VFK さん プロフィール

  •  
VFKさん: よしろう農園
ハンドル名VFK さん
ブログタイトルよしろう農園
ブログURLhttp://hyakusyo.com
サイト紹介文中国山地にIターンし自然農法や有機栽培で農産物を自給自足している田舎暮らしの趣味多き団塊世代
自由文自分が食べたくて、子供や孫に食べさせたくて自然農法に取り組み、こりに凝った無農薬栽培の米や野菜を作り 百姓(百の事が出来る人)を目指して廃屋を修理しながらの暮らし、来訪者がとても多くて皆さんから元気をもらい60代の体にしては案外と応えてくれます
出来たお米は最高よ〜!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2009/08/15 08:27

VFK さんのブログ記事

  • 赤カブ と 夕日
  • 19日に人参とカブの播種、21日の夕方にはカブが発芽(写真は22日朝)赤カブは生えた時から律儀なほどに茎が赤い人参は発芽までに1週間くらいかな?、土が乾かない様に敷きわらをして1日3回の水やり写真は拡大してどうぞ!カブ(スワン)赤カブ(本紅赤丸蕪)       夕日の変化はすごく早い!  気づいて写すまでに30秒くらい、全体で4分半くらいだった。夕日に気付いた時 19:13夕日が終わった時 19:17発芽したカブがう [続きを読む]
  • ひろしまみなとマルシェに出店
  • 今回は、写真が多いですけど どーぞ!会場隣は宇品港自然農法栽培の生産物を求めて来られた春木農園さん「レイフラワーハッピーの先生ケバブ―の店キャンピングカーリ―のTAMさん朝は開店準備です「まさやん」さん24曲歌いきる左が師匠 右が弟子名前が同じの 宮本さん四国の八幡浜から来られたお隣さんフラを見守る人たち「写すよ〜」 「どぉ! 神ってるぅ!」ごちそうさまでした!お疲れさん! [続きを読む]
  • 遅くなったニンジンの種まき
  • 予定より20日遅れの種蒔き、米ぬかを発酵させた肥料を少し入れて耕し、レーキで均平にした写真に写すのを忘れたけど実際には3種類の種をまいた発芽するまで乾燥に弱いニンジンには、晴れて暑い日が続くので日除けと乾燥防止にワラを敷いてみた1週間で芽が出るかなぁー [続きを読む]
  • 畦草を使って水際の草を抑える
  • アゼ際と稲株までは広めにしてある手前の稲の無い所は除草機でUターンして踏み潰した    畦草を刈るたびに田んぼに入れる、田んぼにコナギ等が生えていたら刈払機で刈ってからその上にかぶせる様に畦草をレーキで掻き入れる今年はなかなか調子が良い [続きを読む]
  • 広島空港へまで数年ぶりにフライト
  • 盆と正月くらいは遊びにと思ってヘリに乗りに、格納庫に行ってみるとこの天候で草が良く伸びている車にはなぜか刈払い機が載っている(さすが百姓魂) で、雨が降りそうでフライトはいまいちの天気友人もなぜかチェンソーと刈払機を持参、トーゼンの様に草刈が始まる、朝から行ってお昼過ぎまでやってしまった草刈り前蒸し暑い中草刈り終了  島根県の日本海側にある石見空港にでもと思って天候を調べたら西から雨雲が近づいてい [続きを読む]
  • 実家(庄原市)へ墓参りに
  • この坂道を登ったら墓と実家、しかし、その手前でイノシシは通れないとの立て看板99歳だった亡き母はイノシシ、私達夫婦もイノシシ、同行した娘もイノシシこの場は『猪突猛進』で強硬突破!朝、「今から行く」と電話して急遽お参りに、で、食べきれないほどのご馳走に私達夫婦と娘は『イノシシ』、墓に入っている母も『イノシシ』、フィットで強行突破!通行止めをこのフィットで強行突破して実家に到着で、墓前到着!急の訪問だっ [続きを読む]
  • 2年前 ここにマムシが!
  • 2年前、刈った草を4日間側溝に置いたままにした、片付けようと両手で大きくがバッと抱えて歩いたら何かが足元にボテっと落ちた汗で見えにくい眼鏡越しに見ると、なんとまぁ 50?もある大マムシ今年はレーキで草を動かしてから軽トラへ載せる刈った草をブロアーで側溝迄落とします除草対策で耕起 [続きを読む]
  • 郵便受けに蜂の巣
