SLAN さん プロフィール

  •  
SLANさん: はじまりはいつもA線
ハンドル名SLAN さん
ブログタイトルはじまりはいつもA線
ブログURLhttp://slan.cocolog-nifty.com/cdefgahc/
サイト紹介文クラシック音楽鑑賞日記 46歳からのバイオリン練習日記 のんびり楽しく
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2009/08/16 20:44

SLAN さんのブログ記事

  • HNMSレッスン300
  • ■音階:3オクターブ:ト長調レッスン前の調弦でなんだか合いにくいなと思いつつ、ちょっと妥協したのですが、やはりG線がわずかに低い(音の立ち上がりでは合ってるんだけど音を伸ばすとわずかに低い)とのことで(^^; 調弦、いまだに、音がずれてはなさそうなんだけどピッタリこないという、気持ち悪い状態にハマることがあります(^^;久しぶりに先生に調弦していただき、あー、これこれ、この5度の響き、と思いました。  [続きを読む]
  • 空音舎「弾き合ゐの空」
  • 5月21日(土)@ミューザ川崎市民交流室空音舎「弾き合ゐの空」 ヴァイオリン4人のユニット、Ensemble Leggieroで参加しました。曲目は、テレマン / 4つのVnのための協奏曲TWV 40:201 G-Dur。今年1月29日に演奏した曲ですが、今回は第2楽章のテンポアップに取り組みました。 取り組みの成果はあったと思います(^^) 個人的にも1月に比べて落ち着いて弾い・・・いえ、緩楽章では弓が震えました(^^; が、録音ではそ [続きを読む]
  • 空音舎「弾き合ゐの空」
  • 5月21日(土)@ミューザ川崎市民交流室空音舎「弾き合ゐの空」 ヴァイオリン4人のユニット、Ensemble Leggieroで参加しました。曲目は、テレマン / 4つのVnのための協奏曲TWV 40:201 G-Dur。今年1月29日に演奏した曲ですが、今回は第2楽章のテンポアップに取り組みました。 取り組みの成果はあったと思います(^^) 個人的にも1月に比べて落ち着いて弾い・・・いえ、緩楽章では弓が震えました(^^; が、録音 [続きを読む]
  • HNMSレッスン299
  • ■音階:3オクターブ:ト長調なんだか、身体が意味もなく動いてしまい、注意のこと。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く前回と同じ範囲をゆっくりと、音符の長さ通りに。傾向として、低弦側の重音は合っているが、高弦側の重音は高め。 ■曲:モーツァルト「ロンド」ある程度まで行っては中断しているこの曲ですが、思い出しつつ、3つあるカデンツァの2番目まで。 カデンツ [続きを読む]
  • 何か引きずっている
  • 発表会での自分の演奏はブログ等でアップする、と決めて以来、本番の録音/録画を載せることで、それがどんなできであっても、ひと区切りをつけ、次へと気持ちを切り替えてきました。 昨夜も演奏をアップしたわけですが、珍しく、引きずっています。 演奏自体は、2年前の自分に対する進歩を実感できたし、ここだけは直さなきゃという課題も見つかったし、、、 なので、引きずってると言っても、あまりに不本意で後悔 [続きを読む]
  • CLARA MUSIK 発表会
  • 5月14日(日)鳩ケ谷駅市民センターでのCLARA MUSIK 発表会に参加してきました。空音舎2ndSoundsお仲間さんの教室の発表会です。 エントリーは2曲。フィオッコ「アレグロ」とシモネッティ「マドリガル」。選曲のいきさつは、4月17日に書いたレッスン日記にありますが、まとめると・フィオッコ「アレグロ」→今の僕ならどこまで弾けるのだろう。・シモネッティ「マドリガル」→僕のこの曲へのイメージを伝えたい。が動機です。 [続きを読む]
  • HNMSレッスン298
  • ■音階:3オクターブ:ト長調シフトのところがいまいちで、シフトを習い始めた頃の方法で練習を。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く本番を控えていることもあり無理なくできるところまで・・・ということで、比較的簡単な頭から3分の1くらいの切りの良いところまで、音の長さは無視して重音の響きだけ、みていきました。 前回、3重音でもオクターブのあるところに注目とアドバイス [続きを読む]
  • HNMSレッスン296、297
