哲郎 さん プロフィール

  •  
哲郎さん: 列車往来
ハンドル名哲郎 さん
ブログタイトル列車往来
ブログURLhttp://ebatetsu.shiga-saku.net/
サイト紹介文日常の列車との関わり合いを公開していきます。
自由文JR好きで日本中の列車を撮っています。
皆様、次は列車往来でございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2009/07/30 22:46

哲郎 さんのブログ記事

  • えっ、115万円!
  • JR東日本は26日、豪華寝台列車「トランスイート四季島」の運行を来月1日に始めるのを前に、報道機関向けの試乗会を開いた。上野―宇都宮間を往復し、1年〜1年半の研修と訓練を積んだクルーが、「動く高級ホテル」のサービスを一部披露した。四季島は10両編成だが、客室は3種類のスイートタイプが計17部屋しかなく、乗客は最大34人だ。間接照明を多用し、華美でありながらも落ち着いた空間を演出。通常の列車と比べ、揺れや騒音が小 [続きを読む]
  • 「E235系」量産車、5月22日から営業運転
  • JR東日本は4月25日、山手線の新型車両「E235系」量産車について、営業運転を5月22日から順次始めると発表した。49編成を投入し、2020年春ごろまでに現行の主力、E231系500代から置き換える計画だ。2017年度は15編成を年度末に投入する計画。18年度以降はさらに34編成を順次投入。E235系は量産先行車と合わせ、計50編成・550両になる。量産車では、荷物の上げ下ろしをしやすくするため、荷棚の高さを量産先行車とE231系500代と比べ5 [続きを読む]
  • えっ、位置が確認出来る!
  • 西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)は、「JR西日本列車運行情報」のウェブサイトで、列車個別の走行位置情報を確認できるサービスを京阪神エリアの17線区を対象に、4月28日の始発列車より提供する。JR西日本列車運行情報では、従来から列車の遅れに関する情報を提供しているが、28日の始発列車より、PCやスマートフォンのウェブブラウザーで走行中の列車の現在位置、遅れの分数を確認可能になる。 [続きを読む]
  • えっ、レールがずれた?
  • JR北海道は22日、北海道森町の函館線姫川信号場で、レール幅のずれが運転中止の基準値を1ミリを超えていたにもかかわらず報告が遅れ、整備を終えるまでに54本の列車が通過していたと発表した。同社によると、グループ会社の社員が20日にレールを交換。交換したレール幅のずれが基準値を超えていたが、JR北海道への報告は21日午後までずれ込んだ。この間、旅客列車28本、貨物列車26本が現場を通過した。 [続きを読む]
  • えっ、115系残った^^
  • JR西日本岡山支社は2017年4月17日(月)、115系300番台の2編成(計6両)について、「湘南色」で車体を再塗装し、その完了記念として特別に2編成をつなげて6両編成で運行すると発表しました。2009(平成21)年から、JR西日本岡山支社は、普通列車に使用している車両の黄1色化を進めています。当初は「湘南色」の2編成も黄色に変更する予定でしたが、利用者らからの要望もあり、「湘南色」での再塗装が決まったといいます。 [続きを読む]
  • えっ、廃止?〜宗谷線
  • JR北海道の路線見直しで、宗谷線名寄―稚内の沿線自治体などでつくる協議会が14日、名寄市でJR北海道との初会合を開いた。同社は昨年11月、同区間を含む計約1200キロを「単独では維持困難」と表明、鉄道維持やバス転換に向けた負担協議を関係自治体に呼び掛けており、自治体側が応じたのは初めて。この日は、宗谷線沿線12市町村とJR北海道の担当者らが出席。同社の山口力常務は同区間について「廃止ありきではなく、鉄道維持に向け [続きを読む]
  • えっ、6万円!
  • 滋賀県甲賀市が、子育て世帯や生活困窮世帯などに無料配布しているオリジナル品のJR西日本IC乗車券「ICOCA(イコカ)」が、インターネットオークションで6万円で落札されていたことが同市への取材で分かった。一般販売せず、忍者の絵をあしらっているなどしていることなどから、取り引きの対象になったとみられる。市公共交通推進課によると、11日時点で他にも2枚出品されているのが確認されているという。同課は「非 [続きを読む]
  • えっ、連結?
  • 「近畿のキタだよ、北近畿!」キャンペーンで特別列車「ぐるっと北近畿」を運行。JR西日本「天空の城 竹田城跡号」と京都丹後鉄道「丹後くろまつ号」を連結する。へーまた、珍しいですね。事故の無いようにね。 [続きを読む]
