SLAN さん プロフィール

  •  
SLANさん: はじまりはいつもA線
ハンドル名SLAN さん
ブログタイトルはじまりはいつもA線
ブログURLhttp://slan.cocolog-nifty.com/cdefgahc/
サイト紹介文クラシック音楽鑑賞日記 46歳からのバイオリン練習日記 のんびり楽しく
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/08/16 20:44

SLAN さんのブログ記事

  • 9年目に入りました。
  • 今週は、先ほど書いたようにヴィオラでのレッスンとなりましたが、、、2009年7月5日が、ばよりん初レッスン(YAMAHAグループレッスン)で、そこからまる8年。9年目に入りました。 こんな日記を書き続けていなければ、もう年数なんかどうでもよくなっているところではないかという気もしますが、せっかくわかるのだから励みにしようと思います。 8年目の終わりに、楽器にアクシデント(自分が原因だけど)。エントリーしていた会 [続きを読む]
  • HNMSレッスン306 ヴィオラでの初レッスン
  • ヴァイオリンは調整中。。。レッスンはキャンセルとしていただこうかと思っていましたが、Facebookで友達さんから「その間をヴィオラ週間に(^^)」とコメントいただきまして、ならばレッスンも・・・と思い立ち、先生に事前に相談しまして、今回、   ヴィオラでの初レッスン が実現しました(^^)/ (先生はヴィオラ奏者です。) ヴィオラについては、本番動画を観ていただいてのアドバイスをお願いしたことはありましたが、楽器を [続きを読む]
  • HNMSレッスン304、305
  • ■音階:3オクターブ:ニ短調前回、ちらっとロ短調をやりましたが、今回から、発表会曲に合わせてニ短調。 304 低くとるべき音が甘い。305 シフトの形は良い。だんだん音が低くなって最後に大きな差となってしまう。 →解放弦が一緒に響く音をしっかり聴くこと。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く次は5段目から7段目の途中まで。少なめなのは5段目が特に難しいから(^^; 304 4分の2拍子だが、8分音 [続きを読む]
  • 楽器を工房に預けてきました。
  • 楽器を工房に預けてきました。幸い、表板は無事だったようです。しかし、この楽器を購入するときからお世話になっている技術者の方が立て込んでいらっしゃるとのこと。そうであれば・・・と、気になるところをさらに追加して調整いただくことにしました。駒交換と魂柱立て直しに加えて、初めて指板を削ってもらい、それに伴ってナットも初調整。そろそろと思っていた弓の毛替えもお願いしました。受け取りに行くのは、来週後半とな [続きを読む]
  • 不注意((+_+))
  • 不注意((+_+)) 魂柱も倒れました。楽器始めてから初めて。 表板は弦のボールが当たっての傷くらいで済んだ(たぶん)のが幸い。 修理の納期次第だけど、7月2日「1 or 2 の会@空音舎」はドタキャンかなー。3年前より攻めてる分、不安定なところがあって、明日、明後日で埋めるつもりだったのですが。。。 [続きを読む]
  • 鈴木鎮一先生の上達する人の条件
  • マイミクさんの日記へのコメントですが、自分のところにも書いておこう。鈴木鎮一先生の上達する人の条件: 1.毎日休まず勉強する人 毎日はきびしいなぁ。弾いてて楽しくないと思ったらその日は弾かないし。 週単位で休んだのは、入院した時と先日の引っ越しの時くらいかな。 2.重点的に正しい勉強をして、無駄弾きをしない人 今レッスンで取り組んでいるエチュードは、自分にとって重点的に取り組むべき正しい課題だと思い [続きを読む]
  • 脱・初級者根性
  • “「まだまだ初級者で」というような言葉を口にしない努力をしています。” あるつぶやきにそんなリプをしたら、SLANさんはどう考えてももう初級者じゃないし、と返ってきました。 この方がそういうなら、何をもって初級者というかは人によって違う・・・なんてところには逃げられないな(^^; 初級者根性から抜け出そう。 自分を自分で初級者と言ってるうちは、いつまでたっても初級者の演奏しかできない気がする。 上手な初級 [続きを読む]
  • 教室発表会選曲2017
  • 今の考え方の備忘録でもあるので、前置きが長いです(笑) 教室の発表会は思い切り背伸びしてチャレンジするところと思っていますが、全く無理な曲もあるわけで、うまく当てはまる曲は世の中にたくさんあると思ってはみても、手掛かりを持っていません。 昨年は先生から多くの候補曲をいただき、自分の「そろそろコンチェルトをやっておきたい」と「レパートリーというものを増やしたい」という2つの気持ちのうち、前者を優先し、 [続きを読む]
  • HNMSレッスン302、303