  • ■音階:3オクターブ:ト長調下がってくる方の音程がいまいちだなーと思いつつ。左手の形、右手の動きは悪くないとのことで、継続。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)22番:重音後半〜最後まで。296:ひとつひとつ音程を確認しながら進むのも必要なことではあるけれど、次回は音程よりも音の流れを優先して弾くこと。297:途切れないように頑張って弾いたら、実際にはあちこち躓いたけれど合格。 3 [続きを読む]
  • HNMSレッスン296、297
  • ■音階:3オクターブ:ト長調下がってくる方の音程がいまいちだなーと思いつつ。左手の形、右手の動きは悪くないとのことで、継続。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)22番:重音後半〜最後まで。296:ひとつひとつ音程を確認しながら進むのも必要なことではあるけれど、次回は音程よりも音の流れを優先して弾くこと。297:途切れないように頑張って弾いたら、実際にはあちこち躓いたけれど合格。 3 [続きを読む]
  • 楽譜そのほか集めてみた
  • 連休中に引っ越し荷物も目処をつけたいところです。楽譜そのほかを集めて並べて直してみました。ちなみに扇風機のついた左の棚は、上がサラサーテと書籍、下がばよりん教本類。 右の棚は、上から、ばよりん以外の楽譜(半分が古いフォークギター譜)、弦楽四重奏以外のアンサンブル譜、スコアと書籍と小物、スコアと書籍と音叉、ソロ(ピアノ伴奏)曲とドライバー、一番下が弦楽四重奏曲。 でも、発表会で弾く曲はここにない [続きを読む]
  • HNMSレッスン295
  • ■音階:3オクターブ:ト長調弾き方をようやく思い出してきました。またいろいろな試みをしていこうと思います。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)22番:重音先週と同じ範囲(後半〜最後まで)。傾向として、重音の上の音程はとれているが、下の音が甘い。ということで、下の音に意識して弾いてみると良い感じ。加えて、右手をよりレガートに。弓を止めない。この曲を弾き始めたころは弓が足りなくなって [続きを読む]
  • 室内楽の愉しみVI 〜Duo Trio〜
  • 室内楽の愉しみVI 〜Duo & Trio〜 2017年4月9日 14:30開演紀尾井町サロンホール 曲目 G.F.ヘンデル(ハルボルセン編曲):パッサカリア Z.コダーイ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 作品7E.エルガー:愛の挨拶A.ドヴォルジャーク:ピアノ三重奏曲 第4番 ホ短調 作品90『ドゥムキー』   ピアニストの山之内さんは、以前、R.シューマン「3つのロマンス Op.94」第1番、第2番、第3番をピアノと合わせて [続きを読む]
  • HNMSレッスン293、294
  • ■3月22日(293) 3月1日以来のレッスン。2週間ほどまったく弾いておらず。事前にそうお伝えし、譜面を使わずにできる内容にしていただきました。 さらに簡単な譜面を初見で、先生との二重奏。自分がどう弾きたいか、相手がど弾きたいかというアンサンブルの基本。そう難しくない譜面ではあったのですが、2分の3拍子で、ところどころ混乱(^^; ■3月29日 発熱の下がりたてで、レッスンをキャンセルしました。。 [続きを読む]
  • HNMSレッスン292
  • ■音階:3オクターブ:曲と同じト長調先週までのホ長調に比べたら楽なのですが、それだけに、自分の音程の変なところに気づいてしまう余裕もあるということで、なんかこう気持ちよくない感じ。 以前の> 目を閉じて弾く。> ・楽器が左側に開いていく傾向あり。> ・移弦に難が(これは自分でも気づいたけど)。> > 目を開けて弓の毛と弦の接点を見ながら、スムーズな移弦を意識して弾く。> ・スケールはとても良い音が出 [続きを読む]
  • 無伴奏オフVol.3@空音舎
  • 2月26日マイミクチェリストさん主催の「無伴奏オフVol.3@空音舎」に参加しました。 当日に 「無伴奏オフ終了。すごい人たちにまじって弾いてきました。我ながら、あそこまで崩れて、そこからよく立て直したな(録音を聴く前の感想)」とつぶやいたオフ会です。 楽器歴が僕と変わらないくらいの方から、何十年も続けていらっしゃる方まで、技術的・音楽的な差は幅広く、またはじめましての方も多い中、なごやかな雰囲気。 [続きを読む]
  • HNMSレッスン291
