chikakomaria さん プロフィール

  •  
chikakomariaさん: 現代美術アーティスト、森千香子のブログ
ハンドル名chikakomaria さん
ブログタイトル現代美術アーティスト、森千香子のブログ
ブログURLhttp://chikakomaria.blog62.fc2.com/
サイト紹介文現代美術アーティストの海外、国内での展覧会とヨーロッパを中心にアートの国際交流
自由文リアルタイムな制作状況や展覧会の準備、海外での地元のアーティストとのネットワークや展覧会の話題などお届けします。ゆるーい感じと時々慌てながら活動を展開しています。
英語のホームページは http://chikakomaria.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/08/02 12:26

chikakomaria さんのブログ記事

  • 2017の夏、のはずが信濃追分は秋の気配
  • 8月のお盆時期、信濃追分の油やは秋の気配がしてきました。滞在3日の間にわずかながら紅葉の木々の葉の一部が赤くなってきています。油やでは昨年、作品を展示した中庭のテラスが拡張され、屋根と階段状のベンチまで出来ています。シルバージュエリーに石留めするワークショップは厳しい結果に終わり、ワークショップの組み立てから改善点多々あり、猛省であります。高めの料金のワークショップは飛び入りはなかなか難しく、事前に [続きを読む]
  • 今年もサンキャッチャーのワークショップやります
  • 今年も信濃生追分の油やにてサンキャッチャーのワークショップやります!講師は昨年と同じ高村牧子さん、私はアシスタントとして補助をします。昨年より、材料もバージョンアップして、球形だけでなく、リーフ形やハート型のクリスタルでもサンキャッチャー作りが楽しめます。宣伝も兼ねて新しいサンキャッチャーの完成品を既に油やにて販売中です。日程は6月開催を目標に調整中ですが、決まり次第、お知らせします。夏の前のまだ [続きを読む]
  • 4月末、追分はまだ薪ストーブをたいています
  • 4月末、今年の追分での企画の打ち合わせで油やにいきました。軽井沢の街中は桜が満開でしたが、幾分高度の高い追分は桜の開花もまだで、肌寒いを通り越してマジで寒い!薪ストーブの穂っこ利した暖かさがうれしい、そんな季節でした。今年は展示がない分、ワークショップに力を入れていきます。昨年開催した和紙の団扇と高村さんのサンキャッチャーのほかに、ソフトエッチングで葉を刷って見よう、とシルバージュエリーの石留めに [続きを読む]
  • 引越し騒動
  • すっかりこのブログもご無沙汰していて、というのも2月中旬より引越し準備のためにコンピューターをいったんはずしていましたが、昨日ようやく引越し先の実家に設置してネットも開通しました。実家はアトリエとして度々利用していましたが、実家を増築のリフォームをしたので常時、制作ができるようになります。作業開始できるまでは、まずは荷物の片づけで気が遠くなりそうですが、4月下旬には油やの活動も始まるので、オリジナル [続きを読む]
  • 油屋の秋、その2
  • 秋の油屋の紅葉鮮やかさは見事です。この写真はコンパクトデジカメで撮影で、フォトショップでの色調調整は一切無くてもこの彩度はすばらしい。11月初旬が見ごろですが、一面の赤の色合いが堪能できます。現在の油やは雪景色でしょうか、しかし、中は暑く今年度のみならず来年度まで見据えた企画についての意見交換が活発に行われています。昨年のビエンナーレに続き、展示自体は来年を予定していて今年はありませんが、ワークショ [続きを読む]
  • 油やの秋
  • 油やの紅葉の様子です。寒暖の差が激しく海から遠いので潮風にも当たらないし、特別な場所でなくてもほとんどの木の紅葉がとても鮮やかです。これは油やたまたま敷地内ですが、軽井沢一帯がどこでもこのような鮮やかな黄色や赤に彩られます。これは昨年秋の様子で、現在はもう雪景色でしょう。油やの活動は来年に向けて議論が始まっています。昨年のような大掛かりな展示はありませんが、ワークショップや商品の展示、販売などで活 [続きを読む]
