こうさん さん プロフィール

  •  
こうさんさん: 法の語りべ
ハンドル名こうさん さん
ブログタイトル法の語りべ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/koujirikoaisiteru
サイト紹介文野に下り法を語る
自由文生まれても地獄、死んでも地獄
地獄とは場所にあらず
我そのまま地獄なり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2009/07/23 15:57

こうさん さんのブログ記事

  • 他人を惑わすな!
  • ちょっと腹立ちついでにもう1つ。他人を惑わすな!真理に至りもせず アーだコーだともっともらしく経典を棒読みで語る、そんな輩が許せません。 それは、職業坊主にとても同じ。誰1人、真理に至る道を示さない。することと言えばできもしない、己だって出来ぬことを いけシャーシャーとのたまうばかりだ。ほら、私を見れば分かるでしょう?信心成したとしても、私の性根は変わらない。だから地獄行きの私達を救う と仏は誓いを立 [続きを読む]
  • 執着を捨て執われるな! フン、笑わせるな
  • 自力で愛欲、物欲、憎しみを捨て執われる心を無くせば、真理に近づく…ふん!笑わせるな!無くせるものなら無くしてみよ!これを読むあなたは腹立ちませんか?その感情は無いですか?腹が立つでしょう?無理なんです! そうやって一生終わるんです!そうやって自力で成し遂げれるなら仏を崇めることもなかろうに。自力では無理だから仏が仏となられたのです。真理に沿って生きよ!それは真理に至った後の話どうやって真理に至れる [続きを読む]
  • ママ友への質問
  • なぜ最終的に仏法を聞いたの?最初なぜ聞き渋ったの?と、問いかけてみた。数時間後 彼女からメールが届いた。そこには…Re:えみちゃんからこうさんが私に宗教的なメールを送って来てると聞いた時にちょっと引きました。やたらに話しをしないと聞いてたからね〜!それから間があいてもこうさんが私に問いかけて来てくれて、今話しを聞きとげないといけないような気がしたんです。今病と対峙する日常ですが、こんな事になって私が生 [続きを読む]
  • ありがとうございます!
  • 記事にナイスをくださる皆さん、本来なら訪問してお礼を述べるのが筋ですが、多忙ゆえ ままならずここでお礼を述べさせて頂きます。感謝しております、ありがとうございます(^-^) [続きを読む]
  • 敢えて言いたい
  • 元気な内に仏法に耳を傾けなさい。 命の区切りを知ってからはまともには聞けませんよ。助かりたいと藁をもすがるように自力で仏に縋るからです。今日、テレビ番組で、臨床宗教師のことを知りましたが、誤解を恐れず敢えて言いたい。ガン患者にバンドエイドを貼り安心させるようなもの…に思えました。ああなれば 先ほど言ったように最早 手遅れ、、元気な内は死など考えもせず、勝手気ままに生きておいて死に際になって恐れ慄く、 [続きを読む]
  • 煩悩はなくせない
  • 世の宗教家はこの煩悩=欲望を捉え無くせば真理に至れると勘違いした学びをされていますが、煩悩は湧いて出たものを抑えはできても湧かないようにはできません。対処はできても無くせはしない。気がつくと、もうすでにあるのです。これを無くせ とは…人間には無理、不可能 故法蔵菩薩が、誓いを立てられ修行され阿弥陀如来{仏}となり、私の力のみで救うとされたのに私達は言われてもいない無駄な努力に明け暮れ、勝手に苦しん [続きを読む]
  • 私が説く仏法