  • えっ、消滅
  • JR東日本が、旧国鉄時代に製造した車両185系を、東京と静岡県の伊豆半島を結ぶ特急「踊り子」から数年以内に退役させる方針を固めたことが8日、分かった。老朽化したため。185系の退役でJR東が定期運用する特急列車から国鉄時代に造った車両が消え、1日に30周年を迎えたJRの発足後に登場した車両に統一される。 [続きを読む]
  • 583系 ラストラン
  • 上野−青森間などを走り続けた特急形寝台列車「583系」がラストランを迎え、JR秋田駅(秋田市)で8日、引退セレモニーが行われた。旧国鉄時代の1968年にデビュー。昼間は座席車になるため「昼夜兼行電車」とも呼ばれた。最盛期には寝台特急「はくつる」「ゆうづる」、昼行特急「はつかり」などに運用され、昼夜を問わずフル回転した。新幹線の延伸などで運行本数が減少。JR東日本秋田車両センターにあった最後の1編成 [続きを読む]
  • えっ、ドア全開
  • 6日昼前、京都府八幡市の橋本駅で、京阪電鉄の準急列車のドアの1つがほぼ全開の状態になっていたにもかかわらず、乗客を別の車両に移動させずに、車掌がドアの前で警戒しながら走行を続けるトラブルがありました。乗客にけがはありませんでした。京阪電鉄によりますと、6日午前11時40分ごろ、京都府八幡市の橋本駅で、準急列車が、5両目にあるドアの1つが閉まっていない状態で出発しました。本来この場合は、乗客を別の車 [続きを読む]
  • えっ、E7系を!
  • JR東日本は2017年4月4日(火)、上越新幹線に、2018年度から2020年度にかけてE7系電車を順次投入すると発表しました。E7系は現在、北陸新幹線で使用されている車両です。これと同一仕様の車両(12両×11編成)が、2018年度から2020年度にかけて、上越新幹線へ投入されます。そして、これにともない、全車両2階建てのE4系「Max」は、2020年度末までに引退を迎えます。E4系は1997(平成9)年12月にデビュー。上越新幹線では2001(平 [続きを読む]
  • えっ、新幹線より・・・〜安い。
  • 北海道新幹線の開業1周年。昨年末以降、津軽海峡を挟んだ交流をテーマにした勉強会や研究会が活発に開催されている。通年ベースの数字はまだまとまっていないが、これらの検証と議論を通じて注目を集めたのが、青森市と函館市を結ぶ青函航路のフェリーだ。1988年の青函連絡船廃止後、海峡の主役として活躍してきたものの、旅客はじりじりと減少。しかし、新幹線開業を契機として、純粋な船客の利用が増加に転じた。所要時間が4時間 [続きを読む]
  • 観光列車〜四国
  • JR四国は1日、土讃線多度津(香川県多度津町)―大歩危(徳島県三好市)間を走る新たな観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の出発式を琴平駅(香川県琴平町)で開いた。吉野川の清流や渓谷、讃岐平野の風景を楽しめるのが特徴だ。 [続きを読む]
  • えっ、居眠り〜踊り子
  • JR東日本横浜支社は31日、新宿発伊豆急下田行き特急スーパービュー踊り子の男性車掌(27)が、走行中に居眠りをしていたと発表した。同支社は踊り子の別の車掌が居眠りしていたと発表したばかりで「不信感や不安を与え、深くおわびする」としている。同支社によると、27日午前9時50分ごろ、武蔵小杉−横浜間を走行中、乗客が乗務員室で眠っている車掌を見つけ、30日に同社のホームページに書き込んだ。車掌は「一時的 [続きを読む]
  • 不思議な?
  • 叡山電鉄は3月30日、八瀬・比叡山方面へ観光で訪れる人向けにデザインした観光用列車を2018年春から運行することを発表した。新たに登場する観光列車は、1925年に比叡山延暦寺への参詣ルートとして開業した叡山本線(出町柳〜八瀬比叡山口)で運行。同社では鞍馬線(鞍馬・貴船方面)へ展望列車「きらら」を運行しており、これに続くものとなる。「比叡山」「鞍馬山」の持つ荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史、木漏れ日や静寂な空間 [続きを読む]
  • えっ、大赤字!
  • JR北海道は28日、2017年度の事業計画を発表し、設備の修繕費に362億円、安全対策に295億円とそれぞれ過去最大の投資をする方針を明らかにした。一方、16年度は台風被害などで単体では過去最悪の経常赤字235億円を計上する見込み。17年度もこれに次ぐ189億円の経常赤字を予想し、保有資産売却などでしのぐ。 [続きを読む]