亜熱帯気候 さん プロフィール

  •  
亜熱帯気候さん: 亜熱帯天然色百科
ハンドル名亜熱帯気候 さん
ブログタイトル亜熱帯天然色百科
ブログURLhttp://sky.ap.teacup.com/subtropics/
サイト紹介文台湾・日本・夜市・屋台・餐廳・路地・鐵路・猫etc Deepな台湾世界へ
自由文ツアーでは体験できない未知の台湾世界へ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/07/22 01:19

亜熱帯気候 さんのブログ記事

  • 夕暮れの基隆へ 2 @臺鐡台北車站
  • 昨日は帰国する姪3號をセントレアまで送ってきました。09:55のCI151ではなく12:15のCI155だったので若干朝はゆっくり眠れましたが、さすがに1週間大垣祭りや京都へ連れて行ったりしたので疲れました。また夏には姪1壕が遊びに来ると言っているので体力も財布も大変です。さて基隆行きの2回目は臺北火車站から自強號に乗り込みます。[画像]先発の區間車がありますが僅か23元高いだけ当然自強號を待ちます[画像]夕方5時前の臺北火車 [続きを読む]
  • 安東市場・成功市場で買物 4 @四維路192巷
  • ショッピングモールや郊外型スーパーの増加によって随分少なくなりましたが日本の公設市場にも食品以外に、洋品店や呉服屋・履物店などが揃っていました。台湾の傳統市場も女性モノのアクセサリー店・洋装店・靴屋etcが同居しており、中にはパーマ屋まで入居している市場もあります。まさに台湾のおばちゃんのワンダーランドです。[画像]日本のように冷蔵ケースには入っていませんがこれまで食あたりしたことはありません[画像]左 [続きを読む]
  • 林森北路南段はスーツ姿の日本人ばかり@林森北路 12
  • さていよいよ台湾駐在会社員・出張社員のご贔屓どころ林森北路のバー・スナック・ラウンジ街です。この付近の店はほとんど日本語が話せるホステスがおり、カラオケのデュエットも日本語でOKです。実際夜の街を歩いてみるとスーツ姿の出張族や、ホテルへ入って着替えたのか私服ではあるけれど日本語で語らいながら店を探すグループが多く見られます。[画像]   南京東路から南へ二筋目 スーツ姿の日本人グループ[画像]   刺身 [続きを読む]
  • 庶民的な北投夜市へ 3 @光明路
  • 先月甥が10日ほど遊びに来たばかりですが、明日からは姪3號が有給休暇を取って1週間遊びに来ることになっておりどこへ遊びに連れて行くか頭の痛いところです。事前に先月オープンしたレゴランドへ行きたいと言ってきましたが入場料6,900とTDL・USJ並に高い割には敷地は狭くアトラクションは学童向け程度だというと迷っていました。アトラクションを楽しみたいなら長島や蒲郡のラグーナテンボスのほうが良いかもしれません。[画像] [続きを読む]
  • 良い子は近づいてはいけない妖しいお店 6 @萬華夜市
  • 良い子は近づいてはいけない妖しいお店、6回目はアーケードのある華西街南地区から廣州街を西へ進み次の道梧州街へ入ります。梧州街は華西街26巷辺りまでですが道の両側に熱炒屋台がずらりと並び、中には生魚片(刺身)をウリにしている屋台もあり、夜風に吹かれながら台湾ビール片手にマグロやカジキの刺身をつつくのも一興です。[画像]ほかの夜市では小吃主体ですが萬華は成立の経緯もあって飲酒できる店が多いのが特徴です[画像 [続きを読む]
  • 夕暮れの基隆へ 1 @臺鐡台北車站
