北海道・札幌への転職を支援する社長 さん プロフィール

  •  
北海道・札幌への転職を支援する社長さん: 札幌ではたらくマジメ社長の徒然なるままに
ハンドル名北海道・札幌への転職を支援する社長 さん
ブログタイトル札幌ではたらくマジメ社長の徒然なるままに
ブログURLhttp://ameblo.jp/enjoy-syuttyou/
サイト紹介文北海道・札幌で人材ビジネスを開始したマジメ社長が経営環境が厳しい北海道での気付きを赤裸々に綴るブログ
自由文私は企業経営者のための面接や選抜など採用実務のコンサルティングを地方で15年実践、リクルートで北海道から沖縄までの東名阪以外の30道県をカバーする事業部の事業部長として「TOPインタビュー」地方版編集長、地方FM局でのキャリア番組パーソナリティーなどを歴任。地方を知り抜いた男が人生を賭けて取り組むビジネスが地方転職。「人間暮らすのは地方のほうがいいに決まってる!」が経営コンセプト。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2009/07/26 23:52

北海道・札幌への転職を支援する社長 さんのブログ記事

  • 哲学
  • ”自らの経営絵哲学をつくり上げ、自分自身を律すると同時に、その哲学を従業員と共有することに勤めるそれを実践することでそれまで数%の利益しか出せなかった企業が、十数%の利益を生み出すようになる” 「人を生かす」  稲盛和夫 (日本経済出版社) つまり、何のために学ぶのかと言えば良く生きるため、良く生きるために何が必要か、それはすぐれた人生哲学である 地方転職「リージョナルキャリア」 http://region [続きを読む]
  • 自転車
  • 航空会社の情報誌のハワイ特集でサーフィンをやりたくてハワイに移住してきた人のインタビューを読んでいてサーフィンについて聞かれて皆「サーフィンは人生なんだ」と言っていた。そうなんだ、とサーフィンをやったことがない自分は良くわからないけれどなんとなく打ち込む魅力があるもの=人生を感じた。私はいま毎朝自転車を走らせている。日によって寒い(北海道はほとんどこれ)・暑い(場所により熱い)、風が向かい風・追 [続きを読む]
  • こんど
  • 北海道新聞の新企画「HATAJO」にて女性活用をテーマに講演させていただきます。HATAJOとは働く女性が働く知見を持ち寄ってお互いの会社にフィードバック、より女性が働きやすい職場を作っていくというプロジェクトです! ことし3月に読んだ「感じるままにいきなさい」星野文紘(さくら舎)にこうありました。”リーダーなんだよ、女性は。そのほうがうまくいくんじゃないかな・・・女性が感じたことを、男が考えて進めていけばう [続きを読む]
  • 投資判断
  • 人間は常に投資を迫られています。お金と時間の投資。たとえばアポイントの時間設定、実際のアポイント時の時間運び、出張時の飛行機の選定や宿泊する宿とか、すべてはお金と時間の投資判断です。経営を大きくしていくときの一つの判断である事業の多角化は投資判断の中でも難しいこと。一つの仕事ですら人生かけても追いきれず。ましてや複数の事業をモノにしようと思えばそれこそ身を削るような努力が必要です。その意味でも中 [続きを読む]
  • 鍛錬
  • 鍛錬には心と体の2側面があると思います。日々安定した精神を保つためにはご機嫌で過ごす必要があります。そのためには「気にしない」スタンスの維持が大切です。一方体は無理なく鍛えること。私は肥満ですので体に負荷がかからずカッコよいという理由でロードバイク(速い自転車)をこの1年やっています。 心と体は不可分だと思うのは筋肉が付いてくると自信がつき発想力や集中力が高まり、それにより仕事への満足度が高まるか [続きを読む]
  • 心の管理
  • 「反省を通じて、心を管理するということは、人間にとって大切なことであるにもかかわらず、多くの人は、あまり関心を払おうとはしません。多くの人が、心の中で何を思おうと勝手だと考えています。しかし、心に思った通りのことが現象として現われてきます。だからこそ、心をどのように維持するのかということが大変大切になってきます。」最近読了した、稲盛和夫さんの「考え方 人生・仕事の結果が変わる」(大和書房)にあっ [続きを読む]
  • サイン
  • 日常生活の中で何か気になることがあったらそれは「サイン」だと思います。たとえば部屋の片付けをしていてふと気になる本を見つけたらそれはそれを「読め」というサイン。たまたま寄り道をして見つけた気になるポスターも何かの「サイン」です。サインは人生にとって経営にとって重要なお知らせなのだと思います。それを気にかけて、感じて、すぐに気になるまま、感じるままに行動に移すこと。ここが重要です。「サイン、即、行 [続きを読む]
