金 銀花 さん プロフィール

  •  
金 銀花さん: 星の輪ネットワーク
ハンドル名金 銀花 さん
ブログタイトル星の輪ネットワーク
ブログURLhttps://ameblo.jp/mikobuchi/
サイト紹介文手作りの山葡萄酵母を使い、古代小麦で焼くパンの話や自然の中で猫と暮らす日々、自分マッサージもお勧め中
自由文巫女淵酵母はスーパー酵母。
超簡単にうまいパン。
セラ・ケインは健康の為の魔法の棒。
心と体は連動している。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/08/18 21:01

金 銀花 さんのブログ記事

  • 驚き桃の木カスターニャの木??夜の森の散歩道
  • この前はサルヴァトルの巡礼の道を歩いた記事でした。その日は教会広場の朝市から始まって郊外のフリーマーケットへ行き、午後から金細工の工場を見学し、アイスクリームを食べ夕方にはお墓参りをし、それからこ高い丘の上にある岩をくり抜いて作った古い教会までの巡礼の道を歩き、教会で一休みした時はもう夜の七時半をすぐていました。北ヨーロッパの五月は一日の日が長くサンセットは夜八時過ぎでしたので、その時点で確かにま [続きを読む]
  • サルヴァトール
  • 久しぶりに更新します。去年の旅行記がまだ最後まで終わって居ません。もう一年前のことになるのにね。墓所にお義父さんのお墓詣りに行った後、つれあいとその姉妹はまだどこかにいきたいのでした。もう夕方六時を過ぎて居たのにそれから町の郊外にあるサルヴァトールと呼ばれている巡礼の道を歩くことになったのです。その時間から散歩って私の常識では考えられないことですが、ついていきました。墓所から車で十分ほどの道を行く [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木15☆樹木葬
  • 工場見学を終えて教会広場で各々好きなアイスクリームを食べながらしばらくおしゃべりに花を咲かせたその後、さあそろそろお父さんのお墓参りに行きましょうか、という事になりました。時刻は午後四時半を回っています。もうじき5時よ。今からお墓参り?またも私の心には幾つものクエスチョンマークがつきました。しかし、日はまだ高くさっきまでの暑さが一段落して実際戸外へ出るにはちょうど良いのかもしれません。つれ合いのお [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木14☆工場
  • 新年明けましたおめでとうございます。昨年つれ合いの出身地を訪ね文化の違いなどに驚く事がいっぱい有りました。その事を書き始めて、昨年中には終わりたかったのだけどね。出来ませんでした。でも作文中での私のたびももうすぐ終わり年をまたいで終わりまで書かせてくださいね。それではフリーマーケットの後工場を見学したときのお話です。どうぞ。。。。。工場フリーマーケットを早々と後にして、私たちは待ち合わせの場所に急 [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木13☆フリーマーケット
  • 五月の北半球は一日が長いのです。陽が沈むのが9時近くなので毎日遅くまで外出していました。その日は滞在中珍しく晴れの日曜日です。郊外でフリーマーケットが開催されていると聞いて行ってみましたよ。日本でもフリーマーケット好きな私。外国に行けば必ず寄ってみたいのがフリーマーケットです。だって行けば必ず掘り出し物に当たるもの。今日は何が手に入るかワクワクして出かけて行きました。お天気も上々、陽射しがまぶしく [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木12☆鷹ショーのあとのピクニック
  • こんにちは記事の更新がないまま何ヶ月も立ってしまいました。私の旅行の話も尻切れとんぼになっています。このお話だけはフィニッシュに持って行きたいものです。もうしばらく旅行の話です。悪しからず。あの日、古い僧院の脇にある鷹ファームで午後の一時間を過ごした後、私たちは近くの湖へ向かいました。鷹のショーが終わったのが午後四時過ぎ、ファームを出たあとに、一緒に行った子供の首元にマダニがついているのを彼女の父 [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木 11 鷹と入れ墨
  • 滞在中二回目の土曜日、お天気は最高です。午前中は協会広場のお祭りを愉しみました。午後からは鷹匠のショーを見に行く事になっています。週の初めに一度訪れた僧院の横に鷹を飼育している場所が有る事を知りました。この辺りの領主達は中世以来、鷹を使って狩りを愉しむ事が多かったのだそうです。鷹匠は領主から手厚くもてなされ誉れ高い職業でした。ここでは現在の鷹匠が鷹を飼育しながら伝統を守りつつ人々に観賞の機会を作っ [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆10 教会広場のお祭り
