石垣の海は恋人 さん プロフィール

  •  
石垣の海は恋人さん: ナイチャーオジイの海日記
ハンドル名石垣の海は恋人 さん
ブログタイトルナイチャーオジイの海日記
ブログURLhttp://tokkuriyashi.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文石垣島での海との係わり合いのなかで、海で出会った色々な生き物の姿を、コメントを混ぜて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/07/31 21:16

石垣の海は恋人 さんのブログ記事

  • 海のアイドル(1718) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ヨスジフエダイ ⅩⅩⅩⅩⅢ」2017.07.15 石垣島 米原リーフ下  ダイビングの始まりは例の如くヨスジフエダイの行進から今回はアングルを変えて? いや設定に手間取っただけ・・・尻尾の黄色が目立つ、やや後からのショットとなりましたみんな揃ってあっち向いて行進しているのですがそんな中にもいつもひねくれ者が一匹二匹いるもんですえっ、どうしたの? 何か忘れ物でもしたの? みたいにみんなと逆をむ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1717) 石垣島 米原リーフエッジ
  • 今日のアイドル「ハマクマノミ ⅩⅤ」2017.06.29 石垣島 米原リーフエッジ  またまたお馴染み、リーフエッジのハマクマノミのカップル大きく黒いのがメス、下の小さいのがオスですメスは相変わらず覗きこむ私を警戒して威嚇してきますよメスの体色が益々黒くなっていよいよ成熟期でしょうかそれに比べて小さいオスはどう見てもまだ幼い感じこの大きさの違い、果たして繁殖活動が成立するのか心配です崖下の砂地のクマノミカッ [続きを読む]
  • Dive No.807  石垣島 米原
  •  体調不良や海況(台風)の影響でまたもや一ヶ月開いてしまった。 今回も体調に多少不安が残っているが、好天高温が続いているので海の中の様子が気掛かり、幸い海も凪いでいるので居ても立ってもおれず決行。 Dive No.807 (ダイブログより転記)    2017年8月13日   天気:晴れ 気温:33℃ 水温:水面30℃・水底29℃    風:南0.5  波:ベタ凪 潜水時間:44分 水深:最大23.1m・平均18.3m 夏休み中の三連休 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1716) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「キンギョハナダイ Ⅴ 幼魚」2017.07.15 石垣島 米原リーフ下  浮上途中、斜面離れ根の棚の下に群れるキンギョハナダイの幼魚まだ稚魚から幼魚へという段階、やっと辿り着いた安住の地こういう棚の下がとりあえず身を守ることが出来る場所敵から身を守るため、棚に腹を向けて逆さまで過ごしますしかし彼らも何時までもここにいるわけではないのですねこれから本当の安住の地を求めてまだまだ海を彷徨うのです [続きを読む]
  • 海のアイドル(1715) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ヤッコミドリイシ」2017.06.29 石垣島 米原リーフ下  一昨日に続いてまたまーるいサンゴの話題です前の平べったい形に比べてこれはちょっと厚みがありますね大きさは同じくらい、まだ成長途中の若いサンゴですがこれは「ヤッコミドリイシ」だと思いますハナバチは一枚の板上でしたがこれは分かれた枝が隙間を作っています厚みがあり枝の間に空間があるということは魚にとっても都合がよくスズメダイ等の幼魚の [続きを読む]
  • 海のアイドル(1714) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「まん丸サンゴ Ⅱ」2017.06.29 石垣島 米原リーフ下  礁斜面の離れ根で成長を続けるまん丸ミドリイシ前回の観察は4月3日のもの(こちら) 、4ヵ月経ちましたまん丸の形は変わりませんが大きさの変化、分かるでしょうかサンゴの右下の岩の出っ張りとの位置関係をみると一目瞭然直径で3割ほど大きくなっているのが分かりますね右下の小さなサンゴも成長しているようですテーブル状になるミドリイシの代表格「ハナ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1713) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「オトヒメエビ Ⅴ」2017.06.29 石垣島 米原オトヒメ御殿  何年前になりますか、オニヒトデ大発生で岩肌が丸裸にされて以来この海域のエビカニ類の姿が完全に消えてしまいましたスザクサラサエビ、カンザシヤドカリなど何処にでも居たのにここ数年は目にする事はありませんでした、淋しいことですオトヒメエビを昨年の夏、他の根で久し振りに見つけたのですがそれもその後大型魚の餌食になったらしく姿を消して [続きを読む]
