陰陽師 さん プロフィール

  •  
陰陽師さん: 陰陽の世界 光と陰の狭間で...
ハンドル名陰陽師 さん
ブログタイトル陰陽の世界 光と陰の狭間で...
ブログURLhttp://onmyouji0414.blog98.fc2.com/
サイト紹介文光と陰を操る陰陽師が、花鳥風月の世界をお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2009/07/24 03:55

陰陽師 さんのブログ記事

  • 逆光のイヌワシ
  • この日のイヌワシは、北側斜面の撮影ポイントには現れず、主に西側稜線付近を雄雌の2羽で飛んでいました。┐(´〜`;)┌ 唯一、近かったのは、午後4時を少し過ぎた頃、撮影ポイント背後の斜面の上方を雌が飛んでくれましたが、この時間帯のこの位置は、残念ながら真逆光です。(´・ω・`)咄嗟に指の感覚のみで露出補正を行いましたが、後で確認してみると、+2.7 になっており、さすがに露出オーバーですね。(ノ∀`*)イヌワシ 雌 (タ [続きを読む]
  • お立ち台のイヌワシ
  • 以前はこの場所に、イヌワシが2羽でとまっているのをよく見掛けましたが、最近は見ることがめっきり少なくなりました。゚(゚´Д`゚)゚春の山開き以来、今季このお立ち台にイヌワシがとまるのは2度目とのことです。(*´∀`)このポイントは午前中は順光ですが、昼からは逆光、夕暮れでは半逆光となり、白い雲がバックにくると逆光の程度が増すため、雲の合間を避けてシャッターを切っています。(`・ω・´)撮影は午後6時少し前から7時頃 [続きを読む]
  • 夕暮れの飛翔
  • 午後5時30分を少し過ぎて飛んでくれた2羽のイヌワシですが、この時間帯は斜光線で、光が強いとなかなか難しいですね... バッチリはまると、絵的には順光より、格段に面白い写真が撮れるのですが、当然ながら没写真の確率も高くなります。(`・ω・´)いつものことですが、この日のイヌワシは、雌が雄を従えるような感じで飛んでいました。(*´∀`)イヌワシ (タカ目タカ科) Golden Eagle 6/16 撮影1〜3枚目は、すべて雄です... 餌を [続きを読む]
  • 岩場のイヌワシ
  • 風向きが西北西と良かったので、お昼から狗鷲山に登りました... 本来なら2〜3日の行程にしたいところですが、次の日から南東の風向きになるとの予報だったので日帰り強行です。(^〜^)狗鷲山の北側斜面のポイントでは、北寄りの風が吹くとイヌワシの出現率がぐっと高くなります。(v^ー゜)この日の野鳥カメラマンは約10名程でしたが、午後4時半を過ぎると、その内半数が諦めて帰ってしまいました。でも、これから日没までが勝負と [続きを読む]
  • 遠征用に...
  • 遠征や、ちょっとした外出用に、ライゼンタール(ドイツ製) のボストン&ショルダーバッグ をネットで買い求めました。 (´ー`)造りがしっかりしていて、価格もなかなかリーズナブルで、使い勝手も良く、結構気に入っているので紹介させて頂きます。当初、Lサイズのみ買い求めたのですが、Mサイズも欲しくなり、追加で発注しました... 2つ合わせても1万円と少しです。 (^〜^)ジッパーの付いている出し入れ部分は、ワイヤーが入っ [続きを読む]
  • 谷合いのミソサザイ
  • 先日のコマドリと同じ日に撮影した、ミソサザイ他のショットです。(*´∀`)午前10時を過ぎるとコマドリの出現が極端に減ったため、他の野鳥を探しに行きました... あわよくば、この付近で、しばしば視認されているジュウイチをと思ったのですが。┐(゚〜゚)┌ミソサザイ (スズメ目ミソサザイ科) Winter Wren カケス (スズメ目カラス科) Eurasian Jay Nikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR Nikon TC14E Ⅲマニュアル(M [続きを読む]
  • コマドリの囀り
  • コマドリ情報を頂き、隣県のはずれまで片道100km強、午前4時に出発して6時半に到着... 現地のポイントでは、すでに、あちこちでコマドリの大きな囀りが響いています。(^〜^)この地ではコマドリが営巣しているため、この時季、時折雄が笹薮から出て、目立つ場所でテリトリー宣言する囀りのシーンが見られます。(´ー`)時間的には早朝がよろしいようで、午前10時を過ぎると、コマドリの囀りはめっきり少なくなり、出現回数も減少 [続きを読む]
  • たまたまの野鳥
  • 先日の3日間のイヌワシ遠征時に、たまたま出逢った野鳥やその他の動物達です。(´ー`)クマタカ (タカ目タカ科) Mountain Hawk Eagleサンショウクイ (スズメ目サンショウクイ科) Ashy Minivetキビタキ (スズメ目ヒタキ科) Narcissus Flycatcherカケス (スズメ目カラス科) Eurasian Jay ニホンジカ (シカ科シカ属) Sika DeerNikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR Nikon TC14E Ⅲマニュアル(Mモード) 三脚使 [続きを読む]
  • 新緑のイヌワシ
  • 新緑のイヌワシ撮影のため、3日間遠征に出かけておりましたが、さすがに疲れ果てて昨日は一日寝中ておりました。(*´∀`)風向きが良かったのか、3日とも丸坊主の日はなかったものの、おイヌ様の出具合は日によって、かなりムラがあり、出現時間は、いずれの日も、午後3時半以降と短時間です。(´・ω・`)かなり近い距離を飛んで、フルサイズのカメラでも、ファインダー内に納めるのに苦労したものもあり、これらはブログの画角では、 [続きを読む]
  • 大きくなったね!
