鳴きウサギ さん プロフィール

  •  
鳴きウサギさん: 水葉
ハンドル名鳴きウサギ さん
ブログタイトル水葉
ブログURLhttp://ameblo.jp/tnerap44/
サイト紹介文恋愛詩 自由詩 小説 日記 散文 随筆
自由文言葉を紡ぐこと 言霊を大切にすること
そして何より 書くことは自由であること
以前と内容は変えていませんが 長期休暇後・・・気分を変えていきたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2009/07/27 04:36

鳴きウサギ さんのブログ記事

  • 忘れ島にて
  • ー忘れ島にてー泣きたくなるような孤独の朝は決まって 穏やかで美しい…夏薔薇がこぞって咲き誇り背の伸び過ぎた草木はむせかえるほど 青いカオリ…冷えたミント水を 喉に流し込みわたしだけ乾いているわ…なにが足りないのか わからないずっとずっとひとりだったこんなのには慣れているはず表通りを幸せそうに若い歓声が通り過ぎてゆくわたしひとり時の狭間に取り残されたようにここだけが…流れない まるで 時の中州の忘れ島深い [続きを読む]
  • Basement
  • ー〔Basement〕ーわたしが どんなに焦ったところで地上の雨は止まないし一度壊れた 愛は戻らないまさか 太陽が早く 昇って月の満ち欠けを急いだりしない心についた傷は癒えるまで 口をぽっかりあけたまま痛みはするんだろうあなたひとりは あまりに大きい…しょうがないじゃない…なんて言葉は好きじゃないけれど痛みが薄れていくまではじっと我慢の貝の子になるいつか時の波打ち際でさざなみに洗われてもう大丈夫よと 歌えるわ… [続きを読む]
  • あちらこちらで 天候の異変が起きてます。毎年 暑くなる…が年を追うごとの挨拶になってきて 日本古来の夏らしい夏ではなくなった気がします。昨日 東京でも雹が降り 被害が出てしまったようです。雹のギネスは実は日本が最大で 直径30?というから 巨大!ありがたくないけれど本当は厳しい風土の国なのかもしれません。先人はそれに耐えてきた。試練の時かもしれません。何か日本の土地が苦しんでいるような気がしてなりません。 [続きを読む]
  • ー友ー取り立てて 目立たぬわからぬように 静かにいつの間にか 傍にいて涙止まるまで 黙っている夏の木陰のそよ風のように真冬の深夜に降る雪のように春日の木漏れ日のように晩秋の夕凪の渚のように真の友と呼べる人はわたくしの孤独の邪魔をせずそれどころか わたくしと共にわたくしの孤独を堪能する苦い涙も切ない嘘も君はお見通しなのだから…霊長類の長が使う 言葉という難解な代物を 君の前では全く以って使わなくて済む…そ [続きを読む]
  • 宿なし
  • ー宿なしーわたしは いつも脚のつかない 背の高いカウンターイスに 腰掛けているようだったわ…脚をぶらぶらさせてまるで子どもみたいに 着くはずもない地面を探ってた…そうよ あなたと過ごす間も 交わす会話の意味がちぐはぐになったり 飲み物をよくこぼしたりしたのは なんだか落ち着かなかったせいだって…脚が着かないんだもの!わたしに似合いの 椅子を探して いくつも渡り歩いたけどね…結局…砂にぺたんとしゃがみ込むの [続きを読む]
  • セレーネの娘 羊飼いの夏
  • ーセレーネの娘 羊飼いの午後ー目を閉じれば 過去は語り出す見たことがあるでしょ?舗装されない道の端に 白粉花夏の夕暮れは 蝉が騒ぐ高い木々虫取り網と釣竿を持った子どもたちとすれ違うすごいね!汗びっしょり!出来ることは全部やりたかったね…夏の日…地球上は未知で広い遊び場太陽も月も風も空も大地も木々も転んでも手は貸さないがだけどいつもどこかで見守っていた…いろんなことを識らない分幼さは強く なんでも愛せる [続きを読む]
  • 夏といえば!長岡花火を見に行きたい☆彡
