Naomi さん プロフィール

  •  
Naomiさん: SEX AND THE CITYで学ぶワンランク上の英語表現
ハンドル名Naomi さん
ブログタイトルSEX AND THE CITYで学ぶワンランク上の英語表現
ブログURLhttps://ameblo.jp/satc1/
サイト紹介文SATCの台詞でお勉強♪お洒落な台詞、ファニーな台詞、セクシャルな台詞が満載♪
自由文アメリカで働くOLが、Sex and the Cityにはまって作ったブログです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/08/10 13:46

Naomi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ミランダ・ホッブス
  • 今日はMiranda Hobbesの紹介。 ミランダ演じる女優さん(シンシア・ニクソン)は2012年に同性婚をしたことでも話題になりましたね。ハーバード大卒のエリート弁護士。外見も典型的なキャリアウーマンですね。男性社会で戦っているせいか、レズビアンと勘違いされたことも・・・ミランダは弁もたつし、とにかくすごーい皮肉屋。ビシビシ言いたいことを言う、ってキャラです。 Miranda: Maybe it's time that I stop being so a [続きを読む]
  • サマンサ・ジョーンズ
  • Samantha Jones(サマンサ・ジョーンズ) PR会社社長。彼女が望んでいるのはずばり"最高のセッ○ス"。(すみません、変な書き方で…でもそのまま書いちゃうと携帯で表示されない、という指摘があったもんで)commitment(特定の恋人と付き合うこと)という言葉は彼女の辞書にはナシ。時と場所を選ばずにキワドイ会話をして他の3人からたしなめられることもあります。SATC視聴者(女性)はサマンサファンが多いですよね〜。常に自 [続きを読む]
  • キャリー・ブラッドショー
  • SATCのキャラクター紹介をしようと思います。(もちろん英語表現の紹介もします!)まずは、SATCのセンターポジションとも言えるキャリーから。Carrie Bradshaw(キャリー・ブラッドショー) ニューヨーク在住の30代の女性ライター。 キャリーは男性との出会いは多いものの、なかなか運命の人(the one)とめぐり合いません。 お洒落に目がなくて、経済観念もあんまりなくてタバコが止められなくて、すっごい恋愛体質。素直で [続きを読む]
  • キャンディス・ブシュネル part2
  • Candace Bushnell(キャンディス・ブシュネル) SATCの原作となった新聞コラムのライターですが今日は彼女の経歴についてちょこっと。キャンディス・ブシュネルは1959年、コネチカット州生まれ。名家で生まれ、かなり厳しくしつけられたそう。何とハイスクール卒業まで男子との交際を禁じられていたそう・・・。彼女はヒューストンの名門ライス大学進学後、写真家ゴードン・パークスと恋に落ちます。一気に盛り [続きを読む]
  • キャンディス・ブシュネル part1
  • 今日は、SATCの作者Candace Bushnell(キャンディス・ブシュネル) について少々書きますSATCにちゃんと原案本があるというのは意外に知られていません。Sex and the Cityは、NY在住のライター、キャンディス・ブシュネルが週刊誌「New York Observer」に連載していた同名のコラムが原作です。ここで、「キャリー・ブラッドショウとイニシャルが同じ!」と気づいた方は鋭い!Candace Bushnellってどんな人?と思った方… この方で [続きを読む]
  • Sex and the Cityって何?
  • Sex and the City (セックス・アンド・ザ・シティ) って何 Sex and the City(以下SATC)とは、 1998年から2004年にかけてケーブルTV局HBOで放送されたアメリカの連続ドラマです。 ストーリーは、NY市マンハッタンに住む4人の独身女性の恋愛・セックス・友情・人生を描いたもの。NY在住のライターCandace Bushnellが週刊誌「New York Observer」に連載していた同名のコラムが原作タイトルやヌードシーンなど当初はその過激さに [続きを読む]
  • ブログスタート
  • Sex and the City、ご存じですか? 結構前のドラマですが当時大ブームを巻き起こしました。 日本ではSex and the City(以下SATC)に出てくるファッションが主に注目を集めましたが このドラマでは30−40代の自立した女性の恋愛や仕事、生き方、ファッションが余すところ無く描かれているんですよね。 そして、誰もが人生のup & downにもめげず、パワフルに人生を楽しんでる。 観ると笑ったり泣いたりしながらパワーがもらえ [続きを読む]
  • TA-DA!!!
