kinderchoco さん プロフィール

  •  
kinderchocoさん: Erdbeere Marmelade - ドイツの木々に囲まれて
ハンドル名kinderchoco さん
ブログタイトルErdbeere Marmelade - ドイツの木々に囲まれて
ブログURLhttps://ameblo.jp/kinderchoco/
サイト紹介文子連れ初婚でドイツ人と結婚、フランクフルト郊外へ移住。ドイツ語皆無な親子の手探り日記
自由文未婚でドイツハーフの息子を出産、未婚シングルマザー歴6年にして、心から信頼できる、これまたドイツ人パートナーを見つけました。
パートナーが日本語堪能なため、ドイツ語覚えられないママと、ママを守るんだ意識が非常に強いかわいい息子。
大陸に住んでいながら、ドイツ語できないため気持ちは離島
少々田舎生活なため、家を一歩出るとドイツ語オンリーな生活ですが、身振り手振り表情で生活しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/08/05 16:17

kinderchoco さんのブログ記事

  • 青空ヨガ
  • 夏休み最終日 帰国後、毎日のようにマッサージの予約が入ってうれしい限りです そんな中、お天気のいい日に女性の集まりで青空ヨガをするっていうので参加してきました この日の参加者は、 ドイツ人3人、トルコ人、チェコ人、パキスタン人、台湾人、イラン人、モーリシャス人 と私 日本人 いやー楽しかった ヨガを1時間ほどしたあとは、一時間ほどピクニック 水しか持って行ってなかったのですが、皆が持ってきてくれていたのを [続きを読む]
  • 足が伸長よりも先に成長期が来たのかな?
  • 今年に入ってトムの足が急成長 今年の3月まで、38の靴を履いていた38は日本でいう、24? が、3月末に39の靴を買ったのに、数回履いて痛いと言い出し、4月に40の靴を買った 今度は余裕だろうと思って、7月日本に帰省 トムのお気に入りはアシックスなので、日本のほうがメンズは安いため、大きめの42を買った 8月に入り、40の靴が痛いというではないか まじか! 早くても秋まで出番はないであろうと思っていた42を履いている 若干大 [続きを読む]
  • 淡路の夕日とMustangの悲劇
  • 20年近い友人二人から淡路島に夕日を見に行こうと誘われました いつも前向きで明るい彼女。Tさん息子さんが二人いて、孫もいるんですが、下の息子を妊娠中に旦那さんを事故で亡くし、その後女で一人でカフェを切り盛りして子供二人を育てた人なんでもストレートにズバズバ気持ちいいほど言ってくれる。 神戸に帰省するときは、どんなに忙しくても絶対時間を作ってトムと二人で彼女に会いに行ってました が、今年は本当に忙しくてそ [続きを読む]
  • ベトナム人 トマトを求めてやってきたの巻
  • あるドイツ時間の朝 日本の母親が半ばパニック状態で電話してきた トムが最初電話に出て、「はぁ?俺日本に今から行かれへんで」とか笑ってる どうしたのか聞いたら 「英語話す人がきたから変わって話してくれっていうてる」って で、話を聞くとこうだった ベトナム人男性がやってきて、トマトを切った上にマヨネーズをかけてほしいと言うてるみたいkだけど、それは家でやってちょうだいってお願いしたら、携帯翻訳機能で「わから [続きを読む]
  • ウィンドサーフィン
  • 今回の帰省の目的は、中3体験とウィンドサーフィンマスターでした。 ウィンドサーフィンは4年前の帰省の時に3回体験をしたのですが、ほとんど忘れてしまっていたトム 初日の前半1時間は風も強く、かなり岸壁につっこんで半泣きだったらしいけれど、後半からは乗れるようになったんだとか 前回の3回分のスタンプカードを持参して、追加3回ってお願いしたら、「じゃあ6回コース扱いになるので」、そういわれ安くしてもらった。結構乗 [続きを読む]
  • すんごい偶然!!!
  • 昨日の夜、いきなり 「あ、そうやママに言うの忘れてた」という話はじめだった 私が仕事で家を留守にしていた水曜日の午後、トムが近所のスーパーに行ったら、全然知らない男性がトムに 「Hey!」って声かけてきた トムは全く知らないこの男性、なんだろうと思って話をすると 「君、この前の飛行機で同じだったんだよ。覚えてるよ。君はプレミアムエコノミーの一番前に座っていたよね。」 って どうやら、帰りの飛行機が同じだっ [続きを読む]
  • 日本の中学3年体験
  • 7月に4週間神戸に帰省していました。 とにかく忙しかった。 トムは、地元中学3年生に体験入学を、たったの3日ですがしてきました。彼の幸運力はすごい。トムの保育所ママにラインで今年の春ころ、相談したら、学校に聞いてあげると学年主任の先生に聞いてくれました私は、トムは会話力はすごいけれど、読み書き能力がゼロに等しいことも伝えましたすると、トムが来ることでほかの生徒の刺激になるだろうからと快くうけてくださり、 [続きを読む]
  • もうすぐ9年生
  • 8月半ばから9年生になるトム 彼は常に言っている 「俺はこのクラス大好き。本当にみんないい友達ばかりだ。」 って、すごく素敵なことだと思う お互い助け合って、時にはこつきあって、小さないざこざは沢山あるけど、それでも常に仲が良くて幸せ者だと思います そうそう、9年生の教科書をもらってきたので、去年に引き続き、今年も夏休みに勉強しようと思ってみていたのですが 教科書の後半に、Sin, Cos, Tanってある え?9年生 [続きを読む]
  • フィギュアの値段は2000円?!
