SHOW さん プロフィール

  •  
SHOWさん: A PLACE IN THE SUN〜見つけよう陽のあたる場所〜
ハンドル名SHOW さん
ブログタイトルA PLACE IN THE SUN〜見つけよう陽のあたる場所〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/ts250/
サイト紹介文銀座、八戸、雨の雫、月、雲、空、ウミネコ、富士山・・心が動いた物を少しずつですが、アップしています。
自由文よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/08/18 18:48

SHOW さんのブログ記事

  • 梅「もうひとつの土曜日 」
  • 「もうひとつの土曜日 」浜田省吾アーティスト: 浜田省吾アルバム: J.BOYリリース: 1986年『J.BOY』は、1986年に浜田省吾の2枚組アルバム。発売当時はCD盤、アナログ盤、カセット盤の3形態で発売された。浜田にとって初のオリコンチャート1位を獲得した作品。アメリカでトラックダウンが行われ、浜田の希望により、ジャクソン・ブラウン、TOTO、ドン・ヘンリーなどの作品を手掛けたエンジニアのグレッグ・ラダニーがミックスを [続きを読む]
  • エゴの花「三線の花」
  • 「三線の花」BEGIN「三線の花」(さんしんのはな)は、BEGINの30枚目のシングル。2006年10月25日発売。エゴノキ(Styrax japonica)とはエゴノキ科の落葉小高木である。北海道〜九州・沖縄まで、日本全国の雑木林に多く見られる。和名は、果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ことに由来する[1]。チシャノキ、チサノキなどとも呼ばれ歌舞伎の演題『伽羅先代萩』に登場するちさの木(萵苣の木)はこれである。斉墩 [続きを読む]
  • モノクロ「あの日にかえりたい」
  • 「あの日にかえりたい」荒井由美「あの日にかえりたい」は、荒井由実の曲で、6枚目のシングル。1975年10月5日に東芝EMIからリリース。規格品番:ETP-20174。1989年12月21日にCDシングルとして再リリースされたが、1987年発売のベスト盤『YUMING SINGLES 1972-1976』に収録されたものと同じ別音源での発売となった。人気ブログランキングへにほんブログ村ブログ王ランキングに参加中! [続きを読む]
  • モノクロ「涙そうそう」
  • 「涙そうそう」BEGINBEGINは、沖縄県石垣市出身の3人からなる、日本のアコースティックバンド。『三宅裕司のいかすバンド天国』出身のバンド。「涙そうそう」や「島人ぬ宝」などヒット曲を世に送り出し、紅白歌合戦にも出場した。人気ブログランキングへにほんブログ村ブログ王ランキングに参加中! [続きを読む]
  • モノクロ「あの人の手紙」
  • 「あの人の手紙」かぐや姫 今日は子showの小学校の卒業式でした。そして学校も統合ででなくなり、校名も変わってしまうというという、、。卒業式でした。音楽は、昨日に続き、かぐや姫で「あの人の手紙」です。懐かしい曲です。では、お休みなさい。人気ブログランキングへにほんブログ村ブログ王ランキングに参加中!<img [続きを読む]
  • 空「雪の降る日に」
  • 「雪の降る日に」かぐや姫作詞 伊勢正三/作曲・編曲 南こうせつ南こうせつ、伊勢正三、山田パンダからなる伝説のフォークトリオ・かぐや姫が1972年に発表した記念すべき1stアルバム。『はじめまして』に収録の曲、第2期かぐや姫の最初のアルバムである。吉田拓郎らがプロデュースおよびアレンジャー、ミュージシャンとして参加した。こんばんは昨日から札幌に仕事で行って先ほど帰ってきました。東京では桜の開花も聞きましたが、 [続きを読む]
  • モノクロ「誕生日」
  • 吉田 拓郎 「誕生日」何回目かの記念日が今年も明日またやってくるもうひとつ年を重ねるわけだね祝ってなんかくれるなよ吉田 拓郎は、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフレコードの第2代社長である。本名同じ。旧芸名は平仮名のよしだたくろう。楽曲提供者としては入江剣の名も用いている。 ウィキペディア生年月日: 1946年4月5日 (70歳)生まれ: 鹿児島県 大口市身長: 176 c [続きを読む]
  • 雨〜神社にて「時代」
  • 「時代」中島みゆき「時代」は、中島みゆきが作詞・作曲した歌。1975年に中島自身によって発表され、同年に中島の2作目のシングルとしてキャニオン・レコードからリリースされた。1975年10月のヤマハ音楽振興会主催の『第10回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会』、同年1975年11月16日の『第6回世界歌謡祭』にてグランプリを受賞した。同年にシングルが発売され、20万枚のヒットとなる。後年、卒業式で歌われたり、音楽の教 [続きを読む]
  • モノクロ「路地裏の少年」
  • 「路地裏の少年」浜田 省吾 1976年1976年4月21日発売のソロ・デビューシングル。1stアルバム『生まれたところを遠く離れて』と同時発売された。23歳の誕生日の前日に書かれた曲で、そのためラストが「22歳」となっている。この曲を聴いたスタッフは「これで行ける!」と盛り上がり、浜田もそれを聞いて喜んだという。もともと制作段階では「青い目の少女」というタイトルで、浪人時代に出会ったホームステイに来ていたアメリカ人 [続きを読む]
  • モノクロ「イメージの詩 」
