青木智紗子 さん プロフィール

  •  
青木智紗子さん: 青木智紗子の幸せの法則〜占い四柱推命タロット風水易
ハンドル名青木智紗子 さん
ブログタイトル青木智紗子の幸せの法則〜占い四柱推命タロット風水易
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/koya81537310
サイト紹介文大阪で鑑定をしています。遠方の方はメール鑑定や電話鑑定もしています。
自由文10代の頃から占いを勉強し、今まで数多くの方を鑑定してきました。 たくさんの方を占っているうちに、ある一定の法則がある事に気が付きました。 ブログで皆さんにその法則をお伝えできればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/08/14 16:52

青木智紗子 さんのブログ記事

  • 腐れ縁
  • 腐れ縁という縁があります。付かず離れずで、いつまで経っても切れない縁のことです。男女の場合、別れてもまた引っ付いたり、引っ付いてもまた別れたりを幾度となく繰り返します。離婚したとしても、また同じ人と再婚したりする夫婦は、腐れ縁と言えるでしょう。そして腐れ縁は、離れたくても離れられないので、別れたいと思っていても、なかなか別れられないのです。あるいはなかなか離婚もできないのです。相性が良い場合は嬉し [続きを読む]
  • 「結婚したいオーラ」を消す
  • 20代も後半になると、独身女性の方は結婚したいオーラが溢れています。ですが、初めから結婚したい男性はいないのです。出会ってお付き合いして、離したくないと思えば自然と結婚したくなるのです。30代にもなるとそのオーラはどんどん増してくるので、男性からのアプローチが激減するのかも知れませんね。男性は結婚したいオーラにプレッシャーを感じるようです。なので彼が本気であなたを愛するまでは、結婚したいオーラは消して [続きを読む]
  • ネガティブな感情は現実になる
  • 人はどうしても物事をネガティブに考えてしまう時があります。ですが、ネガティブな感情は現実になってしまいます。例えば、「今日は仕事忙しいのかな〜嫌だな〜」と思えば忙しくなりますし、「あの上司嫌だな〜今日も機嫌悪いのかな?」と思えば上司は機嫌が悪くなります。このように、先の事をネガティブに考えると、それから先は思った通りの出来事が起こります。つまり未来を自分で作ってしまうのです。だからと言って良いこと [続きを読む]
  • 結婚している男性は魅力的
  • 同じ30代や40代の男性でも、独身の男性よりも結婚している男性の方が断然魅力的です。それはなぜかといいますと、結婚している男性の方が落ち着きがあり、自信に満ち溢れているからです。それは、結婚し、子供を育て、家を建てたりと、いろんなものを所有し、守りぬく強さとたくましさが備わるからです。なので、独身の女性は結婚している男性に惹かれ、妻子ある人と不倫をしてしまうのです。最近結婚する人が減ってきているのは、 [続きを読む]
  • イトーヨーカドー鳳、家相風水講座のご案内
  • イトーヨーカドー鳳店にて、カルチャースクール「家相風水講座」を開講します。つきましては、7月19日に体験講習会がございますので、興味のある方はぜひご参加下さい。http://cul.7cn.co.jp/programs/program_796626.html 曜日・時間帯第3水曜 10:15〜12:15 開催日8/30(水)〜開講予定 回数全5回 講師占い師 青木 智紗子 備考〜一日体験講習会〜日時:7/19(水)10:15〜12:15体験費:1,080円体験教材費:324円 お問い合わせ0 [続きを読む]
  • 完璧主義の女性は息苦しい
  • 最近、松居一代の動向が話題ですが、あれだけ仲睦まじく見えた夫婦に何があったのか。松居一代と言えば、お掃除グッズや調理器具で有名ですが、お掃除も完璧で、お料理も完璧で、自身もお綺麗で、まれにみる完璧な奥さん。ですが、完璧な奥さんほど息苦しいものはないのです。藤原紀香や杉本彩でもそうですが、完璧な奥さんは旦那さんを疲れさせます。なぜなら自分だけでなく、相手にも完璧を求めるからです。人はなかな完璧にはな [続きを読む]
  • ラインに振り回されない女になる
  • 女性の皆さんは、ラインに振り回され過ぎです。自分の方から一方的に彼にラインを出しておいて、既読になっていないとか、返事がないとか不安になっています。そして占いに来られるのですが(笑)女性は、朝起きた時や仕事へ行く前だとか、仕事が終わった時とか夜寝る前だとか、全てにおいてラインを毎日時間通りに送りたいみたいです。ですが、男は違います。気が向いたときに送り、気が向いたときに返事をしたいのです。なので女 [続きを読む]
  • 男は変わらないことを望み、女は変わることを望む