  • 「#長岡花火を見たい」をつけてブログを投稿しよう♪抽選で長岡花火のチケットがもらえる!☆★詳しくはこちらから★☆ー長岡花火に寄せてー北の夜空に 煌めくのは喪われた多くの魂とその魂が願ったであろうあまりに美しい 夢…願っていた数々がその夜 大輪の光の花になる…わたしは見上げる…天に還って逝った君の清らかな願いの大きさに降られ…時折 熱い火の粉を浴び…涙と興奮と言葉にならない安堵に抱かれ…ささやかな人生を [続きを読む]
  • ふるさとの音
  • ーふるさとの音ー小鹿田焼き…おんたやきと読む。ふるさとの有名な窯元の焼き物。小石原焼きの流れを汲む、素朴で土の温かみがあり、何より好きなのは渦の模様…大皿 飛びカンナ模様。結構な重さ!そこがいい。何よりいい。土からできたよ!って言ってるみたいで。窯元は長年弟子を取らなかった。だから今も凄く少ない。町には唐臼と呼ばれる槌の音が響く。これは日本の音百選に選ばれた!泣きたくなるくらいステキなところ。その [続きを読む]
  • ムービースターみたいに
  • ームービー・スターみたいにーある日 届いた花束に添えられた 美しいカード書かれたのは極上のさよなら…あなたはいつも 余韻を遺す有り余るほどの優しさと溢れるほどの思い遣りそして…そうして…一欠片の氷のような残酷さ…忘れていいのよ過ごした日々など女はそんなもの引きずって生きていきゃあしないもの…ずっと大事な思い出なんてほんとうはエゴだってだれよりもわたし 知っているつもりよ人生の次の幕が開くたび思い出は [続きを読む]
  • 虹の根元に願いを込めて
  • ー虹の根元に願いを込めてー野の草花を跳ねる 兎はもとから 跳ねるとは 知らなかっただけど虹が見たかった空に掛かるきれいな橋まだだあれも 渡ったことがない…何かの本で読んだの虹の根元には宝物が埋まっているわたしには 希望が埋まっている気がするだから 跳ねて追いかけて探し出そうとしている世界的に有名な喜劇王は言いましたYou’ll never find a rainbow if you’re looking down.〈下を向いてちゃ 虹を見つけることは [続きを読む]
  • ワルツ
  • ーワルツーあなたのために誂えた ドレスも…あなたのために整えた髪型も…あなたのための演出もそうね…ほんとうはわたしのため…あなたが 遠くへ行かないように繋ぎ留める細やかな楔女には翼がない少年のように夢を見て羽ばたくあなたのとなりでいつも寂しかったの…不思議ね…少女の頃なら 翼の生えたトゥシューズを履いていたはずなのにあなたと過ごす日々の暮らしに言われもしないのに脱いでしまった…もうあの頃みたいには踊 [続きを読む]
  • 見えない ほんとう
  • ー見えない ほんとうー本物の優しさや 愛や 素直さや言い表せない数々のひととなりは地表にダイヤや金が転がり出ていないのとおなじね…みつからないはずだわ…なかなかみんな大切なんだものね…水底に 目覚めぬ 真玉ありといふ曽をみたものは 何人も無き [続きを読む]
  • 今日は七夕の日
  • 七夕のお願いは何?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをゲットしよう残すところ、15分になった七夕。今年の願い事は 浮かれていられない。丈夫でネバーギブアップの九州でも 泣きたくなることはある。ウサギも今は心配で眠れない。母の安否確認は取れ、安心したものの 尊い人命が喪われた事 心から悲しく また悔しく思います。よって今年の願い事は つつがなく平和で天災も人災もおきませんよう…心から祈ります。鳴きウ [続きを読む]
  • 祈念 九州
  • ー祈念 九州ーふるさとは 大雨災害続きの ここんとこ…メールの母の強がりが返って わたしを不安にさせた。 英彦山線は大混乱みたい。あの辺りから 古来の神々の足跡の場所どうか鎮まってと願うばかり。七月中に降る雨量をはるかに越えたとか…観測史上初だとか 嬉しくもないニュースばかり…日本という 弓なりの舟は 何処へ行こうとしているのか?思えば 沖ノ島を世界遺産に登録する活動を始めて起こり始めた災害。九州の人なら知 [続きを読む]
