亜熱帯気候 さん プロフィール

  •  
亜熱帯気候さん: 亜熱帯天然色百科
ハンドル名亜熱帯気候 さん
ブログタイトル亜熱帯天然色百科
ブログURLhttp://sky.ap.teacup.com/subtropics/
サイト紹介文台湾・日本・夜市・屋台・餐廳・路地・鐵路・猫etc Deepな台湾世界へ
自由文ツアーでは体験できない未知の台湾世界へ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2009/07/22 01:19

亜熱帯気候 さんのブログ記事

  • 妖しげなマッサージ店怪しげじゃないマッサージ店@林森北路 6
  • バカ殿様やだいじょうぶだぁが放送され台湾で最も有名な日本人と言ってもいい志村けん、元々台湾旅行が好きだったことと台湾での著名度をを理由に金城武と共に日本アジア航空のCMにも長年起用されていました。そんな志村けんが迎えてくれるのが森林北路のマッサージ屋豪門世家理容名店、場所柄台湾人よりも日本人の利用が多いマッサージ店です。[画像]日本人向けに片仮名表記もあります 手前に出ているのは香腸(腸詰)花枝(スル [続きを読む]
  • 東區といえば頂好 2 @忠孝東路四段
  • 今月28日の春節を前に台湾では忘年会(尾牙)真っ盛り、昨日は義弟が勤める中華電信(日本のNTTに相当)国際部の尾牙がありましたし、今晩は姪1號が勤める歯科医院の尾牙がSOGO敦北館の漢來海港餐廳であるそうで写真をメールで送ってくるということなのでまたご紹介したいと思います。2017年が始まってもうすぐ20日、日本では年末なんてもうずいぶん前のことのような気がしますが中華圏ではあと10日に迫った春節に向けて年末気分が [続きを読む]
  • 休日の大安森林公園は人だらけ 3 @ 野外ステージ
  • 昨日からの大雪、気象台発表では名古屋の積雪2cmということですが、我家の周りは5cmほど積もりました。それでも太平洋側のおかげで11時くらいから太陽が顔をだしかなり雪は解けてきました。ただ今晩、もう少し降る予想も出ており明朝は早めに家を出る必要がありそうです。さて大安森林公園の3回目、公園の各所にコンサート開催の幟が出ています。公園の新生南路側にある野外ステージでコンサートがあるようなので見に行ってみるこ [続きを読む]
  • 遠足の小学生が走り回る内湾商店街@10年振りの内湾訪問 5
  • 台北機廠ってしってますか? 市民大道の京華城向かいにある臺灣鐡道管理局の車両工場でしたが七堵へその機能が移ったため跡地再開発をどうするか検討されていましたが、昨日の新聞によると鉄道博物館にする計画が進んでいるそうで、埼玉の鉄道博物館が運営ノウハウなどについてお手伝いするそうです。また日本に残っている戦前の資料の中に台湾関係のものがあれば提供していく方針だそうで市中心部に新たなテーマパークができ、そ [続きを読む]
  • ウェスティンでランチブッフェ 3 @台北威斯汀六福皇宮大飯店
  • 台湾のカレーといえば街で食べてもスーパーでルーを買ってもついこの間まで、真っ黄色したシャビシャビの薄いカレーばかりでしたが、最近は街にはインド人やネパール人が経営する本格的なカレー屋が出来たり日本からココイチが出店して人気を博しています。またスーパーのカレー売り場でもハウスやSBのルーが容易に買えるようになり日本風のカレーを家庭で作る人が多くなっています。ウェスティンのブッフェにもカレーコーナーがあ [続きを読む]
  • 日本人向け飲屋街@林森北路 5
  • 明けましておめでとうございます、新年第1弾は林森北路の日本人向け飲屋です。今では東區にラグジュアリーなホテルがオープンしていますが、台北のメインストリート中山北路には以前からリージェント・ニッコー・アンバサダーなど高級ホテルが集中しており最近でも一帯にプリンス・オークラが開店し日本人の宿泊が多い地区です。また日本企業の営業拠点も集中しており接待や飲み会需要が多く日本人向けの飲み屋が多くあります。[画 [続きを読む]
  • 銅鑼燒と名古屋@大稻埕
  • 今週頭まで姪1號が2週間ほど遊びに来ていたため年末の準備が出来ず、やっと6時半になって大掃除が終わりました。そのためいつもは予約投稿するのですが今日はリアルタイムでアップしてます。大掃除中に姪3號からLINEが来ましたが、「在大稻埕遇見名古屋」ということで銅鑼燒の屋台に何故か「名古屋 ナマカシ」何の関係かさっぱりわかりませんが今年最後の投稿はこれにしておきます。今年一年有難うございました、また来年も亜熱帯 [続きを読む]