  • ある日の夕方、時間が空いたので久しぶりに基隆へ行ってみようと大安站からMRTに乗り台北車站へ向かいました。いつもはバスで台北車站青島路で下車、中央口から臺鐡に乗るのですが、この日は地下のMRT臺鐡乗り換え口を使ってみることにしました。家を出た時はどんよりした曇り空だったんですがさすがは雨港の異名を持つ基隆、駅前へ降り立ったときはしとしと雨になってました。[画像]大安站は文山線と信義線の乗換駅 信義淡水線の [続きを読む]
  • 安東市場・成功市場で買物 3 @四維路192巷
  • 安東市場で野菜を買ったあと、傳統市場のハシゴで成功市場までやって来ました。成功市場のほうが店の数が多く、特に肉や魚は複数の店が入居しているので品比べをしやすいからです。安東市場から成功市場までは和平東路を東へ、復興南路を渡れば徒歩でも5分程です。台北市内にはまだまだ傳統市場が多くあります。[画像]               魚と魚肉練り製品[画像]こちらの魚屋のほうが品数が多いですね トレイに紐が掛 [続きを読む]
  • 林森北路南段初回@林森北路 11
  • 10回にわたって紹介してきた林森北路北段に続き、今回からは南段を紹介します。南段は南京東路から市民大道までですが、繁華街としての南端は市民大道より1本北の長安東路までです。また北段に比べ東西の広がりが大きく新生北路から中山北路までの巷仔にはスナックやバー・キャバクラ・マッサージ店がひしめき合っています。[画像]        林森北路南段へは中山北路南京東路口から[画像]正面の警察署右側がホテルオークラ [続きを読む]
  • 庶民的な北投夜市へ 2 @光明路
  • 子供の頃は駅南や栄生駅西側ののガード下など名古屋にも屋台がずらりと並ぶ光景が見られたものですが、衛生上の問題や道路法の規制などの規制によりすっかり姿を消してしまいました。国内で常設の屋台と言えばほぼ博多だけで、博多でも屋台の経営権の譲渡は認めないなど自然淘汰を目指すような方向にありましたが、昨年になって屋台を観光資源として活かす方向に転換、新規営業者の募集も行われました。名古屋でもこんな街作りが出 [続きを読む]
  • 良い子は近づいてはいけない妖しいお店 5 @萬華夜市
  • 今週木曜日まで甥3號が有給休暇を使って泊まりに来てました。久しぶりだったので色々連れて遊びに行ったのですが、アウトレットに買い物に行きたいというので長島温泉のジャズドリーム長島へ連れて行くとアディダスやナイキでスニーカーを買ったまでは良いのですが、シチズンの時計を見たいと言います。セイコーじゃないのかと聞くとシチズンだというので連れて行って免税で時計を買ったのですが、店の人によると大陸ではシチズン [続きを読む]
  • 夕方の新竹車站@10年振りの内湾訪問 8
  • 新幹線が開業して10年、長距離客は新幹線へ短距離客は臺鐡へと棲み分けが進んだ台湾の鉄道事情ですがやっぱり風情があるのは在来線の臺鐡、台北への帰路はまよわず臺鐡を選びました。切符売り場に並んで希望の17:20発自強號の指定券が入手できたので駅の中を見ながらホームへ入ります。夕方のラッシュ時間、新幹線が出来て少しは旅客が減っているかと思ったのですがホームは下校の学生や通勤客で混み合っており活気があります。[画 [続きを読む]
  • 安東市場・成功市場で買物 2 @和平東路二段三段
  • 台北の地名・街路名は日本統治時代にはいわゆる原住民時代から使われてきた名前や日本風の名前が付けられていましたが國民党が台湾へ遷都して以降、中国大陸のすべてを統治するという國民党の党是の下地名・街路名も全部中国大陸の地名を採ったり三民主義や中国伝統の思想に基づく名前に替えられました。大陸の地名は全国至る所から採られており、しかも現在では改名または消滅した地名も使われているため北平(北京)西路や安東(丹 [続きを読む]