  • 海のアイドル(1712) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ハナミノカサゴ ⅩⅩⅩⅩⅤ」2017.06.29 石垣島 米原オトヒメ御殿  またまたお馴染みハナミノカサゴ、ちょっと違った雰囲気で・・・彼等を見るのは大方上から俯瞰でという場合が多いです彼等を写しても背景がゴチャゴチャした岩肌になってしまいます彼等としてもやはり我が身を防衛するにはその方がいいのでしょうこの日根に近付くと珍しくミノカサゴが根を離れて浮いていました餌を求めて中空?を彷徨ってい [続きを読む]
  • 海のアイドル(1711) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「さかなの幼稚園」2017.06.29 石垣島 米原リーフ下  前に「幼魚達の宿り木」としてお伝えしましたが(こちら) これはあれから約一ヶ月経った6月末の様子です同じトゲサンゴに寄り添う幼魚達、変化が分かるでしょうか撮影距離が違うので分かりにくいですが魚達は幾分大きくなったようですし、数も随分増えています白いフタスジリュウキュウスズメダイの新規参入もあったようですやがてもっと大きくなったらミツ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1710) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「クマノミ ⅩⅩⅩⅩⅢ ♂」2017.06.29 石垣島 米原リーフ下  壁下のシライトイソギンチャクに住むクマノミのカップルですがここのオスの特徴的な尾びれがどうも気になってしかたがありません成長に伴って変化するかもしれないと観察を続けてきました真ん中透明部分を挟んで上下に太い黄色?いやオレンジの帯一般的には体色がオレンジでも雄の尾びれは黄色ですがどう見てもこのオスの尾びれは普通じゃないとしか [続きを読む]
  • 海のアイドル(1709) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「オニハタタテダイ Ⅱ」2017.06.29 石垣島 米原リーフ下  リーフエッジの壁の下を進むとかなりの確率で遭うのがハタタテダイいつも一匹だけで静かに浮いていて孤独を楽しんでいるのだろうかしかし・・・ちょっと待て! いつも一匹だけだったのでまた同じ奴がいると思い込んでいたのだが前回見たのは並みのハタタテダイ(こちら)でオニハタタテダイではなかったということはここには二種が入れ替わり立ち替わ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1708) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「アカヒメジ Ⅳ」2017.06.29 石垣島 米原リーフ下  ヨスジフエダイに混じって群れていたアカヒメジですまだ20cm足らずの若魚ですね場所によっては成魚の大きい群を見たことがありますがここでは久し振り、しかもついでに立ち寄っただけのようで次のダイビングではきれいに姿を消していましたアカヒメジ、赤くないのになぜアカなの?ってことです恐らく釣ったことがある人はご存知だと思いますがこの魚、地上 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1707) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ヨスジフエダイ ⅩⅩⅩⅩⅡ」2017.06.29 石垣島 米原リーフ下  またまたヨスジフエダイです、 全くぅ好きだね〜! でも、ほら今日のヨスジは何となく顔つきが違うでしょっ口を尖がらかして怒っているみたい、なんか怖い顔ですよ今日のアングルは真横ではなくほんの少し前よりからです同じ魚でもアングルによって表情が変わりますね〜前回(こちら) 、真横のアングルでは皆揃って前を向いていました今回は・ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1706) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ミズイリショウジョウ(ガイ) Ⅹ」2017.05.30 石垣島 米原リーフ下  礁斜面中程にあるミニアーチの入り口に居るミズイリショウジョウ頭に乗っけたミドリイシ(サンゴ)は順調に成長しています浮上途中にあるので毎回チェックはしているのですが大きくなるサンゴがどこまで成長するのか気になるのですそこで今回以前との大きさを比較してみました前回の写真(こちら)は16年8月末、それから9ヵ月経っています [続きを読む]
  • 海のアイドル(1705) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ツツボヤ属の一種」2017.05.30 石垣島 米原オトヒメ御殿  オトヒメ御殿の根の上にちょこんと突出たヘンなものに気付きました幅が1cm長さは3cmくらい、口を開けてこちらを向いていますこの様子からこれはホヤの仲間だと直感しました和名:ツツボヤ属の1種  (まだ研究途中の様で無名です)学名:Clavelina sp分類:脊索動物門>尾索動物亜門>ホヤ綱>マメボヤ目>ヘンゲボヤ科ホヤといえばあの海のパイナ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1704) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ハナミノカサゴ ⅩⅩⅩⅩⅣ」2017.05.30 石垣島 米原オトヒメ御殿  またしてもハナミノカサゴの登場、よく飽きないね・・・この時期個体数が急に増えるし、撮り易い被写体だし他にいい被写体が見つからない時はこれで誤魔化しますまあなんだかんだ言っても見応えがありますよね〜沖縄の海水浴場では海の危険動物として必ず登場します背中の長い棘に毒を持つと言われています大人しいからと時々ちょっかいを出 [続きを読む]
