哲郎 さん プロフィール

  •  
哲郎さん: 列車往来
ハンドル名哲郎 さん
ブログタイトル列車往来
ブログURLhttp://ebatetsu.shiga-saku.net/
サイト紹介文日常の列車との関わり合いを公開していきます。
自由文JR好きで日本中の列車を撮っています。
皆様、次は列車往来でございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2009/07/30 22:46

哲郎 さんのブログ記事

  • 京王電鉄、16年ぶり新型
  • 京王電鉄は7月19日、若葉台車両基地(東京都稲城市)で新型電車「5000系」を報道陣に公開した。9月29日から運行され、2018年春からは京王電鉄初の座席指定列車でも運用される。5000系は京王電鉄が16年ぶりに導入する新型車両。今回公開されたのは5000系の第5731編成で、JR東日本グループの総合車両製作所(J-TREC)が製造した。 [続きを読む]
  • えっ、防犯カメラ?
  • JR西日本は2017年7月19日(水)、山陽・九州新幹線で運行している車両の客室内各2か所に、防犯カメラを新たに設置すると発表しました。対象はJR西日本が所有する8両編成のN700系全19本です。現在、防犯カメラはデッキ部やその通路部に設置されていますが、同社は、さらなるセキュリティ向上を図るため、客室内にもカメラを増設するといいます。設置工事は2018年度から2020年度にかけて行われる計画です。 [続きを読む]
  • DMV
  • 線路を走るための車輪と道路を走るためのタイヤが付いた、線路と道路の両方を走れる新しい乗り物「DMV(デュアル・モード・ビークル)」の展示・試乗会が徳島県美波町で行われ、話題になっている。徳島県は、全国初の営業運行を目指ている。 [続きを読む]
  • ニセコ発車
  • JR北海道は2017年7月14日(金)、特急「ニセコ」を8月31日(木)から9月5日(火)までと7日(木)から12日(火)までの計12日間、札幌〜ニセコ〜函館間で運転すると発表しました。 [続きを読む]
  • ネットでは買えない
  • JR北海道は20日、沿線自治体の風景や特産品の写真をデザインした「JR北海道わがまちご当地入場券」を発売する。十勝管内でも帯広など駅が立地する8市町で販売され、観光への好影響も期待される。入場券をきっかけに鉄道の利用や地域のPRにつなげようと企画。各駅のみどりの窓口などで、1枚170円で販売される。 [続きを読む]
  • えっ、仙台まで?
  • JR西日本金沢支社、JR東日本北陸営業センターは14日、金沢駅発着で仙台駅へ直通運転する新幹線の運行日について、往路が10月23日、復路が同25日に決まったと発表した。今後、旅行代理店5社が直通新幹線を使った11商品を発売する。募集人員は計約800人となる。ツアーでは23日午前8時6分に金沢駅を出発し、東北で2泊した後、25日午後5時40分に金沢駅に到着する。JR西、東は昨年、初めて仙台駅発着の直 [続きを読む]
  • えっ、停車駅通過。
  • 13日午前8時40分ごろ、大阪発篠山口行き普通電車がJR福知山線道場駅(神戸市北区道場町生野)を停車せずに通過した。JR西日本によると、男性運転士(40)は次の三田駅(兵庫県三田市駅前町)に停車しようとした際に気づき、「別のことを考えていた」と説明しているという。 [続きを読む]
  • D51やまぐち線を。
  • 「デゴイチ」の愛称で知られるD51型蒸気機関車(SL)の200号機(1938年製)が11日、山口市と島根県津和野町間のJR山口線を試験走行した。山口線では別型の機関車を使い観光列車SLやまぐち号が運行されているが、D51が走るのは73年以来44年ぶり。 [続きを読む]
  • えっ、貨物?
  • 石山鉄橋長距離トラックの運転手不足を背景に、貨物列車が注目を浴びている。輸送量は一本の列車で最大650トンと大型の10トントラック65台分を誇り、二酸化炭素(CO2)排出量はトラック輸送の8分の1と環境にも優しい。自社の荷物のみを運ぶ専用列車を仕立てる運送会社やメーカーも増え、JR貨物は平成29年3月期決算の鉄道事業で営業損益が5億円の黒字となり、事業別の開示を始めた19年3月期以降で初の黒字化を [続きを読む]
  • 下手くそなジオラマより
  • さて、久しぶりの「下手くそなジオラマ」よりですが近況をお伝え致します。最近バスが1台増車いたしました。丹後海陸のBPU15です。何故丹後海陸なのか?私の父親が丹後出身でよく宮津辺りでこのバスを見たからです。2台有ればかなり違ってきますね。国鉄バスにしようかなと思いましたがこちらで正解。よく合います。さて、次は高原の雰囲気をどうやって出すか?楽しみです。 [続きを読む]