  • 先日テレビで、男と女の違いをやっていました。結婚すると、男は女に対して変わらないことを望み、女は男に対して変わることを望むそうです。どういうことかと言いますと、結婚すると、女は変わります。特に子供が産まれると、強くたくましく変化します。ですが男は、いつまでも奥さんに対して変わらないでいて欲しいのです。結婚当初のまま、初々しく従順でいて欲しいのです。女は年を取ると、みんな図々しいオバちゃんに変わりま [続きを読む]
  • 手に入りそうで入らない女性
  • 「手に入りそうで入らない女性」これが男を虜にする女性です。男は簡単に手に入る女性は面白くないのです。簡単に手に入ると、すぐ飽きてしまうのです。ですが、絶対に手に入らない女性にも近づきません。高嶺の花だったり、自分に全く興味がなかったり。ですが、誘ったらついて来てはくれる。そして楽しそうにしてくれている。でもラインを送っても返ってこなかったり、そっけなかったり。でも会えば、また楽しかったり。何を考え [続きを読む]
  • 女は非情で恐ろしい
  • ある女性が、先日離婚をした時の話です。結婚26年で、誰から見ても仲の良い夫婦。ですが、奥さんはずっと離婚を考えていたようです。旦那さんは普段は良い人なのですが、お酒を飲むと暴言を吐いたり、罵倒したりと、人が変わるそうです。仲が良さそうに見えていても、奥さんはずっと離婚するタイミングを見計らっていたのです。ある日、旦那さんが1泊2日の慰安旅行へ行った時、ここぞとばかりに、通帳と携帯電話とそして離婚届を [続きを読む]
  • 感情的になると、男の心は離れてゆく
  • あなたが感情的になればなるほど、彼の心は離れてゆきます。例えばあなたがお付き合いしている彼に、「どうしてラインの返事をくれないの?」「昨日は誰とどこへ行ってたの?」と感情的に問いつめたとします。すると彼はあなたの事をうっとおしく思い始め、どんどん連絡をくれなくなるでしょう。例えばあなたが独身で、妻子ある彼に、「いつになったら奥さんと離婚するの?」「いつになったら私と結婚してくれるの?」と感情的に詰 [続きを読む]
  • 愛される女性は「喜び上手」
  • いくつになっても愛される女性は、「喜び上手」です。例えば、男性が食事に誘ってくれたとします。愛される女性は「わ〜っ、うれしい!」と素直に喜びます。ですが、愛されない女性は「そのお店、行ったことがある」「〇〇はイマイチ!」と、可愛げがありません。素直に喜んでくれる女性に男性は惹かれ、また誘いたい思います。そして喜んでくれることにやりがいを感じ、その女性を大切にしたいと思うのです。もし、あなたが行った [続きを読む]
  • 人は見た目が100パーセント
  • 「人は見た目が100パーセント」と言うドラマが流行っていますが、私は人相学も勉強しているため、顔はその人の本質を表す、つまり見た目が100パーセントだと考えています。顔はその人の性格を表し、その人の歩んできた人生までもを表します。そして顔はその時々によって変化します。ある人は結婚したら顔つきが優しく変わったり、苦労をすればやつれて貧弱な顔つきに変わったり。金持ちは金持ちの顔になりますし、意地悪な人は意地 [続きを読む]
  • 男っぽい運気と、女らしい運気
  • 男っぽい運気と、女らしい運気があります。結婚するときは、おそらく女らしい運気の時です。ですが、ある時を境に男っぽい運気に変わった時が大変です。専業主婦だった奥さんが突然働き始め、離婚する時は、だいたいがこんな運気の時です。それまでは男を立て、従順だった奥さんが、働き始め男を見下すようになります。男っぽい運気がそうさせるのですが、その豹変ぶりは目を疑います。あるいは、40歳くらいで独身の女性は、20代 [続きを読む]
  • 「勝負下着」
  • 「勝負下着」と言っても、男性に見せるための下着ではなくて、自分自身のテンションを上げるための「勝負下着」です。営業の男性が「勝負ネクタイ」なるものがあるように、女性にも「勝負下着」と言うものがあります。それは、誰に見せるわけでもなく、自分だけが知っている秘密の下着です。私は、仕事の日はかなり派手な下着をつけるようにしています。それはテンションを上げ、頑張れるようにです。服にも色のパワーがあるように [続きを読む]
  • 悩んだ時、とりあえず動いてみる。
  • 人は悩むと、不思議と動かなくなります。同じところで、身動きもせず立ち止まってしまうのです。そして同じことを考え、同じ場所でグルグル回っているのです。毎日悶々と思い悩むのは、同じ場所にいるからです。少しでも動けば状況は変わるはずなのに。ぬかるみにはまりそうになった時。ジタバタ動くと、余計にのめり込んでしまいます。ですが、じっとしているだけでは出られなくなってしまいます。少しだけ動いてみる。少しだけ足 [続きを読む]
