SELWAGA さん プロフィール

  •  
SELWAGAさん: FCボア益田から わが・ままトーク
ハンドル名SELWAGA さん
ブログタイトルFCボア益田から わが・ままトーク
ブログURLhttp://selwaga.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本の隅っこ石見の国から自然・子ども・スポーツ・教育などを写真で語る〔わが・ままトーク〕
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供214回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2009/07/21 17:07

SELWAGA さんのブログ記事

  • 2年連続優勝・2大会連続優勝の“本気軍団”
  • 街の建設会社が社会貢献活動として実施するフットサルU10大会・・・その第4回大会がドーム球場であった。第1回大会は4位〜第3回大会は準優勝:::昨年の第3回大会で初優勝したBOA。第4回大会で2年連続優勝をねらった。予選ラウンドは4ゲーム。チームのテーマ通り『力をあわせて』35ゴール!全勝で優勝決定戦に進出した。決勝戦でも『力をあわせ・本気で・かっこよく』戦い・・・9:0で“激勝” 2年連続この大 [続きを読む]
  • U8の“初遠征”
  • U9の中にはいって3年生といっしょに大会に参加したことは数回あるが・・・U8=2年生だけで大会に参加するのは2017年度はじめてだった。5人制サッカーを“5人の戦士”でするから・・・休む暇はない。5人が5人で6ゲーム=120分戦った。日差しは強かった。太陽が強かった!気温も高かった・・・・・予選の初戦で“3年生チーム”のようなチームにまけたがグループ2位あがりで・・・2位2回戦総当たりリーグへ!3 [続きを読む]
  • はじめての“PK戦”にドキドキ=U9
  • はじめての体験=PK戦だった。ける順番がきまらないまま・・・一人目がしかたなしにけったボールはゴール左ポストの外へ・・・!でも 二人目はきめ ナイスセーブのGKに勇気をもらって3人目がきちんときめて・・・PK戦に勝った。知る人ぞ知る・体験ある人こそ知る・・・PKのときのゴールキーパーの心理状態!なんたって・・・こわい!キッカーがける瞬間に顔をそむけてしまうこともある。しかし・・・ボアキッズGkはに [続きを読む]
  • PK戦で…第3位 くやしがる選手はのびる
  • 4月のこのミニ大会では優勝決定戦に進み主催クラブにまけて『準優勝』だった。6月のこの大会ではそのチームと予選ラウンドで対戦。やはり勝てなかった。グループ2位で3位決定戦・・・・・同点でゲーム終了 PK戦をした。そして・・・・3位になった。5ゲームで24ゴール!失点が15『ボアトレのときと同じようにすればいいんだ。』とアドヴァイスするが・・・それが『そと』ではなかなかできない。プラスさせてもらえない [続きを読む]
  • フットサルU12県大会へ!出場権獲得
  • 挑戦ナンバー2=フットサル全国大会へのロード第一ステージ=支部予選大会理由ははっきりしないが・・・きゅうきょ予定された開催日がくりあがり・・・体育館フロアではなくすべりやすいドーム球場で開催された。第一ゲーム=入りもよく2点をうばってノックダウンかと思ったが1点とられて2:1で勝利。第二ゲーム=入りも悪く県大会代表権利を獲得したせいか気持ちも動きも鈍くて前半3点とられたが、後半2点かえした。終盤は [続きを読む]
  • 今度は『準』がない“優勝”だ!本気軍団
  • U10になってから『準優勝』が続いたBOA本気軍団====『準』をとりたい!と2日間の通い遠征大会だった。総当たりリーグを2日間にわたった6ゲーム そのあと準決勝〜優勝決定戦と続いた。全勝で予選1位のBOA本気軍団は準決勝も勝利して・・・優勝戦に!予選では3:0で勝った対戦チームに先制されたがポゼッションは高く同点にし、そして突き放して・・・久しぶりの“準”のない『優勝』をはたした。2日間のU10 [続きを読む]
  • 夏の選手権支部予選突破ならず
