ろっくん さん プロフィール

  •  
ろっくんさん: 一風堂・五行で研修をしている奮闘日記
ハンドル名ろっくん さん
ブログタイトル一風堂・五行で研修をしている奮闘日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/chihirockkun/
サイト紹介文ラーメン屋一風堂・五行、の教育担当者のブログです。人材育成、コーチング、脳科学など満載です。
自由文一風堂・五行の立ち上げを20店舗近く、させていただきました。その中で自分が感じたもの、日々考えることをこのブログに書いていければと思っています。飲食関係者、そうでない人、たくさんの人に元気や光を投げかけていければうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/08/09 13:27

ろっくん さんのブログ記事

  • 名古屋店での一件
  • 今日は朝から腹が立ちました!非常に腹が立ちました。あと10日後に迫る、ソラノイロNAGOYAのファサードの件です。ソラノイロデザイナー集団が、練りに練って考えたデザインをビル側に『以前聞いたのと全く違くて、言っちゃ悪いですがAEON MALLのようですね!』と言われまして。。これには僕も頭にきてしまって!まず、ラグジャリービルなのかなんなのか知りませんが、AEON MALLのことを下に見ている。じゃあAEON MALLに行くような [続きを読む]
  • 僻み七訓
  • 自戒を込めて。一、つらいことが多いのは、  感謝を知らないからだ一、苦しいことが多いのは、  自分に甘えがあるからだ一、悲しいことが多いのは、  自分の事しか考えないからだ一、怒ることが多いのは、  我がままだからだ一、心配することが多いのは、  今を懸命に生きていないからだ一、行きづまりが多いのは、  自分が裸になれないからだ一、あせることが多いのは、  行動目的がないからだ [続きを読む]
  • 名古屋立ち上げ途中
  • 名古屋のオープンがいよいよ、2週間を切って来ました。あっという間ですね。毎日、店長と社員とアルバイトさんとともに、研修その他の準備をしております。この時間の大切さは、立ち上げをした人にしか分からない。毎日、徹夜で準備しても良いくらい大切な時間です。今回は引き渡しから、1週間ほどで仕上げないといけないので、だいぶ時間がないのですが、オープンはなんとか出来そうです。今回もレイアウトから、厨房機器、デザイ [続きを読む]
  • 宮崎千尋のラーメン論 「ビーガンについて その1」
  • それはフランスから始まった…「ビーガンベジソバ」開発秘話ソラノイロの麹町本店で「旨味出汁ソバ」と並ぶ看板商品が「ベジソバ」です。ベジソバの開発秘話はいろいろなところで話してきましたので、今回はビーガンベジソバについて書いてみたいと思います。 ソラノイロがオープンした2011年はガッツリ系、濃厚つけ麺がブームになっていた頃。野菜ソースで勝負したベジソバをメニューに掲げたのは、業界にアンチテーゼを投げかけ [続きを読む]
  • 名古屋店新人スタッフ研修スタート!
  • 始まりました!新人スタッフ研修です。今回は、二週間で応募が85名と、驚く人数の応募が!!!!そのうち、17名の人を採用致しまして、研修に入りました。高校生から40代まで、幅広い魅力ある人材を採用できました。名古屋店の店長榎本が日々、悪戦苦闘しながら頑張っております。僕はこれで、一風堂、コンサル店舗、自店舗の立ち上げも含めたら、何店舗立ち上げをしてるんだろう?何度立ち上げをしても、背筋がピンと伸びると言い [続きを読む]
  • ここ最近は
  • 反省することばかりで、自分のやって来たことが間違っていたことに気付かされる毎日を過ごしています。ずっと、正しいと思い込んでやって来たことが、実はなんの成果や結果、人のためや会社のためになって来なかったこと。それに今気付けたことに感謝はするんだけど、もっと早く気づきたかったよね。過去の成功体験や、昔からこうやってましたは、今通用するとは限らない。現状維持は退化だと言う言葉がありますが、それは世の中が [続きを読む]
  • 本気になって生きるとは
  • 自分のことだけを考えたり、自分の楽なことだけをする、自分勝手に生きることとは違う気がする。 責任とは、何だろうって最近よく考える。 経営者としての責任、店長としての責任、親としての責任、旦那としての責任、責任てなんだろう。 人間は、自分一人では生きることはできない。誰かに支えてもらって、誰かに助けてもらって、誰かに関わってもらって、生きている。そんなこと当たり前かもしれない。そんな当たり前をいつも人 [続きを読む]
  • 鏡だよね