  • 珍膳園で粉食三昧 3 @忠孝東路四段
  • 結局お目当ての酸菜白肉火鍋は食べれないので拌白菜心(白菜と豆腐干・ピーナッツ・香菜の冷製和え物)とビールを注文しただけであとのオーダーは友人に任せてしまいました。これが間違いだったわけで先回紹介した牛肉捲、葱油餅に続いて粉物があと二品、計四品も粉物が出てきます。台湾の粉物は確かに美味しく好物ですがさすがに四品も出てくると食べきれず餃子は半分ほど帯包(持ち帰り)することになりました。[画像]       [続きを読む]
  • 林森北路北段最終回@林森北路 10
  • 林森北路シリーズ北段の最終回です。以前紹介したように林森北路南京東路口は公園になっており歓楽街としては欣欣百貨店と晶華酒店辺りまでになります。晶華酒店からは中山北路へ出て老爺酒店(日航台北)の前を通り中山北路南京東路の交差点まで来ると左手に大倉久和大飯店(ホテルオークラ)、右手が新光三越百貨店で台北有数の繁華街です。[画像]      後ろの紫色の看板 奈良酒坊カラオケとあります[画像]       馳 [続きを読む]
  • 庶民的な北投夜市へ 1 @光明路
  • 北投へ着いてピザの夕食を食べた後、夜市へ出かけてみることにしました。士林や通化街に比べると知名度はいま一つですが北投にも夜市があります。場所はMRT北投站から東へ5分ほどですが新北投站からも7〜8分ほどと近いです。この夜市、昼間は公有(公設)市場を中心とした菜市場で買い出しの主婦で賑わいますが、日が陰るころから野菜や魚肉を売る店が消え、小吃・熱炒など飲食関係と若者向けの衣類を売る店が開いてきます。[画像] [続きを読む]
  • 良い子は近づいてはいけない妖しいお店 4 @萬華夜市桂林路以北
  • いわゆる萬華(地区)夜市の中で屋根の有るのは中華路から西園路一段72巷までの華西街観光夜市だけです。時期によってしとしと雨が続く台北ですから屋根があるのは安心です。また屋台は桂林路口に僅かに出ているくらいで固定店舗ばかりのため食事もゆっくり取ることができます。ただ最北端の西園路一段72巷から貴陽街二段までの間だけはアーケードが無く、軒先に雨避けテントを張りだしただけの店舗が連なっており客層も変わってき [続きを読む]
  • 合興→内湾→新竹へ@10年振りの内湾訪問 8
  • 30分ほど合興站で遊んだあと再び内湾へ、更に内湾始発の気動車で新竹へ向かいます。気動車は竹中止まりなので竹中で六家(台湾新幹線新竹)から来た電車に乗り換え臺鐡新竹站へ向かうことになります。新竹ではちょうど夕方のラッシュ時間になりますが空席があれば久々に自強號に乗って台北へ帰る予定です。[画像]合興は無人駅です ホーム上にICカードの読み取り機がありますが向って左が降車用、右が乗車用と別れているので注意が [続きを読む]
  • 安東市場で買物 1 @和平東路二段
  • 傳統市場と言うと成功市場の利用が多いヨメですが瑞安街を和平東路へ出て道を渡った安東市場へもタマに出かけます。安東市場は和平東路と龍門國中の間の路地にある市場で肉屋・魚屋・八百屋・雑貨屋など30軒ほどが軒を連ねます。この安東市場今話題の築地、豊洲移転じゃないんですけど古くて汚いということで瑞安豆漿大王の向えの市営住宅が完成する際、1Fに代替市場が準備され20軒ほどが移ったんですが家賃が高くなることで移転を [続きを読む]
  • 珍膳園で粉食三昧 2 @忠孝東路四段