  • 2017年度U12=夏の選手権大会支部予選大会予選ラウンドでゴールディファレンス(得失点差)1差でグループ2位上りのBOA“なかよし軍団”は、準決勝戦に登場。20分ハーフ40分ゲームを同点で終え延長戦に突入。接戦だったが・・・・惜しくも終盤で突き放されて敗退。3位決定戦は制したものの・・・・県大会出場権利獲得はのがした。参加したどのチームにも県大会への可能性があった今年の支部予選大会だった。公式サ [続きを読む]
  • 30,7度の町の人工芝は33度だった!=U9自分鍛えの遠征
  • 予想通り暑かった。湿度がひくいため異常な暑さは感じないが・・・『熱かった』『暑かった』ひと月ぶり…4回目の現U9Adiパークだった。2チームに分かれての5人制サッカー24分ゲームをあわせて10本した。つかれた〜〜〜〜〜! しんどかった〜〜〜〜!でも・・・がんばった〜〜〜〜!『そと』に行って知ることは多い。『そと』に行って学ぶことも多い。子どもたちはそれぞれ そとで 自分を少しだけ客観的にみたはず。 [続きを読む]
  • 二連覇ならず!はじめてのPK合戦
  • おそらくこれ初めての体験だと・・・・記憶をたどりながら思った。第2回大会で優勝して・・・この第3回大会での連続優勝を目指したBOAU10だったが・・・優勝決定戦が同点に終わりPK合戦になった。大会での決勝戦でPK合戦をした記憶がない。予選ラウンドを順調に連勝して準決勝戦も勝ち取って進んだ決勝戦。先制したが・・・ピッチに入ってきたとなりのゲームのボールに眼をとられた審判がオフサイドプレイを見逃して同 [続きを読む]
  • GWの U10の 3人の 3年生戦士たち
  • GW第一弾遠征はU10春第3弾だった。暑い日差しのなか・・・・・30分ゲームを6本こなした。限界までの長い一日だった。■U10TEAMの中に…3人の3年生戦士がいた。■U12ピッチは4年生にとっても広すぎたが・・・3年生にとっては反対側のタッチラインがみえないほどだった。3人のうち2人はこんな広いピッチで試合をするのは初めて。走っても走ってもゴールは遠かった。でも選手たちには言う。「ピッチにたった [続きを読む]
  • 趣旨と実態の矛盾 2017=U12リーグ開幕
  • 日本協会主導の『リーグ』 U12カテゴリーの支部リーグがスタートした。総当たり3回戦::::::ワンデー2試合というしばりがついていて、長丁場になる。補助金をつけてゲーム体験の場を一つでも多くという趣旨はよいが・・・この『リーグ』=戦績が冬の全日本U12選手権とつながっているところに違和感をもつ。ひとつの具体例をあげると、ある県のある支部U12リーグ・・・そこには選抜された選手で構成されたJクラブ [続きを読む]
  • GWシリーズ第三弾=U12“けむりのサッカー”
  • そこは・・・暑さと風とけむりの広場だった。U12GW強化遠征=GW第三弾 U11TMを含めて6ゲーム砂ぼこりの中での挑戦だった。高いレベルでのサッカーが意識も戦い方も上向きにしてくれる。チビリン中国大会準優勝チームと対等に戦い2:2で終えたゲームがこの日のベストゲーム。???5月6日=2017U12支部リーグ開幕戦に臨む  [続きを読む]
  • 時計はとまらない^^^連続ゲームのU10
  • 2時間走ったら 広大なグラウンドに大きなピッチが8面用意されていた。U12〜U10のゲームのためだが 同じ広さのピッチだった。U10には広すぎた。30分ゲームを連続3本〜〜〜少し休憩してまたゲーム〜夕方までに6本した『本気軍団』だった。5勝1敗=======挑戦ゲームは前半16分くらい+後半18分だった。!?!?1月には大敗した強豪から先制!結果は1点差の敗戦だった。チーム入りした3人の3年生もし [続きを読む]
  • 【挑戦】ゲームに焦点をあわせてU10第3弾
  • U10=2017第三弾遠征::::::::::::::::::::::>U10:::::::::::::::::::::::::::::::::ワンデー+3人の3年生もいれて行く+5ゲーム よりうまく・より強くなるU10の春 トレーニングの成果と心のアクション度を試す一日になる・・・・・U9=2017年1月に“あそばれた”チームに挑戦する日でもある。『一意専心』ひたすら ひとつのことに 心を 集中 [続きを読む]
  • U14だってGWに東京で国際大会あり〜〜!
