石垣の海は恋人 さん プロフィール

  •  
石垣の海は恋人さん: ナイチャーオジイの海日記
ハンドル名石垣の海は恋人 さん
ブログタイトルナイチャーオジイの海日記
ブログURLhttp://tokkuriyashi.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文石垣島での海との係わり合いのなかで、海で出会った色々な生き物の姿を、コメントを混ぜて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/07/31 21:16

石垣の海は恋人 さんのブログ記事

  • 海のアイドル(1694) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「クマノミ ⅩⅩⅩⅩⅡ ♂」2017.05.18 石垣島 米原リーフ下  毎回訪れるリーフ下シライトイソギンチャクのクマノミ夫婦その雄の尻尾が特徴的であると前回書きました(こちら) その尻尾の開いた状態を見たいとチャンスを狙っていましたメスの尻尾は黄色でオスは白というのが一般に言われていますここの連れ合いのメスの尻尾は確かに鮮やかな黄色ですが方やこのオスの尻尾は、確かに付け根は白ですが透明が主で [続きを読む]
  • 海のアイドル(1693) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ヨスジフエダイ ⅩⅩⅩⅩⅠ 目・目・目」2017.05.18 石垣島 米原リーフ下  毎度お馴染みのヨスジフエダイ、目の前を悠然と行きます今日の群はとてもまとまりがいいようですでも写真を見みていてなんだか背筋がゾッとしましたよ群の上の方を見るとまん丸で無表情な目・目・目・目・・・同じような目が重なって並んでいる様が不気味な感じいったい何を考え、何を見詰めているのでしょうね〜 6月19日の朝、庭先 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1692) 石垣島 米原リーフエッジ
  • 今日のアイドル「ヒフキアイゴ」2017.04.30 石垣島 米原リーフエッジ  良く見るのにまだ登場していなかった魚、初登場ですご覧のように黄色に白黒模様なので良く目立ちますいつもはカップルで行動していますが動きが早いので撮影のチャンスが少ないのを理由に見過ごす事が多いのですこの日、減圧停止で根の上で時間を潰している時このカップルが慌ただしくやって来ましたとそこでピタッと動きを止めたのです、これはチャンス! [続きを読む]
  • 海のアイドル(1691) 石垣島 米原キンセンの根
  • 今日のアイドル「チャツボボヤ Ⅴ 団地」2017.04.30 石垣島 米原キンセンの根  キンセンの根で幼魚の撮影をした後で根の壁面を見ると1cm程の丸っこいものがたくさん並んでいましたチャツボボヤの集団のようですがまだ成長過程のものも見られますホヤ、あの海のパイナップルといわれるマボヤの遠い親戚ですしかしこのチャツボボヤはなかなか面白い構造の生き物その訳は以前のブログ(こちら)に書いております一つの丸いのがア [続きを読む]
  • 海のアイドル(1690) 石垣島 米原キンセンの根
  • 今日のアイドル「キンセンイシモチ ⅩⅠ 幼魚」2017.04.30 石垣島 米原キンセンの根         当初からこの根の主役は「キンセンイシモチ」で変化なし稚魚から幼魚、そして成魚になりカップルが産卵し口内保育と一年を通して彼等の生態が観察できます昨年8月にオスに渡された卵塊(こちら)が無事に孵化し順調に育ってここまで大きくなったのでしょう15mm程、キンセンがはっきり見えるまでになりました彼らが成熟しこ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1689) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ミゾレウミウシ Ⅸ」2017.04.30 石垣島 米原リーフ下  再々の登場ミゾレウミウシ、少々しつっこいかな?Achamiさんのブログには毎回違うウミウシが登場するのに我がブログではこのミゾレちゃんとコイボちゃんばっかり仕方ありませんよね、これしかいないのですから・・・でもミゾレちゃん、好きなウミウシですそれに同じように見えるけど毎回違う個体なのですよ背中の藍色の線と点の入り方が微妙に違うのです [続きを読む]
  • 海のアイドル(1688) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ハタタテダイ Ⅶ」2017.04.30 石垣島 米原リーフ下  このところ壁下でかなりの確率で会えるハタタテダイもう何年も前からちょくちょく会っているようですがいつごろからだったのかちょっと調べてみました最初に記事にしたのが2011年、6年も前になりますいつも一尾だけ、まさか同じ個体ではないと思うのですが・・過去記事の中にハタタテではなくオニハタタテがいたこともということははぐれハタタテが好んで寄 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1687) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「フタスジタマガシラ」2017.04.30 石垣島 米原リーフ下  良く見る魚ですが久し振りに撮ってみました以前どんな記事を書いたかな〜と探しましたが・・・無い!