Lee さん プロフィール

  •  
Leeさん: Lee's Diary
ハンドル名Lee さん
ブログタイトルLee's Diary
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/chocolate-chocolate_001
サイト紹介文ドラマが好き♪ お気に入りのドラマを観て感じたことを呟いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供543回 / 365日(平均10.4回/週) - 参加 2009/07/25 15:28

Lee さんのブログ記事

  • 母になる  第7話  *感想*
  • 番組HP結衣(沢尻エリカ)と麻子(小池栄子)の対決、、見応えがあったわぁ。本音をぶつけ合っても不毛なだけだろうに、、そもそも、結衣と麻子が分かり合うなど、無理だろうよ、、などと、どうしても思えてしまうため、結衣が発する提案には首を捻りたくなったのだが、深い因縁のある女同士の本音のぶつけ合いというのは観ていて面白くはある。「母親だからよ!」この結衣の主張が印象的。あの台詞、迫力があって良かったわぁ。麻 [続きを読む]
  • ツバキ文具店ー鎌倉代書屋物語ー 第6話 *感想*
  • * 「愛するチーちゃんへ」 *  番組HPやっと、白川(高橋克典)の母・千代(草村礼子)のエピソード。満を持しての千代のエピソードね。とても素敵なエピソードなのね〜。いやぁ、、良かったわぁ。今回が一番良かったと思うわ。今回が一番好きなストーリーだわ。千代のエピソード、白川の辛い告白、似ているところの多い鳩子(多部未華子)とカシ子(倍賞美津子)、鳩子を支えるバーバラ婦人(江波杏子)、男爵(奥田瑛二) [続きを読む]
  • <ドラマ>この世にたやすい仕事はない  第6話 *感想*
  • * 「大きな森の小屋での簡単な仕事 前編」 *    番組HP江里口さんキター。やっぱりいいね、江里口(馬場園梓)さん。しかし、何がいいんかね?いや、一番の魅力はあの素晴らしいアナウンス力だと思うのだが、存在感が魅力的なんだろうなぁ。ホッとする雰囲気があるのよ。ストーリーのほうは、今回もサッパリ先が見えてこない。毎回こんな感じだからね、、この掴みどころのなさには慣れちゃってるけどね、、とても、次回が [続きを読む]
  • <ドラマ>あなたのことはそれほど  第6話  *感想*
  • 番組HPいきなりイメチェンしてご登場の涼太(東出昌大)、、「あのメガネ、迷彩っぽくなっているの、なんか嫌。」 という美都(波瑠)の呟き、、「何で黙るの?」by麗華(仲里依紗)  「蟹、、だから。」by有島(鈴木伸之) の会話に、、「悪い夢を見た」by有島  「でしょうね。」by麗華  「なんか臭わないか?」by有島  「幻臭ね」 by麗華  このテンポの良さに、、「あなたの笑顔は、息が詰まる。」と美 [続きを読む]
  • CRISIS 公安機動捜査隊特捜班  第7話 *感想*
  • 番組HPえ?ターゲットに個別で対応するの??えっらい自信満々じゃーん。などと、平成維新軍の兵隊たちの動きを呆気にとられながら観ていれば、特捜班の面々も個別対応で驚く。なるほど〜コレが今回の最大の見せどころなのねぇ。(いや、知らんけど。)特捜班の面々が見せた確保シーンに高まる。あれ、良かったわぁ。大山(新木優子)と吉永(田中哲司)が個別で見せるアクションは新鮮だったし、樫井(野間口徹)が諭す感じも、ら [続きを読む]
  • 貴族探偵 第6話  *感想*
  • 再現映像に物凄〜く力が入ってたねぇ。さすが、前後編もの、、制作陣の力の入れ方が違うわ。前後編にしただけのコト、あったわ。放送時間にこれくらい余裕があると、あのような再現映像も出来ちゃうワケなのね。このドラマの最大のウリは、この再現映像にあると私は思っているので、このドラマの正しい時間の使い方だったと思えたわ。このドラマらしさを発揮できた前後編ものだったと思えたよ。山本(松重豊)、田中(中山美穂)、 [続きを読む]
  • <ドラマ>みをつくし料理帖  第2話 *感想*