  • 東區といえば頂好 1 @忠孝東路四段
  • 今では東區というと101や市政府・統一阪急百貨店・新光三越信義館などがある基隆路以東を指すことが多くなりましたが、以前にも紹介したようにこの一帯は20年ほど前までは茫々とした農地が広がるだけの何もない一帯でした。その頃の東區といえば復興南路から延吉街辺りまでの忠孝東路四段、いわゆる頂好地区のことを指していました。頂好には昔からの太平洋SOGO本館・敦南館・明曜百貨の3百貨店に加えてMRT開通に合わせSOGO復興館 [続きを読む]
  • 休日の大安森林公園は人だらけ 2
  • 大安森林公園東側の建國南路は高架下の駐車場を使って土日に身障者が出店する藝文廣場・假日花市・假日玉市が開催され地元民だけでなく観光客も多く集まって賑わいます。最近ではそれに合わせて大安森林公園でも農協の即売会や野外舞台を使ってのコンサートが催され家族連れが休日を楽しむようになっています。[画像]芝生の上で弁当を広げたり寝転んだり各々休日を楽しみます[画像]         ブラスバンドの練習に集まった [続きを読む]
  • 内湾は小学校の遠足で大賑わい@10年振りの内湾訪問 4
  • 終着駅内湾に着くと駅前は遠足の小学生で大賑わいです。日本統治時代から林業で栄えた後、林業の衰退と共に寂れた内湾ですが15年ほど前からの国内旅行ブームに乗って観光地化し休日だけでなく平日にも結構人が訪れるようになっています。炭鉱の衰退と共に寂れた猴?と同様、寂れ方が好ましかったので、個人的には観光地化してしまったのに少し複雑な気持ちがあります。[画像]       晴れ渡った空と椰子の樹が似合う内湾車站 [続きを読む]
  • 屋台もあるよ@林森北路 4
  • 酒家や料理店など高級店が立ち並ぶ林森北路ですが、そこは台湾、夜になると庶民的な屋台も現れます。お馴染みの滷味・烤鴨に加えて盛り場らしく熱炒・壺焼き海老・焼き鳥などもあり屋台によっては歩道上にテーブルと椅子を並べているところもあり路上宴会を楽しむ姿も見られます。[画像]  ラブホWegoの前に停まる軽トラは焼き鳥など串ものの炭焼き[画像]           マックの前には烤鴨の軽トラ[画像]     マッサ [続きを読む]
  • お粥屋小李子は今晩も盛況@復興南路二段142-1號
  • 友人や親せきからのお誘いが多く中々のんびりと晩御飯を食べることもできませんでしたが、お誘いが無かったある夜、久しぶりに歩いてお粥を食べに行くことにしました。お店はもちろん馴染みの小李子、10年来の行きつけです。ぶらぶら歩いて復興南路まで出ると小李子の隣に松山へ移転したはずのお粥屋「無名子」が再開店しており驚きました。[画像]             臭豆腐や滷味に清蒸鱈魚[画像]     泡菜(漬物)や [続きを読む]
  • 休日の大安森林公園は人だらけ 1
  • 台北市内には萬華の青年公園、松山の中山公園(國父紀念館)、民権の榮星花園、中山の花博公園、内湖の太湖公園・碧湖公園など大規模公園が多くありますが、規模的場所的に最も人が集まるのが信義の大安森林公園です。以前にも紹介したように信義路・建國南路・和平東路・新生南路に囲まれた一帯は、現在リージェントや日航・大倉ホテルが建つ旧康樂市場付近と並ぶスラム街でしたが、立退き・再開発によって市中心部に1994年26ヘク [続きを読む]
  • 内湾線車内にはライオンがいた@10年振りの内湾訪問 3
  • さて20分程の乗り換え時間を過ごすと、新竹から内湾行きのディーゼルカーがやって来ました。六家線は電化されており内湾線も六家線と共用する新竹〜竹中間は架線がありますが竹中以東は昔ながらの非電化路線です。車両自体はまだ車歴15年ほどの日本車両製クーラー付きですが山間へ分け入る支線をディーゼルカーでのんびり走るのは良いものです。[画像]六家線が開通する前は竹中の次は新竹でしたが新荘・千甲・北新竹の3駅が設置さ [続きを読む]
  • ウェスティンでランチブッフェ 1 @台北威斯汀六福皇宮大飯店
  • 南京東路の六福皇宮といえば新竹のテーマパーク六福村や松江路の六福客桟を運営する六福グループのフラッグシップホテルで日本人の利用も多いホテルです。レストランは和食・イタリアン・中華2店などがありますが今回はメインダイニングの絲路宴でランチブッフェをいただくことにしました。[画像]         南京東路站からも近い六福皇宮[画像]     ロビーは吹抜けになっており開放感があります[画像]        [続きを読む]
  • 朱記餡餅粥店で粉食三昧 3 @仁愛路三段106號