  • トムが3歳くらいの時かな? 急に、「俺、黒いウルトラマンが欲しい」と言い出した 当時黒いウルトラマンなんて聞いたことなかったし、何のことかわからなかったトムは特にウルトラマンファンでもなかったでも、夢の中に出てきた黒いウルトラマンが欲しいというのでネットで探して買った600円くらいだったかな? 先日、古いおもちゃを捨てるといって整理してた時、黒いウルトラマンが出てきた 「これ絶対高いで」と言い張るトム 「 [続きを読む]
  • 教科書返却時にチェックされたこと
  • 6月後半、教科書を返しに行った たまたま、数学の本に付箋を貼っていたのを取り忘れていて返却担当の先生(たまたま数学だった)にちょっと注意を受けた で、いきなり、一時関数の公式を3つ言いなさいって言われたそう これはトムだけではなく、トムのクラス全員に質問していたそう トムはクラスの半ばあたりに並んでいたそうだけど、トムの前の子たちは一つしか言えなかったんだけど、トムは3つ全部言えたんだって。へぇーーー で [続きを読む]
  • 偉そうにいうことじゃあない!
  • 日本の中学に体験入学するトム 学校で、夏休み何をするかと聞かれ、堂々と日本に行って日本の中学に通うといったら、先生から、学校で何ができるのか聞かれたらしい 普通に勉強って言えばいいのに 「英語と数学を勉強します」っていったんだって 続いて、「俺は読み書きできないから、それ以外は多分参加できない」 って。(;´▽`A`` 先生に、そんな状態で学校に通えるのか聞かれ、「大丈夫です、俺しゃべれるから」って言うたそ [続きを読む]
  • テーマ避妊
  • 6月末に亀さん宅にてハイルプラティカの婦人医学?を教えている先生がプレゼンテーションを行いました テーマは避妊 興味があったので話を聞きに行きました 知っている内容がほとんどだったので、何となく言葉がはっきりわからなくても理解できた ここで、私が驚いたのは、ドイツでは10代で彼氏がいる女子の多くがピルを服用しているということ一人の女性の発言には耳を疑いました 「うちは、娘が16,7歳の時にIUSかIUDを入れよう [続きを読む]
  • どこでも歌って踊る
  • ので、トムによく注意受けます 電気屋さんでも、レストランでも、知ってる曲がかかると口ずさんでしまうさすがに、レストランでは踊りませんが。。。 で、トムに 「なんで声に出すん!頭の中で歌いーや」って言われるけれど 「口に出して耳で聞きたいねん」って言い返したら 「家でしたらいいやん」 って、ごもっともです [続きを読む]
  • 脱色素性母班?
  • 今まで気づかなかったから、何かわからないのだけれど もともと皮膚が弱く、紫外線アレルギーのあるトムドイツに越してきて、紫外線アレルギーがましになった気がしている 一応日焼け止め塗ってるんだけど、今年初めてトムの腕に白い直径3cmくらいの丸を見つけたまるで日焼け後にできた腕時計の跡のようが、場所がちょっと違うそんなに目立つものでもない 私は尋常性白斑持ってるので、まさかそれって思ったけど、色の感じから [続きを読む]
  • 名言
  • 私は自分の背中が嫌い 理由は、シミがあって、肩幅はものすごく広いし、肌は乾燥肌なので柔らかさはない以前トムに背中のシミを撮ってもらった時びっくりした どこの水泳選手やねん!って思うほどの逆三角形 トムにその話をしたら彼が 「俺はママの背中好きやで」 なんでって聞いたら 「だって、俺、その背中しかしらんもん」 なんかちょっと感動したわ [続きを読む]
  • 笑いのセンス
  • 先週日本に住む母とスカイプをしていた時、母が 「私が空港に迎えに行ってもどこにおるかわからんかもしらんで。」 っていうから 「じゃあ、黄色い帽子かぶって、帽子の上に旗かなんかつけときーな」 っていうたら 「そんな、お子様ランチみたいなことできんわ!\(*`∧´)/」 って返してきた 思わず、メモってしまった [続きを読む]
  • 世界は狭い! こんな偶然ってあるのね
  • 木曜日のフェンシング練習から戻ってきたトムが言いました 「ママ、今日すごい驚いたことがあってん。すっごい偶然やねん。」 そういって話をしてくれた 2月に私はこんな記事を書いている交換留学生との共通点 同じフェンシングクラブに通う女なの子Jちゃん。学校も住む町も20キロほど離れている場所彼女は一人の女の子をフェンシング練習に連れてきていた二人は英語で会話していた 練習が終わった時、Jちゃんが連れてきていた [続きを読む]