  • 油や中庭全景
  • 夏の終わりの油やの中庭です。上部にかかったもみじは秋には真っ赤に紅葉します。テラスに置かれた赤いデッキチェアーの現物と、そのデッキチェアーが写った沖縄の海の写真を組み合わせ、油やの瓦屋根が額縁のようになったインスタレーション作品です。 [続きを読む]
  • 2017年、あけましておめでとうございます
  • あけまして おめでとうございます。いよいよ2017年、新しい年を迎えました。昨年はさまざまなジャンルのイベントや新しい形の展示に挑戦しました。初めての経験も多く、あるいは以前より広い視点で考えなければならない企画も在り、経験することで実感すること、改めて考え直すこと、それぞれ勉強になりましたが一方で力不足によるやり残し感も多く感じました。複数のイベントを同時進行させる難しさもあり、このブログもタイムリ [続きを読む]
  • サンキャッチャー各種、あるいは丁寧さの違い
  • サンキャッチャーは特に作り方にルールは無いみたいですが、今回は手元に球体のクリスタルがあったのでこのような丸球ばかりになりました。リーフ型とか雫型のトップにも次回は挑戦してみたく思っています。色はたくさん入れた場合と、透明のみで統一した場合とそれぞれ好みが分かれます。透明だけだとボリュームが必要な感じ。展示を考えると点数が一定以上あったほうが見栄えがしますね。慣れているものは丁寧さのつぼがわかるの [続きを読む]
  • 追分のサンキャッチャーその3
  • 追分ビエンナーレの期間中に行った牧子さんのサンキャッチャーワークショップが好評だったため、展示終了後もサンキャッチャーの販売を試みました。思いのほか、売り上げもあったので来年も展示販売をしようかと考えています。油やは吐き出し窓の長い廊下もあり、サンキャッチャーを飾るには格好の建物かもしれません。今回はオーソドックスな丸玉ばかりでしたが、来年はいろいろなクリスタルも取り入れたサンキャッチャー作りに挑 [続きを読む]
  • 追分の草木
  • 追分ビエンナーレでの一こまです。手前の草はリアルに追分に生えていて、後ろの赤いデッキチェアーはインスタレーション作品の写真で、沖縄の海辺です。そのインスタレーションの写真にスクリーンのように奥に生えている草の葉の影が映っています。今年の9月の開催時は天気はいまいちでしたが、数少ない晴天の日の逆光であえて撮影したら、こんな不思議な画像になりました。 [続きを読む]
  • 追分のサンキャッチャー
  • ブログもなかなか更新できず、ようやく時間が出来たところで今年9月開催の追分ビエンナーレの2個まです。あいにく天候には恵まれず、どんよりした日々で、私同様に参加した牧子さんのワークショップから発展したサンキャッチャーのインスタレーション、兼、1個ずつ販売もしているサンキャッチャーもなかなかサンをキャッチできずにあいまいにゆれています。手持ちのクリスタルガラスとカーボンファイバーで牧子さんと二人で夜なべ [続きを読む]
  • 第1回追分ビエンナーレが無事終了
  • 第1回追分ビエンナーレが無事終了しました。今回はFMラジオに出演したり、ケーブルテレビの取材を受けたり、マスコミ対応も少ししてみました。人数もちょうど良く、作家同士の交流も図れて充実した展覧会となりました。次回の目標としては油屋の敷地を少し出て、近隣の施設や店舗等に挨拶に行ってビエンナーレを知ってもらうことから始めようという意見になりました。新たな参加者の候補もいたりして、うれしい限りです。遠方か [続きを読む]
  • 追分ビエンナーレの宣伝のためにFM軽井沢の番組に出演しました
  • 9月9日より追分ビエンナーレが信濃追分文化磁場油やにていよいよ開催中です。FM軽井沢には名義後援も頂いた上、今回番組にも取り上げていただきました。一言取材を受けれればビエンナーレの宣伝になるかもしれないと気軽に軽井沢駅構内にあるFM軽井沢をお訪ねしたところ、なんと30分番組に出演しました。左から中村仁さん、パーソナリティの宮尾さん、高村さん、右端の後姿が私です。どきどきの30分でしたが、さすがはプロのパ [続きを読む]
  • 青春18切符で東京へ帰るつもりがなぜか敦賀!