  • 日本で一番有名な台湾の粉食屋といえば小籠包の鼎泰豐でしょうが、観光ツアーの食事処に組み入れられたりガイドブックで紹介されているので昼夜を問わず行列ができており価格も高め、確かに美味しいものの以前紹介した基隆路の明月湯包や杭州南路の杭州小籠湯包、盛園絲瓜小篭湯包、今回紹介している朱記餡餅粥店など美味しい店はいくらでもありますから地元民は敢えて鼎泰豐へ行くということは少なくなっているようです。[画像]  [続きを読む]
  • 高級店から庶民向けまで飲屋が揃う錦州街@林森北路 3
  • 民権東路と民生東路の丁度真ん中を東西に走る錦州街、新生高架道側は以前紹介したラブホWegoに酒店がありますが、中山北路側は歩道にテーブルを持ち出し酒盛りをしている庶民向けの熱炒店から中が見えない高級鉄板焼店まで料理屋が軒を連ねます。また中には2時間の休憩利用のできるホテルもあって毎夜猥雑な雰囲気を醸し出しています。[画像]日本では余りなじみのない鵞鳥ですが中華圏ではポピュラーな家禽で良く食べられます[画像 [続きを読む]
  • 20万アクセス御礼 101才のお爺さんを祝う 3 @日日香小館
  • まずは20万アクセス有難うございます、昨夜20万に達したようです。2009年5月2日にブログを開始して以来ですので7年半を要したわけで人気のあるブログに比べれば遅々とした歩みですが、これからも他にはないコアな話題を中心に続けていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。さて「101才のお爺さんを祝う」完結編、おおよそ2時間続いた宴会も終盤ですがまだまだ料理が出てきます。[画像]お年ですからお酒は控えておられま [続きを読む]
  • 竹中駅前の水牛モニュメント@10年振りの内湾訪問 2
  • 高鐡(台湾新幹線)新竹站から内湾へ向かうには臺鐡六家線に乗り一駅目の竹中站で乗り換える必要がありますが、六家線は高鐡に合わせて30分スパンなのに対し内湾線は1時間スパンなので待ち合わせ時間が発生する場合があります。今回20分強の待ち合わせ時間が発生し、駅員に許可をもらい駅前に出てみましたがガランとした駅前には何もなく、また20分では歩き回るほどの余裕もなく無駄な時間になってしまいました。[画像]  高鐡新 [続きを読む]
  • 朱記餡餅粥店で粉食三昧 2 @仁愛路三段106號
  • 朱記餡餅粥店は新竹までの北部でデパ地下などに出店しており、持ち帰り専門店とレストラン併設店があります。当然場所的にはデパート内店舗のほうが立地が良いのですが、中国式の店構えが美しい仁愛路の本店で食べると気分も異なります。[画像]前菜その2 腐皮銀芽(もやしの湯葉包み)と冰鎮溏心蛋(半熟煮卵)[画像]朱記名物小米粥 粟のお粥ですが味が無いのでグラニュー糖を入れて食べます[画像]     こんがり美味しそう [続きを読む]
  • 男を迷わす酒店@林森北路 2
  • 酒店といってもいわゆる飯店・大飯店のことではなく香港式でいえば夜総会、日本式でいえばナイトクラブ・バー・キャバレーをごちゃ混ぜにしたような小姐のいるお店です。台北ではここ林森北路と頂好を中心とする東區、済南路、民生西路に点在していますが数的には圧倒的に林森北路に集中しています。料金は10分単位で275元から350元ほどですが小姐と話をしているとアッという間に時間が経ってしまい会計の際に青くなることもありま [続きを読む]
  • 101才のお爺さんを祝う 2 @日日香小館
  • 長寿を尊ぶ中華圏では日本と異なる風習も多くあります。以前にも紹介したように80才以上の方が亡くなられた場合、普通黒で書かれる会葬状が長寿を全うされたということで紅の文字でかかれます。逆に親よりも子供が先に無くなるのは最も不幸なことだとされます。ヨメの姉妹にも子供の頃に水泳中に亡くなった妹が一人いますが、そのお墓は兄弟姉妹の名義で建立しており墓碑に両親の名前は刻まれていませんでした。[画像]紅包(ご祝儀 [続きを読む]
  • 台湾新幹線@10年振りの内湾訪問 1
  • 今回の訪台では最初台東方面へ出かける予定をしていたのですが、相次ぐ台風襲来で道路が切断されたり山崩れが起きたりと災害が続き交通環境がよろしくないため断念しました。さてではどこへ出かけようかと迷っているとき思いついたのが台湾新幹線(高鐡)開通に伴う連絡線建設で運航停止以来出かけていない内湾線再訪です。内湾線を最初に訪れたのは1998年、まだ観光地化する前の内湾は寂びれて何もない山間の街でしたが今にして思 [続きを読む]