  • パスタブリッジ結果
  • 8年生の選択教科で物理を選んだトムは、後期でパスタブリッジを作りました 500gのマカロニスパゲティというスパゲティを使っての制作普通のスパゲティと違って、マカロニのスパゲティバージョンなのでパスタの中が空洞になっている どんな形を作ってもいいただし、幅8?、長さ80?以上と決まっている トムは友達と二人で組んで幅8?、長さ90?のパスタブリッジを作った目標は5キロ越えで、もし10キロを超えた場合はど [続きを読む]
  • 隣人に物申した日
  • 私はマッサージでいなかった週末の午後 隣のアパートの1Fの人が庭でパーティしてたらしい それはいいのだけれど、ものすごい大音量で音楽かけてしゃべってうるさかったんだって だから窓開けて、パーティしてる人に大声で、 「うるさいから静かにしてください。」っていうと、相手は 「今日はパーティなんだ」っていったらしい。トムは 「パーティするなら、XXX(うちの近所にある大きな広場BBQもできる場所)でやればいいじゃな [続きを読む]
  • 一人がお好き
  • トムは休みの時や平日の学校の後とかに友達と遊ぶ約束をほとんどしない 皆忙しいしスケジュールが合わないのも事実だけれど、他の友達が友達同士で遊んでるのを見たりすると、どうしたんだろうって思ってしまう トムは学校では友達も多いし、毎日自転車で友達3人と一緒に登下校してる。下校時はほかの子も一緒に帰るので最初はすごい人数で帰るし、女の子とも一緒に自転車乗って帰ってくる 例えば、友達から一緒にプール行こうって [続きを読む]
  • 何が正しいかなんてきっとない(長文)
  • 私はトムを未婚で産んだトムの父親は旧東ドイツ出身の人で、トムが生まれる1か月前まで日本で仕事をしていて、その時知り合った彼にはオーストラリアに弁護士の彼女がいたそれを知った直後妊娠発覚、妊娠が分かってすぐに彼に知らせたその後も何度か会って話をした。彼が日本を出発する直前まで会っていたその間、彼は一度もおろしてほしいと言わなかった彼に言われた、「僕が何を言っても、君が生む道を選ぶだろう、そして、きっ [続きを読む]
  • 今度はパソコン
  • 携帯の次はパソコン 日曜に日本の家族とスカイプしていて、最近落ちることが多いから日本帰った時に新しいの買おうかなって話をしていた翌日、ウィルスチェックを起動させて外出して帰ってきたら画面が真っ青。ガーン!!!!! でもなぜか大きなショックはなく大変なパニックにもならず、新しいの買おうとトムのIpadで検索すぐに安いの見つけて買った 買ったはいいがドイツ語のパソコンなんて使ったことないぞ調べていたら、シス [続きを読む]
  • 新しい携帯と格闘中
  • すごく気に入って使っていたNokia Lumia 1020 64gb3年使ってたんだけど、買って1年目の時に日本で充電中に充電コードつけたままドアに体当たりして充電プラグが少し曲がったようで、充電は出来るけど、パソコンに写真を転送できなくなってしまった。それでも、無理して騙し騙し使ってたんだけど、電話がかけれなくなったり、相手からの電話がうけれなくなったりがあったので、携帯保険で交換してもらったそれはそれは6週間という戦 [続きを読む]
  • 話題についていけない。。。汗
  • 毎週金曜日に物理の授業がある そして、授業終了後に友達2人と一緒に毎週物理の先生と色んな話をしてくる 放射線の話だったり、静電気の話だったり、電気の話だったり を、家に帰ってきて説明してくれるんだけど、チンプンカンプンな事が結構ある この前は、授業終了後に先生が保護者の方との面談があったので個別に話はできなかったらしいけれど、授業のテーマが力学だったので、その質問をしたらしい戦車が地面にかける力と針で [続きを読む]
  • 人間観察能力
  • 昨日、クマさんの会社の部署で送別歓迎会兼ボーリングがあった。平日という事もあり、参加できないって言う人が多かったので、私とトムも参加してきた最初送別会も兼ねてるとは知らなくて、帰りの車の中で知った。 1人の人が産休に入り、一人の女性がやめて、一人の男性が新しく会社に中途採用で入ってきた まずはボーリングからだったんだけど、私とトムがボーリング場に到着した時、会社の部長しかいなかった。歩いて片道半時間 [続きを読む]