水島灘 さん プロフィール

  •  
水島灘さん: ぶらり自然散策
ハンドル名水島灘 さん
ブログタイトルぶらり自然散策
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/kitchinkato/
サイト紹介文毎日1万歩を目標に、カメラを片手に歩き、出会った生き物たちを写すことにしました。
自由文毎日の散歩で出会った生き物を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2009/08/08 17:55

水島灘 さんのブログ記事

  • ほしだ園地の花
  • 午前中にほしだ園地を歩いた。ガマズミが見ごろになっていました。ガマズミの花道端にはまだまだニオイタチツボスミレも咲いていました。ニオイタチツボスミレまつかぜの道を歩くとところどころにチゴユリが小さ... [続きを読む]
  • アオアツバ
  • 遅れていたサクラは一気に開花がすすんで、窓から見える公園はほぼ満開です。玄関の窓枠の下に小さな蛾が一匹とまっていました。あとで名前を調べようと写真を撮りましたが、なかなか見つかりません。この形のも... [続きを読む]
  • アカエグリバ
  • 昨日、出かけようとすると玄関前に落ちていた。枯葉そっくりの蛾。アカエグリバOraesia excavata(ヤガ科)幼虫はアオツヅラフジを食べるそうです。擬態とはいうけれど、ほんと枯葉そっくりですね。コンクリートの... [続きを読む]
  • 河辺の森下見
  • 河辺いきものの森(滋賀県八日市市)観察会の下見に同行した。近江鉄道の河辺の森駅まで電車途中の田んぼの畔にはツクシがたくさん出ていた。いきものの森にはいろんなところで妖精の像が迎えてくれる。木道の下... [続きを読む]
  • ガガンボの顔
  • 部屋の中をガガンボが飛んでいた。写真を撮って拡大してみると下のような顔だった。ガガンボの一種なかなか精悍な顔つきではありませんか? ちょっとクサカゲロウの顔に似ている。2017.03.15 寝屋川市ご訪問あ... [続きを読む]
  • オナシカワゲラの一種
  • 啓蟄も過ぎましたが、まだまだあまり虫たちは現れません。この時期に水辺に近い場所でよく見かけるようになるのが下の写真の昆虫。オナシカワゲラの一種カワゲラ目の特徴である尾が短く翅の下に隠れて見えないこ... [続きを読む]
  • 植木鉢から・・・
  • スミレを買ってきたので、空いている鉢に植えようと土を掘り返してみたらコガネムシ科の幼虫が20匹余も出てきた。育てていた植物はスミレ1本を除いてすべて消えてなくなくなりました。こんなにいたんじゃあね!20... [続きを読む]
  • ヤマトシジミ
  • ベランダの植木鉢に生えていたカタバミを食べていたヤマトシジミの幼虫。いつの間にか蛹になっていた。室内に入れていたら今朝、羽化していた。花がないのでティッシュにポカリスエットを薄めて垂らすと、そこに... [続きを読む]
  • アカタデハムシ
  • コケボトルの苔の中からハムシが出てきた。ハムシハンドブックで調べてみるとアカタデハムシのようです。出現期は4〜9月とあります。室内のコケボトルは暖かかったのでしょう。室外はまだ寒いですが、もうすぐ... [続きを読む]
  • 早春の花
  • 六甲高山植物園が冬季特別開園というので出かけてみた。久しぶりに霜柱と氷柱を見た。天気は良かったが寒かった。たくさんの人々が訪れていて入り口は行列ができていた。10:30からガイドさんの案内についていっ... [続きを読む]
  • 竹雛
  • ネットを見ていたら「中馬のお雛さん」というところに竹で作ったひな人形が載っていた。今日の自然体験学習室はいつものように暇だったので、真似して作ってみることにした。真似して作った竹雛ネットで見たもの... [続きを読む]
  • 波打ち際
  • 実家の前の海岸。波打ち際を散歩した。いろんな生き物(死んでいる?)が波に寄せられている。いちばん目につくのはシロボヤ。強風で海が荒れたため石から剥がされたようだ。こちらもホヤの一種かな?ウニもナマ... [続きを読む]
  • ベニシジミの幼虫
  • 昨日「湘南むし日記」にギシギシに窓を開けたベニシジミの幼虫が載っていた。きょう、寝屋川公園の竹輪会(公園の竹林整備ボランティア)の弁当の時、ふと近くの桜の根元にある赤いスイバを見ると窓が開いていた... [続きを読む]