  • 「ぼーっとする」のススメ
  • 先日テレビでやっていましたが、「ぼーっとする」のは頭や体に良いそうです。最近は皆さん、暇さえあれば携帯をいじっています。脳は電磁波に侵され、うつ病になるのも致し方ありません。私は通勤の電車の中では、携帯は極力さわりません。頭を空っぽにしてぼーっとしていたら、色んなアイデアが浮かび、考えがまとまるからです。このブログのネタもぼーっとしている時に浮かびます。ブログのためでなくても、日常生活で考えるべき [続きを読む]
  • 服の色を変えて、幸運を引き寄せる
  • 先日来られた方は24歳の女性。一度もお付き合いしたことがないとか。見ると年齢の割には地味な服装。暗そうに見えるし、華やかさに欠ける。「男性を惹きつけたいのなら、もう少し明るい服を着ないと」とアドバイスしました。自分の中身を変える自信がなければ、まずは外見を変えましょう。明るい服を来たり、スカートをはくようにしたり。口紅を変えたり、髪の色を明るい色にしたり。外見が変われば、不思議ですが周りの人の反応も [続きを読む]
  • 何がしたいかよりも、人から求められることをすれば良い
  • 先日来られた奥さんは、会社を経営しているとか。聞けばご主人が一代で築き上げられた会社で、昨年突然亡くなられて、後を継ぐことになったとかで。それまでは専業主婦をされていたようで、経営に関する知識も全くゼロ。ですが、多くの従業員を守るために、仕方なく会社を継ぐことになったそうです。「どうすれば良いのか、自分が何をしたいのかがわからない」とおっしゃっていました。ですが命式を見たところ、専業主婦にしておく [続きを読む]
  • 「婚期」を知れば、意識が変わる
  • 先日来られた方は、48歳の独身の女性。「結婚をしたいけれど・・」とおっしゃっていました。ですが命式を見ると、なんと今年が婚期!「もう5月ですが・・」とおっしゃられましたが、新年は2月から始まったばかり。あと10カ月も残っているのです。私自身、6月に初めて主人と会い12月には結婚式を挙げていたので、5月ならまだまだだ大丈夫だと言いました。自分が婚期だと知ると、人は意識が変わります。出会いがある場所へと行く [続きを読む]
  • 風水〜霊気を感じる
  • 私は神社仏閣が大好きですが、特に山奥の神社が大好きです。それはひとえに「霊気」を感じるからです。お寺は心を鎮める場所。そして神社は生まれ変わる場所。神社は神様の領域なので、霊気が立ち込めています。ですが、人の多い○○神宮などはせっかくの霊気が感じられません。霊気を感じたいのであれば、山奥の人気のない神社に限ります。神社で写真を撮ると、白くもやがかかったように写ります。以前撮影禁止の神社がありました [続きを読む]
  • 風水〜自然の気を感じる
  • せっかくのゴールデンウィークなので、自然の中へ行って「気」を感じましょう。都会の中でも緑がたくさんありますが、実は「土」がありません。緑も大切なのですが、土のパワーは皆さんが思う以上にすごいものです。土がある自然の中へ行かないと意味がないのです。森林浴は自分の中にある気や心や体を浄化します。そして大きく呼吸することで、自然のエネルギーを吸収します。森林、太陽、土、そして天然の水。ここで大切なことは [続きを読む]
  • 「オン」と「オフ」〜何もしない時間
  • 人間には「オン」と「オフ」が必要です。「オン」とはずり動の動きで、「オフ」は休息です。一日のうちでも「オン」ばかりでなく「オフ」は必要なのです。例えば私は仕事先へ向かう時、電車の中では携帯をさわらず、ぼーっと外の景色を眺めるようにしています。つまり「何もしない時間」次にくる「オン」のために、あえて「オフ」にしているのです。例えば週末は、できるだけ森林浴をするために郊外へ出かけます。気の研ぎ澄まされ [続きを読む]
  • 良い波動を受ける
  • 例えばあなたが独身で、結婚したいと思っています。そんな場合は、結婚している幸せそうな友達と関わりましょう。 独身は何かと独身同士で集まりやすいもの。ですが、独身同士で集まるのは良くないのです。 同じ波動では発展性はないのです。あなたが目指す波動を持っている人に、少しでも近づくためです。 例えばあなたが離婚したいと思っています。そんな場合は、夫婦円満で幸せそうな友達に相談する [続きを読む]
  • 男を喜ばす4つの言葉
  • 男は単純な生き物なので(笑)、ちょっとした言葉で喜びます。次の4つの言葉が言えれば、彼はずっとあなたの事を愛し続けてくれることでしょう。★「おはよう」「おやすみ」など挨拶の言葉当たり前のようですが、馴れ合いになってくるとなかなか言えない挨拶の言葉。特に夫婦間で挨拶は必要です。★「ありがとう」「ごちそうさま」と言う感謝の言葉男は「ありがとう」を言えない女を嫌います。逆に「ごちそうさまでした」と言ってく [続きを読む]