  • Dive No.806  石垣島 米原
  •  連日の真夏日で海もベタ凪状態、これではイノーの水温はかなり上がっていることが予想される。となるとサンゴへの影響が心配だ。 外海の水温はどうか、とにかく行って確かめなければ・・・。Dive No.806 (ダイブログより転記)    2017年7月15日   天気:晴れ 気温:32℃ 水温:水面29℃・水底27℃    風:南南東1  波:ベタ凪 潜水時間:45分 水深:最大22.8m・平均18.0m 朝早くから観光客が一杯、海が穏や [続きを読む]
  • 海のアイドル(1703) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「幼魚達の宿り木」2017.05.30 石垣島 米原リーフ下  海の夏は幼魚の季節、またこの時がやって来ましたね〜小さなサンゴに寄りそう幼魚、ここには3種集まっていますミツボシクロスズメダイ、フタスジリュウキュウスズメダイそして上の方にはスカシテンジクダイかな?この宿り木はトゲサンゴ、白化には弱いけど復活も早い枝の密度が幼魚達が隠れるのにちょうどいいのでしょうね距離を置いて見ると、サンゴの上に [続きを読む]
  • 海のアイドル(1702) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「タテジマキンチャクダイ Ⅳ」2017.05.30 石垣島 米原リーフ下  久し振りのタテジマキンチャクダイ成魚です私のフィールドでは幼魚を見る確率の方が多いのですまあ折角だからと証拠写真としました以前の画像を探ると昨年の12月のものでした(こちら) いささか光量不足の画像でしたがつらつら比較してみますとこの縦縞模様、個体差が少なからずある筈なのですがこの二匹の縦縞、割り込む縞の位置が全く同じです [続きを読む]
  • 海のアイドル(1701) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「アオブダイ」2017.05.30 石垣島 米原リーフ下  これまた初登場のアイドルです、今更なんで改めてなの?まあいつもなにげに見ているだけのその他大勢の内でもね、なにもいない所に突然現われたのでこれも数のうちおやまあ、なんともお行儀悪い・・・人前を憚りなさいとんだそそうをしてしまいましたが、これも彼等の普段の姿サンゴを齧って、その石灰質の糞を垂れ流して泳ぎますサンゴ礁の海底が白いのは彼等の [続きを読む]
  • 海のアイドル(1700) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ハナゴイ ⅩⅤ」2017.05.30 石垣島 リーフ下  潜降ポイント、ヨスジの根の上に時にパラパラと集まるハナゴイヨスジへの挨拶の前にしばし楽しませてもらいますプランクトンを求めて忙しく泳ぎ回る中に雄を確認したら私的にもかなりしつっこくカメラで追いかけるのです言っちゃ悪いですがハナゴイのメスには余り興味がありませんハナゴイは何といってもオス、色といい形といい申し分なしツンと尖がった鼻、グリ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1699) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ヒレグロコショウダイ Ⅳ」2017.05.18 石垣島 米原リーフ下  最近、私のフィールドのアチコチで良く見かけます今回コースの後半、岩棚の下に居ました、二匹で・・・その時は気付かなかったのですが、この写真、良く見るとお腹のあたりが何となくふっくらとしていませんか?後で気づいたのですが、岩棚の下の薄暗い場所であり二匹が寄り添っていた・・・そんな状態を考えるとこの二匹は産卵を控えていたのかも [続きを読む]
  • 海のアイドル(1698) 石垣島 米原オトヒメ御殿脇
  • 今日のアイドル「ヒメダテハゼ Ⅹ」2017.05.18 石垣島 米原オトヒメ御殿脇  ジュズダマイソギンチャクの次のチェックポイントの主ヒメダテハゼですが、失礼ながらこれはターゲットではありません狙うのはこの穴に居候するハナハゼなんですけどね〜警戒心の強いハナハゼはちょっとしたことですぐ穴に潜り込みます一旦穴に入るとなかなか出てきませんので仕方なくヤケ撮りですハナハゼはいなくてもこのダテハゼは殆ど毎回この格 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1697) 石垣島 米原ミノカサゴの根
  • 今日のアイドル「シテンヤッコ Ⅶ」2017.05.18 石垣島 米原ミノカサゴの根  おや〜。麻呂さま〜お久しぶりぃ、お元気でしたか〜時々後ろ姿を拝見していましたが、すぐ行ってしまわれるので今日は改めてお顔を拝見し、ご挨拶出来て光栄で〜す (横向きの姿はこちらです) ・・・なんて改まった物言いをする事もないのですがこのお顔、高貴なお公家様みたいでついオチャラケを言ってしまいますまあ、それにしてもこの唇、なんと [続きを読む]