秀水小田敦 さん プロフィール

  •  
秀水小田敦さん: 俳句徒然自句自解+目指せ文化的週末
ハンドル名秀水小田敦 さん
ブログタイトル俳句徒然自句自解+目指せ文化的週末
ブログURLhttp://analogjun.blog99.fc2.com/
サイト紹介文 週末は趣味的・文化的にを合い言葉に。  俳句・読書・クラシック音楽など文化的空間を目指すべく!
自由文 短詩系の中では、俳句に一番興味がありました。継続的に書き始めたのは、5年ほど前からで、これについては、前途遼遠ですね。
 読書はほぼ骨がらみに行っていますが、ここではやや「軽め」で行きたいと思っています。
 音楽はもっぱらクラシックで、大好きです。

 ともあれ文化的な芳香の漂う空間を目指したいものです。はい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/07/30 21:58

秀水小田敦 さんのブログ記事

  • 多様性がいかに大切か
  •   『人間にとって寿命とはなにか』本川達雄(角川新書) えー、名作『ゾウの時間 ネズミの時間』の作者です。私も読んでたいそう感心、啓発されました。でも本書はちょっとそうでもなかったです。内容がちょっとばらばらな感じがしました。 それについては筆者自身後書きに書いていますが、もともと5本の講演録をまとめたものである、と。じゃあ、まぁ、ちょっとやむなしかな、と。 しかし興味深い話題はたくさん入っていま [続きを読む]
  • 貧困であることを運命づけるとは
  •   『貧困世代』藤田孝典(講談社現代新書) もう2.3年前になりますか、本書でも少し触れられている「日比谷公園年越し派遣村村長」をなさっていた湯浅誠氏の講演会に行きました。 とても面白かった印象はあるのですが、既に何年かが過ぎ覚えているのは下記の二つの話しだけです。確かこんな内容です。 1.「ないものねだり」から「あるものさがし」へ。 2.貧困は普通に暮らしていては見えない。 この二つの話しがなぜ [続きを読む]
  • 文士のゴシップ話し
  •   『文士の私生活』松原一枝(新潮新書) この間何となく坂口安吾について書いてある本を読んでいたら、安吾の家は新潟県屈指の資産家であったと書いてあり、へえーっというか、やっぱりねというか、ちょっとそんなアンバランスな感想を持ちました。 安吾と共に「無頼派」して並び称された太宰治の家も津軽随一の大資産家でありましたし、そもそもそんなことを意識して近代日本文学者のことを調べていると、多くの作家の実家が [続きを読む]
  • 「やむにやまれず、嘘をつく」
  •   『やむにやまれず』関川夏央(講談社) 私には、文学関係の随筆または評論で、フェイヴァレットかつこの人の言うことならと思っている作家が何人かいます。この関川夏央氏もその一人です。漱石や二葉亭四迷、白樺派などのことを書いた何冊かの文春文庫は素晴らしく、とても面白く読みました。 一方そんな筆者が、文芸評論ではなく時々本にまとめているのが、今回取り上げた趣旨の本で、短編小説のようなエッセイのようなとい [続きを読む]
  • ゴシップ精神は文学研究
  •  『近代作家エピソード辞典』村松定孝(東京堂出版) わたくしごとですが、人生晩年の学び直し学問としての「文学」シリーズの読書報告です。 しかし自分でそのように決めながら、実際にはなかなか本格的な学問研究に突入できず(まぁ、「食い扶持」の用事もありますし)、学問の周りをただぐるぐる回っているだけなのですが、今回の書籍も図書館でぶらぶらしているときに見つけた本です。 前書きにこんなことが書いてあるのを [続きを読む]
  • 原稿が書けない理由の面白さ
  •  『〆切本』(左右社) 久しぶりにリアルな本屋に行きました。 かつて家のそばにあった本屋さんが廃業なさいまして、その当座は不便だなぁと思っていたものの、ネットでも買えるし全国展開チェーン古本店が比較的家のそばにあるしということで、関係者の方には申し訳なくも、そのうち不便さを忘れてしまいました。 ところがここに一つ困ったことがありました。 それは図書カードを使う機会が無くなったことです。かつて誕生日 [続きを読む]
  • することの なくてほんのり 梅見かな
  •  ……えー、前回のまるまる続きのような句ですね。 ……えー、すみません。 本当に前回のまるまる続きの句なんです。 作った日も、写真を撮った日も。 重ねて、すみません。                         秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • 曇天も ゆかしきほどに 梅二月
  •  昼間たまたま退屈な時がありまして、 そうそう、と思って 梅を見に行きました。 誰にせかされるわけでもなく、 ちゃんちゃんと季節を進めていく 自然って、いいものですね。                 秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • 文学は錯覚に過ぎない
  •  『文学の読み方』さやわか(星海社新書) 少し前にも触れましたが、人生において何だかテンカウントを聞くのも近くなってきた今日この頃、はたと思い立っての人生の「学び直し」に、わたくしは「文学」を選ぼうと思ったのでした。 しかし、テンカウント間近で「学び直し」もないだろうという囁きは何より自らの耳に届いており、その後細々と何冊か文学関係の本を読みましたが、いっこうに学問深化はならず今日に至りました。( [続きを読む]