  • いつも考えていることは、他の人との関わりを通して鏡のように跳ね返ってくる。先輩は後輩にどんな思いで関わっているのか、後輩の態度や後輩の成長を見れば、すぐわかる。それは自分軸で考えるのか、相手軸で考えるのかの違いだ。自分が出来ている、自分が教えてあげる、自分に関わってこい、というスタンスなのか、相手のために、どう行動するのか、何を伝えるのか、どう巻き込むのか、というスタンスなのかの違い。自分が出来て [続きを読む]
  • ふと思う
  • 自分は、いつまで生きることが出来て、自分の人生で何が出来るんだろう。大したことは出来ないかも知れないし、それは誰かを元気にしたり、救ったり出来ることかも知れない。僕はたまたま15歳でラーメンに出逢い、ラーメンに夢中になり、ラーメン中毒になり、ラーメンを愛した。そして、今や仕事になっている。それは幸せなことだ。お店をする目的は、こんなちっぽけな自分でも、何かに夢中になれば、夢を叶え、自分のお店を持つこ [続きを読む]
  • 何度も何度も
  • 何度も何度も、同じことを伝えている。期限を守ってね、スタッフに迷惑かけないでね、ルールを守ってね、当たり前のことを。その当たり前、僕にとって当たり前なだけで、社員の全員にとっては当たり前ではないのだ。だからこそ、伝えて、伝えて、伝えて。伝え続けるしかない。こっちはやって欲しくても、相手はやりたくないこともある。やりたくないとか、やりたいとか、あんまり関係なく、やるべきことはやるべきなだけなんだけど [続きを読む]
  • 自分にとってかけがえのない時間
  • それは、二ヶ月に一度の師匠との時間です。この1年半くらい、必ずその時間をいただいて、二人で過ごしています。毎回その時の話やトピックは違うもので、仕事の話から、家族の話、生きるとは、人として大切なことは、、、色々な話を毎回しています。僕には全て理解できるものではないかもしれないけど、話を聞いて、少しでも理解して、自分の人生や仕事に生かしていきたい。話す度に、自分なんてまだまだだなーって、当たり前のこ [続きを読む]
  • 宮崎千尋のラーメン論 「ソラノイロの研修 その4」
  • ソラノイロが新人研修に10時間をかける理由それは僕たちの「イズム」を知ってもらいたいから 3回にわたって書いてきた、ソラノイロの「研修」論。今回が最終回です!  ソラノイロに入ったら、漏れなく10時間の新人研修があります。これは社員でもバイトでも同じ。座学が8時間。そして、オペレーションを含めた実地研修で2時間。現場に出るのは、みっちりとソラノイロのイズム、方法論を学んでもらってからになります。 サービス、 [続きを読む]
  • 最高の農業体験!
  • 昨日は、月に一度の社員研修でした。今回は、人参でお世話になっている耕す木更津農場で人参の収穫の体験をさせて頂きました。ソラノイロで普段使っている無農薬有機栽培の人参、今回の品種は『ベーターリッチ』間引きして、葉っぱと先をカットして、洗うまでの農業体験でした。 普段現場で何も意識せずに使っている人参はこんな手間と愛情をかけて育てられてあるんだなあ、と社員全員で感じることができました。今日の体験を通し [続きを読む]
  • 宮崎千尋のラーメン論 「ソラノイロの研修 その3」
  • 深夜、カットを練習している美容師の姿を見て何を思う?「寝る」「休む」「遊ぶ」で終わっちゃもったいない! 研修といっても、内容は実に様々。毎回違ったテーマで開催しています。外部から講師を招く時もありますし、学ぶ側に他店のゲストが参加する時もあります。麺・スープ・タレ・油……かつてブログで書いたラーメンの基本について話すこともありますし、ある時は「資金調達」をテーマにしたこともありました。これって、ざ [続きを読む]
  • 徹底力
  • 物事を徹底する時に何が必要なんだろう。精神論になるけど、思いや情熱、熱さ、そんなものなんだろうか。何が何でもこれをやりきる、何が何でも徹底的にやるんだっていう気持ち、そして行動力。昔、一風堂時代、各店舗の朝礼がしっかりできていないということで、朝礼が出来て入るかの確認にお店回りをしたことがあった。やって入る店もあり、やっていない店もあり、指摘や改善を求めたら、すぐやる店とやらない店があった。何が違 [続きを読む]
  • 同じことをなんとも言われるのは何でだろう。
  • 僕は同じことを何度も言われることが大嫌いだ。人に指示をされて動くことすら嫌だ。自分で考えて、自分で行動することがいい。一風堂時代、もちろん分からないことは素直に聞いたり、教えてもらったりした。でも、何度も同じことを注意されたりするのは嫌だったからすぐ直した。改善しないのはその人の言っていることをきちんと理解して、直そうと思ってないことの現れですね。そんなことをループし続けている限り、次のステージな [続きを読む]