  • 「はーれむ・かるてっと」先生の感想のあと、通常のレッスン・・・でしたが、実質、レッスンのための練習は2.5時間くらいしかしていないという状態。 年に何回かは、そういうことがあるのですが、そういう状態の時に見えてくる癖もあるので、遠慮なくレッスンに来るようにと言われています。 今回は、まさにその通りの内容でした(^^; ■音階:3オクターブ:曲と同じホ長調ハイポジ、ネックの付け根からさらにネック [続きを読む]
  • 「はーれむ・かるてっと」先生の感想
  • 昨夜、先生に「はーれむ・かるてっと」演奏動画のURLを送って、今日のレッスンで感想を伺いました。以下、レッスンでかわされた会話の意訳(^^;です。 ひとりひとりの音がしっかり聴こえてきて、それぞれの主張があって、その上でまとまっているので、良い感じのカルテットだなと思った。 そういうことが普通にできる人たちと弾いたんです。僕は練習では他の人の音がなかなか聴けなかったのですが、本番では、会場の響き [続きを読む]
  • アンサンブルコミュ第14回演奏会
  • 2月19日(日)、しゅみーと倶楽部アンサンブルコミュ第14回演奏会に「はーれむ・かるてっと」で参加しました。 もともと参加するつもりだった4人のうち2人の都合が悪くなり、アンサンブルコミュのことわかってる人がいいよなぁとお声がけさせていただき・・・メンバー決まったーとほっとして、初めてそこで、  あれ?こんなすごいメンバーで、僕は大丈夫か? と気づいたのでした(^^; 3人とも僕がばよりん1〜2 [続きを読む]
  • 空音舎2ndSounds発表会
  • 9月からあらためてスタートした空音舎2ndSound。2月12日、ひと区切りの発表会がやってきました。上手に弾けたらその楽器での2ndSounds卒業です(自己申告^^;)。 前期はヴィオラでした。今期は当初フォークギターで参加しようとしたのですが、弦を押さえる指先がすぐに痛くなり、そういえば自分は水膨れになって皮がべろりとむけやすい体質だったよなぁと思い出し・・・。本職(?)のヴァイオリンが弾けなくなるのはま [続きを読む]
  • 来月、引っ越すことがほぼ確定
  • 半年くらい先になるかなぁと思っていたのですが、来月、引っ越すことがほぼ確定しました。練習場所やホールなど、遠くなるところもあれば近くなるところもあるというくらいの場所です。 想定外だったので、一昨日はこんなものを注文していて、今日届きました。 なお、二つの版の違いは、僕にはさっぱりなので(^^;、Google先生の回答例を・・・http://jymid.music.coocan.jp/kaisetu/b9_urtxt.htm 閑話 [続きを読む]
  • HNMSレッスン287
  • ■音階:3オクターブ:曲と同じホ長調プレリュードの時、あれだけやったのに・・・という出来。しかし、先生いわく、あれだけやったから、いま、そこまで弾けると(^^) ・下りの音階で、ソ#が低くなる傾向。・アルペジオのフィンガリングに迷う。 ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)22番前回の4段目19小節ダブルバーまで。・前半は、前回同様、重音がきれいに響いている。後半もよくなっている。・隣 [続きを読む]
  • HNMSレッスン286
  • 今回の曲はモーツァルトのロンド。 ■音階:3オクターブ:曲と同じト長調楽譜は開かず、弓の毛と弦の接点を見ながら、スムーズな移弦を意識して弾く。・移弦のあるところを、よりレガートにしていく ■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)22番前回の4段目19小節ダブルバーまで、から先にはあえて進めずに練習していきました。・前半は、重音がきれいに響く取り方で良い(本人は全然意識してない^^;)・後 [続きを読む]
  • TPGO第11回定期演奏会
  • 東大フィル・グラデュエイト・オーケストラhttp://tp-go.com/第11回定期演奏会2017年1月14日(土) 開演14:00杉並公会堂 大ホール指揮 田中 健 チャイコフスキー スラブ行進曲 作品31 ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 交響曲第4番 ヘ短調 作品36 ソリスト 對馬 哲男(読売日本交響楽団ヴァイオリン奏者) 体調不良のために前回第10回の期の途中で休団して、今回、大好きなチャイコフスキーなので乗り [続きを読む]