とんこ さん プロフィール

  •  
とんこさん: いんつま日記
ハンドル名とんこ さん
ブログタイトルいんつま日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/intsuma
サイト紹介文兄弟姉妹、4児の母となったところです。そんな私の心の中を毎日のようにブログにぶつけています。
自由文男の子が2人と女の子が2人の母です。
偶然にも、「兄弟姉妹」です。
我が家の大切なコレクションな子供たち。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2009/08/05 23:37

とんこ さんのブログ記事

  • 原宿のわたあめ
  • 今日は運動会の代休で、女子サービスに徹した。原宿の名物?!わたあめ。15分でこんなに縮む。待ち合わせに迷ってしまい、買っていて貰ったのに、合流した時には萎んでいた、という。。。2つを子供5人で分け合った。その他、5年生女子の希望により、スクイーズを買いに。竹下通りを歩いたのは何十年ぶりだったんだろう。表参道で降りてラフォーレで曲がり、竹下通りをノロノロ食べ歩き、女子ショッピングに付き合い。。。明治 [続きを読む]
  • 暑い、暑い、運動会
  • 今日の運動会は、暑かった〜〜〜。足の遅い娘たちが驚きの走り(組み合わせ運?!)を見せて、長女徒競走1位!!!次女徒競走2位!!!いつもビリっ子なので新鮮な驚きだった。一生懸命踊る姿、間違えてオドオドする姿、思いっきりの笑顔、一つ一つの表情、瞬間が可愛く愛しかった。立ち見席が混雑で、前の人の帽子や頭で、隙間から瞬間的に漏れる娘たちの姿を垣間見た。背伸びして見てたから、ふくらはぎがまた太くなった。両親が [続きを読む]
  • 三つ編みの練習台
  • 練習台になるほど、私も髪の毛は長くないけど、妹は逃げ回るし兄たちは短髪過ぎるし、私がパソコンとにらめっこしている間にささっと編んで、写メまで撮って。どうして、三つ編みの練習しているの?と聞くと、来月の自然教室で2泊するときに、髪の毛結べない子がいるかもしれないでしょ。だから練習しときたかったの。自分には出来るけど、他の子に出来ないかもしれないと思ったのだ、と。。。そんなことにまで考えが及ぶ5年生女 [続きを読む]
  • おたまじゃくしが蛙になった。
  • おたまじゃくしに脚が生えて、手も出てきて、しっぽが短くなって、蛙になった。急いで検索したら、蛙になったら(しっぽが無くなったら)溺れてしまうので陸地も用意しなければならない、と書いてあったので慌てて庭から石を探して来た。脚が生えて来た3匹はおたまじゃくしと分けて虫かごに入れた。個体差はどうしても存在するらしい。 [続きを読む]
  • ニトリの圧縮マットレス
  • 子供たちは、何年も前に底値購入した激安布団で寝ているが、体が成長し体重も増えている今、薄っぺらい敷き布団では体が痛くなってくる。特に、私が添い寝させられ、うっかり朝を迎えてしまうと朝には体がバッキバキで痛いのだ。(体重重いから)そこで、念願のマットレスをニトリで購入。持ち帰りが簡単に出来るように、販売時は圧縮されている。丸まった筒型に!!その封を開けた途端に空気が入り、ものすごいスピードで元のサイズ [続きを読む]
  • 体育祭
  • 次男の中学校の体育祭、昨日は雨で順延、本日開催。創立40周年記念の体育祭。曇りで涼しかった。2、3年男子の組体操。1年生による、川崎いいじゃんダンス。次男の友達が最前列で、キレッキレの踊り!次男は、徒競走最終走でダントツ1位。100メートル。リレーではアンカーを走り、一人抜いて、3位に。必ずビリだった私からしたら、信じられない光景。どうしてあんなに早く走れるんだ?あんなに早く走れたら、さぞ気持ちい [続きを読む]
  • ひとり時間のススメ
  • 職場の同僚に借りた、 「ひとり時間」のススメ を読みながら、わずかな一人時間を堪能した。 何が欲しい? と聞かれても、物欲が無くて、 「一人の時間が欲しい」 と答える私。 欲しいもの? うーん、それ以外無いし。 まるまる一週間、一人になっても寂しいと思えない自信満々。 これまで、本当に [続きを読む]
  • 食卓が寿命を迎えた。
  • 食卓の脚が一本、ポキッと折れた。ネジが緩んでガタガタしていたうちは辛抱して使っていたが、脚が途中のところで折れてしまい、もうさよならするしかないかな。。自立しなくなり危険なので、とりあえず脚を全部外して、分解した。板の部分はまだ使えるのにな〜。大工だったら脚を付けられるんだろうな。 [続きを読む]
  • ゼッケン縫い付け
  • 今朝、たまたま登校中の生徒が、体操着にゼッケン付けているのをみて、次男は付けないのか?と聞くと、慌てふためいて出して来た。そういえば、中学校の体育祭ゼッケン貼りつけが毎年面倒くさい、と聞いていたが、これのことか。四隅だけじゃなく一周、しかも前と後ろの2枚を縫い付けなければならない。これを言われたのが、次男が出発する10分前。今、言うか〜。というか、言われるまで忘れてるって、ヤバいじゃん。母さん大急 [続きを読む]