  • 投資
  • 人材紹介会社の投資は人材に対するものしかないといって良いほど人材投資が重要です。人材投資とは採用と教育へのお金と時間の投資のこと。生産性を高めたいがために採用を抑制して生産性を上げようと、知らず知らずのうちに採用を抑制している自分がいました。さらに出張に忙しいことを言い訳に教育に時間を裂かない自分がいました。ああ、この半年はもう帰ってこない。もっとど真剣に、もっと激しく仕事をせねば。 & [続きを読む]
  • 研ぎ澄まされた関係
  • 盛和塾にてある経営者の経営体験発表を聞かせていただきました。私よりずいぶん若い方なのだが経営者としての年数は同じくほぼ10年。お聞きしていて感じたのは「シャープ」「シンプル」ということでした。感性が素晴らしい経営者だと感じました。その発表の中で心に残った言葉がこれです。社員と経営者とは「研ぎ澄まされた関係」にあるべきとの言葉。両者のコミュニケーションや関係性、評価と待遇はまさに「研ぎ澄まされた関 [続きを読む]
  • 多様性と主体性
  • 組織には多様性が必要です。とんがった個性が集まり多様なアイディアが出ること。それにより新しい可能性が生まれてくる。無理してでも多様化せよという方もいる。でもその一人ひとりに主体性がなければいけない。その主体性が発揮される組織にするにはどうしたらよいのか。ここが経営の勘所であります。組織ビジョン(目標)、経営理念(目的)、個人の自身の理想像、この3つの認識mリンケージが主体性を生むのだと思います。& [続きを読む]
  • 石狩湾
  • せんだって小樽市の経営者の方から私的な勉強会に招かれましてUIターンの政策のあり方、採用ノウハウに関する講演をさせていただきました。終了後、お食事に連れて行っていただきましてとてもおいしい酒と肴をたらふくいただきました。せっかくのお呼ばれですのでじっくり腰を据えて行きたいとおもいまして、帰れる距離にも関わらず小樽駅前に宿泊しました。最終列車で帰りませんので当然お酒をがんがん飲み、スナックでカラオケ [続きを読む]
  • just do it
  • せんだって株式会社リージョナルスタイルの年に一度のじっくり社長会がありました。ロングな会議の中でひとつ印象に残った言葉があります。それは「優秀な人は思ったことと実行することの間に時差がない」という言葉。言い換えれば「JUST DO IT」でしょうか。「即行動」。優秀な人は「これいいな」って思ったらすぐ実行に移しています。これが日常的にできたら、心躍る日々になるような気がします。 &nb [続きを読む]
  • テイスト
  • YOUTUBEで子どもの頃に見たウイスキーのCMに、こんなキャッチがありました。「ドリンクからテイストへ」つまりただ飲んで酔えばいいのではなくてお酒を味わって飲みましょう、と。 それくらいおいしいですよ、このウイスキー、って。来月50歳を迎える私にはこの「テイスト」という言葉が非常に心に刺さります。「LiveからTasteへ」と言われている感じがします。ただ日々漫然と生きるなよ、と。ただ消費するような時 [続きを読む]
  • 営業努力
  • 最近YOUTUBEで子どもの頃に見た印象的なテレビCMを見る。キリンシーグラムとかサントリー、ニッカといったウイスキーのCMがいい。男のロマンをくすぐるキャッチコピーと気持ちを高揚させるBGMが流れている。とてもいい。当時の広告主はプランナーにきっと凄い金額を支払っていたのだろうなあと思う。と同時にこんな素敵なCMなら買うなあ、と思う。つまり売るための経営努力を各社が継続していたからこそ成り立っていた市場なのか [続きを読む]
  • 安定とは閉塞感
  • サービス業はアイディアが出ることが大事です。ゆえにいろんな人がいることが大切です。つまりダイバーシティ、無理にでも女性を採用することです。まったく異なる考え方が化学変化を起こし良いアイディアを生みます。良いアイディアを生むためできるだけ異質な人を採用べきです。工場は同じような人が働くこと大事です。でもサービス業は違います。とがった人、変な人が変化を生みます。シリコンバレーでは52%が外国人経営者 [続きを読む]
  • 根治治療
  • 海外の教育機関と仕事をするなかで当然のことながら日本との違いを感じることがよくあります。そして特に違いを感じるのは子どもに対する教育に対する厳しい姿勢です。ただ厳しいだけではなく向き不向きを常に判断している。そこにあるのは長所を徹底して厳しく伸ばそうとする教育姿勢です。ここが日本の教育では欠けていると感じます。海外の教育を徹底して知ることで日本の根本を治す方策が見つかれば故国に対する究極のお役立 [続きを読む]