  • 泡沫の恋 哲学の愛
  • ー泡沫の恋 哲学の愛ー月満ち欠けて 人生も同じ潮 満ち引きし 人生も同じ喜びも 悲しみも幸も不幸も同じ数だけあるのだと振り返って 夕焼けにおもう…幸せ過ぎれば 怖くなり不幸過ぎれば なぜかと問う…我儘なわたしの生き方に呆れつつ 成長の無さに嘆く君は健やかにいるだろうか?わたしの愛して止まない君…人の心配ばかりしてた君…いつかそれが素晴らしいことだと知った日…全て遅かったけれど…愛は尊敬無くしては生まれてこ [続きを読む]
  • もう一度 さよなら
  • ーもう一度 さよならー目覚めたら 隣のベッドはもぬけの殻だった…お揃いの歯ブラシもコーヒーカップもそのままで使ってた本人は影も形もないのよ…まぼろしだったのかしら?雨が上がった街が妙に昨日と違う顔をしている間違い探しの絵の中に取り残されたわたしひとり蕾だった夏薔薇が開き始めているわ…先を急ごうとしている何かにわたしは 焦るのよ…暦が 後半分しかなくなってわたしの中から何かが また半分減ってゆく去りゆく [続きを読む]
  • 破船に風
  • アメブロさんが リニューアルをして使い心地はどうなんでしょう?うさぎはなんだか 居場所が無くて ジャンルなんか無くなってしまって どこにも属せない 透明な存在になった気がします。ジャンルは増えます…っと書いてあったけれど あれ以降 なしのつぶてね…もはや創作活動なんかするスペースは無くなってしまったのかな?なんて少し悲しく思っています。部活のノリで居たうさぎとしては…ー破船に風ー流行りの歌について行けな [続きを読む]
  • 永劫回帰 ウロボロス
  • ー永劫回帰 ウロボロスー山あいの もはやだあれもすまなくなってスイッチバックのためだけにあるそれでも廃線にはされない線路に電車は到着し すぐに出て行った梢で鳥たちが囁いている…後 何本電車は来るの?えっと…今ので二本目だから…なんて…線路脇には 獣道 むかしは人の踏んだ道置き忘れられた廃屋が 木立の中に見え隠れ…苔むした釜戸の跡ここで生まれて育った人も きっといるはず…小さな団欒があったはず…今は神々の散 [続きを読む]
  • ある日突然
  • ーある日突然ー君に答えを求めるのは雨の日と悲しいときと海を見ているとき…わたしたちはどうして出逢い どうして縺れて 別れてゆくのか…いつもこよなく 元気ならわたしは君に 聞いたりしない心が風邪を引くなんて稚拙なことは言いたくないただ 明確に わからないだけだただ 明確に 知りたいだけだ人の尺度で計れない希望とか 絶望とか奇跡とか 必然とか…君はただ沈黙して深い笑みを湛えるだけ…そう…君だって知らないんだ…だ [続きを読む]
  • 迷子
  • ー迷子ーあちこちにぶつかり乍ら痛い痛いと 血を流す今日も何も見つからなかった…憎らしいほど満天の星を見上げて毒を吐いても 勝てやしない自然の摂理に…たとえわたしが死んだとしても誰も気づきはしないだろうと人の中にあって思う日は森に迷ったのと同じこと…わたしたちはいつも迷子同じところを巡る気がする景色が変わらない日々の中だけどずっともっと後になりカンテラを掲げて振り返れば長い路があることが垣間見える日が [続きを読む]
  • シナプス
  • ーシナプスー雨に打たれて 色鮮やかになるあいりすやあじさいやすいれんの花の色欲しき…と君に強請ってみた…幼い頃…君はわたしに問うた…ならば おまえは雨が好きかと…雨はわたしを濡らしわたしの手足を冷たくするよってわたしは雨が苦手だと云えば…ならばおまえはあいりすやあじさいやすいれんのようにはなれないと言う…何かが欲しいと思うのに何かを厭うならば手にすることは出来ないと言う仮そめに手に入れてもそれはまが [続きを読む]