ふじもりひろみ さん プロフィール

  •  
ふじもりひろみさん: ふじもりひろみ
ハンドル名ふじもりひろみ さん
ブログタイトルふじもりひろみ
ブログURLhttp://kijuhogen.blog72.fc2.com/
サイト紹介文2009年で77歳 想いつくまま気が向くままに書き綴ってきたものや、これから思い馳せることを紹介
自由文プロフィール
ふじもり ひろみ
1932年(昭和七年)生まれ
趣味:執筆、料理
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/08/16 11:04

ふじもりひろみ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 補聴器
  •  若いころから長年苦しんできた耳鳴りが、最近ほとんど気にならなくなり落ち着いてきた。当時はそれについて、自分流に夏の蝉のようだと言ったものだが、金属的な音でミーンミーンと四六時中耳の奥で鳴き止まない。いったん気にし出すとたまらず、頭を何回も殴りつけたりもした。専門医の間を走り回ったが、先天的なもので治療法は見つからなかった。結局、自分の頭の中を流れるBGMだと思い込み気にしないことが唯一の対処法であ [続きを読む]
  • ある夕食会
  •  昨年大きなニュースとなった沖縄基地問題、中台首脳会談に関連して思い出すのが、もう20年ほど前になるが東亜経済人会議での李登輝さんとの夕食会である。この会議は日台双方の経済人の代表が集い経済協力、技術提携等の諸問題を話し合うもので年一回日台交互に開催されていた。二日目の会議終了後大渓ゴルフ場のレストランで夕食会があった。この会に当時の李総統が顔を出すかもしれないとの情報があったが、誰も期待していな [続きを読む]
  • 花の命
  • まだ現役だった頃、台湾出身の外交官が、日本人と台湾人の気質を国花である桜と梅になぞらえて話した講演を聞いたことがある。両国の外交姿勢の話の中で冗談交じりに使われた比喩ではあったが、桜の短い花の命と散り際の特徴を捉えて日本人の生き方を述べた部分にはうなずけることもあり、記憶の中に残った。例年2月になると熱海の梅園を散策し、3月末には川崎の麻生川の桜を鑑賞する。梅は1ヶ月以上にわたって馥郁とした香り [続きを読む]
  • 過去の記事 …