  • 満州事変
  • 満州事変という岩波現代文庫の本を読みました。3月に旧満州の首都・新京(現在の長春)に行きましたので興味深いタイトルだなと思って手に取ると緒方貞子さんの著作でもあり俄然興味が湧いてきて読んでみました。 緒方さんは日本がなぜあのような無茶な戦争に突入したかを知りたかったと書いていました。私も旧満州の壮大な遺構や五族協和という壮大な哲学を見るにつけ、なぜ日本は満州だけにとどめず全世界を敵に回すような [続きを読む]
  • 変化
  • せんだって読んだ致知にこうありました。「自分のことは全く考えず誰かのお役に立てばという思いで具体的に一歩動いたことによって人間が変わる」。これは弊社メンバーの言葉「自分はどうなりたいかを考えると難しいですが、どう人の役に立つかを考えると目の前が開ける感じがします」私もまったくそう思います。そしてさらに「動機が善な行動は成果を生む」と激しく思います。それは人の心を打つからです。そしてこれを「情けは [続きを読む]
  • 事業
  • 事業って誰がトップに立つかによって変わります。ゆえに大企業はコロコロ変わるわけです。ところが不易流行と言って、変えていいところと変えていけないところがある。そこを間違えるといい状態に戻すのにエラく時間がかかることになります。場合によっては致命傷になることもある。また好戦的つまりいろいろと変えることが好きなトップは結局その在任中に果実を得ることがないこと普通である。長い目で見ても果実は結局なかった [続きを読む]
  • ビジネスチャンス
  • せんだって稲盛和夫さんのDVDを見ていて思ったことです。多角化について語っておられました。誰にも出来ないことを面白がり、技術も人もいないゆえに創意工夫をする。研究開発の原型みたいなもの、ところが零細企業には知恵がない。ゆえに人の頭に見習おうということで大手メーカーがやめた技術を拾い集める。それを単品製作していき創意工夫を重ねやがて大きな技術革新へとつなげていく。私の場合は大手人材会社がやめた領域を丹 [続きを読む]
  • 進化の先取り
  • 最新の酪農施設を見学して、ロボットの進化を目の当たりにしました。牛舎において人間にしか出来ないと誰もが思っていたことをロボットがしてくれている光景は衝撃的でした。 ロボットと人工知能の進化とはすなわち機械が人間に限りなく近づくということ。その進化をこの目で見て仕事の進化を一刻も早く実現せねばと思います。 進化を先取りすることも人材ビジネスをする者にとっての提案の源だと痛感した次第です。&nb [続きを読む]
  • 身近な環境問題
  • せんだって町内会で通学路の街路樹のますと町内の公園の花壇への花苗植えをする機会がありました。ご近所のお父さんお母さんと朝8:30に集合して、雪解け後で固くなった土を掘り起こし、雑草を取り、苗を植えていきます。みるみるうちに街が見違えるように華やかになっていきます。 町内会の環境部副部長を仰せつかっており、ゴミ処理、リサイクル、美化をテーマに活動しています。といっても町内会の役員さんは「アンタは現 [続きを読む]
  • 再定義
  • せんだって酪農の現場を見学させていただきました。そこで展開されていたのはかつて(15年位前)見た世界とはまったく異なる世界に移行しつつある現場でした。 酪農家は飼料作りを外部に委託、搾乳はロボットによる全自動24時間、牛の発情は足輪により感知されアラートが鳴る、牛舎には温度センサーがあり窓や扇風機が自動で動き快適な環境を確保する・・・ 孫正義さんの記事で「シンギュラリティ、つまり人工知能(AI [続きを読む]
  • 人生の四季
  • 人生には四季がある、という その人間の四季とは、青春、朱夏、白秋、玄冬である 人間の四季は一回しか巡ってこない これを学ぶのが人間学である、先達にこれを学ぶのが人間学である せんだっての致知出版社・藤尾社長の講演から 地方転職「リージョナルキャリア」 http://regional.co.jp/北海道への転職  http://rs-hokkaido.net/宮城への転 [続きを読む]
  • 本学、末学
  • 学びの本質とは、 徳性を養う・・・これを人間学といい、知識・技能を養う・・・これを時務学という。 人間学を学ぶのがあくまで本(学)であり、時務学を学ぶのが末(学)であるという。 そもそも、本(もと)が乱れていては人間として務まっていかない・・・その通りだと思います。 せんだっての致知出版社・藤尾社長の講演から 地方転職「リージョナルキャリア」 http://regional [続きを読む]