石垣の海は恋人 さん プロフィール

  •  
石垣の海は恋人さん: ナイチャーオジイの海日記
ハンドル名石垣の海は恋人 さん
ブログタイトルナイチャーオジイの海日記
ブログURLhttp://tokkuriyashi.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文石垣島での海との係わり合いのなかで、海で出会った色々な生き物の姿を、コメントを混ぜて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/07/31 21:16

石垣の海は恋人 さんのブログ記事

  • Dive No.799  石垣島 米原
  •  今回も予定した日に合わせて海況が落ち着いてくれた。おまけに太陽が時々顔を出すまずまずの天気だ。昨日のフィットネストレーニングの疲れがあるがこのタイミングを逃す手はない。Dive No.799(ダイブログより転記) 2017年3月18日  天気:晴れ時々曇り 気温:26℃ 水温:水面22℃・水底22℃ 風:南1  波:ウネリ微  潜水時間:42分  水深:最大22.8m・平均17.0m お彼岸の連休初日、天気も良いので人出も早い。浜 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1650) 石垣島 米原礁斜面
  • 今日のアイドル「イロブダイ 幼魚」2017.02.16 石垣島 米原礁斜面イロブダイ幼魚、親とは似ても似つかない可愛いベイビーです久し振りに会えたのでちょっとしつこく追いかけましたがまあ逃げること逃げること・・・尻尾を丸めて振り返りながら逃げる様子もとっても可愛いのです普段あまり目にする事のない成魚は50cmにもなる大型魚ですがこの子は体長7〜8cm、ダイバーの人気者ですもっと近くで撮りたかったのですがとりあえ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1649) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「オグロクロユリハゼyg」2017.02.16 石垣島 米原リーフ下砂地の小さな岩の傍に小さな青い魚が数匹群れていますがある距離まで近づくとそれらは瞬時に消えてしまいます岩の下に彼等の巣穴があるようですが何処にあるのか・・・あまりの早さに穴の場所を確かめることも出来ないくらい数匹が同時に潜り込むのにぶつかり合ったりしないのかな〜一度その様子をスローモーションで見てみたい例の尻尾が糸をひくハナハゼ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1648) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「クマノミ ⅩⅩⅩⅩⅥ yg」2017.02.16 石垣島 米原オトヒメ御殿ちょうど一年前、この根の窪みに着底した小さなイソギンチャクにこれまた小さなクマノミ幼魚が一匹居るのを発見しました(こちら) その後も毎回潜る度に様子を観察し見守ってきました一年経って今は逞しい若者の姿、何となくジャニーズ系ですねなかなかモテそうな容姿ですが未だに独り者です近くには例のジュズダマイソギンチャクに寄りそう幼魚が [続きを読む]
  • 海のアイドル(1647) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ミゾレウミウシ Ⅶ」2017.02.16 石垣島 米原リーフ下今のところ我がフィールドに出現するのはこの種のウミウシだけオニヒトデに舐めつくされた所に昨年10月久し振りに現われましたその後もたびたび目にするようになったのでいよいよ復活かな?名前の通りミゾレのような清楚で優しい印象毛筆で描いたような黒い点と線でさり気なく飾っています良く見るとその線の描き方が左右不揃いなのが面白いな〜 今日、愛車 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1646) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ジュズベリヒトデ」2017.02.16 石垣島 米原リーフ下だだっ広い砂底にポツンと横たわる赤い星以前からちょくちょく見ていたのですが初登場かな?「ジュズベリヒトデ」5cm程の綺麗な星型のヒトデですジュズダマイソギンチャクにジュズベリヒトデなぜか海の生き物にジュズ(数珠)が多いみたいですねイソギンチャクは当に触手が数珠玉で分かりやすいのですがジュズベリ(数珠縁)ってちょっと無理があるような・ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1645) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ヨスジフエダイ ⅩⅩⅩⅨ」2017.02.16 石垣島 米原リーフ下毎度お馴染みのヨスジフエダイですが画像を見ていて気付きましたこのヨスジの正面顔って・・・、いわゆる「ヘン顔?」ですよね〜いつもは横顔ばかり、顔の周りが何となく暗いのは気付いていたけどこんなにはっきり黒い筋があるなんて思ってもいなかったしかしですよ、今までただ見過ごしていたのか確かめてみました過去の画像を見ても黒い筋の濃淡の違 [続きを読む]