  • * 「とろとろ茶碗蒸し」 * 番組HP猫をたくさん引き寄せちゃう澪(黒木華)が可愛い。澪と猫。癒し系が合わさっちまったんだもの、こりゃあ、たまらんわ。しかも、その後には、小松原(森山未來)と、何やら良い雰囲気出しちゃってるし。「若い娘が香を焚きしめもせず、出汁で煮しめられる奴があるか。」小松原様ったら、憎まれ口にも優しさが感じられて良いわぁ。王道よねぇ。これ、王道のキャラ設定よねぇ。 最後まで読んで [続きを読む]
  • フランケンシュタインの恋  第5話  *感想*
  • 番組HP「嘘つきだと思われないために嘘をつくんですか?」深志研(綾野剛)の率直な疑問が印象的。あのように、素直に言葉にされると、継実(二階堂ふみ)の申し出はかなり矛盾を感じさせるわねぇ。生きていくために必要な嘘、、「普通の人」を心配させたり、混乱させないための嘘、、「大事な秘密」を守るための嘘、、相手を傷つけないための嘘、、時には相手を思いやることにもなる嘘、、人が嘘をつく理由を学んでいく研の姿も印 [続きを読む]
  • 小さな巨人 第6話 *感想*
  • 番組HP江口(ユースケサンタマリア)の呆気なさに驚く。冒頭の山田(岡田将生)のシーンは、ここに繋がっていたのねぇ。江口の素性や目的も予想出来なかったしね、ラストの呆気なさも驚いちゃったし、まあ、それなりに楽しんで視聴できたよ。山田、どうなっちゃうのかねぇ。香坂は山田を救うことができるのか、注目したい。感想、短い。でも仕方がない。書くコトがない。共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッ [続きを読む]
  • ボク、運命の人です。 第6話 *感想*
  • 番組HPいやぁ、、、すっごい運命的な結びつきだったねぇ。2年前の誠(亀梨和也)と和生(澤部佑)のインタビューに晴子(木村文乃)が映りこんでいた、、というコトが分かったときから、面白いものを見せてもらえそうな予感で高まってはいたけれど、そんな予感を大きく飛び越えたもんを見せてもらった気がするわ。誠が野球の試合で負けた時の運命的エピソードと対比したエピソード、、誠が着ていたTシャツの文字と晴子のメアド、 [続きを読む]
  • 4号警備  第7話(最終回)  *感想*
  • 番組HPなんか、、、、、しょうもなかったなぁ、、、、、、、。前回が面白かっただけに、期待してたんだけどなぁ、、、、、。期待、しすぎたかなぁ、、、、、、。いやぁ、、、たった30分のストーリーで、トンデモ展開を二度も観るコトになるとは思わなかったわ。ワケの分からん女の登場に、は?ってなって、小林(賀来賢人)の登場に、はあ??ってなったわ。最初のは、まだ何とか受け入れられたのよ。いや、、アレもかなりヒドイ [続きを読む]
  • <ドラマ>リバース  第6話  *感想*
  • 番組HP広沢(小池徹平)の事故現場である長野と、広沢の故郷である愛媛へ訪れる深瀬(藤原竜也)と浅見(玉森裕太)。こういうのは観ていて楽しいんだよねぇ。今までに観てきた景色とは異なる景色を見せてもらえて新鮮。特に広沢の故郷のシーンは印象的だったよ。しかし、、広沢の両親の暮らしぶりだけでなく、広沢の高校時代の同窓生たちが抱いている感情まで見せられることになるとは思わなかったわ。さらには、広沢の親友だとい [続きを読む]
  • 緊急取調室  第5話  *感想*
  • * 「記憶をなくした男」 *  番組HP冒頭が一番面白かった気が、、、、。冒頭の刺激的なエピソードに見合うだけのストーリーではなかった気がして物足りない。水越(塚本高史)の狙いは早くから予想がついたのだが、あそこまで馬鹿だったとは思わなかったなぁ。もう少し知能犯なのかと思っていたわ。水越があまりにも馬鹿だからか、事件の真相も馬鹿らしいものとなっていて、ソコが物足りなく感じた点なのかも。馬鹿なら馬鹿で [続きを読む]
  • 犯罪症候群 Season1 第6話  *感想*
  • 番組HP意を決して環(渡部篤郎)の元を離れたというのに、結局は厄介ごとに巻き込まれる武藤(玉山鉄二)なのね。そして、物凄い辛い体験をしてしまうのね〜っ。あのラストは辛いねぇ。獣を解き放った武藤を見てみたいと思ってはいたが、あのように辛い体験をする武藤を見るのは辛いねぇ、やっぱり。小口身代金誘拐事件や、戸籍交換事件と比べると、今のところ事件自体にそこまでの面白味は感じないのだが、まだ見えていないコトが [続きを読む]
  • 母になる  第6話  *感想*
