宮内則幸 さん プロフィール

  •  
宮内則幸さん: 本のブログ ほん☆たす
ハンドル名宮内則幸 さん
ブログタイトル本のブログ ほん☆たす
ブログURLhttp://hontasu.blog49.fc2.com/
サイト紹介文本のある生活、本でひろがる人生−書評を中心にして、豊かな本のある生活を紹介します。
自由文bk1書店でハンドルネーム「夏の雨」で活躍中の「書評の鉄人」が運営するサイトです。
文芸書、ビジネス書、児童書、など幅広く読まれる書評に味わいがあると定評のサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/07/28 16:45

宮内則幸 さんのブログ記事

  • Book Covers in Wadaland 和田誠装丁集:書評「なんともWonder」
  •  書評こぼれ話  今日は  私の大好きなイラストレーター和田誠さんの  『Book Covers in Wadaland 和田誠装丁集』を紹介するのですが  実はこの本を見つけたのは  北本市の中央図書館で、でした。  お、和田誠さんの新しい本が出たのかと  手にとったら  なんと2014年11月に刊行された  和田誠さんの記念すべき200冊めの本でした。  普通の文芸書とちがって  やはりこういう本はなかなか本屋さんでも  見 [続きを読む]
  • やさいの絵本の紹介記事をまた載せて頂きました
  •  株式会社アグリメディアさんのHPに やさいの絵本の紹介記事の2回めがアップされました。 こちらからご覧頂けます。  やさいの絵本たち へ   「ブログランキング」に参加しています。      応援よろしくお願いします。     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日も ありがとうございます)        [続きを読む]
  • 白梅に紅梅、春まぢか − わたしの菜園日記(2月12日)
  •  山陰では大雪が続いていますが 関東では そろそろ梅が盛りとなってきました。   白梅の花に蕾に枝走る     倉田 紘文   まさにこの句のような 写真が撮れました。 こちらは紅梅。     紅梅の紅の通へる幹ならん    高浜 虚子 さすがに古代から詠われてきた花だけあって 名句が多い。   白梅や翁と呼ぶな痩せ我慢    夏の雨 これは駄句、でした。 畑はほとんど変わらないので 今日は私の菜 [続きを読む]
  • 落陽(朝井 まかて):書評「朝井まかての「坂の上の雲」」
  •  書評こぼれ話  今日は建国記念日。  もともとは紀元節と呼ばれていました。  明治5年に制定されたとありますから  今日紹介する  朝井まかてさんの『落陽』で描かれた時代には  すでにあった祝日です。  さて、この小説ですが  明治神宮造営に至る経緯を  描いています。  平成の私たちからすると  神宮の杜は  とても森閑とした鬱蒼とした森ですが  実は森には適さないと  最初はこの地に造営する [続きを読む]
  • 暮らしを彩る和紙オリガミ(山梨 明子):書評「私にも折れます」
  •  書評こぼれ話  今日は珍しい  折り紙の本の紹介です。  山梨明子さんの  『暮らしを彩る和紙オリガミ』。  この本は  いつもの書評サイト「本が好き!」から  献本頂きました。  やはりこういう本こそ  そばに置いておかないと  いざ作ろう、折ろうと思った時に  やっぱり困ると思うのです。  私が一番気にいった折り紙は  箸包み。  ようじ入れもついた優れもの。  しかも、  折り方も簡単。  [続きを読む]
  • 立春におしるこ大会 − わたしの菜園日記(2月4日)
  •  俳句の季語というのは なかなか難しいもので 梅という字がついているから 春の季語かと思っていたら 冬の季語だという花があります。 それが蠟梅。   黄色い花が特徴のかわいい花です。   蠟梅を無口の花と想ひけり      山田 みづえ だから、歳時記は欠かせません。 立春だった4日、 菜園でおしるこ大会が開催されました。   このおしるこ、残念ながら私の持っている歳時記に出ていません。 では、白 [続きを読む]