あの日から9か月=29ゲーム目の新U9
  • 2016年7月17日にU8はじめての『えんせい』をした。遠かった。暑かった!あの日から9か月:::大会や遠征をしてきたU8==今は〈U9〉U8の戦績は15勝2分10敗 28ゲームの市内・県外チームとの戦績さあ!U9のスタート! チーム結成29ゲーム目から32ゲームまで もうなれた人工芝広場に行く。元氣に!本気で!カッコよく! ???  [続きを読む]
  • 新年度?新学期スタート
  • 4月10日=小中学校の新学期がスタートした。すでに4月4日や5日に始業式をすませている地域もあると聞くと少し春休みが長かった感じもする。入学式も今日あった。今年は桜満開とピッタシカンカンですてきな入学式記念写真もいくつか届いた。春だ!今日のトレーニングからは。。。「もうすぐ○年生!」と言ったり「え〜〜と!」と迷うことはない。それぞれ一つ学年があがって、1年生は2年生に、5年生は6年生になった。一言 [続きを読む]
  • 『顔面ヘッド?をねらってカシャ!』
  • 【U10専属カメラマン】の作品より・・・ゲームの中ですごく勇気が必要な瞬間のひとつが空中にあるボールをヘッドすること。動体視力と空中感覚が高い選手はボールの落下点にポジションをとれるが、そうでないと勇気をもってあてようとしても頭でボールにさわれない。動体視力などがあったにしても勇気がないとボールをつかめない。【U10専属カメラマン】の作品のなかから『勇気』あるヘッド・顔面ヘッドを探してみた。「ボク [続きを読む]
  • 【BOA連絡便】4月9日(日)ボアトレ
  • ===【ボア連絡便】=====4月9日(日)13:00〜15:00 ボアトレ Kamate G. 17:00〜20:00 ボアフットSP 市民体育館 =6年・5年・4年口頭指定※SP参加選手 13:00からのボアトレはお休みでOK 会場にきて自主トレするのはOK?? [続きを読む]
  • 何回も使う“極端=”インナーに半袖姿は極端かも・・・でも・・・
  • 朝こそとりあえずストーブをつけたが・・・日中はストーブ不要の暖かさになった。夕方でも気温が20度。これって極端。風呂上がりに扇風機をついつい探してしまった。極端。迷って・・・インナーの上に半袖を着た。極端。ハーフパンツをはこうかなとも思ったほど・・・極端だった。極端の反対語は“中庸”=ほどよいといった感じ。極端にすると風邪ひくぞと・・・あの寒がり屋さんに言われそうだ。それにしても、極端に気温が高く [続きを読む]
  • 悲しいお別れ=でも・・・シーユー!!!
  • 新学期から転居転校するお友だちとの最後の大会だった。3月末に益田での大会でワンツーフィニッシュ。この大会でも優勝してお別れしたいとボアキッズは心の中で思っていた。故障からの調整中の選手・風邪あがりの選手もいる中、強豪を集めたという主催クラブの言葉通り、スカウティングでは2つ落としあとは勝ちとドローゲームでいけるかなと予想していた。全部勝って優勝だというのは・・・・目標だった。15分ゲームでは引き分 [続きを読む]
  • 11ゲーム8勝2分1敗の“準優勝”U10
  • “本気軍団”結成!からちょうど2年・・・・・新2年生が新4年生になる記念日だった。4月最初の週末・・・・はじめてのステイ遠征・・・・はじめての県東部大会・・・・・・だった。そして、この大会があった市へ転居しクラブを退団するお友だちとのおわかれ遠征でもあった。2日間で12チーム総当たり一回戦=初日は6ゲーム 最終日は5ゲーム いずれも15分一本だった。15分間で10ゴールするチーム・・・・そのチーム [続きを読む]
  • ゴールへ向かう“迫力”が増した2017年度スタートU12大会
  • 4月1日〜2日=2017年度スタート遠征=2日間新U10が県東部での大会に参加した同じ2日間 新U12は南の県へ2日間通い遠征した。強豪との対戦で予選ラウンド3位に終わったが、“学ぶ”ことがたくさんあり、また遠征テーマの追いかけもできて成果あり!・ この大会で一番よかったのはゴールへの迫力(はくりょく)だった。・ ターゲットにボールをおさめ、パス&ムーブで2列目3列目からどんどんゴールへ向かうプレー [続きを読む]