  • Dive No.798  石垣島 米原
  •  ダイビングの予定日は3日だったが風が北寄りから変わらない。大陸からの高気圧が東進してその後ろ側に入れば風が東から南東寄りに変る筈なので一日遅れとした。予想が当たり波は治まりエッジに多少のウネリが崩れる程度でリーフ越えは問題ないだろう。Dive No.798 (ダイブログより転記)    2017年3月4日  天気:晴れ時々曇り 気温:23℃ 水温:水面22℃・水底22℃    風:南東1  波:ウネリ微  潜水時間:43分  [続きを読む]
  • 海のアイドル(1644) 石垣島 米原礁原
  • 今日のアイドル「ルリスズメダイ Ⅳ」2017.01.18 石垣島 米原礁原ダイビングを終えて水面を泳いでビーチへ帰る途中の楽しみ礁原や礁池のそこここに住み分けている魚達を眺めることです晴れたこの日、陽を浴びてルリスズメダイがコバルト色に輝いていましたこのルリスズメダイは季節によって群れる場所が変わるみたいです夏場は若い集団がもっとビーチ寄りにいる事が多いのです水遊びする女子達がこの青い魚を見て歓声をあげるの [続きを読む]
  • 海のアイドル(1643) 石垣島 米原リーフエッジ
  • 今日のアイドル「ハマクマノミ ⅩⅣ」2017.01.18 石垣島 米原リーフエッジ礁斜面上部、水深3m程のイソギンチャクに住むハマクマくん毎回減圧停止中に立ち寄ってご機嫌伺いするお馴染さんここに立ち寄る人間って、恐らく私ぐらいしかいないでしょう何年も、しかも毎月1〜2回顔を合わせているのだからこのヘンなオジイを認識してくれていると思うのだけれど・・・まあとにかく会えば毎回愛嬌良く迎えてくれています犬のようにシッ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1642) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ハタタテハゼ Ⅸ」2017.01.18 石垣島 米原礁斜面礁斜面のガレ場で何時も見かけるハタタテハゼですがこれも私にとっては厄介な被写体のひとつ・・・カメラを構えるのが早いか穴に引っ込むのが早いか・・・ほとんどいつも私の負け、いったん引っ込んだらなかなか出てきません浮上地点へ向かう途中なのでそうゆっくりはしておられないのですこの日たまには狙ってみるかと挑戦してみましたペアーでいたので二匹揃う [続きを読む]
  • 海のアイドル(1641) 石垣島 米原キンセンの根
  • 今日のアイドル「ヤッコエイ Ⅸ」2017.01.18 石垣島 米原キンセンの根前にダイブログの記事でアップしたヤッコエイですがその前後に撮った画像を改めて見直してみましたよくよく観察すると・・・エイにも足みたいのがあるぞ普通のエイって団扇みたいに平らで丸っこくて長〜いシッポが伸びるだけの身体だと思っていたのですがこの姿勢ってまるで両手両足で体を浮かせているみたいです原因は目の間に居るホンソメワケベラによるク [続きを読む]
  • 海のアイドル(1640) 石垣島 米原オトヒメ御殿脇
  • 今日のアイドル「ヒメダテハゼ Ⅸ」2017.01.18 石垣島 米原オトヒメ御殿脇先日(2月4日)のアイドルで登場しました宇宙人みたいなハゼ「まともなオイラの姿を紹介してくれよ〜」ってことですので今回はまともな横からの姿で再登場です「ほら、正真正銘のハゼだろっ!」ってポーズです前回後ろを向いていた目、今回はちゃんとこちらを向いていますでもね〜、お目目の化粧、とってもユニークだね〜ごく普通にいるダテハゼの仲間、 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1639) 石垣島 米原オトヒメ御殿脇
  • 今日のアイドル「クマノミ・幼魚 ⅩⅩⅩⅩⅥ」2017.01.18 石垣島 米原オトヒメ御殿脇お馴染みジュズダマイソギンチャクに寄り添うクマノミの幼魚達ほとんど同じ大きさなので同時期に生まれた兄弟なのだろうか彼等はどこかで生まれてここに流れ着いた?それともこの場所? もしくはごく近くで生まれたのかな?そうだとしたら産卵床がこの辺りに在ったということになるけど永年ここで観察をしていたのに全く気付いていなかったみ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1638) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ケヤリムシ Ⅳ」2017.01.18 石垣島 米原オトヒメ御殿石垣で「ケヤリムシ」を撮ったのは初めてじゃないかな〜伊豆では色々綺麗なケヤリに見慣れていたので以前からこの存在を知っていたけど全く興味が湧かなかったのですしかし我がフィールドではたった一つだけのケヤリです考えてみたらとても貴重な存在だということに気付きました毛嫌いしていて済まなかったと謝罪の気持ちで初撮影ですでも・・・やっぱりあん [続きを読む]
  • Dive No.797  石垣島 米原
  •  この前のチャンス(2週間前)は海が荒れてパス、今回は見事天気と海況が揃った、一カ月ぶりのダイビングだ。とはいえ冬の真っ最中、海の中の様子はそう大きくは変わっていないだろう、とにかく見て確かめよう・・・。Dive No.797 (ダイブログより転記)    2017年2月16日 天気:晴れ時々曇り 気温:24℃ 水温:水面22℃・水底22℃    風:南東1  波:ウネリ微  潜水時間:38分  水深:最大23.1m・平均17.7m  [続きを読む]