  • 今年の5月に17年ぶりにつれ合いのホームタウンを訪れました。二週間の滞在でしたが、毎日異国の驚きに満ちたわくわくドキドキの日々を過ごしました。この国で見た事聞いた事は私たち日本人が慣れ親しんで来た生き方と何と違う事でしょう。第一にその事実に驚きました。私たちが普段当たり前と思っている事も所変わり国が変わればそれが通用しないこともあるのです。自分の考え方、自分の頭の中だけが世の中じゃないって、思い知 [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆9 ゴミ屋敷に住む人
  • まだメルセデスを借りている時に一度昔の友達に会いに行きました。この人はたまに日本にも電話をかけて来たりするので私も一度会いたいと思っていたのです。彼はその昔この街で産まれた最初のヒッピーらしい。70年代にヒッピー的暮らしに憧れた少年は、どうやらそのまま年をとったようです。私と同世代のその男性はゴミ屋敷に住んでいました。こんなにきれいなドイツの町並みの中にもゴミ屋敷は有ったのよね。驚いたのは彼の暮らし [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆8 幸運のシンボルは豚
  • 丘の上の廃墟で思いがけずお昼寝をして、元気が戻って来ました。ノートリンゲンの街まではその地点から車で15分くらいです。街の入り口です。ここから城壁に上り,街を一周出来るのです。入り口に街全体を見渡せる地図が有りました。沈みかける夕日がポールの陰を落としていますね。古い城壁の上には木の柵が・・・・この辺りは当時のままなのかしら?街の真ん中には教会の塔が立っています。その下には広場がありマーケットプレ [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆7 廃墟で昼寝
  • 5月中旬、こちらの日の入りの時刻は八時半前後です。その日、午前中は義母と過ごし彼女の昼食の準備を手伝ったりしました。水曜日だったので朝食前に街まで歩き、教会広場の朝市でホワイトアスパラとイチゴを買いました。甥っ子と一緒に家を出たのは午前十一時、それから隣街でショッピング、そして名もない丘を巡る散歩、と一日のうちに色々な事がいっぱい起こります。丘の上からみた遠くの丘に城壁のようなものが見えたので丘上 [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆6クレーターの底に泉が・・・
  • 続きーその日はこれまでの滞在中初めて朝から晴れていました。歩くには絶好の日和です。丘は本当に簡単に登って行く事が出来ました。よく見れば細い小道もついています。誰かが時々歩くのでしょう。お花畑をものの5分も歩くともう頂上についてしまいました。後で聞くと丘の高さはだいたい50メートルから100メートルくらいなんです。だから子供だって簡単に歩けるでしょう。頂上に登ると稜線に沿って道がありました。反対側は [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆5 天然ガラスの謎
  • 旅の驚きは心に新鮮な波動を呼んで愉しいものです。それは旅の醍醐味とも云えるでしょう。旅の初めの6日間は甥っ子が貸してくれた車があったので二人で近在の街をドライブして回りました。甥っ子が車を貸してくれた理由は彼が免許証を持っていなかったからです。半年前にその古いメルセデスベンツと出会った時、『よーしおいらも絶対に免許を取るぞ」って思ったらしい。それからお金を貯めて自動車学校へ通ったそうです。そしてつ [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆4 アルパカ
  • 突然ですがアルパカって見た事が有りますか?動物園に行けば会えるのでしょうか。私は地球上のどの辺りに生息しているのかさえ知りませんでした。アルパカのセーターは知っています。想像すると生息地は南米かしら?まさかここで予想もしなかったアルパカちゃんに出会えるとはね。うれしい想定外でした。二日目もまたも曇りでした。それでも一応お出かけ。遠くの方にはどっしりとした黒雲が街の直ぐ上にのしかかっているように見え [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆3 デメター
  • デメターってご存知ですか。デメターは有機無農薬農法の最高峰と呼ばれる※ビオダイナミック農法で作られた作物や、その基準に合った製品に与えられる認証の名前です。ー有機・無農薬農法の最高峰、最も大切なのは生命力哲学者であり、人智学者でもあるルドルフ・シュタイナー博士が提唱した農法。1991年に欧州で施行されたEUのエコロジー基準も、同博士の考えが基礎の1つになっています。ビオダイナミック農法で最も大切なのは生 [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆2ホームセンターで