  • 先日、大阪行きは往復とも青春18切符でいきましたが、帰りに西宮から少しでも早いほうが良いと思い、新快速に乗ったところ敦賀行きでありました。駅に着く直前に「ようこそ北陸へ」の看板を発見し、私は北陸には用事ないし!と驚く。「北廻船」の看板もあり。そんなわけで敦賀に着く寸前に電車を間違えたことに気がつきました。こちらは名物鱒鮨の駅弁を購入して1時間に一本の次の一旦大阪方向に戻る電車を待っているところです。 [続きを読む]
  • 第1回追分ビエンナーレ
  • 追分ビエンナーレ9/9(金)〜9/26(月)会場 : 信濃追分文化磁場「油や」敷地内 入場無料(館内営業は11:00AM〜5:00PM/火・水定休日)主催 : NPO法人油やプロジェクト協賛 : 追分コロニー 後援 : 軽井沢町、軽井沢町教育委員会、長野県、長野県教育委員会、NHK長野支局、毎日新聞長野支社、信濃毎日新聞、FM軽井沢、西軽井沢ケーブルテレビ出展作家:縣孝二 ・ 片桐晃憲 ・ 木村仁 ・ 志村陽子 ・ 高村牧子 ・ 中谷欣也 [続きを読む]
  • 上野の不忍池の蓮の花
  • 既に見ごろは過ぎているが、やっと行けました上野の忍ばすの池の蓮の花!しかし、朝一でこれなかったので既に多くの今朝開花の花は一旦閉じてしまっていて、この写真は珍しく咲いていたのを撮りました。日が高くなってくると暑いし、野外コンサート上ではリハーサルのエレキギターの音が煩いし、おまけにスマートフォンを手にのろのろ歩いている人の集団がずっと続いて、日曜日なので仕方が無いけれど、混雑が激しいのでスケッチは [続きを読む]
  • 燕温泉の霧
  • 信濃追分に行った翌日は妙高高原にある燕温泉に行きました。しかし、この霧、しかもトンネルが一部崩れて迂回路は凄まじいヘアピンカーブの連続で、まるで向こうが見えないけど凄いがけを上っていきました。何度かとおったトンネルの中もこんなで、対向車がほとんど来なかったから良いものの、なかなかスリリングでした。どんどん霧が深くなって最後はこんな感じ。夜は涼しいけれど、布団では暑く、しかし中間が無いのでかえって夏 [続きを読む]
  • 追分の夏、2016
  • 9月9日より開催予定の追分ビエンナーレ、印刷物の打ち合わせに行ってきました。第1回目は参加作家7名による油や敷地内でのインスタレーション作品の展示が中心です。オープニングに花を添えてくれるミニコンサートや、各週末には参加作家によるワークショップを行います。私は2週目の9月17日に3年続いて好評の和紙漉きによる団扇作りのワークショップを行います。ついでに事前宣伝も兼ねてインスタレーションの一部でもある赤いデ [続きを読む]
  • (無題)
  • Плюшевый Чебурашка отправится в космос в честь 80-летия "Союзмультфильма"チェブラーシカねたはしばらくチェックしていなかったのですが、ななんとチェブは宇宙へ出かける模様です。ソユーズムリトフィルム80周年を記念して、ロシアのロケットの打ち上げに参加し宇宙空間へ打ち上げられることとなりました。(モスクワ、7月6日 - RIA通信社。)チェブラーシカは [続きを読む]
  • 府中の森アートマーケット
  • 先週日曜日は府中の森アートマーケットに参加しました。ご覧のようなカンカン照りのなか、腕と肩はひどい日焼けです。なかなか売り上げは難しいですが、作った作品をたくさんの人に手にとってもらい、感想を聞かせてもらったり、やり取りは楽しい一日でした。一緒に参加しているビーズアクセサリー作家の友人ともあれこれ分析したり、他の出品者の人ともいろいろな手作りの技法について情報を交換したりして今後の商品制作にとても [続きを読む]
  • 新緑の油や、今年もスタートしました
  • 5月の連休から、今年も油やの営業がスタートしました。さわやかな新緑がみずみずしく、桜は終わったものの東京より1ヶ月ほど季節が遅いような気がしました。さて、今年の9月に開催を予定している第1回追分ビエンナーレの本格的な打ち合わせを行いました。1回目なのでごく小規模で相変わらず匍匐前進しつつ何とか開催にこぎつけたく思います。追分ビエンナーレは当初は油や敷地内でインスタレーション作品を中心に展示、発表を行い [続きを読む]
  • ミシン大行進、アイボリーのスプリングコート
  • 先日、ユザワヤ芸術学院の1日コース(実際には2日かかった)のコートの作成レッスンでアイボリーのスプリングコートを制作しました。ちょうど良い時期なので早速、来ています。いったん出来上がってからポケットをつけたので、縫い難くて何度も余計なものまで縫いこんでやり直しました。型紙は先生が標準サイズの出来上がったコートを作る本人に着せて、どのくらい延ばせばよいのか判断して手早く指導してくれます。基本がわかって [続きを読む]