  • 雨は上がりましたが、何処に行っても撮る物がないので、再びお山のコサメビタキの営巣の様子を見にいってきました。(´・ω・`)先日までは嘴しか見えてなかった雛は、巣からはみ出す位までに大きくなっています。(^〜^)巣のある場所は暗いため、F値開放(F5.6)、ss 1/640 の固定値、iso Aut(2,000〜2,800) で撮っているので飛び物の被写体ブレはご容赦ください。(ノ∀`*)明日から3日ほど、留守にします。コサメビタキ (スズメ目ヒタ [続きを読む]
  • 子育ての季節
  • お山ではヤマナシの樹で営巣していたコサメビタキの雛が孵ったようです... 親鳥が頻繁に、蜂やイモムシなどの餌を頻繁に運ぶようすが観察できました。(*´∀`)雛は5羽 誕生したようですが、未だ目が明いていません。 親は入れ替わり立ち代わり餌探しや世話にと、おおわらわです。(^〜^)コサメビタキ (スズメ目ヒタキ科) Asian Brown Flycatcher親同士で餌渡しをしています (´ー`)片方の親が飛び去りましたウンチの世話もしっ [続きを読む]
  • 深山の留鳥
  • この地域で今季、コマドリの情報はあるにはあるのですが、時期が少しはやいのでしょうテリトリーを宣言する営巣時のコマドリの囀りは、この一帯でまだ聴くことができません。(´・ω・`)この日に出逢えたのは留鳥ばかりでしたが、ゴジュウカラやコガラの群れに混じって、珍しくキバシリの姿を確認することができました。(^〜^)キバシリ (スズメ目キバシリ科) Eurasian Treecreeperコガラ (スズメ目シジュウカラ科) [続きを読む]
  • 求愛給餌
  • 深山の森では恋の季節 真只中で、ゴジュウカラの動きを追っていると、ほほえましい求愛給餌の様子を何度か確認することができました。(ノ∀`*)標高1,500m以上あるこの場所では、夏鳥の到着はまだのようで、観察できたのは留鳥のみでした。(`・ω・´)ゴジュウカラ (スズメ目ゴジュウカラ科) Eurasian Nuthatch Nikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR Nikon TC14E Ⅲマニュアル(Mモード) 三脚使用 [続きを読む]
  • 巣材集め
  • 深山では縄張りを宣言するミソサザイの鳴き声があっちこっちで響き、沢沿いの水辺では巣材の苔を集める姿も観察できます。(`・ω・´)これから営巣が始まる一夫多妻のミソサザイの雄は、この季節、複数の巣造りに大変ですね。(´ー`)ミソサザイ (スズメ目ミソサザイ科) Winter Wren バイケイソウの緑が鮮やかでした...Nikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR Nikon TC14E Ⅲマニュアル(Mモード) 三脚使用 [続きを読む]
  • 潮待ちのシギ
  • 旅行先の福山市の貯木場で、満潮のため潮待ちしているシギを見つけました... そうしているうちに、浮かべている原木の移動作業が始まったため、シギ達は驚いて飛立ってしまいます。(´・ω・`)チュウシャクシギの群れと、キアシシギ・ソリハシシギの群れは、どうやら別行動のようで、それぞれ違う方向に飛びました。( ゚Д゚)とりあえずキアシシギ・ソリハシシギの混翔を追ってみました。(^〜^)チュウシャクシギ・キアシシギ・ソリハ [続きを読む]
  • ハマシギ無残
  • 今日は満月の大潮、シギ・チの新顔に期待して干潟に出かけたのですが、今年はもうこのまま春の渡りのシーズンが終わってしまうのか、めぼしいシギ・チは何もいません。┐(´〜`;)┌ 20分程が過ぎ、もうそろそろ帰ろうかと思っていたその時、ハヤブサが干潟に突如襲来して、ピンをとった時にはすでにハマシギを抑えていました。(;´Д`)猛禽類が生きてゆくため弱肉強食は、いたしかたのないことですが、いざ現実を目のあたりに [続きを読む]
  • フクロウその後
  • 実はフクロウの撮影現場に、折りたたみ式のスツールを忘れてきたのを思い出し、夕方、取に行ってきました...  隣県なので片道ちょうど1時間かかります。(ノ∀`*)フクロウの雛の1番子は、すでに森の奥に入ってしまい、何処にいるのか全く解りません。 今日は親鳥を未確認です。┐(´〜`;)┌ 2番子は巣のあった楠木から、およそ5〜60mほどはなれた樹にいて、例によって枝葉が被り撮れませんが、待つこと2時間程で少し移動してくれ [続きを読む]
  • 今年のフクロウ