  • 郵便物の表面がいつも汚れているので中を掃除してみた、翌日もその翌日も汚れている取り出し口から覗いて雨漏り?を確認しようとポストの天井を見たらアシナガ蜂の巣が、郵便物の汚れはハチの幼虫が落とす汚物見たい郵便、新聞、回覧板などを入れる、出す時もまさかハチが居るとは思わんので奥の方にある郵便物などは取りにくいので思いっきり手をいれて掴むまでガリガリやる、手の甲から巣まで10?くらい、一度も刺された事は無 [続きを読む]
  • 稲の花 今年の出穂日は7/31
  • 7/31に約50%の穂が出たので『出穂日』とした6/3に田植から約2か月で出穂(シュッスイ)出穂から約40日で稲刈予定なので 今年の稲刈は9月10日頃だけど雨や気温、台風などの天候によってかなり日程変更になる場合も。倉庫の周辺でクモやトンボを つい見ていると時間の過ぎるのが早い [続きを読む]
  • 出穂20%の田んぼと畑の様子
  • 出穂の早い田んぼで20〜30%、遅い所では10〜20%程度、毎朝行ってみるたびに穂が増えている畑は、除草を兼ねて耕起、左側の黒大豆1列は、自家用にと正月用の黒豆、夏の終わりごろの枝豆、土寄せをやっておきました。右端のカボチャは空いている所をトラクターで耕起、これも除草対策。 [続きを読む]
  • 楽チン 畦草処理で三拍子揃う
  • 刈った草を 畦際に置きます長く伸びた草を刈って そのまま畦に放置するとミミズが増え、それを狙ってモグラが畦に穴をあける大雨になると田んぼの水がモグラの穴を流れて畦の崩壊となる1.草を運び出さないので楽チン!2.草を水際に置くと日陰となって田んぼに進入する草が伸びにくい3.ゆっくりと分解して稲の肥料になるこーゆーのを三拍子揃うですね! [続きを読む]
  • マルシェの後は 来訪者 ヘリコプター 伐倒で・・・
  • 今日は、話題が入り乱れています厚さのせいじゃぁありませんよたぶん 性格かも・・・帰省の合間に訪ねていただきました 嬉しいもんですね!「また 来てねぇ〜!」中央の大きな樹を伐る前伐倒した後は見通しが ええのなんの!見通しは良くなってけど人は汗だくにヘリポートの前方にナラのおおきな『樹』があり、離着陸の際『気』になっていたこの暑いのに住さんがチェンソーを持ってきた で、切る事に根元径は70?、地面から1m位の [続きを読む]
  • 台湾から高校生の民泊で手伝い
  • 里山整備を一緒にやっている吉さんが、台湾の高校生を民泊で受け入れ、そのお手伝いで山の石窯でピザを、炭火では肉 野菜 おにぎり等を焼いて食べた会話は簡単な日本語 英語 漢字の筆談、お互い何とか通じたような感じで何とかなるもんですね帰る前に、受け入れした吉さん夫妻(「おどうさん」「おかさん」)へのお礼と、山で過ごした私たちを描いてくれました私は玉山、玲子さんは「玲」、右端の頭が光っているのはたまたま来られ [続きを読む]
  • 水田 4回目の機械除草、稲が傾く
  • 稲が伸びてきたので除草機が通ると傾く、今回で終わりにする。どしゃ降りの雨や曇りの一日だったけど屋根のおかげで作業は順調に進んだ夕方は早めに終わったので機械を洗って格納までやれた除草機のタイヤが見えなくなるほど稲が伸びた運転席から見るとこんな感じ株間を見ると除草効果がみられるこんな感じで作業です除草機が通り稲の倒れ具合で模様に [続きを読む]
  • 歩かないで移動するカエル 稲株に忍び寄るイボ草 ネムの花 
  • 百姓をやっていると土日の感覚があまりない 日曜祭日が待ち遠しいとも思わない畦際から一斉に稲に向かって伸びるイボ草車庫の周りのネムは次々と咲いて家から田んぼに着くまでこのままだった カエルの背中が干からびたたも?今日の話題には関係ないけど【蛙の面にショウベン】のことわざがあるので 何度かジャァ〜〜っと頭にも背中にも暑いのを追いかけながら大サービスしてみた直ぐに逃げる、ちょこっと横に移動するだった、や [続きを読む]
  • 軽トラを移動作業台に
  • 椅子に座っての修理作業は 楽チン45?の刈払い機をどんどん分解キャブレターを重点的に、分解、洗浄、エアー清掃、そして組立刈払い機を真横にして使っていたら突然の停止午前中キャブレターの分解洗浄軽トラの荷台をテーブルとして使う、椅子を持ってきて座っての作業はとても楽チンです荷台マットには凹凸があるのでネジなどの小物が転がりにくいこれで屋根でもあれば快適なんだけどね軽トラ様様です、暑い時 寒い時 エアコンの [続きを読む]