ワンギーサ さん プロフィール

  •  
ワンギーサさん: 困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く
ハンドル名ワンギーサ さん
ブログタイトル困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く
ブログURLhttp://76263383.at.webry.info/
サイト紹介文題を「困った時はダンマパダ」から「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」に変更しました。
自由文ダンマパダ423詩の解説を何回か終えた段階で、少し趣を変えて、異なるお経の勉強を始めようという思いに至りました。どのお経を選択するかいろいろ迷いましたが、毎日少しずつ勉強するのに都合がよく、仏教を勉強する人たちに人気のあるお経として、スッタニパータを選びました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/08/08 16:18

ワンギーサ さんのブログ記事

  • 供養と功徳
  • ワン爺の独り言(2017.4.30.)諸仏を供養するということは、諸仏の願いに応えることだと思います。諸仏の願いに少しでも応えることができたら、功徳を積んだと言えるのだと思います。SRKWブッダの供養と功徳に関する理法は次の通りです。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou099.htm [続きを読む]
  • 執著を離れかし(執着を離れなさいよ)
  • ワン爺の独り言(2017.4.29.)今回はSRKWブッダの理法「執著を離れかし」をご紹介します。このテーマは先日2017年4月26日に紹介した「こだわりを捨て去ること」と似ていますが、「覚りの境地に至ることを目指すのだという執着」について問題にしています。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou098.htm [続きを読む]
  • 「聡明なる人」とは、どのような人だろうか?
  • ワン爺の独り言(2017.4.28.)聡明な人は、無意味なことをしない。矛盾したことをしない等があります。特に、過去の出来事を後悔して悩むことはない。後悔と反省は違います。また未来のことは何が起こるか分かりませんから、取り越し苦労をして、心配しません。SRKWブッダはどのように述べておられるでしょうか?http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou097.htm [続きを読む]
  • 間違いを畏れることなく
  • ワン爺の独り言(2017.4.27.)「もし人が、ことに臨んで、これは間違いかも知れないけれども自らのこころに恥じないために,如何なる誰をも悲しませないために、それをそのように為さねばならぬと考え、迷い無く、きっぱりと実行したとするならば、その行為の結末が自責や後悔の念を生じるようなものになることはあり得ない。」とSRKWブッダは述べておられます。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou096.htm [続きを読む]
  • こだわりを捨て去ること
  • ワン爺の独り言(2017.4.26.)「こだわりを捨て去ることは容易ではない。なぜならば、こだわりを捨てようと思うその思い自体がこだわりに他ならないからである。」とSRKWブッダは述べておられます。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou095.htm [続きを読む]
  • 「覚者が語る真実」とは何か?
  • ワン爺の独り言(2017.4.23.)「覚者が語る真実」とは何か?を知ることは大切なことです。しかし、それに対する執著を捨てることも大切です。以下のSRKWブッダの理法より。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou093.htm [続きを読む]
  • 「すぐれた行為」とはどのようなものか?
  • ワン爺の独り言(2017.4.18.)凡夫の行為というものは、自覚があるか、ないかに関わらず、事前には不安があり、事後には後悔がつきものですので、「すぐれた行為」とは言えないのです。ではいかにしたら「すぐれた行為」ができるのでしょうか?http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou088.htm [続きを読む]
  • 真理はつねに穏やかに語られる
  • ワン爺の独り言(2017.4.16.)「耳にさわるような荒々しく汚い言葉を口にするよりは、耳に心地よい、穏やかな、清らかな言葉を口にする方がすぐれている。」とSRKWブッダは述べています。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou086.htm [続きを読む]
  • 観音および観自在と名づけられるもの
  • ワン爺の独り言(2017.4.14.)「その観の対象となった言葉が明らかに外的なものであるときには観音(を為す)と名づけ、その観の対象となった言葉がまさしく内的なものであるときには観自在(を為す)と名づけるのである。」とはSRKWブッダの言葉です。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou084.htm [続きを読む]