コウテツ さん プロフィール

  •  
コウテツさん: ツインソウルによろしく
ハンドル名コウテツ さん
ブログタイトルツインソウルによろしく
ブログURLhttp://ameblo.jp/kimitaroukun/
サイト紹介文ツインソウルとアセンション関連のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2009/07/22 18:20

コウテツ さんのブログ記事

  • ジャーナリズムのアセンション?
  • 久しぶりにツインネタ以外で参ります^^ 僕は常々“アセンション・デザイン”なるものを細々と提唱しておりますが、これは各業界、各団体、それぞれの組織がこれまでの守旧的な膠着状況から脱し、全く新しい発想のもとに“クォンタムジャンプ”する。即ち量子的な飛躍を遂げるだろうというものですね。 それは医療業界、飲食業界、建築業界、アパレル業界等の産業界、教育業界に宗教団体、およそ現実というものを構成する [続きを読む]
  • コラム・『倒錯する性愛』
  • □□□□□□□□□□□□□□【コラム〜倒錯する性愛〜】■■■■■■■■■■■■■■ ☆──────∞∞序章∞∞───────☆ 私達はその人生、“ただ一度きりの人生”を、必ずしも自分の思い描いた通りに生きられるわけではない。むしろ期待と夢に破れ、「こんなはずじゃなかった・・・」と大いなる失意のもとにこの世を去る場合だってある。一人一人の人生を、一つ一つ比較していけば、生きるということは非常 [続きを読む]
  • 一夫一婦制の崩壊についての補足
  • 前回の記事、“ツインソウルと結婚”の中で、やがて古い時代の一夫一婦制度というものは崩壊していく流れになるだろうと書きましたが、これは夫婦制度がなくなり、 フリーセックスの時代がやってくる! という風に受け取られた方ももしやいらっしゃるかも知れませんがそれは違います^^ とあるスピリチュアルなグループの中にはフリーセックスを提唱し、来る時代の潮流のように仰っているところもあるかも知 [続きを読む]
  • ツインソウルと結婚
  • いつもお話していることではあるのですが、僕たちの経験がツインの規範になるわけでは決してありません。ですが自分達の経験を語るしか出来ないので、何かの参考になればというのがいつものスタンスです^^ では行きますね。でっきるだけわっかり易い表現に努めたいと思います^^ 僕たちは出逢ってからもう8年以上経過するわけですが、それでも今一緒に暮らし始めてもまず上手くいかないという確信めいたものが何故か [続きを読む]
  • ツインソウル駆け込み寺?
  • コウテツでございます^^いつもお読み頂き誠にありがとうございます。またイイね!やメッセージやコメントを下さる方、合わせてお礼申し上げます。 僕はこうして三次元のお仕事以外でも皆さんと交流を持てていることを本当にありがたく思っています。三次元の現実はどうしても上辺だけの付き合いになったり、気が進まないなぁ〜と思うことをしないとならなかったり、何だかなぁなこともしていかなくてはならないのですが、こち [続きを読む]
  • 〜倒錯する性愛〜
  • メールマガジン『TWINSOUL☆LEGEND』では、各章の合間に号外を配信しておりました。配信回数を毎月3回にするためだったのですが、PDF版の方ではそちらを“コラム”として掲載したいと思います。今回扱っていますのは、平成9年に起きた一人のOLさんの殺人事件をもとに、人の心の奥に潜む“闇”にアプローチしたものです。アメンバー限定記事の方では、神戸連続殺傷事件についての独自の視点による考察というのも行いましたね [続きを読む]
  • 〜ツイン男性へのメッセージ〜
  • 僕からメッセージというのも至極恐縮といえば恐縮なのですが。これまで相方と共に歩みを進めてきて、周りはどう見るかは分かりませんが、個人的にはこれ以上ないという人生を送れてきたなと思う一人の一般人男性の立場で言わせて頂くならば、相方の話はとにかく聞くべし。というのが今の率直な気持ちです。どんなに時間がなくても出来る得る限りの時間を割いて、時にイラッとすることがあったり、自分に全く関係ないと思われる話で [続きを読む]
  • ツインソウルを取り巻く概況
  • 前回の記事、「ツインソウルに疲れた方へ」の反響がやや大きかったようにも思います。僕たちが出逢った今から8〜9年くらい前というのは、ツインに関しての情報も不足しており、そういう中で変性意識を伴うような体験をされると、かなり戸惑われる方が多いのでは?というのが書き始めの理由ですが、一たび変性意識に入った高揚感というのは外に放散しないといられないような状況にもなり、僕自身も当時かなりハイテンションな文章を [続きを読む]
  • ツインソウルに疲れた方へ