  • 番組HP麻子(小池栄子)の描写にえっらい時間を割いてきたねぇ。ほぼ一話分、、制作陣の麻子への思い入れが窺えるようだわ。3話で麻子のキャラクターに惹きつけられていることもあり、麻子の背景にも興味を引かれてはいたのだが、ここまでガッツリと麻子の背景を描いてこられると、制作陣の熱意についていけなくなるというのは不思議。っていうか、このドラマはずっとこの感覚なんだけどね。なんというか、麻子はやっぱりメインキ [続きを読む]
  • ツバキ文具店ー鎌倉代書屋物語ー 第5話 *感想*
  • * 「母へ贈る文字」 *番組HP母の日を意識してきるのかね?「お母さん」を重ねてきたねぇ。ゲストキャラ、花蓮(芦名星)の義母、、鳩子(多部未華子)の母親、、認知症を患っている白川(高橋克典)の母に、はーたん(新津ちせ)のお母さん、、お母さんが重なりまくりだ〜。今回は、手紙の字が本人のものじゃないと気付くパターンなのね。これ、ずっと気になってたんだよねぇ。近しい人に出す手紙となると、やはりこうなるよね [続きを読む]
  • CRISIS 公安機動捜査隊特捜班  第6話 *感想*
  • 番組HP公安もの、、潜入もの、、ってのは、何で、こうも高まるもんがあるのかね?エンタメ感があるよねぇ。潜入捜査官の過酷な状況や、悲壮感は刺激的だよねぇ。っちゅうか、エンタメ感たっぷりに描かれていたよね、今回って。里見(山口馬木也)の背景を探る過程や、ホームセンターでの大バトル、里見が見せた逃亡テク、里見を待ち受ける哀しい末路、さらなる深みに嵌ったように見える稲見(小栗旬)、、などなど、エンタメ感たっ [続きを読む]
  • 貴族探偵 第5話  *感想*
  • 今回は続き物なんだねぇ。前後編だよね?さすがに。録画したものを視聴していたので、時間の感覚はなかったんだけど、三匹の子豚の顛末がかなり後半になってから描かれだしたので、コレはもしや、、、となったわ。どうりで鼻形(生瀬勝久)がいつも以上に動き回るワケだわ。時間に余裕ができると、通常はできなかったコトができるようになるので、異なる雰囲気を楽しめるのはいいよね。皐月という文字が書けなくて、小さく書いて誤 [続きを読む]
  • <ドラマ>みをつくし料理帖  第1話 *感想*
  • * 「はてなの飯」 * 番組HP時代劇だねぇ。時代劇って感じ、するねぇ。そんな当たり前のコトをしみじみと感じてしまったよ。久し振りに時代劇を視聴したんだけど、いいもんだねぇ、、時代劇。いや、NHKの時代劇、いいもんだねぇ。以前テレビ朝日で放送されたスペシャルドラマを視聴したことがあるのだけれど、それと比べると、このドラマ、かなり渋〜い印象。主人公の顔立ちからしてかなり違うからね、、ま、そうなるよね。そこ [続きを読む]
  • フランケンシュタインの恋  第4話  *感想*
  • 番組HP継実(二階堂ふみ)に連れられて、人間の暮らしについて教わる深志研(綾野剛)が可愛い。道路の横断、、散歩、、抱擁、、電車での遠出、、下りのエスカレーター、、洋服の試着、、新たな情報を得たり、新たな体験をする研の様子が微笑ましい。なかでも、最も印象的だったのは、「笑うところです。」と継実に言われて、ふにゃふにゃと笑う研。あの笑顔、素晴らしかったわ。あの独特の笑顔に惹きつけられたわ。継実との恋のほ [続きを読む]
  • 小さな巨人 第5話 *感想*
  • 番組HP所轄と警視庁が協力しあって目的を達成する様子や、、所轄の面々の成長は香坂(長谷川博己)のお陰だと感謝する渡部(安田顕)や、、事件の解決を喜び、固い握手を交わす香坂と山田(岡田将生)の様子など、あまりにも気持ちが良すぎる展開だけで終わらなかったのがいいね。ラストの嫌〜な気持ちにさせる展開があったことで、それまでの過剰に気持ちの良い印象が薄まって、いい塩梅になった気がしたわ。いや、過剰に気持ちの [続きを読む]
  • ボク、運命の人です。 第5話 *感想*
  • 番組HPえっらい力技できたねぇ。力技で運命要素を描きに描いていた印象。面白かったわ。しかし、、大地(杉本哲太)と善江(石野真子)の思い出と重ねてくるとは思わなかったわ。結婚式定番の袋の話と大寒山のスピーチ、、ウエディングケーキと大寒山、、指輪交換と腕相撲、、、、無理やり重ねられていく誠(亀梨和也)と晴子(木村文乃)の運命的な結びつきが可笑しい。その後の怒涛の展開も楽しかったなぁ。「幸せを引き寄せるよ [続きを読む]