  • フクロウの雛誕生の情報を頂き、隣県まで行ってきました... 今のところ雛の数は2羽のようです。(`・ω・´)1番子はすでに隣の木の高枝に移動していますが、枝被りが酷くてシャッターを切る気になれません。┐(´〜`;)┌ 親鳥の正面への飛び出しを狙っていましたが、残念ながら下向きに飛んだため枝葉被りで写っていませんでした。(つд`)フクロウ (フクロウ目フクロウ科) Ural Owl少し弱々しい感じの2番子です...18:40、なんと [続きを読む]
  • シギ・チ序盤
  • ゴールデンウィーク突入ですが、今年はシギ・チの到着が遅れているのか、その種類・数共に、まだまだの感があり、本格化は連休明けになりそうです... 連休明けの大潮の干潮に期待大ですね。(^〜^)トウネン (チドリ目シギ科) Red_necked Stint チュウシャクシギ (チドリ目シギ科) Whimbrelメダイチドリ (チドリ目チドリ科) Lesser Sand Ploverハマシギ (チドリ目シギ科) Dunlinハマシギとトウネンの混翔 [続きを読む]
  • 図鑑写真
  • 地元の溜池に先日から入っているシマアジですが、そろそろお別れも近いということで、遅ればせながら行ってまいりました。(^〜^)何とも警戒心の薄い鳥で、岸からの距離5〜15mと極端に近く、どのように撮っても図鑑写真になってしまいます。(*´∀`)シマアジ (カモ目カモ科) Garganey↑ できるだけ後ろに引いて、水面に写り込んだ紋様を生かしてみました (´ー`) Nikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR Nikon TC14E Ⅲ [続きを読む]
  • 春の狗鷲山
  • 残雪の狗鷲山ですが頂上付近はまだ冬枯れ状態で、餌となる小動物の活動もなくイヌワシの出もあまり良くないようです... 粘ったかいあって何とか夕暮れに、切り通しから西の稜線に向かって飛んでくれました( 17:53 )。ヽ(*´∀`)ノイヌワシ (タカ目タカ科) Golden Eagle西端の稜線の樹にとまる夕暮れ逆光のイヌワシ 噴煙の上がる「御嶽山」を840mm望遠で... (´ー`)狗鷲山の頂上付近から「北アルプス」を望むNikon D700 AF-S Nikko [続きを読む]
  • 峡谷の野鳥 (1)
  • ここは渓流に山が迫った峡谷の続く野鳥のポイントです.. 周辺からはサンショウクイ・オオルリ・キビタキ・クロツグミなどの鳴き声が響いてきます。(^〜^)すでにツツドリの声もきこえてきますが、来月になるとアカショウビンやサンコウチョウも鳴き始めます。(`・ω・´)サンショウクイ (スズメ目サンショウクイ科) Ashy Minivetオオルリ雄 (スズメ目ヒタキ科) Blue_and_white Flycatcher新緑の峡谷Nikon D700 AF-S Nikk [続きを読む]
  • 公園のキビタキ
  • お昼過ぎから近くの公園を2ヵ所ほど廻りましたが、今季は夏鳥の出現が今一です... 2ヵ所目でやっとキビタキに逢えたものの、数は1羽だけと、なんとも寂しい限りです。(´・ω・`)いつもの年なら、オオルリ・キビタキ・コサメビタキ・ヤブサメなどの数もそこそこ入っているのですが、今年はどうしたことか数が極端に少ないようです。┐(´д`)┌キビタキ (スズメ目ヒタキ科) Narcissus Flycatcherキビタキは1羽だけ確認できました& [続きを読む]
  • 公園のクロツグミ (2)
  • 公園の林床に新しい個体のクロツグミが入ったようで、先日とは大分離れた場所で雌雄の2個体が確認できました... まだ人への耐性が無く警戒心もかなり強いようです。(´・ω・`)今日は珍しく、シロハラに混じってアカハラも出てきました。(´ー`)クロツグミ (スズメ目ヒタキ科) Japanese Thrushアカハラ (スズメ目ヒタキ科) Brown_headed ThrushNikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR Nikon TC14E Ⅲマニュアル(Mモード) 三 [続きを読む]
  • クマタカの荷物
  • 朝6時半から、お昼頃まで粘りましたが、クマタカは8時53分に1度飛んだのみ、しかも隣山の稜線付近で、遠すぎて絵になりません。写真は遠いので、すべて等倍でトリミングしてあります... 足に小枝でも掴んでいるのかと思い、パソコンのモニタで確認すると、どうやらクマタカの荷物は蛇のようです。(*´∀`)多分、クマタカは現在抱卵中と思われ、1羽だけしか出てきません。クマタカ (タカ目タカ科) Mountain Hawk Eagleどうや [続きを読む]