  • 僕がこのブログを書き始めた当初というのは、まだツインソウルについて書いている人というのはそれほど多くなくて、特に“ツインソウルセッション”なんてやっている人は殆どいなかったんですね。ところが今では、沢山のツインについて書かれている記事があり、セッションと呼べるものも目白押しで・・・もしも迷った時は一旦外部の情報を全部抜くということをお勧めします。ツインソウルの概念が広まることにも隠と陽があると思い [続きを読む]
  • 究極の性愛
  • 過去記事を少しずつ整理しながら、幾つかのものは今の感覚に置き換えつつ再掲させて頂きたいと思います。 〜切っても切れない性と生〜 意識が啓くとか、クンダリーニが上昇するという感覚と切っても切れないのが、“エクスタシー”の感覚だろうと思います。でもこれどちらかというと男性よりは女性の方が感じやすいのではないかと思うのですね。それは何と言っても“明け渡す”ということがスムーズに起きやすい女性と、 [続きを読む]
  • ツインソウルは双子の魂
  • ツインソウルは双子の魂。 一つの魂が分かたれて、別々の人生を経験し、 お互いの学びを積んだあとで再び合流すべく運命づけられた二つの意識。 ただそれだけのこと。 そこに深い意味など何もない。ただそうした“事実”があるのみ。 二つの魂を引き寄せるもの、一度出逢ったら離れ難くさせるもの、それは「愛」である。 ただしそれはどこまでも“純化”された愛であり、善悪の二元論では [続きを読む]
  • 〜言葉が裏返る問題〜
  • 過去記事ではありますが、相当の分量になりますので、こちらにリンクを貼っておきます。↓『ツインソウルの物語』http://ameblo.jp/kimitaroukun/entry-12029386578.html 私たちは普段、“三次元”という波動を落とした世界、比較的粗い波動の世界に意識の中心をもってきています。例えば“結婚”=幸せ、というようなステロタイプのイメージがありますが、深層心理では何をどう求めているのか具体的なものがないまま、漠とし [続きを読む]
  • 新しい経営者像?
  • 今からもう10年以上前の話になるでしょか。僕はパニック障害の1年間のブランクがあって、その後何処に就職したら良いか分からなくて当てずっぽうにネットで応募したメガネ屋さんに運良く採用される運びとなり、お金が底をつきかけていてどうしようという矢先だったので本当にほっとしたのを覚えています。 もし受かっていなかったら多分今頃AV男優になっていたからね^^;たった一度応募した先でたまたま採用されたのですが、き [続きを読む]
  • 〜倒錯する性愛〜
  • 「TWINSOUL☆LEGEND」では通常の章以外に間にコラムを挿入しています。メルマガを配信していた当時、隔週配信の周期にしていたのですが、それだと月に2回しか配信出来ない月が出来てしまい、申し訳ないので1回は“号外”として配信することで月3回のペースを維持していました。ところが逆に更新ペースがタイトになってしまい、四苦八苦してしまいましたね^^; “倒錯する性愛”と聞くと、なにやら怪しげな空気も漂いますが [続きを読む]
  • 錬金術?
  • ―ツインソウルは双子の魂― ツインソウルは双子の魂。 一つの魂が分かたれて、別々の人生を経験し、 お互いの学びを積んだあとで再び合流すべく運命づけられた二つの意識。 ただそれだけのこと。 そこに深い意味など何もない。ただそうした“事実”があるのみ。 二つの魂を引き寄せるもの、一度出逢ったら離れ難くさせるもの、それは「愛」である。 ただしそれはどこまでも“純化”され [続きを読む]
  • 〜彼氏と彼女の特殊な事情〜
  • よくよく考えたら僕たちは他の人たちとはちょっと違う、レアなケースだったのかも知れません。というのは相方は“共感覚者”だったからですね。この共感覚というのがどういうものなのか、一般に殆ど認知がないですし、僕自身がどんなに理解しようと思っても未だに“普通の人”と思って話してしまうので今でも行き違いが度々起こってしまいますね^^; 結局人は肉体をもっている限り、自分を投影してしか見れないように [続きを読む]
  • 『TWINSOUL☆LEGEND』
  • レジェンドなんて書いてしまって今更恥ずかしくなってる・・・^^; こちらがPDF版の表紙の予定です。 『TWINSOUL☆LEGEND』は2012年から2013年にかけて有料版のメールマガジンで配信させて頂いたものに大幅加筆修正を加えたものです。当時は変性意識の最中無我夢中で書いていたため、粗削りな表現になっている個所も散見され、改めて見直しを図りながら一章ずつ校正を試みているところでございます。 一時は出版 [続きを読む]
  • ありがとう、地球。
  • どうしようもない寂しさと、どうしようもない嬉しさを、 同じ重さで抱えて、 僕たちはこの地球を後にする。 二元性の光と闇が、沢山の感情を生んだ星を。 大勢の民を生け贄にして、巨大に育った魔物たち。 彼らを育てたのは僕らなのに、それを正義の剣でしばいていった。 永遠に到達することのない世界平和を夢見て、イデオロギーを戦わせた。 全ては夢、全ては幻。 でも記憶は、僕たちの [続きを読む]
  • 人生が二度あれば?