  • 世に仏教を学ぶ人は少ないながらそれなりにはいらっしゃいます。そして、仏教を、学び自らの生き方に活かす事で綺麗に生きることも、ある程度できるようになります。が、どれほど学んでも、暮らしに活かそうとも我が内から湧き起こる煩悩=欲望は無くならず、それを抑えるべく教えとの狭間で心の内は葛藤し苦しみを抱えることをやがて知ることになります。これを解決しようと、更に教えに勤しんでもこの煩悩=欲望は決してなくなり [続きを読む]
  • ありがたき仲間達
  • 仏法の語りべとして4年近くネットの世界では、たった1人法を説いて来ましたが、最近になり立て続けにご縁があり、3名の方に法を伝えれました。たった1人、浮いた存在だったのが同士を得て 心強く、今日に至ります(^-^)ある人に「よくそこまで他人のブログを賞賛できますね」と、言われたと知りましたが勘違いしていますね!賞賛ではなく、同じ思いを共有するからだとは到底理解できないのでしょう。そこが無明の凡夫の限界なんで [続きを読む]
  • 仏様と…
  • 子宮ガンの組織検査をしていたママ友からガンの3つ手前だったと知らせが来た。 これからは定期的に検査して経過を観察するそうだ。取り敢えず良かった(^-^)ガンの疑いを聞いても彼女は落ち着いていた。 やはり、仏法を聞かせて良かった。彼女のメールに最後にこう書いていた。Re:心にはいつも一緒にいる仏様がいてくれるもんね。iPhoneから送信> 追伸> この命はいつか終わります。> そして、また人として生まれ直します。> しかし [続きを読む]
  • 広島の僧侶の言葉を今一度
  • この世に誕生したら、ひたすら後は死に近づいていく。それは決して避けられない自然のほうそく。それが訪れるのは 10年先か何十年先か、 明日か、もしかしたら数時間先か?誰にも分からない。ここに広島の僧侶の言葉を今一度。〉命の終わりの不安も今の不安もつながっているように思えます。命の終わる不安が心の奥底に常にありそのためどうしても心が晴れない→よりこの世心を晴らそうとする死の不安が解決できてないから楽しみ、 [続きを読む]
  • たどり着けない道「求道」
  • 以前にも書きましたが、仏法は信心授かってからが真の学びと母から教わりました。 それまでは聞いたつもり、知ったつもり分かったつもり、と当の本人は真剣に理解したつもりなのです。それは自己に正しい物差しがないから曲がってようが、どうしてようが 気付けない。それが智慧の光明に照らされ信心授かると、正きもの、誤まったものの区別が我が身に照らし合わせて判断できるのです。だから、その学びではたどり着けませんよ!と [続きを読む]
  • 思う…
  • 最近になって思う…やまのうえのおくらしさんや、数々の方のブログにお邪魔して真剣に取り組む姿勢の方にはコメントを残してきたが、やはり縁なのだろう…聞けない人は聞けないんだと感じた。批判して楽しむような無駄なことはしない、なんとか気付いて欲しい、助かって欲しい、その思いも自己の信仰が批判されたとしか取れず、怨みを買うばかり。気の毒にとは思うが、仕方ないのだろう。仏法を聞きたい、仏様に会いたい、と申し出 [続きを読む]
  • 疑問でもない疑問 笑
  • 私は他力によって信心を頂けた。私の知る限り 他力により信心を授かった多くの仲間はいるが、未だに私は自力で信心叶ったという人を見たことがない。はたして そんな人 居るのだろうか?…と、答えを知りつつも 問いかけてみたい。 [続きを読む]
  • 自力の矛盾
  • さて、仏教を学び 自力だ他力だと言われてますが、自力を頼りに真理を目指す方にこう質問してみました。「あなたは自力といいながら他力本願を誓われ仏となられた阿弥陀如来のおしえを学ばれて居る、自力というなら自らが法を作られそれに取り組み真理を目指すのが真の自力では無いですか?都合よく他力の仏を利用しておいて何が自力だと 」言うと、コメントを削除され返答はありませんでした。自力があるなら それはどんなものか [続きを読む]
  • やまのうえのおくらしさんに注意!