  • 珍膳園で粉食三昧の2回目です、酸菜白肉火鍋を目的にやって来た珍膳園ですが点菜(オーダー)する段になって老板娘から酸菜白肉火鍋は11月からだよと無常の言葉が、そうです訪れたのは10月28日まだ酸菜白肉火鍋は食べられなかったのです。まぁ仕方ないやということですがそれでも暖かいものが食べたいとオーダーしたのが牛肉粉絲保の下に火、牛肉と春雨の土鍋煮です。[画像]        牛肉の下にスープを吸った春雨が隠れてま [続きを読む]
  • 飲屋だけじゃない林森北路のお店@林森北路 9
  • 歓楽街の林森北路ですが戸建てが少なくマンションばかりの台北のこと、雑居ビルの上が居住スペースになっているビルも多くあり住民も沢山住んでいます。林森北路民生東路口を西へ向えば雙連の市場もあって生活に困ることはありません。林森北路メインストリートは飲食店が多いものの、コンビニやスーパーも点在しており地元住民と飲食店従業員双方で賑わっています。[画像]   酒店小姐の利用も多い頂好welllcomeと7-11にCOSMED[ [続きを読む]
  • 温泉リゾートマンションで1泊@北投温泉
  • 去年10月末の日曜日、お昼に101才のお爺さんの誕生日を日日香小館で祝った後、妹夫婦の北投温泉のマンションへ泊りに行きました。北投温泉は日本統治時代に発展した湯治場で、中華民国になってからは歓楽街として賑わい一頃は悪名高い日本人団体客の売春ツアーで名を馳せました。ただ、それも遠い昔となり現在では烏来と共に台北から最も近い(もっとも北投温泉は台北市内ですが・・・)温泉リゾートとして家族連れで賑わうように [続きを読む]
  • 今日の大安森林公園@姪1號報告
  • 午前中は天気が良かったんですが、昼過ぎから薄雲が出てきてしまい今一つの天気の名古屋ですが、今日の台北は晴れて気温21℃と丁度良い頃合いで姪1號も陽気に誘われて愛犬の散歩に大安森林公園へ出かけたそうです。最近の大安森林公園は休日ごとに何らかのイベントが催されており今日も屋台が出て多くの人で賑わっています。[画像]子供向けのビン釣遊び 手前に写っているのが姪1號の愛犬[画像]             屋台が沢 [続きを読む]
  • 良い子は近づいてはいけない妖しいお店 3 @萬華夜市
  • いわゆる萬華(龍山寺)の夜市は龍山寺東側の西昌街、龍山寺前廣州街の西園路から西、廣州街と交わる華西街の三水街から貴陽街まで、華西街1本西梧州街の三水街から桂林路までの4本を指します。この中で比較的万人向けというか安全なのは西昌街・廣州街と華西街の廣州街から桂林路まで、梧州街の廣州街から桂林路まででしょう。他の街区は店はあるものの観光客向けとは言い難く地元民でも家族連れやカップルは近づかない地区です。 [続きを読む]
  • ネコ駅長?の合興車站@10年振りの内湾訪問 7 休日写真増量版
  • 内湾の街を散策した後、新竹側へ2つ戻った合興へ向かいます。合興はかつて台湾水泥の石灰石積み出し基地として使われ勾配の途中にあることから台湾では数少ないスイッチバック設備のある駅でした。また60年ほど前のことになりますがこの駅を舞台にしたロマンスがあり愛情火車站として知られるようになり昨年には北海道の廃駅幸福駅と姉妹駅協定を結んでいます。[画像]        14時47分の気動車で内湾から合興へ向かいます[ [続きを読む]
  • 珍膳園で粉食三昧 1 @忠孝東路四段
  • 仁愛路の朱記餡餅粥店で牛肉捲餅や蔥油餅で粉食三昧した四日後のちょっと寒い日、友人から電話があり東區の珍膳園へ酸菜白肉火鍋を食べに行かないかとのお誘い、今シーズン初めてだったこともあり一も二も無くOKしてタクシーに分乗、忠孝東路二段へと向かいました。この辺りは少し前に紹介した頂好地区の東端に当たりますが、忠孝東路には明曜百貨店・神旺大飯店etcが、裏通りに入ればブティック・小ジャレた飲食店が密集する賑や [続きを読む]