  • 海のアイドル(1637) 石垣島 米原ミノカサゴの根
  • 今日のアイドル「カクレクマノミ ⅩⅣ」2017.01.18 石垣島 米原ミノカサゴの根前にも書きましたが、ここのニモことカクレクマノミは被写体としては手強い相手なのですね〜名前の通りイソギンチャクの中に隠れてばかりクマノミやハマクマノミのように外に出てこないのです可愛さでいえばやはりクマノミ類の中では一番でしょうその可愛いところをなんとか撮りたいのですがこういつも触手の間を忙しなく動き回られたのではね〜アッ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1636) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「クマノミ ⅩⅩⅩⅩⅤ」2017.01.18 石垣島 米原リーフ下「や〜 こんにちは〜! 今日もご機嫌のようだね〜」「旦那も元気かい? どこかへお出かけかな?」「ところで・・そろそろ子供つくってもいいんじゃないの?」  ク「そうね〜、でもうちの旦那 まだその気が無いみたい    水が温もり始めたらそれとなく誘ってみるわ〜・・・」リーフ下、シライトイソギンチャクのクマノミ♀です珍しくこちらを向い [続きを読む]
  • 海のアイドル(1635) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「スジアラ」2017.01.18 石垣島 米原リーフ下壁下、オーバーハングの陰にやや大きめの魚の姿明るいグレー、ハタのようだが見た事のない色なんとなく貫録を感じる姿形です近付きながら撮影、その後ゆっくりと行ってしまいました画像を見ながら図鑑で探すがこれといったものが見つかりませんNet画像も一通り探した結果どうやら「スジアラ」らしいということにスジアラといえば沖縄では「アガジンミーバイ」、超高 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1634) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「クレナイニセスズメ Ⅶ」2017.01.18 石垣島 米原リーフ下毎回どこかで目にする魚は数多く有るのですがカメラを向けてみようと思う魚とそうでない魚があります行きずりのチョイ撮りが主義であるオジイにとってはチョロチョロ動き回る魚は最初から諦めるのが常ですこの「クレナイニセスズメ」もその苦手の魚の一つです岩陰に単独で潜んでいる濃い紫色の小魚ですが小さいうえにシャイなので落ち着きなく動き回りま [続きを読む]
  • 海のアイドル(1633) 石垣島 米原礁斜面
  • 今日のアイドル「シライトイソギンチャク」2017.01.04 石垣島 米原礁斜面コースから外れた礁斜面上部にあるシライトイソギンチャク水深5m、周りのサンゴも殆ど白化し死んでしまいましたイソギンチャクは白化しても死には至らないようですねガレキの中にひと際白く長い触手をユラユラ揺らしています白化する前は周りに溶け込んで探すのが厄介だったのですここに住むクマノミが威嚇しようと出てくる姿を見付けやっとイソギンチャ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1632) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「サンゴ三段飾り Ⅳ」2017.01.04 石垣島 米原リーフ下久し振りの登場、お馴染み「サンゴ三段飾り」です白化を免れてその後も元気に成長を続けております今回はアングルを変えて見てみます一段目は後の方にも長く枝を伸ばして一段と大きくなりましたが二段目は一段目の影になっているせいかあまり成長していません三段目と重なってこのアングルでは区別がつかなくなりましたこうして見ると当初の三段飾りから随分 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1631) 石垣島 米原オトヒメ御殿脇
  • 今日のアイドル「ヒメダテハゼ Ⅷ」2017.01.04 石垣島 米原オトヒメ御殿脇ジュズダマイソギンチャク脇のハナハゼを狙うとき穴に潜り込まないように慎重に近付くのでしたがあと一歩というところでピュッと穴へ消えてしまいましたその穴にはそもそもの住人であるダテハゼがポツンといるだけハナハゼを逃した腹いせにダテハゼでも撮っておくか・・・距離があるし光量不足の画像でしたが無理やり加工してみるとなんか宇宙人みたいな [続きを読む]
  • 海のアイドル(1630) 石垣島 米原ミノカサゴの根
  • 今日のアイドル「カクレクマノミ ⅩⅢ」2017.01.04 石垣島 米原ミノカサゴの根前にも書きました、ここのカクレクマノミは可愛くないとイソギンチャクの触手の間を縫うようにチョロチョロいくだけ少しは留まって愛嬌を振り撒いてくれればいいものをだから滅多にカメラを向ける気にならないのですが・・・礁原のごく浅い所に居るニモは子供たちの人気者になるほど愛嬌たっぷりが当たり前ですがどうも深場(−20m)に暮らす奴は性 [続きを読む]