  • こんにちは。今日は蒸し暑いです。5月11日からの2週間、旅行中のお天気はたいてい曇り,雨でした。二日目の朝、甥っ子がメルセデスベンツを貸してくれました。甥っ子は24歳ですがベンツは28年前のもので、20万円で手に入れたそうです。Σ(・ω・ノ)ノ!20万円ってメチャクチャ安いよね。古いとは言えベンツはベンツ。やっぱり国産車は違うんだ。(*_*)お天気は悪かったけれど車が有るので出かけました。初日の朝、シャワーのホー [続きを読む]
  • 驚き桃の木カスターニャの木☆1ゴミ箱
  • こんにちは二週間の旅行から帰って来ました。やっと時差ぼけ、文化ボケ、睡眠障害の症状からこちらの現実に戻って参りました。久しぶりのヨーロッパ。知っていた様で知らなかったヨーロッパ。いろいろと驚きがイッパイで愉しい日々を満喫して参りましたわ。で、今日からはしばらく旅の思い出の数々の驚きを数枚の写真と共にお話しようかと思います。時間がとれれば出来るだけ続けたい意向ですが果してどうなりましょうか。滞在中は [続きを読む]
  • 号泣の記録
  • こんばんは。五月になりました。皆様お元気?わたしはね、二週間くらい前にインフルエンザにかかったんです。ひどい目に遭いました。B型はしつこいと聞きましたが噂通りしつこいです。なかなか治り切ったと云えません。インフルの話がしたいのではなかったわ。どうしても先日書いた号泣ストーリーの顛末をお知らせしなくては、私の身の上に起こっている現実の愉しさを理解してもらえないでしょう。何が面白いって、どうしてこうい [続きを読む]
  • 号泣の理由
  • こんにちは。春の昼下がり、リュートの奏でるバッハを聴きながら終日のたりのたりかなさて皆様いかがだったでしょう。昨日私が共有リンクを張ったブータンのアーチェリープレイヤーの動画です。え、まだ見てない?そうか、私は昨日この動画を見て号泣したのです。それで今から何がそんなに私を泣かせたかを書きましょう。一番印象的だったシーンはね。小学校の朝のシーンで、小さな子供達が並んでいます。ちょうど私たちが朝礼で並 [続きを読む]
  • 号泣でデトックス
  • こんにちは。今日は好いお天気でした。へへ、実はインフルBにやられていましたの。風邪なんかひかない体質よ、と確か云ってなかったっけ?そーなんですよ。でも今回のウィルスは強烈だったわ。(;´▽`A``それにチョットした偶然が想像を膨らまし、今までにあまり経験した事の無い時間を過ごさせていただきましたわ。!(´Д`;)熱にうなされながらも子供の頃発熱した時の熱い感覚が蘇って来て、お子様返りしてみたり・・・(/ω [続きを読む]
  • たのしみは・・・・橘の曙覽(たちばなのあけみ)
  • ウルグアイの元大統領ムヒカさんが来日しています。ムヒカさんは世界で一番貧しい国の大統領として、国連の会議に於いて人々の胸を打つ素晴らしい演説をし、いちやく世界に有名になった人です。以前私もブログの中で大統領の演説を載せた事があります。https://youtu.be/jwbaoi6a4BU私は最近この本を読んでいますが、「清貧の思想」中野孝次著清貧の思想/中野 孝次¥1,572Amazon.co.jpムヒカさんもたぶんこの本に書いて有る事を実 [続きを読む]
  • 古い記事の中に素敵な詩を見つけました。http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=20219&from=dyartcl_outbrain1ーもし、わたしがあなたの愛の相手なら どうぞ、わたしにふれてください あなたは、情熱さえあれば、十分と思うかもしれない でも、あなたの腕だけが、私のおそれをとかしてくれる あなたのやさしくおだやかな指先をください あなたにふれられて、わたしは愛されているということを 思い出すことができる  [続きを読む]
  • 春の息吹」
  • こんにちは。立春が過ぎて辺りは春めいてきました。地面を見ると小さな緑が育ち始めていますよ。樹々の芽も少しずつ膨らんでいます。梅の花は早くから咲いているし、タンポポも、ふきのとうも出ました。まだとっても小さいの、7、8個とって早速フキ味噌作ったわ。ご飯が幾らでも食べられます。おかず味噌は色々と作りますがフキ味噌が一番美味しいかもしれません。この時期にしか食べられないって事も有るかな。去年辺りからおか [続きを読む]
  • 静かな元旦
  • みな様明けましておめでとうございます。星の輪の巡行が今年も変わらぬものである事を祈ります。さてさて、今このブログを読んでいるあなたは、どんな元旦を迎えられましたか?山里はお天気に恵まれて、それはそれは穏やかな静かな元旦でした。午後には近所の人がお正月の挨拶にやって来て、縁側で日向ぼっこをしながらの世間話。ピーカンの青空広がる昼下がりに縁側でお茶をすすりながらの日向ぼっこは最高ですぞ。ヾ(@^(∞)^ [続きを読む]
  • いつもと違う大晦日
  • 大晦日です。温かな日でした。今年最後の太陽を西の山の向こうに見送って、一年の感謝の気持ちを捧げました。太陽よ、いつも一緒でありがとう。今年もまた太陽と共に目覚め太陽を見送る日々をおくらせていただき真にありがとうございます。太陽こそ星の輪ネットワークの主であります。私の生活のときめきや驚きや悲しみや、そんな心も様をシェアしてくださる皆様ありがとう。冬至の日に足の指を骨折し、いつもとは違う年の瀬を過ご [続きを読む]