そんなこと無い筈、ごく普通にいる魚なのですがね〜勝手な思い込みでアイドル登録を忘れていたようです身体のあっちこっちをチャラチャラと飾り立てたようないささか自意識過剰気味な衣装、体長20cm位でしょうかス〜ッと進んでピタッと止まりまたス〜 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1686) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ヨスジフエダイ ⅩⅩⅩⅩ」2017.04.30 石垣島 米原リーフ下  毎度お馴染みヨスジフエダイ、たまにはアップで・・・オ〜ィ、みんなこっち向いて〜、 ハイポーズ!よ〜しそのまま・・・とそこにお邪魔虫アマミスズメダイなんだなんだ〜、いつもヨスジばっかり撮りやがって〜!そこのオッサン、俺達の存在忘れてんじゃないのかい?彩りが悪いからって、無視するなってんだよ〜!思えばヨスジの写真の殆どにこの [続きを読む]
  • 海のアイドル(1685) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「クマノミ ⅩⅩⅩⅩⅩⅠ 新発見の根」2017.04.16 石垣島 米原リーフ下  この日は透明度が頗る悪い日でした帰り道の方向をちょっと間違えて進んでしまいそこで出会ったのが一昨日掲載のハナミノカサゴの幼魚でしたそしてその先の小さい根に居たのがこのクマノミキンセンイシモチの幼魚を伴ってイソギンチャクに籠っていました図らずもこんな所に・・・新発見の観察ポイント候補ですところがこの後、思わぬトラ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1684) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ハナミノカサゴ ⅩⅩⅩⅩⅢ 若魚」2017.04.16 石垣島 米原リーフ下  このところハナミノカサゴ幼魚との出会いが続いていますしかも、そのどれもが似たようなサイズ・・・ついつい前回と同じ個体ではないかと思ってしまいますしかしこの広い海で同じ個体に出会うのはごく稀なこと彼等は同時期に生まれ育ちこの周辺で生活しているのようで今回も隣に同サイズの色違いと一緒にいましたそういえばここ数年オドロ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1683) 石垣島 米原オトヒメ御殿脇
  • 今日のアイドル「リュウキュウハナハゼ ⅩⅠ」2017.04.16 石垣島 米原オトヒメ御殿脇  毎回ジュヅダマイソギンチャクのチェック後にはその場でそっと視線を回してハナハゼの姿を探します砂の上5〜60cm、姿を見つけたら駆け引きの始まりです近付くのが先か穴に潜り込むのが先か・・・とりあえず無理な距離であっても証拠写真を数枚そこから息を殺して徐々に距離を詰めていくのですがたいてい欲をかいて近付き過ぎて引っ込まれ [続きを読む]
  • Dive No.804  石垣島 米原
  •  30日神戸に住む従姉が豪華クルーズ船ダイアモンドプリンセスで来島するのでダイビングの予定を31日に変更したものの天候があまり思わしくない。チャンスの潮時は今日が限度、幸い海は穏やかなので小雨降る中を出掛けるしかない。暗い海中を覚悟して出掛けることに・・・。Dive No.804 (ダイブログより転記)  2017年5月31日  天気:曇り一時雨 気温:29℃ 水温:水面24℃・水底24℃  風:南西1  波:風波少々 潜水時間 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1682) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「あの時のジュズダマイソギンチャク」2017.04.16 石垣島 米原オトヒメ御殿脇  Dive No801の記事に載せたジュズダマの惨状(こちら)ですがその後気を取り直してジュズダマ本体の状況を観察しました本来より1/3程の大きさ、10cmφ位に縮こまっていますがなんとか生命力は残っているようですジュズダマの触手は委縮していますが地肌の縞模様はくっきりと伸びやかさはないもののじっと耐えている様子に見えます [続きを読む]
  • 海のアイドル(1681) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ミツボシクロスズメダイ ⅩⅠ」2017.04.16 石垣島 米原オトヒメ御殿  菱形の体型、黒地に鮮やかな白紋が三つあるのが本来の姿イソギンチャクに寄り添う可愛い魚なのですが(こちら) それも若いうちだけで成熟すると印象は一変しますこの根に近付くといち早く私を見るや向かってくるのです本来の体色からガラリと変わってクロスズメならずシロスズメ寄らば突っつくぞ〜とばかりに威嚇を始めるのですこれは婚姻 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1680) 石垣島 米原ミノカサゴの根
  • 今日のアイドル「キンギョハナダイ Ⅳ 幼魚」2017.04.16 石垣島 米原ミノカサゴの根  魚の世界でも新しい命の誕生が盛んな季節ですがこの海域でも初期に見られるのは細かい透明の仔魚その中に彩り、特に赤い仔魚が混じると一気に華やかさが増しますこの根にも赤いキンギョハナダイの稚魚がやって来ましたもっと数が多くなれば華やかさもますのですが、まだ疎らです証拠写真をと撮ってみましたが、画像を見て意外でした2cm [続きを読む]