  • 「イメージの詩 」 吉田拓郎リリース1970年6月1日規格レコード録音1970年日本の旗 日本作詞・作曲吉田拓郎シングル『青春の詩』などと共に「広島フォーク村」時代に製作した楽曲[1]。収録のバージョンのこの曲は、吉田も参加した「広島フォーク村」名義のオムニバスアルバム『古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう』に収録されていた。アルバムは当初、インディーズで発売されていたが、後にエレックでも発売された。 [続きを読む]
  • モノクロ「アン・ドゥ・トロワ」
  • 「アン・ドゥ・トロワ」キャンディーズ〜吉田拓郎レコードのハーモニーは3人がほぼ均等の声の大きさになっているが、ステージなどでの歌唱では、主旋律を歌う田中好子が大きめに発声し、主旋律を強調している。吉田拓郎自身もアルバム『大いなる人』でセルフカバーしている。キャンディーズが解散を発表した直後のリリースであったため、タイトルには「ばいばいキャンディーズ」という副題が付され、解散するキャンディーズを送り [続きを読む]
  • 花「帰れない二人」
  • 「帰れない二人」井上陽水作詞・作曲:井上陽水・忌野清志郎/編曲:星勝4thシングル「心もよう」のB面収録曲。このアルバムでは「はじまり」から繋がって始まる。忌野清志郎との合作で、RCサクセションの当時未発表曲だった「指輪をはめたい」を元に制作された。イントロはニール・ヤングの「the needle and the damage done」から影響を受けている。井上陽水 & 忌野清志郎井上陽水 & 玉置浩二f4.5 1/25 ISO1800f4.5 1/25 ISO6 [続きを読む]
  • モノクロ 銀座「唇をかみしめて」
  • 「唇をかみしめて」 吉田拓郎「唇をかみしめて」1982年3月21日発売。日本のレコード業界初の片面レコードとして発売された。当時日本において一般的なシングルレコードの価格は1枚700円であったが、本作は貸しレコード業界への対抗策として1枚400円で販売された。武田鉄矢が原作・脚本・主演した映画『刑事物語』の主題歌。武田鉄矢から直々に依頼されこの映画のために描き下ろされた。歌詞は全編吉田が育った広島の方言である広 [続きを読む]
  • モノクロ「アジアの風 青空 祈り Part 2」
  • 「アジアの風 青空 祈り Part 2」浜田省吾「アジアの風 青空 祈り Part 2」は『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』に挿入された曲。3部作からの1曲。2015年4月29日に発売された浜田省吾の18枚目のオリジナル・アルバム。「アジアの風 青空 祈り」はCD表記では1曲の扱いとなっておりCD記載の収録曲は全15曲となっているが、実際にはプログレッシブ・ロックのような組曲形式にはなっておらず同じメロディを改作、 [続きを読む]
  • モノクロ「情熱の薔薇」
  • 「情熱の薔薇」 ブルーハーツTHE BLUE HEARTSの通算9枚目のシングル。リリース1990年7月25日時間2分56秒レーベルイーストウエスト・ジャパン作詞・作曲甲本ヒロト後に発売された4thアルバム『BUST WASTE HIP』に収録された一発録りバージョンとはアレンジが違い、ラストでドラムの梶原徹也がスティールドラムを叩いたり、真島のギターも3本重なっていたりしている。あるラジオ番組で羽野晶紀に、サビが後半の1回しかないことを聞 [続きを読む]
  • 影 モノクロ「卒業」
  • 「卒業」尾崎豊リリース1985年1月21日録音 ソニー信濃町スタジオ時間6分40秒作詞・作曲尾崎豊プロデュース須藤晃歌詞の一部が過激とされ、「不良」のイメージを植え付けられる一方で、若者に支持されることとなる。実際、当時の全国の中学校・高校で影響を受けた学生が歌詞の通り「夜の校舎 窓ガラス 壊してまわった」という。尾崎自身はこの曲によってマスメディアから『反抗する若者のカリスマ』、『十代の教祖』と呼ばれるの [続きを読む]
  • モノクロ「花の匂い」
  • 「花の匂い」Mr.Children「花の匂い」は、Mr.Childrenの最初の配信限定シングル。作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children東宝系映画『私は貝になりたい』(2008年版)主題歌。こんばんは今日は亡くなった母の月命日でお墓参りに行ってきました。日差しが有り風は冷たいけどあたたく感じました。、お寺の梅の花はほとんど散っていて、次は桜の花です。待ち遠しいですね。音楽はMr.Childrenの「花の匂い」です。では、ま [続きを読む]
  • 雲「 春の歌」
  • 「 春の歌」スピッツ「春の歌」(作詞、作曲/草野正宗 編曲/スピッツ&亀田誠治)スピッツの通算30作目のシングル。1989年には新宿ロフトのイベントに出演するようになり、同年7月12日に新宿ロフトにて念願のワンマンライブを敢行、300人を動員する。1990年3月には新宿ロフトのインディーズレーベル・ミストラルより初のCD『ヒバリのこころ』をリリースする。新宿ロフトに出演するようになった頃、多くのレコード会社からデビュ [続きを読む]
  • 銀座「春の風が吹いていたら」
  • 「春の風が吹いていたら」 よしだたくろう&南沙織作詞・作曲:伊庭啓子「御伽草子」1973年6月に吉田拓郎がリリースしたオリジナル・アルバム。オリジナルバージョンの「春の風が吹いていたら」は、四角佳子、当時の妻とデュエット。アルバムのクレジットでは、「よしだけいこ」となっている。遊んでみた。デジタルカメラで多重露光。フイルム撮影での多重露光は難しかったけど今は簡単に確認ができるので助かりますね。こんばん [続きを読む]
  • 「春だったね 」
  • 「春だったね 」吉田拓郎アーティスト: 吉田 拓郎アルバム: 元気です。リリース: 1972年僕の時計は あの時のまま風に吹きあげられた ほこりの中二人の声も 消えてしまったあゝ あれは 春だったね「春だったね 」奥田民生 坂崎幸之助人気ブログランキングへにほんブログ村ブログ王ランキングに参加中!<img [続きを読む]