  • ワン・ツウ・フィニッシュのミニサッカー大会
  • 広大なピッチで、強豪との対戦のあくる日・・・・・市内の人工芝フットサル場でミニサッカー大会があった。2チーム参加して予選ラウンド全勝!決勝戦はBOAチーム同士の戦いになった。前半は双方 予選でゴーリーをした選手がゲームメーカーに!ゲームメーカーをした選手がゴーリーになった。スコアは3:0後半は ゴーリ交代。3:1?3:2となった。が、あと少しで同点になるところで終了の笛がなった。本部役員が「PKじ [続きを読む]
  • 広すぎたピッチでU9カンバン保持
  • 2年前の新2年生4月1日にインドアで交流したチームをみて・・・選手も保護者もビックリした。なに?同じ新2年生?と。あの日から2年・・・・いろいろなピッチで対戦してきたが・・なかなか勝つことができなかった。もうすぐその“2周年記念日”になる春休み・・・今度は狭小なじゅうたんピッチではなく広大なクレーピッチで対戦した。今の“本気軍団”にとっては広すぎると思った。68×50ほどあるU12公式大会使用のピ [続きを読む]
  • 復帰戦は・・・あのピッチだった! Well come back
  • このピッチでアフターファールされ骨折したんだ。と思うと・・・余計に心配だった。あの時から6週間・・・・不自由な生活を強いられ、ボールを蹴ることができなくて苦しんだ選手の“復帰戦”だった。「このピッチだった!」 せりあうたびに心配した。まだ本来の動きや走りはできなかったが・・・ワンデー遠征で“帰ってきたウルトラマン”だった。。この日の〈サッカーノート〉の〈とっておきのお話作文〉に なにを書くのだろう [続きを読む]
  • 砂けむりの戦士=“9人の侍”
  • 朝の気温は低かった。山越えするときの気温はマイナスなっだ。それでも・・・日中予想気温19度というこの春はじめての数字に期待をしていた。ゲーム開始ごろには暖かくなった太陽の光が春だった。海辺の広大なクレーグラウンドにも“乾燥注意報”がでていた!太陽が西に傾くころ・・・砂煙のサッカーになった。この日が最後の遠征になる4年生選手のことが頭にあった。U11交流会の最後にU10のトレマッチを主催クラブU10 [続きを読む]
  • 桜咲く3月=別れの月
  • きっとこの一週間で桜・さくら・SAKURAが話題になるだろう。いや 少し早いかな。こんなこと言うの。3月は“別れの月”だともいう。学校の卒業式すでに高等学校や専門学校などでは卒業式が終わっている。中学校の卒業式も終わった。小学校は3月17日と18日に集中している。昨年のノートを開く。17日は快晴だった。18日は“悲しいことばかり”だと書いている。この日・・・県立高等学校の合否発表があり、希望校合格 [続きを読む]
  • 夕日に霰・これもいい=晴れマークが多くなった今日このごろ
  • 新しい記録手帳も1月から3月中旬までうまってきた。昨年の手帳をパラパラをめくると あっという間に1年が過ぎる・終わる。この2017年も あっというまに過ぎ去るか、どこかで止まってしまうか・・・。だから 記録もしていく。記録だけではなく予定・計画も書き入れる。予定は準備のため、計画は近い目標のため。ここ最近 ノートに太陽の絵を描くことが多くなった。春、ほんとうの春が近い。“三寒四温” 正式には冬から [続きを読む]
  • 夕日を観て 落ち着くばかりじゃない
  • 夕日を観て 奇麗だなと感じる時がある。その空間に身を置く時間を楽しむことがある。夕景を観ながら落ち着く自分を感じる。いつもそうならいいのだが・・・夕日を観ても落ち着かず、かえってイラつくことも時々ある。ゆったりとした夕景の写真をみながら今は・・・人を待つ。 [続きを読む]
  • 6年生修了=新しい歩み=This is your new start!
  • 3月12日=BOA6年生修了それぞれのサッカー活動を一生懸命に応援し支えてきた保護者に拍手を贈りたい。私ども指導者も保護者にまけないほど子どもたちを支えてきたつもりだが・・・保護者にどれほど伝わっているだろうか。修了色紙・メダル・そして幼いころからの写真集 さらに5年生からのゲーム記録集を手渡した。???  [続きを読む]