  • 授業参観
  • 本日は、5年生が行く、自然教室の説明会、そして授業参観。 2年生の教室に行くと、次女が走り寄ってきた。 まるでヒーローを迎えるように走って両手を広げて、自慢げに「ママ〜〜」と。 what did I do to deserve this? nothing なんか、申し訳ない気がした。 やってあげられてないことばかりなのに、「私の大好きなママ」みたいに迎えてくれるなんて。 5年 [続きを読む]
  • 残高証明書
  • 去年から税理士が変わり、決算時に残高証明書を用意するように言われ。。。 あちこちの銀行巡りをして発行申請をしております。 こういう事務手続き系って、待たされるし、書類記入もあるし、間違えるとすぐん訂正印で、面倒臭い。。。 あと3箇所巡れば終わりかな。  今回だけ、臨時で出してもらって、来年度以降は、自動に送付されるように手続きをしている。 今年だけ頑張れば、、、来年からは自動で送ら [続きを読む]
  • 溶連菌
  • 長女が、誕生日の夕方から発熱、翌日バレーボールの試合があったのに(等々力アリーナ!)、お休みして休日診療所へ。 溶連菌だった。 7日間、抗生物質の薬を飲み続ける必要があり、1ヶ月後に尿検査を受けるようにとの指示。薬を途中でやめてしまうと腎臓がやられるかもしれないのだとか??  そのようなことをお医者さんは言っていた。 休日診療所では、休日の期間分しか薬が出ないので、またかかりつけの [続きを読む]
  • 長女、誕生日ケーキ食べられず。。
  • 昨日は、長女が11歳の誕生日だった。 とても楽しみにしていて、朝はウキウキしながら学校に行った。 バレーボールの夜練に行く準備をしている頃から頭痛と寒気を訴え、微熱。 そして熱はどんどん上がり、ぐっすりと眠ってしまった。。 ので、誕生日ケーキを用意していたが、お祝いできなかった。。 今夜、リベンジなるか? 今日は、バレーボールの試合だったが、欠席。 チームに迷惑 [続きを読む]
  • 子供が半分に
  • 女子が二人、それぞれのお友だちのところへお泊まりに!子供が半分に。二人泊まりに行っても、まだ二人居るという。。。高校生と中学年一人ずつだけだと静かなものだ!!!めっちゃゆとりを感じる我が家。 [続きを読む]
  • 感謝の会
  • 顧問社労士の先生が本日法人化、15周年記念で、感謝の会を開いた。品川の立派なホテルでの華やかな会。先生の人柄の良さ、信頼出来る感は、参加していた方々の様子からも汲み取れる。料理も美味しくて、先生の着物姿も美しくて、現実離れした空間を楽しんだ。帰り際には、菓子折り、更に女性には御祝いで届いていた立派なお花を束にしてプレゼントしてくれた!写真を撮りそびれた事に気付いたのは、会場出たあと、ロビーにて。せめ [続きを読む]
  • タヌキ出没区域
  • 最近、自宅近辺でタヌキが頻繁に出没している。 先ほどそろばん塾から帰宅してきた長女も、 「アライグマが普通に歩いてた!」 と見たようだ。 しかも、のっそのっそ普通に歩いていたとのこと。 私が見た時には、走り去っていく姿だった。 タヌキなのか、アライグマなのか、気になるところ。 住宅街のどこに住んでいるのだろう?? 川が近くにあるので、そこで色々洗っ [続きを読む]
  • 初日に弁当忘れて届ける、の巻
  • 川崎市の公立中学校もやっと!やっと!給食化が進み、工事が遅れているものの、今年末には給食開始となる予定。 それまで約1年弱、お弁当を持たせる。 5日に入学式を終えたばかりの次男、すでに2日後の本日から弁当持ちで6時間授業の予定だった。 覚えていたはずなのに、覚えていたはずなのに、抜けてしまったのだった。。。 大量の年始の書類を書いている途中に次女が熱出して「一緒に寝ないと寝れ [続きを読む]
  • 威圧的な励ましもなんのその
  • バレーボール夜練に長女を少し早めに迎えに行ったら、まだ練習中だった。 監督が最後、長女に向かって言った。 --------- 今度の大会は、なる(長女)がセッターだ。〇〇はまだ怪我が治らないからね。前回の試合、〇〇がセッターやってベスト8決めたんだ。なるがセッターやってベスト8行かないなんてことの無いようにね。 --------- こんな内容だった。 私はこの言葉を聞いて、良い気がしなかった [続きを読む]
  • 思い出を歩いた小一時間
  • 思いがけず、仕事が2時間も早く終わったので、途中下車して母校の桜の下を歩いた。もう卒業して20年経つとは、驚く。ここの桜があまりに美しくて、いつか絶対にまた一人で見に来よう、と誓って20年も過ぎたとは、驚愕。たまたま帰り道で、こんな時間を過ごせる事に運命を感じた。新設された美しすぎる校舎、古いままの懐かしい校舎が入り乱れたキャンパスは、当時よりも国際的になっていたように感じた。せっかくだから、昔よく行 [続きを読む]