  • えっ、電気?
  • JR東日本は、ディーゼル発電した電気でモーターを回す電気式ディーゼル車の運行を早ければ2018年度に始める。電気式ディーゼル車の導入は同社初。新型車は「GV−E400系」。車体はステンレス製で1両と2両編成がある。1両編成の場合、定員は99人で、現在のディーゼル車の96人と同程度。 [続きを読む]
  • DD 200公開
  • JR貨物は7月5日、新型ディーゼル機関車「DD200形」の試作機(DD200-901)を新鶴見機関区(川崎市幸区)で報道陣に公開した。本年度はDD200-901を使用した走行試験を行い、将来の量産化を目指す。DD200形は、非電化区間での貨物列車けん引から駅構内での入替作業まで、幅広い用途に対応した新型ディーゼル機関車。国鉄時代に開発されたDE10・11形ディーゼル機関車の老朽化対策として計画され、6月下旬に川崎重工業の兵庫工場でDD200 [続きを読む]
  • えっ、360km
  • JR東日本は4日、次世代新幹線の試験車「E956系」を2019年春に投入すると発表した。試験結果を反映させた新型車両は、世界最速となる時速360キロでの営業運転を目指し、東北・北海道新幹線を走る「E5系」の後継とする。 [続きを読む]
  • 天空の列車?
  • JR東日本は1日、JR小淵沢駅(山梨県北杜市)で、小海線を走る「HIGH RAIL1375」の出発式を行った。県内外からの見物客でホームはにぎわった。JRの路線としては標高最高地点1375メートルを通ることから「天空にいちばん近い列車」の愛称が付けられた観光列車。「出発進行」の合図で小諸駅に向かってゆっくりと走り出し、多くの人がカメラのシャッターを切った。 [続きを読む]
  • b‘z列車
  • 「B’z SHOWCASE 2017 - B’z In Your Town-」 津山公演に伴う臨時列車の運行についてJR西日本岡山支社では、7月22日(土曜日)「B’z SHOWCASE 2017 - B’z In Your Town -」 津山公演の開催に伴い、コンサート鑑賞に便利な定期列車の増結および臨時列車を運行いたします。詳細1 定期列車の増結について【往路】(1)運転日2017年7月22日(土曜日)(2)運転区間岡山駅発、津山駅着?※注釈:途中停車駅は法界院駅、金川駅、福渡駅 [続きを読む]
  • 700S〜デザイン
  • JR東海は6月28日、同社が開発を進めている新幹線の新型車両「N700S」のデザインを決めたと発表した。2020年度の営業運転開始を目指す。先頭部のデザインは、N700系シリーズの形状を進化させた「デュアル スプリーム ウィング形」を採用。同社の小牧研究施設での技術開発結果に基づくもので、左右両サイドにエッジを立てた形状にする。これにより走行風を整流し、環境性能の向上を図る。ヘッドライトはLEDを採用して省エネルギー化 [続きを読む]
  • 新型700S
  • 2020年からの導入が予定されている新型の東海道新幹線のデザインが公開されました。JR東海が公開したのは、2020年からの導入を予定している新しい東海道新幹線車両のデザインです。名前は「N700S」で、先頭部の青帯に「S」が表現されています。新しい車内には普通車、グリーン車ともにLEDの間接照明を採用するほか、車内にあるテロップの画面サイズを拡大し、フルカラーの液晶にすることで案内情報をより見やす [続きを読む]
  • ロマンス?
  • 小田急電鉄は2017年6月26日(月)、特急ロマンスカー「SE」(3000形電車)が今年、就役60周年を迎えることから、記念キャンペーンを展開すると発表しました。「SE」は1957(昭和32)年に登場。流線形でバーミリオンの色をした車体、車両連結部に台車(車輪のある部分)を配置した連節構造の採用など、それまでの車両とは一線を画す特徴的な車両でした。 [続きを読む]
  • えっ、深刻JR 四国
  • 2040年度のJR四国利用者総数が2015年度に比べ、17%減少する見込みであることが、国土交通省四国運輸局の推計で明らかになった。訪日外国人観光客の利用増が見込まれるものの、それを上回るペースで沿線人口の減少が進むためで、民営化後一度も本業の営業損益が黒字になっていないJR四国の経営は、一段と厳しさを増す見込み。 [続きを読む]
  • えっ、連結?
  • 近畿北部を回る観光列車「ぐるっと北近畿」の出発式が24日、京都府福知山市駅前町の福知山駅であった。鉄道職員や鉄道ファンらが、JR西日本と京都丹後鉄道(丹鉄)の車両を連結した特別列車を見送った。 [続きを読む]