  • 日本語で何かプレゼントをあげたり自慢のものを見せたり何かを披露する時に「じゃじゃーん!!」みたいに言いますよね。(ここまで書いてちょっと不安になってきました。(笑)じゃーんだったっけ???)そういうの、英語ではTA-DA!!と言います。発音は 「タダー!」 とか 「タラー!」 というように聞こえます。DAの方にアクセントをおきます。そう言えば、何故日本語... [続きを読む]
  • Ground Hog Day
  • アメリカは、毎年2月2日はGround Hog Dayです。 冬眠から目覚めたGround Hog を使って春の訪れを予想するかわいい占いの行事です。Ground Hogとは、ジリスの一種グラウンドホッグ(ウッドチャック)で こういう動物。グラウンドホッグ(ウッドチャック)は2月2日に冬眠から覚めますが、 外に出て自分の影を見ると驚いて巣穴に戻ってしまう、とされており、ー... [続きを読む]
  • いないいないばあ
  • 前回書いた 子どもの軽いかすり傷の言い方  のboo boo つながり(?)で。Booは日本語で言うワッ!みたいな意味もあります。(この場合はBOO BOOと二回言うのではなく、一回だけ)発音はブゥッ!って感じ。日本語の「いないいないばあ」は英語ではpeek-a-boo(ピーカブゥ)です。 [続きを読む]
  • 1−10までの数を学ぶ
  • 息子は1歳ごろから数の練習をしてきました。練習と言っても、毎朝朝ごはん後にフラッシュカードで数を見せるだけ(←簡単)フラッシュカードはこれを使ってました。 カードは、ここアメリカのものも色々使ってみたのですが数を読み上げる度にそのカードを息子が1枚1枚手に持ちたがりついでに舐めたりかじったり…すぐにボロボロになってたんですよね。でも公文のカードはすっごく厚みがあ... [続きを読む]
  • 一つ加えるだけで柔らかなニュアンスになる単語
  • 長年英語圏で暮らしていても子育ての英語となると新しく学ぶことばかり。小さいな姪っ子、甥っ子がいたりお友だちに子どもがいたりと日常的に小さな子どもに接していると話は違ったのでしょうが、そのどちらでもなかった私は自分の子どもを持って初めて子育て英語を学ぶようになりました。最初の頃は子どもに対しても大人に話すのと同じようにしてしまいがちでしたが(もちろんキツくは話しませ... [続きを読む]
  • 図形貼りの工作(時短)
  • ワーキングマザーにとって手軽に出来るアクティビティは何より大事。昨晩は簡単な工作をして見ました。私が色画用紙を丸や四角,魚の形に切り,それぞれ木の幹やりんご,海で泳ぐ魚に見立てて子どもに糊で貼らせるもの。最後に子どもがクレヨンで画用紙に色を塗って完成です。アクティビティ所要時間は15分程度でしょうか。時間に余裕があれば図形の名前を確認するワークをしてもいいと... [続きを読む]
  • 赤ちゃん人気の名前INアメリカ
  • 夏に日本に里帰りした際何人かの日本人の赤ちゃんに出会ったのですがレオ(ン)君とか、カイト君とか英語っぽい名前を見かけました。最近の傾向なんですかね。ちょっと前の話題ですがアメリカのSocial Secutiry Administrationが2015年の赤ちゃんの名づけTOP10を発表しました。Top 10 Baby Names for 2015 (2016のデータはまだ出ていません... [続きを読む]
  • Itsy-Bitsy Spider
  • 息子が赤ちゃんの頃Mommy and Meによく参加していました。Mommy and Meとは赤ちゃんとママの集いのようなもの。プリスクールで有料で開催されているもの地域の図書館のスペースで無料で行われているものスタイルは色々です。参加者はもちろんパパでも、ナニーでもOK。内容は、赤ちゃんとその保護者の情報交換ベビーマッサージ、手遊び歌、絵本の読み聞かせなど様々でした... [続きを読む]
  • レゴで分数を学ぶ
  • ママブロネタ「子どもの習いごと」からの投稿なるほど!ニコニコと思ったサイトがあったので メモしておきます。Scholasticの先生用のリソースのページです。Using LEGO to Build Math Concepts http://www.scholastic.com/teachers/top-teaching/2013/12/using-lego-build-ma... [続きを読む]
  • はじめまして
  • 3歳、5歳の子育てをしている働くママです。高校、大学、大学院を全て海外で過ごし、今も英語環境で仕事をしています。夫は年の3分の2は国外にいるため、自然と子どもの教育は私の肩に・・・(´Д` )子どもをバイリンガルに育てるよう日々奮闘しています。長年英語圏で暮らしたとはいえ子育てで使う英語や手遊び歌などは未知の領域。また新たに英語を学んでいる感覚です。ここでは子育てで使う英語表... [続きを読む]
  • 過去の記事 …