ぶろぐ坊 さん プロフィール

  •  
ぶろぐ坊さん: 山寺のんびり日記
ハンドル名ぶろぐ坊 さん
ブログタイトル山寺のんびり日記
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/burogubou/
サイト紹介文関西花の寺第3番札所金剛院の副住職のブログです。都会での生活を捨てて5年前から山寺で暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供214回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2009/07/28 16:11

ぶろぐ坊 さんのブログ記事

  • 危険なマヨラー 謎の八卦掌
  •   夕方、薪をとりに勝手口から外に出ると初夏の気配がする。 田んぼに水が張られたのにあわせるかのように日が暮れるとカエルの声がこだまして聞えるようになった。 カエルの鳴き声は好きなもののひとつである。 カエルの声を聞いていると子供の頃に触れた自然の気配を思い [続きを読む]
  • 御朱印帖 質問あり 骨ホルモンの出る運動
  •  午前中法務2件。午後からは京都へ勉強会へ。勉強会の後、帰りの高速バスまで少し時間があったので河原町、四条界隈を歩く。ロフトに寄ったら御朱印帖コーナーが設けられていた。女性向けの趣向を凝らして御朱印帖が多数。中にはキティちゃんの御朱印帖とかリラックマの御朱印帖などというのまである。御朱印ブームはどこまで続くやら。舞鶴では日本遺産の認定を受けて「軍艦通り三十三箇所巡り御朱印帳」なるものが出来たそうで [続きを読む]
  • 難問 千里鶯啼いて 新緑のお茶会
  •  相変わらずカメムシ多し。事務所で机の真上に蛍光灯があり、夜になると飛び回り…どうかした拍子に体に取り付いてくる。昨日などは胸元に飛び込んできて弱った(涙)子供の宿題を見ていたら時々窮することがあるから恐ろしい。まだ2年の1学期だというのに…『時計の短い針は1日に何回回りますか?』…って、こんなの大人でも咄嗟に答えられませんて。新緑の季節となった。若葉の鮮やかな美しさは毎年のように感じ入るものがある [続きを読む]
  • 御影供法要 アセビ 真向法
  •  【新緑の参道】昨日は西舞鶴にある真言宗寺院の御影供法要に出仕。舞鶴というのは東西に市街の中心がある。普段は東舞鶴の外れに住んでいるので西舞鶴に行くことは殆どないので西舞鶴については地理不案内である。毎年のように出仕している法要なのだが昨日は道に迷ってしまった…行けども行けども目当てのお寺は見つからず、代わりに他の寺院を幾つも通り過ぎる。城下町の周辺には寺町といって寺院が集中的に置かれていることが [続きを読む]
  • 放送御礼! イノシシ豊作
  • 山寺に新緑の季節が訪れた。もみじというと紅葉を思い浮かべるが私は新緑が好きである。先日NHKの「着信御礼!ケータイ大喜利」が12年の放送を終了。放送回数は300回。テレビ全体のお笑い系番組のなかでも独自の地歩を占め、それがNHKというのも楽しい。本当に好きな番組だったので是非特番で復活してほしいものである。最終回も神回的に盛り上がっていた。動画に過去の放送があがっているので当面はそちらを見ることにしよう。素 [続きを読む]
  • 天井からためいき 名人板前の本 夜来る神
  •  午後から風雨。春の嵐の風情。桜も散り葉桜に。境内のもみじも新緑へと向かいつつある。本日は兼務寺院へ留守番に。天候が荒れ始め、参拝者も途絶えたので、座禅を組むことにした。寺務所の和室で座禅を始めてまもなく…天井を走る小さな足音が聞える。ネズミ…か(とすでに雑念にとらわれる)としばらくしてネズミよりはるかに大きな生き物がのっそりのっそり天井を歩く気配を感じた。大量に生えた体毛が天井をこする音まで聞え [続きを読む]
  • カメムシ寺 ジューンベリーさん 法事問答
  • 急に温かくなったせいかカメムシの活動が異常に活発に…室温の高い寺務所や廊下を中心に恐らく50匹以上が盛んに活動している。夜半になる布団や体の飛来して悩ましい。これがいつまで続くのやら…ジューンベリーの白い花が勢い良く開花。花の白さが新緑のなかで引き立って心地よい。ジューンベリーは花だけでなく新緑、果実、紅葉と愉しみが多い。ジューンベリーの果実は自分が食べたいというより小鳥がついばみに来るのをキッチン [続きを読む]
  •  イケメン不要 時には偏見を 喝!