  • 素晴らしき演奏の後に……(その3)
  •  ……えー、同一話題で3回目になってしまいました。 かなり微妙な意見表白でありますゆえ、さっと書いてさっと終わる予定だったのですが、誠に申し訳ありません。今回で必ず終了いたします。 さて、私が先日ブルックナーの交響曲第5番の演奏会を聴いて、その帰途に少々考えたことであります。 今考えてみれば、あの時の曲が大概長いブルックナーの5番だったせいもかなりあるとは思いますが、演奏終了後、指揮者が何度か舞台 [続きを読む]
  • 素晴らしき演奏の後に……(その2)
  •  前回の続きです。 ちょっと、微妙にナーヴァスな話題を取り上げておりまして、きっと反対意見の方もたくさんいらっしゃるだろうなーと思いながら述べております。(困ったことです) 異なるご意見の方、お怒りのコメントなど送らないでくださいね。 当方、もともとそんなに頭の回る人物ではない上に、近年加齢のせいでいろんなところのネジが緩んできておりますから。 ということで、クラシック音楽会のある慣習について、わ [続きを読む]
  • 素晴らしき演奏の後に……(その1)
  •  先日、ブルックナーの演奏会に行ってきました。 とっても迫力のある、素晴らしい演奏会でありました。 ところがその演奏会の余韻に浸りながらの帰途に、少々ああでもないこうでもないと考えていたことがありました。 ちょっとそれを綴ってみたく、以下、書いてみます。 まず、演奏そのものの不満ではありません。 それは、実はわたくしがかなり以前から思っていたことなんですね。別に不満というほどのものではないのですが [続きを読む]
  • 燎原の 火の如くあり 風邪休暇
  •  ここ数日、少し寒さ緩んだ日々ですが、 一時はかなりの寒さで、 職場でも、私の前後左右、 バタバタと討ち死に。 来ている人も、マスクにコンコン。 「負け戦」って、 こんな感じだったんですかねー。                  秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • 女性チェロ奏者のこと
  •  数年前から、関西のあるオーケストラの名曲コンサートのようなステージを年間で通しで買って、今年もほぼ半分くらい聴いてきました。 毎回同じ席で聞くことができるのですが、今年は幸か不幸か一番前の席で(言い忘れましたが、さほど高価なチケットではありません)、コンサートマスターの革靴が、ほぼ視線の2メートルほど先にある席です。 ……えー、ちょっと、補足をさせていただきますと、上記の「幸か不幸か」という表現 [続きを読む]
  • 冬浜や諍い事もありながら
  •  「諍い事」といっても、いえ、 女房とちょっと喧嘩をした程度のことなんですけれど。 久しぶりに見に行った冬の海は、 その日が快晴に近い天気だったおかげで、 とても明るく、 …でもやはり、冬の海で、 なんとなくそんな気持ちが、 つい、 「諍い」と書いてしまったということです。                    秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • あの頃の 燈火親しき 今宵かな
  • 最近どうも情けない話ですが、読書量が落ちてきたなぁ、と。もちろん数を読めばそれでいい、などとは思ってはいませんが、しかし少なくなったなぁと気づくことは、それは何となく、寂しいものであります。                 秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • 木犀や もどかしき頃 思い出す
  • 昔、我が家にあったのですが、その後、屋移りしました。数年前に苗木を植えたら、なぜか翌年、枯れてしまいました。そして2代目が、3年目にやっと、細々ですが、花をつけました。すでに街中いろんなところから、一杯薫ってきているんですが……。                     秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • コレクション展で戸惑う……
  •  先日、上記の展覧会に行ってきました。 ウィークエンドに行ったからかもしれませんが、雨模様の中わりと盛況なようでした。様々な傾向の絵画がたくさん展示されていて、なかなか見応えのある展覧会だったのですが、見終わって一緒に行った女房と喫茶店に入り、コーヒーなど啜りながら感想を交わしていると、どーも、うまく述べることができません。 私がぼそぼそと述べ、女房もぼそぼそと返す。なんといいますか、感想の焦点が [続きを読む]
  • 少々無理ある「正伝」かなとは……
  •   『つかこうへい正伝』長谷川康夫(新潮社) インターネット上の新刊・古書書店をうろうろしていたら上記の本が出てきたので、おっ、と思いました。 ささやかながらわたくしも、かつて少しだけ演劇青年だったことがありました。 本書のタイトルの下に「1968−1982」と書いてありますが、私がリアルタイムで知っていたことも後に知ったことも含め、この時期の小劇場演劇におけるつかこうへいの圧倒的な存在感は、おそ [続きを読む]