  • ■音階:3オクターブ:ロ短調曲に合わせてロ短調 おー、何の書き込みもないということは初めての調だー。だからといってあまり困ることはない・・・と思っていたのですが、音程がふわふわしています。 アルペジオのほうは間の指を置くというアドバイスで良くなりそうな兆しはあるものの。♯2個の短調って難しいんだーという新たな発見。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く3段目から6段目の途中( [続きを読む]
  • Cs Ensemble演奏会
  • C's Ensemble演奏会2017年6月10日 (土) 13:30開場/14:00開演雑司が谷音楽堂 バッハ トリオソナタ ト長調 BWV1038ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第8番 ハ短調ロータ 弦楽のための協奏曲ホルスト セントポール組曲 今年のC's Ensemble演奏会は6月。僕は晴れ男だからwwwを調子に乗って連発していたら、とても暑い日になってしまいました(^^; バッハのトリオソナタ 和やかなハーモニーの緩楽章と鮮やかな絡みの急楽章の [続きを読む]
  • アンサンブルアコルト第3回室内楽演奏会
  • アンサンブル アコルトhttps://www.facebook.com/EnsembleAkkord/第3回演奏会『Piano Brillante !』ピアノ室内楽の午後2017年6月4日(日)14:00開演みどりアートパーク ホール ■Trio Feli  ドビュッシー ピアノ三重奏曲 ト長調■東京ぶらぶらカルテット  ブラームス ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 op.25■アンサンブル・シントラプラス  モーツァルト ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 K.493■Quartet Keynz feat.えりょん  [続きを読む]
  • HNMSレッスン301
  • ■音階:3オクターブ:ト長調→ポジションが上がった時に弓の位置が駒に寄りすぎて、音がかすれている。 練習の時に気になった音程にばかり集中していて、自分の音を聴いていませんでした(^^;弓の位置を気にして弾くというよりは、自分の音を聴いて体の動きに任せるだけで改善。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く前回と同じ範囲を、強弱記号に合わせた変化を付けて弾く(音の強弱というより、音色 [続きを読む]
  • TPGOオケ退団
  • TPGOオケ、休団から今期復帰したはずでしたが、練習日となっている日曜日の午前中によんどころない事情が続きそうなので、再休団 → 3期続けて休団なので規定により退団、です。 演奏会のたびに、ある回は当日、ある回は1週間前と、前後に必ず熱を出したり風邪をひいたりしてました。本番メインの第4楽章最後のページめくりをしたところから咳が止まらなくなったりもしました(^^;そんなご迷惑をおかけしながら、本番で弓が5センチ [続きを読む]
  • 昼休みつれづれ
  • 演奏の幅広さは、持ってる引き出しの数とそれぞれの引き出しの大きさの合計に比例する・・・、 いろいろ思い出し検索しながら書けば、           n 演奏の幅広さ ∝ Σ 引き出しkの大きさ          k=1 になるのかな。 「ひれい」で「∝」と変換されるとは思わなかったなぁ。 [続きを読む]
  • HNMSレッスン300
  • ■音階:3オクターブ:ト長調レッスン前の調弦でなんだか合いにくいなと思いつつ、ちょっと妥協したのですが、やはりG線がわずかに低い(音の立ち上がりでは合ってるんだけど音を伸ばすとわずかに低い)とのことで(^^; 調弦、いまだに、音がずれてはなさそうなんだけどピッタリこないという、気持ち悪い状態にハマることがあります(^^;久しぶりに先生に調弦していただき、あー、これこれ、この5度の響き、と思いました。 ■エチュ [続きを読む]
  • 空音舎「弾き合ゐの空」
  • 5月21日(土)@ミューザ川崎市民交流室空音舎「弾き合ゐの空」 ヴァイオリン4人のユニット、Ensemble Leggieroで参加しました。曲目は、テレマン / 4つのVnのための協奏曲TWV 40:201 G-Dur。今年1月29日に演奏した曲ですが、今回は第2楽章のテンポアップに取り組みました。 取り組みの成果はあったと思います(^^) 個人的にも1月に比べて落ち着いて弾い・・・いえ、緩楽章では弓が震えました(^^; が、録音ではそうと言わなけれ [続きを読む]
  • 空音舎「弾き合ゐの空」