  •   子供の頃から落し物、忘れ物の類が多い。節分法要で秘仏の御本尊を開帳した後、扉の鍵をロスト…ようやく出てきたと思ったら今度は兼務寺院の本堂の鍵をロスト…時々、自分で自分を信用できなくなることがある。娘が風邪で学校を休んでいるのでつれづれに話をしていると「私はイケメンと結婚できなくてもいい」と娘がいいだした。「イケメンでなくていいからお金持ちで、優しくて、運のいい男の人だったら誰でもいい」そういう [続きを読む]
  • サポートセンター お坊さんのパワハラ  
  • 本日は保護司会のサポートセンターで留守番。主な仕事は電話の受付である。保護司とは名ばかりで実務経験は全く無いのだがとりあえずサポートセンターで留守番のお手伝いである。昨日、コメントに「女城主直虎」で主人公が唱える「節回しのついた観音経」は声明か?という意見が寄せられた。なんとなく声明のことを考えているうちに、一人なのを幸い声明を1曲唱える。壁が厚く声が反響して気持ちがいい。しばらくして天井を見上げ [続きを読む]
  • 「理趣経」全開 女暫 風土記の世界
  • 午前中、奈良から来られたというご夫婦を阿弥陀様にご案内したらお勤めを希望された。「般若心経」を読まれるのかと思ったら「理趣経」だったのでちょっとびっくりした。「理趣経」は真言宗の根本経典であるが在家の方が唱えられるのは大変に珍しい。「理趣経」の初段を一緒にお勤めした。時々、拝観にこられた方と一緒にお勤めさせて頂く。ただ伽藍や仏像を拝観して頂くだけでなく、一緒にお勤めさせて頂くことで何かを感じてもら [続きを読む]
  • 警告に悪意あり 微笑む
  •  しばらく前にPCの画面に突然『ウインドウズセキリュティの重要な警告』という画面が表示されこれが真っ赤な詐欺だったことが判明…【関連記事】http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20170304その後ももう1回にたような画面が立ち上がった。こちらは『システム警告 ウインドウズセキリュティシステムが破損しています』という表示だった。こちらはカウントダウンが自動的に始まり「ファイルは×秒以内に削除」されますような脅し [続きを読む]
  • フクロウの正しいさわり方
  •   京都にフクロウカフェというのがあるらしい…と以前のブログに書いたが京都に出かけた妻と娘がこのフクロウカフェに行ってきた。自分たちだけずるいな…【フクロウカフェ 京都】http://www.fukurounomise-mc.co.jp/しかもこのフクロウカフェはFC(フランチャイズ)で店舗を展開しているらしい。フクロウ×カフェ×フランチャイズというのが軽く謎…店内にはいろいろなフクロウがいてフクロウに触れ合うこともできたらしい。 [続きを読む]
  • 危険な居酒屋 有坂銃
  •  親しい友人と久しぶりに連絡が取れたので一緒に夕食を摂ることになった。駅前のコンビニで待ち合わせてすぐ近くの居酒屋へ。居酒屋というのはあまり正しくない呼び方である。最近は「ダイニング」呼ばないといけないらしい。一番奥の個室に通してもらう。注文はタブレットでできるというから当世風である。2人とも本が好きなので最近読んだ本の話でもりあがり、そのうちにリラックスしてきて、後ろの壁にもたれようとしたら…大 [続きを読む]
  • 陽だまりの水仙 とりあえず1メートル 
  • 朝方、キッチンで洗い物をしていると窓からさしこむ陽の光がなんとも心地よくて体も心もゆるむ気がした。ようやく春がやってきたという実感がした。車で走っていると水仙の鮮やかな色が眼を楽しませてくれる。水仙の葉は濃いしっかりした色で葉の形もまっすぐある。その色や形に強い生命力を感じる。境内は山陰にあって気温がやや低いせいか境内の水仙は1割ほどしか咲いていない。これからが愉しみである。昨年は境内の横の川べり [続きを読む]
  • イベント日和 小さなお店 