  • 海のアイドル(1679) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「クロユリハゼ Ⅱ 幼魚」2017.04.16 石垣島 米原リーフ下  二回目の登場、幼魚の成長を観察中です、といっても近付くとすぐ穴に引っ込んでしまうので離れて眺めるだけです幼魚達、2ヵ月たって随分大きくなりました(以前の幼魚) 体長も細くなり後ろ半分の黒さも増してもう一人前の姿ですクロユリハゼの体型って独特ですよね普通背ビレと尻ビレは形や位置が違うものなのですがこの魚は(見た目の)上下が対称 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1678) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「シマキンチャクフグ Ⅴ」2017.04.16 石垣島 米原リーフ下  6cm程の小さいフグの仲間、特徴的な鮮やかな模様がかわいい良く見かけるのだが臆病なのですぐに逃げる逃げる時はヒレをたたむので格好が悪いうえにいつも後ろ姿隅に追い詰めて逃げ場を失った時が撮影チャンスなのだがそこまでして追いかける対象ではないかな〜、ゴメンネ・・・ 庭の奥、手前のヤエヤマヤシが大きくはろ広げてきたのでその後ろに [続きを読む]
  • Dive No.803  石垣島 米原
  •  夏日が数日続いている。海も比較的穏やかだし、石西礁湖でのサンゴの産卵のニュース、再水温の上昇が期待できる。となれば各所で仔魚の発生が期待できる、確かめに行かなければ・・・。Dive No.803 (ダイブログより転記)   2017年5月18日  天気:晴れ時々曇り 気温:28℃ 水温:水面23℃・水底25℃   風:北西1  波:ウネリ少々 潜水時間:40分  水深:最大22.8m・平均17.7m まずまずの天気、早い午前中ちょ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1677) 石垣島 米原礁池
  • 今日のアイドル「クロソラスズメダイ Ⅸ 婚姻色」2017.04.03 石垣島 米原礁池  テリトリーを持ちそこでイトグサという海藻を育てる海のハルサー(農夫)クロソラスズメダイですがこの時期彼らも農作業の傍ら婚活にも懸命です普段の姿は何回も紹介してきましたが(こちら) この日の彼等は身体に太いシロオビを現わしています普段威嚇する時とは違う姿、明らかにオスの婚姻色でしょう見ると数匹のオスがそれぞれのテリトリーで [続きを読む]
  • 海のアイドル(1676) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「まん丸サンゴ」2017.04.03 石垣島 米原リーフ下  礁斜面手前にある離れ根の壁に根付く若いサンゴを下から順に浮上しながら観察するのも楽しみの一つその中にまん丸のサンゴ(ミドリイシ)を見つけた以前にもここで一つ注目する丸いサンゴを見つけたが(こちら) これはそれに比べてもほぼ真円に近い直径20cmほど、どこまで大きくなるか是非見極めなければ・・・2〜3日前にニュースで石西礁湖の残存サンゴの [続きを読む]
  • 海のアイドル(1675) 石垣島 米原キンセンの根
  • 今日のアイドル「ユカタハタ ⅩⅣ」2017.04.03 石垣島 米原キンセンの根  ウワッ! なんかヘンな奴が近付いてくるぞ〜眩しい光をビカビカと光らせやがって〜この界隈に出没すると噂に聞くヘンな奴ってコイツか〜ハイ こんにちは〜、吾輩決して怪しい者ではござんせんこれからもちょくちょくお会いすると思いますのでどうかごひいきにヨロシクお願いしますねところで、まだお若いようですがここで何をしていたの〜?食べ放題 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1674) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「キイロイボウミウシ」2017.04.03 石垣島 米原リーフ下  一昨日紹介したブツブツ君のすぐ隣の岩にまた別のブツブツ君が・・・アレッ、今度のはカラフルだな〜、色違いなのかな〜てっきり同種の色違いだろうととりあえずカメラに収めましたところがですよ、これ単なるカラーバリエーションじゃなかった「キイロイボウミウシ」というれっきとした別種でした図鑑によると内湾性の種であると・・・、でもここは水深 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1673) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ブツブツコイボウミウシ」2017.04.03 石垣島 米原リーフ下  オッ、ウミウシだ! でもいつものミゾレちゃんではないイボイボ系ウミウシも復活してきたようで嬉しい限り過去ここで見たイボイボ系はコイボウミウシだけしかしこれ、よく見るとコイボちゃんとは何か違うな〜改めて図鑑の画像と見比べた結果、うんこれだっ!名前がなんと「ブツブツコイボウミウシ」ですってブツブツに弱いお方には申し訳ないのです [続きを読む]