  • 僕の元には、以前一緒に仕事をさせて頂いた方から、「この先どうやって生きていったらいいか不安で・・・」という相談や、もっと直接的に「何か仕事ないでしょうか?」と60代、70代の女性から連絡が来ることが少なくない。まるで無計画に生きてきた訳ではないだろうが、彼女らの時代とは正にバブル真っ盛り、こんなに不景気なるとは思ってもいなかったろうし、接客の腕さえあれば一人で生きていけると、離婚してバツイチを選択され [続きを読む]
  • 後悔のない選択を♪
  • かつておつき合いさせて頂いた方のことを表の記事で書くのはこれを最後にしようと思います。それぞれの方を“過去の人”のように形容するのはあまり品の良いものではないし、最近は“偽ツインソウル”なんて言い方もよく目にしますが、この言葉、“偽”って言われる立場の人の気持ちも考えた方がいいと思います。 それぞれ皆一生懸命生きている結果、自分の思いと相手の思いが噛み合わなくて、怒ったり哀しんだり、ねじ曲がっ [続きを読む]
  • 速報です!!
  • 臨時ニュースをお伝え致します。 2017年元日、五次元鉄道より、『ツインソウル⇔永遠』無期限パスが発行されました。 年齢制限、乗車制限、一切ございません。しかるべきタイミングの時に、パスをお持ちの方の元へ直接お迎えに上がります。 ご乗車の際は、心のシートベルトをしっかりしめて、地球への思い残しをなさいませんよう、お願い致します。 安心で安全な魂の旅路をお祈り致します。 本年も [続きを読む]
  • 年の瀬のごあいさつ♪
  • 当ブログをご訪問下さる方々、いつも“いいね!”を押して下さる方、コメントやメッセージを下さる方、スカイプセッションをお受け下さった方、どうもありがとうございます。 コウテツです^^ 皆様にとって今年一年はどのような年だったでしょうか。色々な浄化や手放しに翻弄される毎日を送られた方、順調に魂のステージを上られている方、まだ人生の目標や指標を決めかねてモヤモヤされている方、様々かと思います。&n [続きを読む]
  • 〜カルマゲームに関して〜
  • あくまで例として挙げさせて頂きますが、“夜回り先生”としてお馴染みの水谷修氏は、夜中に徘徊する子供達を見て回るようになったのは、かつて自分の受け持ちの生徒が自殺したことに端を発するらしいのですね。 “自分が生徒を救えなかった”という強い後悔があってのことだろうと思うのですが、この時自己重要感に大きな傷を負ったため、条件反射的に今の仕事を選んでしまったのだろうと思います。その際自分の仕事への向き [続きを読む]
  • 相方の前で初めて泣いた日
  • あれは多分、相方に初めて会った日のその次の機会だったと思います。どこかのお店でランチをとっていたんですね、二人で。何か軽い飲茶のレストランだったと記憶しています。 別に普通に、何事もないはずだったのに、いきなり涙が溢れて止まらなくなりました公衆の面前で、大の大人(オッサン)が・・・涙がこぼれて止まらない訳です。 止めようと思っても心の深いところから湧いてくるものは自分でもどうしようもありま [続きを読む]
  • 今後の記事配信予定です。
  • 忙しさの度合いによって記事の更新の頻度にばらつきが生じてしまいますが、今後配信予定の内容をざっと挙げておきたいと思います。 ○“カルマゲーム”について個人がそれぞれの体験に基づくカルマゲームを演じているうちは、魂の統合は難しいのではないか、というようなお話です。 ○エネルギーの充填システムに関してどこからエネルギーチャージをするかという話になるでしょうか。本質の自分と繋がるか、“神(と称す [続きを読む]