  • 宮崎千尋のラーメン論 「ソラノイロの研修 その2」
  • ソラノイロが月イチ研修をする理由それは「共有 共感 共鳴 共振」のため!前回は、ソラノイロのスタッフに求める「考え方」「姿勢」を書いてみました。今、僕たちは月1回、社員全員が集まって研修会を行っています。なぜ、こうして時間を割いて僕らが研修をしているのか。今回はそれを語っていきたいと思います。ソラノイロは、現在都内に3店舗を構え、この7月には名古屋にも出店を果たします。店舗が拡大するつれてスタッフは [続きを読む]
  • ミスドmeetsソラノイロ
  • いよいよ明日4/26から、全国744店舗のミスド、ミスター飲茶実施店舗でたべれます!!! ベジ涼風麺トマト豆乳ベジ涼風麺それぞれ、4回の試食を重ね、たくさんのこだわりが詰まっています。もちろん、店舗とまるっきり同じとまではいきませんが、ソラノイロをミスドで感じられる一品となりました。どうぞ、お召し上がりと、写真のアップ、拡散をよろしくお願いします!!! [続きを読む]
  • 必死さが伝わらない
  • 必死さってどうやったら伝わるんだろう。全て自分ごと主体性、自主性自分のお店だと思う問題障害は己のチャンス。必要のない問題は起きないはず。いま、ソラノイロ各店舗では色々な問題が勃発しています。見えていなかったもの。見て見ないふりをしていたもの。色々あるけれど、それには必ず意味がある。そんな中、必死にやっている人と、やってない人が顕著にわかる。自分の最大限、精一杯で働いている人と、自分優先、妥協、限定 [続きを読む]
  • 成長できない人は
  • 今日、うちのスタッフと話しになった。あるスタッフから相談をされたらしい『いま、自分伸び悩んでいます』と。僕から見てもその人は、入社から伸びていない。他の人がどんどん仕事を増やし、やれないことができるようになっているのに、その人は現状維持、いや、むしろ落ちているとも。入社から期待しすぎたからそう感じているかもしれないが。そもそも、先輩に『伸び悩んでます』なんて言ってるってことは、慰めてもらいたいのか [続きを読む]
  • 成長とは?
  • 成長とは、出来ないことが出来るようになること。そして、その出来ないことに自分で気づけること。自分の会社に入社して、1ヶ月の人も、3ヶ月の人も、半年の人も1年以上の人もいるけど、成長は出来ているのだろうか?もしかしたら、それにすら意識せず、時間だけが過ぎていっている人もいるんではないか。お客様の数は、支持率。支持率が上がっている店もあれば、下がっている店もある。要因はいろいろだけど、全ては自分たちの行 [続きを読む]
  • ミスドの春の新商品、新CMの記者会見
  • 今日は、ミスドの春の新商品、新CMの発表会に参加してきました。ミスドmeetsソラノイロ ということで、共同開発 した商品が4月26日からミスター飲茶販売店舗で食べれます。4月26日以前は一部店舗しか食べられないので、ご注意ください。ソラノイロのクールベジソバをイメージしたベジ涼風麺とトマト豆乳ベジ涼風麺 の二種類を共同開発しました。なかなか、思うようなものが出来ずに苦労はしましたが、最終的には納得がいくものが完 [続きを読む]
  • 宮崎千尋のラーメン論 「ソラノイロの研修」
  • 学ぶために必要な「観察力」とは これまで、「味」について取り上げてきた「ラーメン論」。ラーメン作りで重要なのは、もちろん味です。だけど、それを作り、提供するのは人、スタッフですよね。ソラノイロが成り立っているのも、多くのスタッフがいるからです。美味しいラーメンを安定して提供していくためには、「採用」と「教育」は両輪で回していくべきでしょう。 ということで、今回のテーマは人づくり。&n [続きを読む]
  • 自分の未来は自分が決める
  • 自分が、1年後、3年後5年後、10年後どうなりたいか、皆さんは考えていますか?僕は、明確には2021年までしか考えていませんが、会社の方向性は考えています。だから、今何をやるべきか、何が優先的にやるべきことが、逆に何をやらないべきか、何を真っ先に捨てるべきかが見えて来ています。最近では、現場にあえて出ていません。それはいろいろな目的がありますが、スタッフの育成がいちばんの理由です。そして、先月からは裏方に [続きを読む]
  • 何でもかんでも人に聞いて
  • 何でもかんでも真似して、何でもかんでも人に聞いて、自分で努力しない人、僕は好きじゃ無い。もちろん学ぶは真似ぶと言われるように真似ることから始まることは確かだけど、その後のオリジナリティはあるの?って話。自分で試作もせずに、やり方を聞く。聞いたら全部教えちゃう方も相手のためにならないからやめたほうがいいとか、お節介にも思っちゃう。自分で考えさせる、自分で失敗させるのも相手のためになる。もちろんそこか [続きを読む]