  • 午前中は近くの泉源寺地区にある真言宗のお寺智性院へ。<寺カフェ>というイベントが催されていたのである。ちなみにこの智性院は京極マリアの菩提寺と考えられているお寺で歴史的には非常に興味深い存在である。庫裏のなかではいろんなお店が出店されていた。手淹れコーヒー、パン、焼き菓子、雑貨、観葉植物(多肉植物)、マッサージ、骨盤整体、カラーセラピー、手相鑑定…出店されているオーナーのみなさんとても生き生きされて [続きを読む]
  • 卒業 彼岸桜 芭蕉
  •   本日もまだ少し肌寒く、午後から雨が降る。卒業シーズンになり時々斉藤由貴さんの「卒業」が流れる。同じ時代にこの歌を聴いたものとしてはやはり懐かしいような切ないような感慨を覚える。何も分からず、不安であり、同時に自負やコンプレックスや、いろいろな希望が頭をかけめぐっていた若い自分の姿が思い出され苦笑とも恥ずかしいともつかない気持ちになる。1週間ほど前に檀家さんが雪折れした彼岸桜の大きな枝を軽トラッ [続きを読む]
  • 休暇 武蔵奮戦す
  • 一昨日は家族と神戸へ1泊旅行へ。まさかの法務ラッシュで心身共に疲労困憊したが、久しぶりの休暇でリフレッシュすることができた。ポートピアにあるホテルに1泊してIKEAとバンドー神戸青少年科学館に行ってきました。【バンドー神戸青少年科学館】http://kobe-kagakukan.com/IKEAは家具がメインなのでそんな大物を買うこともないのだが、店舗の雰囲気に独特のものがあって刺激を受ける。やたらと広い店内がテーマパークみたいであ [続きを読む]
  • イタリアンの教科書的
  •  本好き×料理好きということで、時々、料理の本が読みたくなる。テレビで時々お見かけする落合務さんという方のレシピのレビューが良かったので古書にて購入。とりあえずはその著書の作品で最もレビューの厚そうなものを買うのがいつものパターンである。 ちゃんと作れるイタリアン 作者: 落合務 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2005/09/15 [続きを読む]
  • 着火1分後  ら・ら・ら
  •  相変わらずいつまでも気温が低い。今朝は氷点下にまで下がったとのこと。法務が続いて下降した体調もようやく回復傾向。午前中、法事が2件あったが2件目で食事を出して頂いた。よく考えたら1週間ほど軽いものしか食べていなかったことに気がついた。いきなりヘビーなご馳走を食べても大丈夫かな…と思ったが無事終了。まだまだ寒い日が続くので薪で焚いたお風呂に入るのが愉しみである。焚口に薪、小枝、杉葉などを入れて火をつ [続きを読む]
  • 彼岸のお中日  遺伝的影響 
  •  17日から4日間続いた松尾寺の彼岸法要への出仕も無事終了。珍しく体調不良のため波乱があったかようやく収束しそうな気配。健康のありがたさをしみじみと感じた。身体が弱ると、メンタルも影響を受けるらしく。娘が見ていた「ドラえもん」の映画で号泣しそうになった… 映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生 メディア: Amazonビデオ この商品を含む [続きを読む]
  • お彼岸
  • 明日は彼岸の中日。彼岸とは向こう岸という意味であるが、迷いや煩悩を大河にたとえ、それを越えたところに悟りの世界があるとされる。丈夫なだけがとりえなのだが法務が続いたせいか高熱をだして昏々と眠り続けた。少し回復に転じて小康状態だが、まだ歩くとフワフワする…というわけでしばらく更新できそうにありませんが御了解くださいませ。                              九拝にほんブログ村← [続きを読む]
  • お土産 快慶グッズ 求道空手
  •  この冬は久しぶりの大雪で倒竹、倒木が多く。娘には格好の遊び道具。ほどほどにしてくださいね…本夕から荒天。夜半には雪が降るとの予報もある。昨日は兼務寺院へ留守番に行く。お参りも少ないので少しのんびりした時間を過ごす。耳を澄ませると絶え間なく鳥の声が聞える。ツツ…ピ…ツツ…ピ…ツツ…ピ…心が溶かされるような穏やかな空気である。今朝は久しぶりに家の裏手で立禅を行う。腰を落として立つという一見地味なトレ [続きを読む]