  • 「ゴールデンウイークは いかがお過ごしですか?」と会話がはずむこの頃・・・・ハイ!遠征と大会で・・・・子どもたちも忙しいです。から・・・保護者もゴールデンウイークのメインはサッカーかな?と答える。選手の出入りはあるものの3日・4日・5日・6日と大会など遠征が続く。7日のボアトレとボアフットSPVSU13でGWをしめくくる。おっと!東京ではU14の国際大会が開催されるようだ。中学2年生以下構成チーム [続きを読む]
  • 足のうらでボールを“つかむ”そして“なぞる”
  • 転がってくるボールを・・・とても幼い子どもはインサイドやアウトサイドなどではとめない。足のうらで自分の目の前にきたボールを上から“おさえる”。もちろん・・・自分のところへきたボールを“ける”のは本能的な動作。自分のボールにしようとするとき・・・手で“つかむ”ように足のうらで“つかむ”のがいい。“さわる”でけではなく“つかむ”。なんたって・・・・手でできるのと同じように足でボールを扱えたら・・・・そ [続きを読む]
  • またぬき〜〜〜!また ぬいてほしい
  • 乳母車にのっていた赤ちゃんが・・・・スパイクをはいてサッカー選手に!2年生になった。 “未来からの訪問者”の成長はすごい。これが2回目の“遠征”またぬき〜〜〜!だと・・・思う。偶然のプレイか意図的なものかはわからない。この瞬間直後を想像すると愉しい。これから もっともっとたくさん・・・・カッコよく また・ぬいてほしい。???  [続きを読む]
  • まけて涙する成長のあかし=U9の“準優勝”ピラミッド
  • U8のときに2回参加したミニサッカー大会 U9になってはじめての参加だった。予選ラウンド3戦全勝!!!!優勝決定戦にすすんだ。主催クラブのスクールに通っているいろいろなクラブの選手。そのAチームが優勝戦のあいてだった。前半は対等に戦えたが・・・後半は“いきぎれ”!!!!!ゴールをうばえず ゴールをうばわれてまけた。でもでも “じゅんゆうしょう”!!!!!!グッジョ!この日はじめてまけた3年生の中に [続きを読む]
  • 本気120%で戦うことでお互いの力をのばす
  • 『本気120%』とキックオフマークに書いてあった。お互いが力を抜かずに本気で戦うことでお互いが伸びる。力がつく。4月16日(日)=この春一番の気温の高さだった。おそらく気温が25度くらいで〈夏日〉だったにちがいない。ランチタイムをはさんでのゲームの連続でインドアの子どもたちは汗をかいた。追い込まれるのではなく・・・暑くても自分で自分を追い込んでいく心の姿勢がもう高学年生には必要だ。???  [続きを読む]
  • フットサル強豪チームを招いてフットサルカップ
  • 広島から山口から県東部からフットサル強豪を招いて市民体育館で終日A戦B戦をつづけた。胸をかりたチームはいずれも〈強い〉。なにが違うのか・なにが不足しているのか・・・それぞれが振り返ることだ。指導者もコーチの立場で同じように振り返りをして課題を整理し、以後のトレーニングに生かしていく。遠来のチームに感謝???夏日になった一日だった。一人の老体コーチ熱中症になった〜〜〜!   [続きを読む]