  • やはり曲者ですよ!噂どおりです。自分の主張に不利なコメントは削除!自分の主張のみで締めて 人を非難しておられます。くだらない人です。笑度々ハンドルネームを変え また現れますので皆さんもご注意を。注、記事に寄せられたコメントが全て削除されました。みっともない! [続きを読む]
  • 苦言
  • 苦言言われる人にとってはいい気はしないが、その人のためにあえて言う忠告。幾つかのブログ記事にお邪魔し私は法に基づく話をしてきた。皆、甘言は心地よく聞いてくれるが、いざ、その人の為と書き込んだ苦言は無視されるばかりだ。嫌がらせや悪意があって話すことではない、本当にその人に害をなすなら そんな面倒なことはしない、放っておけばいいことだ。その人の為と話すことなのだから放っておけば逆の意味を持つことになる [続きを読む]
  • 再度 阿弥陀如来は他力を誓われた仏
  • 自力に頼り、何十年と苦しまれた僧侶が私に相談されて4日、他力に気付かされ信心かない、述べられた言葉です。馬鹿や鏡に映った自分見ておそれてましたなんとかできんといわれてるのになんとかせなとあせってました。救うといわれてるのに救われんこれじゃあと泣いておりました。口癖のように念仏を唱えてました。阿弥陀さまが先にみて先にできんからさきに全部したぞ誓いを立て先に仏となられているのになのにまったくほっとらか [続きを読む]
  • 心持ち
  • 心持ち死んだらどうなるか?と、問われればそのことに執着はない。と、応える。信心叶うまでは地獄へ行くと教えられ、行きたくない!極楽へ行きたいと思い仏法に取り組んだが、いざ信心叶うとそんなことに執着はなくなる。一度地獄行きを経験させられ救われたのだから、答えは知っているがもう、そんなことはどうでもいい。それが答えだ。それは、何も知らず どうでもいいと嘯くのではなく、不安も恐れも超越して、執着がなくなる [続きを読む]
  • 根なし草(浮き草)
  • 地中に根を張らず、水に浮いている草。浮き草。浮き草のように漂って定まらない物事や、確かなよりどころのない生活のたとえ。「行方も知らぬ根無し草の旅」信仰も同じ。根っこを押さえておかないとあっちにフラフラ、こっちにフラフラ〜と、何一つ定まらない身となります。目新しいことに飛び付き、これだ!と始めますがいつの間にか心は流され…気が付けば振り出しのまま。。 元を、根っこを押さえておかないとこの繰り返しです [続きを読む]
  • 遠き宿縁
  • 先日 帰省中に大腸ガンの疑いがあると知らせてくれた友。大腸ガンは大丈夫だったが、子宮ガンが見つかったとまた知らせがあった。人生 なんてタイミングなんだと、愕然とする。まるで仏法通るのを待っていたかのような…悲しくなり そのことを母に吐露すると、「貴男に 聞く 貴男でないと 聞けない前世からの 縁でしようね 命の 有る内で良かったね」「貴方がムキになって聞かせたのも仏の 催促やね時間が無いと、いそがせたのやね [続きを読む]
  • 繰り返し 妙好人のひとりごと
  • 仏さんはなんて言うたはる?「お前は助からんぞ、お前には無理だぞ」「だから私がおるのだぞ」そう言われているのにお前がしていることはなんだ?少しでも仏法がわかれば助けるぞ、少しでも煩悩がなくなれば助けるぞ、なんて言ってはらへん。私が助けるぞとの言葉に ありがとうと言えたらいいだけなんや。それがどうしたら言えるか?それを考えるのが仏法や。 [続きを読む]
  • 重要 仏法の語りべ
  • ブログの名の通り、私は仏法を説いています。しかし、他の宗教家と決定的に違うのは信心叶い 仏様に会える道を案内していること。他の宗教家のように経典を読みつらえてその意味を語るだけ、経典を自分なりに自己解釈して悦に入ってるのとは次元が違うことをお知りください。いわば実践、お遊びではありません。目的は仏様に会うこと、すなわち信心です。ですから必要のない仏教はその言葉で理解できるであろう方以外には語りませ [続きを読む]
  • 仏法の真髄
  • お前には無理ぞ、だから私がおるぞこれだけ。仏教を学ぶことも無い自分を見つめて知るだけ。他力本願を誓われた仏様に会うには自力に頼り学ぶことは仏様に背く事なのに世の皆は必死になって背くことをして苦しんでいる。 [続きを読む]
  • 信心後の不安をアフターケアした私に
  • 信心後の不安は必ずある。母は言うご苦労様 何度も何度も これでいいのか?と繰り返します。そしてやがて固まる。母さんは 誰も 居なかった から 苦しんだ 今の人は貴男やら 私が居るから すぐに直して 貰えるから 楽やね今の内に 聞かないと 大きな損をするね ただ で 聞けるのにね 昔みたいに 山越えて 野宿して 母さんなんか お寺を 探して いいお坊さんを探して なけなし の お金を はたいて 仏法聞かせてもらったのや、 そん [続きを読む]