  • 5月21日(土)@ミューザ川崎市民交流室空音舎「弾き合ゐの空」 ヴァイオリン4人のユニット、Ensemble Leggieroで参加しました。曲目は、テレマン / 4つのVnのための協奏曲TWV 40:201 G-Dur。今年1月29日に演奏した曲ですが、今回は第2楽章のテンポアップに取り組みました。 取り組みの成果はあったと思います(^^) 個人的にも1月に比べて落ち着いて弾い・・・いえ、緩楽章では弓が震えました(^^; が、録音 [続きを読む]
  • HNMSレッスン299
  • ■音階:3オクターブ:ト長調なんだか、身体が意味もなく動いてしまい、注意のこと。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く前回と同じ範囲をゆっくりと、音符の長さ通りに。傾向として、低弦側の重音は合っているが、高弦側の重音は高め。 ■曲:モーツァルト「ロンド」ある程度まで行っては中断しているこの曲ですが、思い出しつつ、3つあるカデンツァの2番目まで。 カデンツァ以外はわりと音を覚 [続きを読む]
  • 何か引きずっている
  • 発表会での自分の演奏はブログ等でアップする、と決めて以来、本番の録音/録画を載せることで、それがどんなできであっても、ひと区切りをつけ、次へと気持ちを切り替えてきました。 昨夜も演奏をアップしたわけですが、珍しく、引きずっています。 演奏自体は、2年前の自分に対する進歩を実感できたし、ここだけは直さなきゃという課題も見つかったし、、、 なので、引きずってると言っても、あまりに不本意で後悔 [続きを読む]
  • CLARA MUSIK 発表会
  • 5月14日(日)鳩ケ谷駅市民センターでのCLARA MUSIK 発表会に参加してきました。空音舎2ndSoundsお仲間さんの教室の発表会です。 エントリーは2曲。フィオッコ「アレグロ」とシモネッティ「マドリガル」。選曲のいきさつは、4月17日に書いたレッスン日記にありますが、まとめると・フィオッコ「アレグロ」→今の僕ならどこまで弾けるのだろう。・シモネッティ「マドリガル」→僕のこの曲へのイメージを伝えたい。が動機です。 [続きを読む]
  • HNMSレッスン298
  • ■音階:3オクターブ:ト長調シフトのところがいまいちで、シフトを習い始めた頃の方法で練習を。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く本番を控えていることもあり無理なくできるところまで・・・ということで、比較的簡単な頭から3分の1くらいの切りの良いところまで、音の長さは無視して重音の響きだけ、みていきました。 前回、3重音でもオクターブのあるところに注目とアドバイス [続きを読む]
  • HNMSレッスン296、297
  • ■音階:3オクターブ:ト長調下がってくる方の音程がいまいちだなーと思いつつ。左手の形、右手の動きは悪くないとのことで、継続。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)22番:重音後半〜最後まで。296:ひとつひとつ音程を確認しながら進むのも必要なことではあるけれど、次回は音程よりも音の流れを優先して弾くこと。297:途切れないように頑張って弾いたら、実際にはあちこち躓いたけれど合格。 3 [続きを読む]
  • HNMSレッスン296、297
  • ■音階:3オクターブ:ト長調下がってくる方の音程がいまいちだなーと思いつつ。左手の形、右手の動きは悪くないとのことで、継続。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)22番:重音後半〜最後まで。296:ひとつひとつ音程を確認しながら進むのも必要なことではあるけれど、次回は音程よりも音の流れを優先して弾くこと。297:途切れないように頑張って弾いたら、実際にはあちこち躓いたけれど合格。 3 [続きを読む]
  • 楽譜そのほか集めてみた
  • 連休中に引っ越し荷物も目処をつけたいところです。楽譜そのほかを集めて並べて直してみました。ちなみに扇風機のついた左の棚は、上がサラサーテと書籍、下がばよりん教本類。 右の棚は、上から、ばよりん以外の楽譜(半分が古いフォークギター譜)、弦楽四重奏以外のアンサンブル譜、スコアと書籍と小物、スコアと書籍と音叉、ソロ(ピアノ伴奏)曲とドライバー、一番下が弦楽四重奏曲。 でも、発表会で弾く曲はここにない [続きを読む]
  • HNMSレッスン295
  • ■音階:3オクターブ:ト長調弾き方をようやく思い出してきました。またいろいろな試みをしていこうと思います。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)22番:重音先週と同じ範囲(後半〜最後まで)。傾向として、重音の上の音程はとれているが、下の音が甘い。ということで、下の音に意識して弾いてみると良い感じ。加えて、右手をよりレガートに。弓を止めない。この曲を弾き始めたころは弓が足りなくなって [続きを読む]